足の臭い(移動)

パンプスを履いて蒸れてしまうときの対処法

更新日:

 

オシャレで可愛くて、美脚効果もあってスタイルも良く見えるパンプス…

シーンを選ばずどんな時でも履く事ができますが、長時間履いているとどうしても蒸れてきてしまいますよね。

年中汗っかきの私なんかは特に、パンプスを履くと同時に蒸れとの戦いになります。

そこで「パンプスは履きたい!でも蒸れる!」という方は、どんな対策を行っているのか気になったので対処法についてまとめてみる事にしました。

パンプスを履くと蒸れてしまう理由は?

パンプスには様々なデザインや素材のものがありますが、どんなパンプスを履いてもどうしても蒸れてしまいますよね。

私の場合は暑い夏にパンプスを履くと汗をかいて気持ち悪くなる事もあります。

どんなに汗をかかないと思っている方でも足だけで1日でコップ1杯程度の汗をかいているので、パンプスを履く場合は蒸れや臭いに注意しなければなりません。

パンプスが蒸れやすい理由として【通気性が悪いこと】が挙げられます。

履くだけでカッコ良く見えたり、どんなファッションにも合わせる事ができるという理由から素足でパンプスを履くという方は多いと思いますが、素足でパンプスを履くとパンプスと足が密着してしまい隙間もできにくい状態になります。

またパンプスの素材にも原因があって、エナメルなどの素材は通気性が全くないため、パンプスと足がフィットしていると足にかいた汗を乾燥させたり逃す事ができない状況になっています。

蒸れなんて関係ない!という方もいますが、パンプスを履いた時の蒸れに対してどんな対処法があるのか調べてみました。

パンプスを履いて蒸れてしまう時の対処法

パンプスを履いて足に汗をかくと気持ち悪いですよね。足の臭いも気になりますが、蒸れに対する対処法を紹介しておきますね。

足臭スプレーやパウダーを活用する

使用する事で長時間効果が持続する訳ではありませんが、携帯しておくといざという時に使えて即効性はあります。

時間に余裕がある場合は、使用する前に足を拭いてしっかり乾燥させてから使用するとより効果を実感できるはずです。

パンストや靴下を履き替える

具体的には通勤用と仕事中のパンストを使い分けるって感じですね。

履き替えが面倒だと感じる方は、足の付け根までのタイプのストッキングも市販されていますし、消臭効果のあるパンストも市販されているのでそちらをオススメします。

足指だけの靴下を履く

足の裏や指の間など、汗をかきやすい部位は個人差があると思いますが、パンプスから靴下が見えると格好悪いですよね。

知らない方もいるかと思いますが、女性用の足指ソックスが市販されています。

足の指先だけの靴下なのでパンプスを履いても靴下を履いているのかわからないのでオススメですよ。

こまめに靴下を変えるのも吸湿性や足臭に効果があるとされています。

足を清潔に保つ

毎日入浴せずにシャワーで済ませているという方もいると思います。

私も独身の時は面倒から毎日シャワーで済ませていました。

ですが、時間をかけて入浴し丁寧に足を洗う事で汚れや雑菌がきれいに落とせます。

ミョウバンや酢酸を使って足湯をしても足臭には効果があるとされているので試してみて下さい。

吸湿性のある中敷きを使用する

中敷きには様々な役割があるって知っていましたか?

靴のサイズ調整はもちろん、足への負担を軽減する役割もあります。

ここで注目して貰いたいのは吸湿性のある中敷きが市販されているということです。

吸湿されれば雑菌の繁殖や臭いを抑える事に繋がりますので使用して損はないですよ。

特に消臭・抗菌効果のある中敷きはオススメです。

通気性のあるパンプスを選ぶ

「どうしてもパンプスを履きたい!」という方は、エナメル素材などのパンプスは避け、オープントゥなどの通気性の高いパンプスを選ぶといいと思います。

通気性が保たれる事で汗をかきにくい状況が作れますし、雑菌の繁殖も抑える事ができます。

靴を脱げる時は脱いで足を乾燥させる

できそうでできないという方もいるかと思いますが、私は足の臭いが気になるとトイレへ行き、一旦トイレットペーパーで足を軽く拭いています。

少し乾燥させてから靴下を履くと臭いは気にならなくなりますよ。

靴を使い分ける

「仕事用と休日用の靴が同じ」という方もいるかと思いますが、長時間履いた靴には足の臭いが移ってしまっている可能性大です。

臭いだけでなく雑菌も繁殖している可能性がありますので、仕事用の靴も2足くらい用意して1日おきに履くといいでしょう。

履いていない間の靴は洗ったり乾燥剤や新聞紙を入れたりして雑菌の繁殖を抑えるといいと思います。

シューズドライヤーという画期的なものも市販されていますので、気になる方は探してみて下さいね。

足が蒸れてしまった時の注意点

足が蒸れると良い事はないんです。足が蒸れる事によって様々なリスクがありますが、ここでは特に注意して貰いたい2つを紹介しておきますね。

1、足臭

かいてすぐの汗は無臭なんですが、足が蒸れている時間が長かったり通気性が悪い状況が続くと少しずつ足が臭ってきます。

汗と雑菌が混ざる事でこの臭いが発生してしまうので、蒸れている状況をどうにかしなければいつまで経っても問題は解決されません。

2、水虫

水虫(足白癬)はカビの一種の白癬菌が皮膚で増殖・寄生する事で発症すると言われています。

身体の他の部位にも感染しますが、約9割以上が足に感染する事がわかっているので足の病気として認知されているかと思います。

白癬菌も高温多湿の環境を好むので、靴を履いた足は繁殖しやすい環境が整っていると言えます。

一昔前は水虫と聞くと、男性の病気というイメージが定着していたかと思いますが、近年はブーツなどの通気性の悪い靴を履く機会が増えた女性の悩みにもなっているようです。

パンプスを履いて蒸れてしまった時の対処法を聞いてみました。

女性にとって、お出掛けの定番とも言えるパンプス!

場所を問わずきちんとして見えますし、服にも合わせやすい為、一年を通して基本的にパンプスを履いている…と言う女性も多いのではないでしょうか?

様々な面で活躍するパンプスではありますが、何と言っても蒸れ易いのがデメリットな点でもあります。

通気性が悪い為に、当然風を通す事もありませんし、ピッタリと足にフィットするので隙間も出来ないんですよね…

パンストなどを履いていても、汗を吸い取ってくれず、蒸れる一方となれば遅かれ早かれ悪臭を放つ事でしょう。

臭いにも悩まされますが、何と言ってもあの蒸れた時の足の気持ち悪さも1、2を争うくらい不快ではありませんか?

良い方法があるのなら、すぐにでも試したいところです。

そこで今回みなさんには『パンプスを履いて蒸れてしまうときの対処法』を聞いてみました。

一年中ヒール高めのパンプスを履いて外回りをしています。一年中蒸れることが多いのですが、スプレータイプの制汗剤を足にシューっと吹きかけたり、オフィスにいるときは極力クロックスに履き替えて通気性よくしています。また夜、BODY SHOPのスースーするスクラブで足をマッサージし、足の汚れはしっかり落とすよう工夫しています。
足の指と指の間はどうしても汗をかいて、蒸れて気持ちが悪いので、指と指の間に挟める物を使って対処しています。 アズマ 工業(株)の足指汗ムレ対策シート「足ゆびちゃん」を使っていましたが、使い捨てなので少しもったいないなと思い、今は足の指先だけの「備長炭指の間爽快ソックス」を履いています。 指部分だけなのでパンプスからはみ出すことがなく、洗って繰り返し使えるのでとても助かっています。 脱いだ後も臭わないのも嬉しいです。
パンプスを必ず履かなければならない仕事の場合、季節問わなく履きますが私がショップ店員をしていた時は本当にパンプスの中が蒸れてすごく臭かったのを覚えています。 靴下屋さんなどで売っているパンプス用の靴下を履くと素足よりかは蒸れなくなると思います。 休憩時間などになったら、靴下を変えたり、パンプスを脱いだりして換気して、出来れば足を洗ったり汗拭きシートで拭いたりすると蒸れもまた少しの間そんなに気にならなくなりました。
立ち仕事をしていることもあり、パンプスの蒸れは常に気になります。対処法として、100円ショップの通気性がよく、汗を吸いとる中敷きを敷いたり、パンプスインソックスも汗を吸いとって乾きやすいものを選んでいます。また、ドラッグショップで足裏専用の制汗デオドラントスプレーを見つけてからは、夏場は欠かさずに使用しています。
パンプスで蒸れてしまう時は、まずは履く前に蒸れ防止スプレーを素足にかけてからパンスト等を履いてパンプスを履くようにしてます。それでも、もし途中で蒸れてしまうようなことがあれば、またスプレーをそのままパンストの上からかけるか、もしくは時間があれば面倒だけどサラサラシート等で拭いてからまた履くようにしています。
私は足先にとても汗をかきやすくていつも蒸れてしまいます。蒸れたときに気になるのは臭いです。その臭いを本当にカットしてくれるのが、デオナチュレのさらさらクリームです。朝塗るだけでその日1日の臭いをずっとカットしてくれます。蒸れたって気になりません。私はこのクリームに出会ってから群れも気にならないし、臭いも気にならないし、どんな靴でも履けるようになりました。本当におすすめです!
パンプスを履いて蒸れてしまうときの対処法としては、オフィス内ではスリッパに履き替えています。臭いも気になるので、足もパンプスも乾燥させることは大切かなと思っています。中敷きを入れてみたりしましたが、パンプスによってはあわないこともありました。外出が続くときは、ひんやりスプレーとかを常備してシューっとやるのも効果的です。
仕事柄、春夏秋冬パンプスを履きます。 毎日履くので、どうしても蒸れてしまいます。 その対策として、パンプスを脱ぎ履きする時に、ボディーシートを使用します。 また、朝ストッキングを履く前に制汗用クリームを塗ります。 そうすると、足もスッキリして、仕事に向かうことができます。 日中にストッキングの上からクリームの塗り直しはできないのでボディーシートを使用して対応しています。
私が試したのは制汗スプレー、ボディシート、ベビーパウダーです。結論から言うとベビーパウダーが1番長い時間サラサラでした。次にスプレー、ボディシートはその場ではサッパリしますがすぐに元通りになってしまいます…。ベビーパウダーは靴下やストッキングを履く前に薄くはたき指の間によくすり込むと黒いストッキング等を履いても目立ちません。
私が行っている対処法は、同じパンプスを繰り返し履かないように3足ごとのサイクルで履くようにしています。はたパンプスには靴用の湿気取りを入れてなるべく乾燥させておくようにしています。外出時は、替えの靴下やストッキングを持っていき、蒸れが気になるようだったらすぐに取り替えるようにしています。それと同時に消臭・殺菌効果のあるスプレーも常備しパンプスと足にかけるといった対処法も行っています。
夏は本当に蒸れています。 人には絶対内緒にしたいです。 とにかく人には見えないところでちょくちょくパンプスを脱いでいます。 乾燥させるため、それと臭いがパンプスに染み付くので、休日には消臭スプレーをして日光に干しています。 あと、汗と臭い対策のため、中敷きを入れて、定期的に捨てています(入れ替え) 中敷きは消臭効果のあるようなもの、汗を吸い取りやすい素材のものを購入しています。
パンプスも合成皮革のものは大分蒸れてしまうのでソックスカバーやストッキングをdry加工されている物を履くようにしています。本革の靴は私はそこまで感じないので普通に履いています。ただし毎日同じ靴を履くのは衛生的にも良くない気がするので一日おきとか少し風にさらすように気を付けています。パンプスを履くなら夏のムレは多少我慢ですね。
私の場合は季節関係なくパンプスを履くと蒸れてしまいます。 対処法としまして、なるべく同じパンプスは履かないように気を付けています。パンプスを履く際は3足程種類があるので、それをなるべく被らないようなサイクルで履き回しています。また、自宅に帰った時は必ず履いたパンプスの中に靴用の湿気取りをいれて乾燥を保つようにしています。履いていないパンプスには常に湿気取りを入れています。この湿気取りは微香性のものなのでほのかに香って、臭いも防いでくれます。
パンプスは季節関係なく蒸れますね。 夏は暑いから勿論ですが、冬は厚手のタイツや靴下を中に履くこともあるので余計蒸れてしまいます。 私の場合、外出用に薬局で売ってる小さめの消臭剤スプレーを持ち歩いています。どちらかというと、香り付きより無臭の方が良い。 それを仕事の休憩中や、出掛けた先の御手洗で1度パンプスを脱いでいます。 脱いだら、蒸れてしまうパンプスにスプレー噴射した後、足にもスプレーを撒きます。 そのままの状態で約3分程放置し、私はトイレの中で携帯いじってみたり、3分はあっという間に過ぎますね。 パンプスを履き、最後の一撃のように再度今度は全体的にスプレーを撒きトイレから出ます。 何もしないよりかは、消臭成分が味方になってくれるので蒸れた時の嫌な臭いも防ぐ事が可能ですよ。
冬でも足は汗をかくので、長時間はくと蒸れてしまいます。大丈夫だとたかをくくってると、蒸れてしまい臭いが気になってしまいます。なので、夏はストッキング、冬は靴下などを履いて蒸れにくいようにしています。 一年中冷え性で足が冷えているので、素足はきつく、必ず靴下やストッキングをはくようにしてからは蒸れも改善しています。
仕事柄、ヒールの高めなパンプスを一年中履いています。外勤がほとんどなため、特に夏場は常に蒸れてる感じがしますが、雨などに濡れて電車に乗ったりすると秋、冬、春でも蒸れます。 そんなときは手軽にスプレータイプの制汗剤を足に振りまいたり、オフィスにいるときはなるべくスリッパやクロックスに履き替えるなど通気性よくしています。
仕事上パンプスは必須でしたが、季節に関係なく蒸れてました。座ってる時はパンプスを脱いで湿気を取って、足スプレーを足にシューッとしていました。蒸れでパンプスも臭くなるのが早いので、ついでにスプレーにもシューッとしていました。仕事が終わったら、湿気取り剤を靴の中に入れて帰ってました。それで3、4ヵ月くらいはマシだったと思います。
トイレにいってウエットティッシュ、抗菌効果があるもので足を拭いて、 それから乾いたティッシュやタオルで水分をとることをするとすっきりとムレが多少は軽減されます。また、靴を脱げる状態のときは極力ぬいて、靴を足に風をあてるようにして風通しをよくすることを心がけるようにしています。 それからトイレや人がいないところで靴を脱いでそれから靴をウエットティッシュなどで拭くようにしています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-足の臭い(移動)
-, ,