ネイル

セルフジェルネイルのやり方の全て!スタートガイド!

投稿日:

初めてのジェルネイル

近年のネイルは、ぷっくりと艶があり、可愛らしいデザインが出来る「ジェルネイル」が主流です。

以前のジェルネイルは「ハードジェル」と呼ばれる強度があり、重いストーンなども付けられるものが愛用されていました。

しかし、ハードジェルは、ネイルオフの際にジェルを削り取る工程があり、自爪を傷つけてしまうリスクが高かったので、セルフネイルには不向きでした。

ソフトジェルが生まれてからは、リムーバーでオフ出来るため、セルフネイルも気軽に楽しめるようになってきましたね。

今回は、自宅でジェルネイルを楽しみたい方に、道具の揃え方から使い方、仕上げ、気を付けたいポイントまでを完全レクチャーします!

ジェルネイル初心者のあなたやもう一度確認したいと言うあなたのためにジェルネイルの全てをご紹介致しますので、この記事を参考にしてみてくださいね。

ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは、ジェルの液を爪に塗り、UVライトやLEDライトを当てて硬化させ定着させるネイルのことを言います。

ジェルは、合成樹脂で出来ていて、この液の中には光を当てると固まる成分が入っているので、ライトに当てると固まります。

ですから、固めた後は、すぐに触れることも出来ますし、水につけても大丈夫です。ちなみにジェルネイルは、マニキュア(ポリッシュ)と同じで3種類に分けられます。

自爪とカラージェルを密着しやすくするために塗る「ベースジェル」と、爪に色付けや模様をつけるための「カラージェル」、そしてネイルを保護し、持ちを良くするための「トップジェル」です。

ジェルネイルのメリットとデメリット

メリット

  • 発色が良く艶がある。
  • ぷっくりとしたフォルムが可愛い
  • 乾かす時間がかからない
  • 固めたら簡単に剥がれない
  • ネイルの持ちがよく、2週間から1ヶ月程度楽しめる
  • 強度が強くなり、自爪が薄い人にもおすすめ
  • マニキュアのような特有の香りがしない
  • 立体的なデザインのネイルも剥がれにくく楽しめる

デメリット

  • ネイルオフ(落とす)のに手間がかかる
  • ハードジェルだとオフは削る必要がある
  • 爪のケアはこまめにしなければならない

ジェルの種類と特徴

ハードジェル


ジェルネイルの元祖!のハードジェルは、ネイルオフする時にはマシーンで削り取らなければなりません。

ですから、本来の自爪も削り取ってしまう恐れもあり、初心者には扱いづらいです。

しかし、硬度と強度が出せるので、厚みを出したり、スカルプチュアのような長さを出すのにも適しています。しかも、ソフトジェルよりもツヤや持ちには優れています。

ソフトジェル


現在のネイルサロンの施術で主流はこちら!ソフトジェルは専用のリムーバー(アセトン・ジェルリムーバー)でネイルオフ出来るので、とても扱いやすいです。

しかも、自爪のような薄い仕上がりで、柔軟性もあるので「ネイルを付けている!」と言う感覚も少ないのが特徴です。

ただし、ジェルの種類によっては変色を防ぐために定期的にトップジェルを塗り直す必要があり、また洗い物をしたりするとリフトしやすい(浮きやすい)などのデメリットがあります。

セミハードジェル


簡単に言うとソフトとハードの良い所取りです。ハードジェルのような硬度がありながら、多少オフしにくくはありますが、リムーバーでもオフすることが可能なジェルです。

Step1.ジェルネイルの道具を揃える

ジェルネイルを始めるためには、もちろん道具を揃えなくてはなりません。

一番早く簡単に始められる方法は「ジェルネイルキット」を購入すること。キットさえあれば、一通りの工程は出来ますからね。

それで試してみてから、「アレが足りないな!」「これはもっとあった方がいいな!」「これも揃えてみよう!」と揃えるのが理想的かもしれません。

特にジェルネイルは、メーカーが違う同士だと硬化しない(乾かない)こともあるので、初心者はキットで購入するのが間違いないとも言えます。

もちろん、初めから単体でそれぞれの好みのものを揃えても構いません。

それでは、道具一式を見てみましょう。絶対に必要なものは〇なくても困らないものは△で表記しています。

プレパレーション(下準備)で必要な道具

〇エメリーボード
自爪の長さと形を整えるのに使用します。

〇プッシャー&ニッパー
プッシャーは甘皮を処理する時に使用するヤスリです。

ニッパーは甘皮が伸びていた場合に処理するために使用します。甘皮付近はデリケートな部位なので、切れ味や性能の良いものを選びましょう。

〇ファイルもしくはバッファー(100~180G程度)
サンディングで使用します。

ファイルの場合は、裏表でグリッド数(G)が違うファイルがあるので、それを購入すると別用途にも使えるのでお得です。

ちなみにグリッド数とは、目の粗さのことを指します。粗い方がたくさん削ることが出来ますが、削り口も粗くなります。目が細かい方が滑らかです。数値が低い方が目も粗いです。

(ベースジェルにノンサンディングジェルを使用した際は必要ありません。)

△ネイルブラシ
爪をファイルで整えた後に表面についたファイルダスト(磨いた後に出る粉)を除去するのに使用します。あった方が断然キレイに仕上がりますが、なくても特別困りません。

△プレプライマー
ジェルを塗る前に爪にこのプレプライマーを塗ることで、爪表面の余分な水分油分を除去し、ジェルを浮きにくくしてくれます。

△キューティクルリムーバー
これを塗ると甘皮が柔らかくなるので除去しやすくなります。しかし、必ず必要なものではありません。

△消毒液(エタノール)
消毒液は手指の消毒や器具の消毒に使用することが出来ます。

ジェルネイルをする際に必要な道具

〇UVライトもしくはLEDライト
マニキュアとは違いジェルネイルは自然乾燥ではなく、ライトを当てて硬化(乾かす)工程があります。

その際に必要なのがライト。W(ワット)数の高いものの方が早く硬化出来るのでおすすめです。また、今から揃えるならば、LEDライトの方をおすすめします。

〇ジェル
先程もご紹介しましたが、ジェルには「ベースジェル」「カラージェル」「トップジェル」の3種類があります。

単色塗りではなく、ネイルアートなど施したい場合には、その分だけのカラージェルが必要になります。

しかし、マニキュアと違いカラージェルは混ぜて色を作って使用することも出来るので、絵具と一緒で、三原色(赤・黄・青)と白色、黒色さえあれば、大抵の色を作ることは出来ます。

〇ジェル筆
筆先の形をそれぞれの用途に合わせて用意しておくと便利です。

とりあえず、ベースジェル用、カラーリング用、アート用、トップジェル用の筆を用意しておけば良いでしょう。

また、カラージェル用は全色1本ずつ用意すると大変な本数になってしまうので必ずしも必要ではありませんが、少なくとも「暖色(赤や黄色など)」「寒色(青や緑など)」で使い分けるか、「薄い色」と「濃い色」で使い分けるために数本用意した方が良いです。

アート筆は、細筆が必要ですし、ラメを使用する時には、ラメ用は他と代用できませんので1本必要になります。

毛筆の硬さや弾力などの使い心地で仕上がりが変わってきますので、質の良いものを揃えましょう。安物だと途中で毛が抜けてくっついたり塗りにくかったりしますよ。

△ウッドスティック
ジェルがはみ出て甘皮についてしまった時に使用します。爪楊枝などでも代用できます。

△スパチュラ
ジェルのブレンド等に使用します。混ぜることの出来る棒状のものなら代用可能です。

△パレット
ジェルを混ぜて違う色を作ったりする時に使用します。アルミホイルやクッキングシートで代用しても構いません。

ジェルネイルの仕上げをする時に必要な道具

〇ジェルクリーナー
ジェルを硬化した後に未硬化ジェルを拭き取る際に使用します。

(基本的に必要な道具ですが、ノンワイプジェルを使用した場合は必要ありません。)

〇ネイルワイプ
ジェルクリーナーを含ませて未硬化ジェルの拭き取りの際に使用します。ジェルワイプには、「スポンジタイプ」と「コットンタイプ」があります。

スポンジタイプの方が毛羽立ちも少なく、キレイに仕上げることが出来るのでおすすめです。かなり消費する道具なので、たくさん用意しておきましょう。

(ノンワイプジェルを使用した場合には必要ありません。)

ネイルオフする際に必要な道具

〇ジェルリムーバー(アセトン)
ジェルネイルをオフする時は専用のリムーバー(除光液)が必要になります。

アセトン入りのものでなくては、ジェルネイルは落とせません。ですから、マニキュア用のリムーバーは使用出来ないので注意してください。

〇アルミホイル
アルミホイルもまたネイルオフする時に指に巻いて使います。使用前に大体10cm角の四角形に切り揃えておくと便利です。

〇コットン
爪サイズにあらかじめカットしておきます。
リムーバーをたっぷりとしみ込ませるためには厚手のものが好ましいです。薄手のものだとネイルにリムーバーがしみ込まず何度もオフの工程をしなければなりません。

〇ファイルもしくはバッファー(80G程度)
サンディングでも使用しましたが、ネイルオフする時にも必要になります。

ファイルもしくはバッファーで傷つけることでリムーバーをジェルにしみ込ませやすくします。なので、サンディング時よりも粗目のものを使用しましょう。

△キューティクルオイル
ネイルオフ時にリムーバーを爪につける前にキューティクルオイルを爪の周りの皮膚に塗ることでリムーバーによる爪周りの皮膚の乾燥を防ぐことが出来ます。

ネイルオフ後、保湿し、自爪を健康な状態に保つことが出来ます。

ジェルネイルを保つためのアフターケアの道具

△キューティクルオイル
ネイルオフ時にもあった方がよいキューティクルオイルですが、ジェル施術後に自爪の周囲に塗ることで乾燥を防いでくれます。

Step2.プレパレーション(下準備)

道具の準備が終わったらいよいよジェルネイルを塗りたい所ですが、その前に大切な工程があります。それは、プレパレーションです。

プレパレーションとは、ジェルを塗る前の下準備のこと。ジェルを自爪に塗る前に適切な下準備をすることで、ムラなくキレイに塗ることが出来、密着度も上がるので長持ちもします。

次にプレパレーションの流れをご紹介します。

① 手の消毒

普通に石鹸で手をキレイに洗いましょう。手が汚いとグリーンネイルの原因にもなります。もっと良いのは「消毒液(エタノール)」での消毒です。

コットンに消毒液を含ませて、爪だけではなく指先、手の甲、指の間、手のひらの全てをキレイに消毒しましょう。

② ファイリング

エメリーボードを使用して、ネイルの長さと形を整えましょう。

サイド(端)からではなく、まず爪の真ん中を削って長さを整えて行きます。

この時、長さを整える際には、エメリーボードを90度に当てて削り、形を整える際は、爪に対してエメリーボードを45度に当てて削るとキレイに整えることが出来ます。

また、エメリーボードで削る際には、往復がけをするのではなく、左から右へ、左から右へと同じ方向に削って行きましょう。

往復がけをしてしまうと二枚爪の原因になってしまいます。10本の爪全部を整えて行きましょう。

また、長さを短くしない場合でも少しだけ削って爪の断面に傷をつけることでジェルが浸透しやすくなりますよ。

(爪切りで切らない理由…爪切りを使うと二枚爪の原因になってしまいます。)

③ 甘皮(キューティクル)の除去

プッシャーに水をつけて押し上げていきます。

プッシャーを爪表面に対して、45度の角度でクルクル動かし、優しく押し上げるのがコツです。角度を付けすぎると自爪を傷めてしまうので気を付けましょう。

プッシュアップして、余った爪周りもニッパーでカットします。

この時、キューティクルリムーバーがあれば、プッシャーを使用する前に塗って、甘皮をふやかしてから行いましょう。

そして、全て終わった後はキューティクルリムーバーごと水を付けたガーゼなどで拭き取りましょう。

④ サンディング(ノンサンディングジェルの使用の際は不要)

ジェルとの密着を良くするためには、ファイルもしくはバッファーで表面を傷つけ、ツヤを取る作業です。

180Gのファイル(バッファー)でサンディングしていきます。この時も往復がけはせず、一方方向で磨いていきます。

中央部分は軽くツヤがなくなる程度で良いですが、ジェルが浮きやすいサイドや先端、甘皮付近はしっかりサンディングするのがコツです。

⑤ ダスト

サンディングした際に出てきた粉をダストブラシで払う作業のことをダストと言います。ダストブラシを使用しない場合は、手洗いをし、水気をしっかり拭き取りましょう。

⑥ 水分や油分の除去(プレプライマーを使用する方のみのプラス工程)

最後に自爪の水分や油分をしっかりと取ることで自爪とジェルの定着をしっかりします。

この時に使用するのは、「プレプライマー」です。プレプライマーを塗ることで水分や油分を取ることが出来ます。

(リフト(浮きやすい)しやすい方は、「プライマー」と言うリフトがしにくくなる下地材を使用した方が良いです。)

⑦ ジェルの準備

これで、プレパレーションは終了です。続いてジェルの施術に移ります。

プレパレーション後は、絶対に詰めに触れないようにしてください。触って皮脂がついてしまえば、油分除去の意味がなくなってしまいます。

Step.3ジェルの塗布

プレパレーションが終わり、待ちに待った「ジェルの塗布」です。

ジェルネイルの工程を簡単に説明すると「ベースジェル」→「カラージェル」→「トップジェル」→「未硬化ジェルの拭き取り」の順番になります。

それでは、早速ジェルを塗っていく作業についてご紹介します。

① ベースジェルを塗る

まずは、「ベースジェル」から塗って行きましょう。

ベースジェルを塗ることで、ジェルネイルの定着を良くし、ツヤも出てキレイな仕上がりになります。

ベースジェルの塗り方ですが、筆の三分の一程つけて(根本には付けない)優しく塗っていきます。この時、爪の真ん中から塗り始めましょう。

真ん中を塗ってからサイドを塗ります。

そして、爪のエッジ(先端の断面)もしっかり塗ります。ベースジェルは薄く塗ると仕上がりがキレイです。特に爪のサイドと根本は薄く塗りましょう。

ベースジェルが濡れたら、LED(UV)ライトで記載されている硬化時間に準じて硬化していきます。(ライトとジェルメーカーによって硬化時間は違います。)

② カラージェルを塗る

カラージェルを塗って、ベースデザインを作っていきます。

単色カラー、フレンチ、グラデーションネイルなど好きなデザインにしましょう。まずは、カラージェルをしっかりと攪拌(かくはん)しましょう。

ジェルが混ざった状態でなければ、色ムラになってしまいます。

ベースジェル同様に筆に付けるカラージェルの量は三分の一程度が目安です。塗り方も爪の真ん中から塗り始め、サイド、爪のエッジまでしっかりと塗ります。

塗った後は、LED(UV)ライトで硬化します。

はみ出しなどがあれば、ウッドスティックを使うと皮膚についたジェルを取り除くことが出来ますよ。

③ ラメやストーンを装飾する(しない場合はカラージェルを二度塗りする)

ラメやストーンを付ける際はこの時に付けます。

クリアジェルをノリの代わりにして、デザインしていきましょう。

ラメ入りジェルの場合は、普通に塗って硬化させるだけです。単色カラーのネイルで楽しむ場合は、二度塗りが基本です。

二度塗ることでツヤが増し、キレイな仕上がりになりますよ。二度塗りが基本なので、一度目は薄く塗った方が上手く塗れますね。

④ トップジェルを塗る

最後は、トップジェルを塗ります。

トップジェルを塗ることで仕上がりがキレイになるのはもちろんですが、強度も増し、ネイルが長持ちします。

トップジェルを塗り方もベースジェルやカラージェルの時とコツは同じです。

ただし、ベースジェルよりもちょっとだけ厚く塗ると仕上がりがキレイになりますよ。ただし、爪のサイドと根本はベースジェル同様に薄く塗りましょう。

トップジェルを塗った後は、LED(UV)ライトでの効果です。今までの硬化は仮硬化で短めでしたが、最後は完全硬化するので、今までで一番長めに硬化します。

使用するライトやジェルのメーカーによって、硬化時間は違いますが、例えば仮硬化が10秒で硬化出来るライトやジェルを選択した場合、完全硬化は20秒かかります。

⑤ 未硬化ジェルの拭き取り(ノンワイプジェルを使用した場合は必要なし)

ネイルワイプにジェルリムーバーをしみ込ませて拭き取りします。

この時、同じ面ばかり拭き取るのではなく、爪1本につき1面を使って拭き取りましょう。そうしないと、折角のネイルが曇る原因になってしまいます。

また、エッジの拭き残しもしないように気を付けましょう。ジェルリムーバーの量はケチらずにたっぷりしみ込ませて拭きましょう。そうすれば、拭き取り切れないこともありません。

⑥ 完成

未硬化ジェルがキレイに拭き取れたら、最後にエメリーボードでネイルの形を整えて完成です。

ジェルネイルを長持ちさせる8つのポイント

① 下準備をしっかりする

ジェルを塗る前の下準備として、爪にヤスリをかけましょう(サンディング)。

また、削った粉もキレイに落とすことが大切です。そうしなければ、ジェルが浮きやすくなってしまいます。

② ジェルの塗る回数を増やす

自爪が薄く弱い人は、ジェルを塗る回数を増やすことで、自爪を厚くし、爪割れを防ぐことが出来ます。

ネイルサロンで行う場合は、スタッフがあなたの爪の状態を見極めてジェルの量を調節してくれたりしますが、セルフネイルの場合は、ジェルを2~3回繰り返し塗ってみましょう。

③ 甘皮にジェルが付かないようにする

甘皮にジェルが付いた状態で硬化してしまうと、そこからネイルが浮きやすくなってしまいます。

④ トップジェルは頻繁に塗り直す

ジェルネイルをしたからもういいや!」ではなく、トップジェルだけは、3~4日に1回程度ジェルネイルの上から重ねて塗るようにしましょう。

ジェルネイルが浮いてきてしまっても、それで押さえることが出来ます。

⑤ 爪に負担をかけない

家事や靴を履く時、パソコンなどのタイピング作業時など、ジェルネイルに直接振動や圧迫などの負担をかけるようなことをしてしまうと剥がれやすくなってしまいます。

⑥ 洗い物をする時にはゴム手袋を着用する

ジェルネイルに大敵なのは「水分」です。

なので、洗い物をする時や拭き掃除をする時には、ゴム手袋を履いたり、出来るだけ水分が付かないようにしましょう。

そして、もしついてしまったらキレイに拭き取り、しっかりと爪を乾燥させましょう。

⑦ お風呂は短めに入る

爪も皮膚と同じように、長時間お湯に浸かっていると水分を含み柔らかくなります。

でも、ジェルネイルは柔らかくならないので、自爪とジェルネイルとの隙間にお湯や空気が入ってしまい剥がれやすくなってしまいます。

⑧ リペアはすぐにする

一部だけ浮いてきたり、剥がれてしまった場合はリペアをしましょう。

リペアは簡単に言うと、「お直し」の意味です。なので、ネイルが浮いてきてしまった部分を削り取り、ジェルを再度乗せて元の状態に戻したりすることを言います。

ジェルネイルで気を付けたい『グリーンネイル』の危険性

マニキュアは持ちが悪く数日でオフしますが、ジェルネイルはオフしなくても数週間楽しめます。

しかし、そのためしっかりとケアしていないと「グリーンネイル」と言う爪にカビの生える「爪カビ」と言う症状を起こしてしまう危険性があります。

その名の通り「自爪が緑色に変色してしまう症状」です。

グリーンネイルの原因は、時間が経ち、浮いたジェルの隙間から水分が入り込んでしまい湿った状態が続くと緑膿菌が繁殖してしまうことで起こります。

もしも、グリーンネイルになった場合には、すぐにネイルをオフし、乾燥させて清潔にしましょう。症状が改善されない場合には、皮膚かも受診してください。

これにならないためには、少しでも浮いたり剥げたりした場合には、リペアを行うか?いくらジェルネイルの持ちが良くても1ヶ月程度でオフすることが重要です。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-ネイル
-