ニキビ

アゴに出来てしまったニキビってどうしてる?

投稿日:

顎(あご)ニキビとは?

顎ニキビは人により表現が異なり、ある人は「Uゾーンニキビ」、またある人は「フェイスラインニキビ」と呼ぶ場合もあります。

また、成人後に出来やすいことから「大人ニキビ」「ストレスニキビ」とも呼ばれています。

基本的に、顎から首にかけて発生するニキビ一体を「顎ニキビ」と呼んでいます。

首元は頻繁に汗をかくので、ニキビが出来やすいのも何となくわかる気がしますよね。しかし、顎に汗をかいている人なんてそうそう見かけません。

では何故、顎の周辺はニキビが出来やすいのでしょうか?それには、2つの理由があります。

① 顎の皮脂腺が関係しているから

ホルモンバランスの乱れから、皮脂分泌量が過剰になると、毛穴が詰まりやすくニキビが出来やすくなります。

顎は元々、皮脂腺が多く存在するので、同時に分泌量も多くなります。

② 男性ホルモンの影響を受けやすい場所だから

男性を見るとわかるように、顎はヒゲが生える場所です。ですから、女性も男性ホルモンが優位になると太い毛が生えることがあります。

このようにホルモンバランスの変化や乱れで顎ニキビは発生します。

顎ニキビが出来やすい共通点とは?

・生理前になると顎ニキビが悪化する

女性は、生理前になると特にニキビが増加する傾向にあります。それは、皮脂分泌を促す黄体ホルモンの「プロゲステロン」が活発になると言われています。

プロゲステロンが活発になると、「抗菌ペプチドが減少する」ので、ニキビを抑える力が低下してしまいます。

・新陳代謝の低下

代謝が悪くなると肌サイクルも乱れ始めます。古くなった角質がいつまでも残ると、毛穴を塞いでしまい中で炎症を起こします。これがニキビを作る原因です。

・睡眠不足

睡眠不足はニキビにも影響します。

ゴールデンタイムと言われる22~2時の間に皮膚再生が行われるため、就寝後2時間が最も重要とされています。

睡眠は長さではなく、時間帯やリズムが大切です。顎ニキビは習慣的な要素も大きく関係しているので、まずは「質の良い睡眠」の確保から始めてみましょう。

顎ニキビの種類は?

顎に限ったものではなく、ニキビの種類は白・黒・赤・黄色の4種類に分けられます。

女性ホルモンは、ストレスで左右されやすく、このホルモンバランスが乱れることで最初に出来るのが、「白ニキビ」になります。

見た目は、白と言うより、肌と同系色です。この白ニキビで自然と治れば何も心配はいりませんが、赤や黄色ニキビへ変色した場合は、ニキビが進行していることを意味していますから、早めに治すよう皮膚科を受診するなどしましょう。

白ニキビ

初期のニキビは、肌と同じ色をしています。自分の手が触れて凹凸がわかる程度なので、周囲に気づかれる心配もありません。

毛穴に古い角質や皮脂が詰まった状態で、炎症を起こす一歩手前です。つまり、ニキビになりそうでなっていない状態とも言えます。

この段階では、正しいスキンケアをすることで白ニキビを改善することが出来ます。

黒ニキビ

毛穴が開き、中の皮脂が空気に触れることで酸化をしてしまいます。酸化することで、色が黒っぽくみえることから、肌のくすみが気になる人もいます。

黒ニキビに気づいたら、市販薬や正しいスキンケアをして、治して行きましょう。黒ニキビを放置したり、自己処理で芯を取り除くことは、ニキビを化膿させる原因になります。

黒ニキビを潰すと「ニキビ跡」の原因にもなりますので気を付けましょう。

赤ニキビ

ニキビが悪化すると、炎症を起こして赤みを帯びてきます。赤ニキビの場合は、大きく色もはっきりしているので、一目でニキビと判断することが出来ます。

毛穴の中アクネ菌が繁殖し、周りの皮膚まで破壊している状態です。ここまでくると、スキンケアだけでは力不足。

顎ニキビは繰り返し発生するため、スキンケアでは根本的な解決が出来ない場合もあります。ニキビ専用の治療薬や殺菌洗顔、生活習慣を見直しましょう。

また、赤ニキビが悪化する際には、皮膚科の受診も視野に入れましょう。

黄ニキビ

顎ニキビに多いのも、この黄ニキビです。ニキビが進行し、炎症が酷くなると黄ニキビが現れます。黄ニキビは、先端に膿を持つ特徴があります。

これは、アクネ菌の増殖と体内の白血球が戦うことで、死骸が膿として表面に出て来るからです。

黄ニキビは、気になるあまり膿を取り出してしまう人も多いですが、潰すと色素沈着として跡が残ります。シミや黒ずみになる前に正しい治療が必要です。

顎ニキビの改善方法は?

顎ニキビは、ホルモンバランスが影響しているので、女性ホルモンを整えることでなりにくくなります。

女性ホルモンを手軽に整えるためには、「無調整豆乳」を飲むことです。豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、顎ニキビや肌質改善も期待出来ます。

豆乳は1日コップ1杯100~180ml程度を取り入れると効果的です。

顎ニキビがしこりみたいになることがある?

どうみてもニキビなのに、「しこり」のようにボコッと腫れあがる時はありませんか?しかも、触れると痛いのが特徴です。

ニキビの表面が痛いのではなく、肌の奥が痛むような感じ。これは「硬結(こうけつ)ニキビ」というものです。

しこりニキビは、ニキビの中でも最悪な状態!重症化するとスキンケアではもちろん改善出来ず、定期的な皮膚科での治療が必要になります。

このしこりニキビには、2つのタイプがあります。

・赤くて大きいニキビタイプ

ニキビは鏡で見るとよくわかりますが、中央に芯があり、それを取ると悪化しないと自己処理してしまう人も多いです。

しかし、それをピンセットや爪でほじくり返すと、菌が増殖し、化膿する可能性があります。化膿すると高い確率でニキビ跡が残るので、くすみの原因にも繋がります。

・芯がない大きなニキビタイプ

一見芯がないように見えても、実は奥深くには存在しています。

ニキビが「しこり」になる原因は、真皮層までダメージが達しているからです。ここまでくるとニキビの中でも最悪の状態です。

毛穴がボロボロになり、修復しようと新たな細胞が急激に増えるので、表面上は硬いしこりに発展してしまうんですね。

しこりニキビの改善方法は?

しこりニキビは、ニキビが進行した状態ですから、通常のニキビのように数日経てば勝手に治まるものではありません。

普段から、「ストレスを溜めない」「適度な運動をする」「睡眠をしっかりとる」「暴飲暴食を避ける」と言った身体の内側から改善することでニキビを防いでいきましょう。

また、生活習慣やスキンケアでも中々改善しない重篤な場合には、皮膚科でキレイに治療をするのが良いでしょう。

特に美容皮膚科をおすすめします。

レーザー治療やステロイド剤を用いた治療法があるからです。レーザー治療は高額な治療費(保険適用外)がかかりますが、皮膚の組織まで除去出来るので、効果は高いですよ。

冷え性改善で顎ニキビも出来なくなる!?

顎ニキビが出来やすい原因は、顎ニキビが出来やすい共通点の所で、「生理前」や「新陳代謝の低下」、「睡眠不足」をあげましたが、「冷え性」もまた原因の一つとしてあげられます。

女性は特に「冷え性」で悩まされている方が多いと思います。婦人科系の臓器は、衣類や体温のおかげで一定の温度が保たれていますが、冷え性の方は常にお腹周りが冷えた状態です。

冷えは、全身の血流を悪くするので、ニキビや吹き出物を増加させる原因になります。冷え性が引き起こす顎ニキビの原因を2種類ご紹介します。

① 冷え性で代謝が悪くなる

冷えと言うのは、身体のいたるところに影響を及ぼします。

体温が維持できなくなると、当然代謝が悪くなるので太りやすくなったり、老廃物を上手く排出出来なくなったり、内臓や神経、肌の免疫も低下させてしまいます。

そうすると、不要な皮脂を餌にしたアクネ菌が繁殖しますので、顎ニキビがどんどん増えてしまう環境が出来てしまいます。

② 冷え性でホルモンバランスが乱れる

女性は、女性ホルモンの変化で身体の調子が左右されやすく、それは肌のコンディションも言えます。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つが支えています。エストロゲンの分泌量が減ると、血液が上手く循環できないので体温も低下します。

そうすると、身体の冷えから自律神経が乱れ、皮脂分泌も過剰に増えてしまい、顎ニキビが出来やすくなってしまいます。

冷え性を改善すると顎ニキビが減る

冷え性が原因で顎ニキビが出来るとすれば、冷え性を上手くコントロールすれば、顎ニキビも改善されることでしょう。

一気に冷え性が改善することはありませんが、まずは普段から口にする水分や食事の見直し、適度な運動で代謝をアップさせることを心掛けてみてはいかがでしょうか。

いきなり、ウォーキングを始めるのも難しいと言う方は、自宅でスクワットを1日30回2セットするだけでも代謝が上がりますよ。

<冷え性解消法>

  • 飲み物は常温にする
  • 冷房を避ける
  • 運動をする
  • ショウガを積極的に摂取する
  • 混載を食べる
  • 半身浴をする

顎ニキビについて聞いてみました。

顎ニキビを知っていますか?

顎に出来るニキビ」はその通りだと思いますが、他にも思春期ニキビや大人ニキビでも関係なく、全て顎に出来たニキビは顎ニキビと言うのでしょうか?

そして、知っている方はどんな時に出来やすいのか?顎にニキビはどれくらいで治るのか?顎ニキビについて色々と質問してみました。

みなさんの意見を参考に、自分の症状と照らし合わせて解決策を見つけてくださいね!

顎ニキビ知っていますか?


顎ニキビは顎に出来る吹き出物です。私の場合はストレスが溜まった時や睡眠不足、栄養の偏りなどで出来ます。私の場合は、痛みは少ないのですが、腫れて大きくなりやすいです。出来始めに薬を塗るとすぐに小さくなるのですが、悪化するとしこりのようになり、1ヶ月も治らないこともあります。顎ニキビが気になって触ってしまった所はニキビ跡になって残ってしまっているので本当に嫌です。

顔は自分の内臓と対応していることが多いです。望診法とも呼ばれています。顎は子宮と対応していると考えられています。ですから、顎ニキビが出来る時は生理前の場合や生理不順の時が多いです。子宮が何らかのSOSを出している場合もあります。ですから、子宮を冷やさないようにしたり、身体を冷やすような乳酸菌などの食品を控えめにしたりと意識しています。
顎ニキビなので、顎に出来るんだろうと思いますが、私は顎ニキビを知りませんでした。ニキビはニキビなのではないでしょうか?しかし、初めて知ったので調べてみると「大人ニキビ」の吹き出物のことを言うんですね。確かに、吹き出物と言われると嫌なので、顎ニキビや大人ニキビの良い方が良いです。30代の女性がなりやすいようで、私のこれもずばりコレか!と言う感じです。
顎ニキビは、顎やフェイスライン沿いに出来てしまうニキビですよね。顎は男性ホルモンが影響しやすいので、皮脂が多く出てしまう部分ですから、例えばストレスで自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れると顎ニキビになるのではないでしょうか。
顎周りに出来るニキビはホルモンバランスの乱れによるものや洗顔のすすぎ残しだと思っています。顎ニキビは膿を持ちやすく、赤く、大きい形状のものが多いので、市販のニキビ用の薬は中々効果がないですよね。私は、皮膚科の薬をおすすめします。
私が周りから聞く顎ニキビの原因はストレスです。ストレスでホルモンバランスが崩れて顎ニキビが出来るので、ストレス解消が効果的なのではないでしょうか。女性は肌荒れすると、余計にストレスを感じるので悪循環になりますよね。食事の見直しや化粧品を変えるなどの方法がありますが、まずは生活習慣の見直しが大事だと思います。
顎ニキビは20代から多くなると言う情報を聞いたことがあります。私も20代以降から顎ニキビが出来やすくなり、中々消えませんでした。また、強いストレスによって出来やすくなると聞いたことがありますが、私の場合は生理近くなると出来ました。
顎を中心に出来るニキビを顎ニキビと言うと認識しています。頬まで行かない程度で口下あたりに出来るニキビ。唇下なんかは、特に脂性肌の人にとってニキビが出来てしまう所だと思います。治りにくいです。
顎ニキビはたまに顎に出来る赤いブツブツと思っています。私もたまに悩まされています。普通のニキビよりも気になるので、たくさん触ってしまい、潰れて余計酷くなると言うサイクルの繰り返し。顎ニキビが出来た時には、サプリメントやビタミン摂取を心掛けています。
Tゾーンのニキビは皮脂による毛穴詰まりが原因なのに対し、顎ニキビは主にストレスや老廃物が溜まった時に出来るものだと思っています。私の場合は、寝不足や生理前に特にフェイスラインがボコボコになります。スクラブや美容ドリンクなど色々試しましたが、湯船に浸かってたくさん汗をかき、良く寝ることが一番効果的だと思いました。肌だけではなく、身体全体の代謝を高めることが効果的です。

顎ニキビどれくらいで治りましたか?

普段も睡眠不足などで顎ニキビが出来て酷くなると長引きますが、妊娠中はそれらにつわりのストレスと皮脂の過剰分泌、ホルモンバランスの崩れが重なって1ヶ月くらいはこじらせたかと思います。妊娠中だったので、皮膚科でもらった薬も使えず、市販薬は効かずで治っては新しく出来ての繰り返しでした。妊娠中はずっと苦しんでいたのに、出産して2週間もすると落ち着きました。
以前、顎ニキビが出来てから完治するまで半年かかった経験があります。最初に出来た時は、5か所あったのですが、その1つだけ中々治りませんでした。皮膚科へ行って、処方してもらった薬を塗っていたのですが、悪化はしないものの改善されず、飲み薬と強めの塗り薬を塗ってようやく治りました。今もニキビ跡が残っているので早く治したいです。
顎ニキビが中々治らない時期があり半年くらいそのままで皮膚科へも通い続けていました。抗生剤の内服薬を飲んだり、ビタミン剤を飲み始めてから、ようやく顎ニキビが出来にくくなりました。顎ニキビは出来やすく治りにくいもののようです。
顎ニキビが紫外線を受けたことで延焼してしまった時に、それが黒ずみになり、一年くらいこじらせました。顎ニキビに触れないように気を付けていたものの、フェイスラインなので、ついつい手で触れてしまうことがあり、その度にニキビを擦ってしまったり潰してしまって中々改善されませんでした。
中学校からニキビが増え始めて、私の場合は顔全体に白ニキビ赤ニキビがあり、本当に汚い肌でした。洗顔はこまめにしていたつもりですが、中々治らず、高校に入学。中学校の時に比べるとニキビ範囲は減っていたのですが、キレイな肌の人がうらやましかったです。短大に入学し、2年の時に友達の紹介でエステへ通いニキビを治しました。布団シーツやまくらカバーを小まめに洗うことを言われ、実践したら、卒業する頃には治りました。私は8年かかりました。自分に最適なニキビケアに出会えてよかったです。
私は顎ニキビを最長2ヶ月こじらせたことがあります。顎ニキビがあると、洗顔後や無意識に触ってしまうことが何回もあります。脂っこいものを食べたり、お菓子を食べたり、甘いものを食べすぎるとニキビになりやすいです。ニキビがあると、マイナス思考になりやすいので作りたくありません。
顎ニキビは最長1ヶ月程こじらせました。中々治らずに、気になって触ってしまうのが原因かもしれません。触ると次の日に悪化し、再発して跡が残ったりします。
最長1ヶ月です。ありがたいことに、普段はニキビ体質ではなく、余程のことがなければニキビにはなりません。しかし、ある時に職場環境が変わりストレスが溜まったのか顎にニキビが出来、それが触ると痛くて困りました。あまり刺激しないように、ファンデーションもそこだけ避けたりしていたのですが、それでも治らず。仕事を辞めて2日後には赤みが引き、1週間後には完治して、不思議でした。
私はニキビが出来やすい体質です。生理前やストレスが溜まった時、お菓子や脂っこいものを食べた後、顎やおでこににきびが出来ます。一番厄介だったのは、洗顔を怠った日が2日に1回くらいあり、それが10日ほど続いた時です。にきびを治すのに半年以上かかりました。
唇より下の顎周辺ににきびが5~6個出来たことがあります。全て白ニキビだったので、見た目も汚く、少しずつ増えていったというよりも、一気にできた感じで、洗顔時に気づきました。ちょうど少し前から仕事の体制が夜勤へと変わったので、ホルモンバランスの乱れが原因だと思いました。マスクで隠しながら生活する内に気づいたらなくなっていましたが、もう二度とあんな見た目にはなりたくありません。

顎のしこり、大きくなったことがありますか?

顎ニキビが出来始めにニキビの薬を塗ると良くなることが多いですが、「ストレス発散が出来ない」「睡眠不足」「栄養の偏りが激しい」など、条件が悪いままだと薬を使っても効かずに大きくなっていきます。そうなると皮膚の深い所に膿があるような感じで薬なんかが効かなくなります。良くないとはわかっているのですが、痛みを我慢して針で膿を出してしこりを小さくしていますが、必ず跡になってしまいます。
しこりのように大きくなると痛いのなんのって。少しでもそのニキビに触れると痛かったですし、お化粧で必死に隠そうとしていましたが、大きすぎて全然意味がなかったです。どうしても嫌な日はマスクをしていました。
ニキビは大きいし、痛いし、中々治らないし、もう気分はブルー。通常は顎ニキビが出来ても小さなサイズで、白ニキビが多いので膿を出してしまえば、すぐに治りますが、稀に大きくしこりになってしまうこともあります。中に溜まっているのは膿ではなく、押しても潰そうとしても何も出てきません。皮が引っ張られて痛みも感じます。体調不良の時にそのような症状になることが多いです。
つい最近までその状態で困っていました。1週間前くらいから少し大きめのニキビが顎に出来て、それから薬を塗ったりしていても全く小さくならずにどんどん大きくなって、触れないようにしていましたが、触れるとさらに大きくなった気がしました。結局、市販の膿を出す塗り薬をニキビに塗り、3日程経つとニキビも普通くらいのサイズになりました。
顎ニキビが大きくしこりになることはしょっちゅうあります。小さな角栓や膿と違い、自分で処置をしたり、中の芯を出すことが出来ないので一番厄介です。目立つのが嫌で中身を出そうと頑張ると、赤くはれたり、内出血したり、黒ずんだり、茶色い跡が出来たりと余計に汚く目立つ状態になってしまいます。
表面に出来たものではなく、奥に大きなしこりのようなものが出来ます。表面はポコっとした感じしかありませんが、治るのにすごく時間がかかります。痛みも伴うのですごくツラいです。一度出来ると何度か癖のように出来ます。その内になくなりますが、大きなニキビは一つあるだけで気分が憂鬱になるので、速く治したいと感じます。
顎に出来たニキビを放置していた所、毛穴に黒ずみが溜まり、しこりみたいに大きくなってしまいました。自分でピンセットなどで潰して、毛穴から黒ずみを取ろうとしましたが、結局取れなかったので、皮膚科へ行き黒ずみをとってもらいました。やはり早めに皮膚科へ行くべきです。
大きくて触ると中にしこりが出来て、しかも痛いニキビがよく出来ます。気になって触ってしまうし、潰そうとしても芯がなくしこりなのでかなり激痛。無理につぶそうとすると赤く腫れてニキビのサイズも大きくなるし、腫れも大きくなるし、ただ消えてくれるのを待つしかない状態です。薬を塗ってもなくなる気配もないし、どうしていいのかわかりません。
顎ニキビが出来た後、赤くしこりのように腫れてしまったことがあります。出来る限り、ニキビに触らず、クレンジングや洗顔をキチンとすること。ローションやクリームで保湿を心掛けていました。また、キップパイロールと言う傷薬は、ベタつきも少なく、ニキビにも効くのでよく使用しています。また、身体の内側からのケアとしては、ビタミンCのサプリメントと野菜ジュースでビタミンを摂って、跡を残さず治す努力をしました。
普通のニキビだと、大きくなると膿が出てきますが、硬くて膿も出ないしこりのような膨らみがよく出来ます。さわると痛くて、コリコリとするので放っておくしかなく、潰してしまうとかなりの跡になりそうです。

顎ニキビと冷え性の関係を知っていましたか?

冷え性と顎ニキビは関係あると思います!それは、私はひどい冷え性で夏でも靴下や腹巻を必要としています。当然、顎ニキビもポツポツあり、治ってもまたすぐに出来てしまうし、ニキビ跡もあり最悪でした。しかし、半年前から運動を始めると冷え性が改善され、その後には、肌もキレイになったからです。
顎ニキビに何年か悩まされていましたが、妊娠すると治りました。私は元々冷え性で妊娠がわかってから厚手の靴下を履いたり、温かいものを飲むように冷え性防止を徹底しました。すると、冷え性が改善され、ニキビも改善しました。
冷え性が酷くて顔はくすみやニキビが出来やすい肌質でした。顔の血流を改善することで、ニキビも改善されましたし、特に顎ニキビは以前に比べて出来にくくなったように思います。
顎ニキビの改善策として、食生活を見直し、バランスよく3食しっかりと食事をするようにしたら、便通も良くなり、身体の新陳代謝も上がってきました。徐々にではありますが、身体を動かすと身体全体がポカポカと温まりやすくもなり、手足の指先の冷えも改善されていきました。そうすると、肌にも潤いが保たれるようになり顎ニキビにならなくなりました。
私は冷えが激しいので、リンパマッサージへ言ったり、自分でも手のツボを押したり、ストレッチをするのを心掛けています。それらをするようにしてから、表情も豊かになり、肌の乾燥もなくなり、血色も良くなったと思います。血の巡りが悪いと老廃物が流れて行かないそうですから、顎ニキビも出来やすいみたいですね。
冷えと肌荒れの関係を知ってからは、お風呂にゆっくり浸かったり、寝る時には湯たんぽを入れたり工夫をするようにしました。ヒートテックを着たり、毛糸のパンツも取り入れました。それまでは、夏でも手足が冷える程の冷え性と代謝の低下から来る顎ニキビに悩んできましたから、冷え性が改善するにつれて、顎ニキビも出来にくくなってよかったと思います。冷えと肌は絶対に関係があると思います。
体を冷やさないように腹巻を巻いて靴下を重ね履きするなど心掛けました。そして、毎日42度くらいの熱めの湯船に30分浸かること。すると、便秘が良くなり、次に顎ニキビが出来にくくなりました。冷え性なので、身体の冷たいことに慣れてマヒしていましたが、身体を温める大切さを実感しました。
昔から冷え性持ちで、特に冬場は症状がキツくなってしまいました。しかも、私はニキビが顔に出やすいのであまり外に出たくありませんでした。どうにか冷え性を治そうとお風呂は長時間入り、寝る時には湯たんぽを使用しました。そしたら、不思議と冷え性ではなくなり、顎ニキビも消えました。とても驚きです。
10代の頃から冷え性に悩まされていました。その頃から肌荒れやニキビにも悩んでいて、20代半ばになり、冷え性があらゆる不調へと繋がったので真剣に考えるようになりました。日常生活を見直すことで、徐々に肌荒れも改善し、ニキビの中でも一番酷かった顎ニキビも出来にくくなりました。
血液の代謝が悪いせいで顎ニキビが酷くて悩んでいました。顎ももちろん、首の方まで広がって、恥ずかしくて人前に出られないような状態でした。元々冷え性の体質だったので、漢方を取り入れたり、お風呂で半身浴をすることで冷え性を改善しました。その後は、顎ニキビもだんだん和らぐようになってきて、冷え性が治ってから顎ニキビも治るようになりました。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-ニキビ
-,