足の臭い

パンプスの臭いを消す方法

投稿日:

足が臭う

パンプスは年中オシャレを楽しむ女性の強い味方ですよね!

仕事柄毎日パンプスを履かなければならないと言う女性も多いと思いますが、お出かけの時にしか履けない方もパンプスを履いた後にキチンとお手入れをしていますか?

パンプスの素材にも左右されていますが、毎日履く場合はもちろん1日履いただけでもパンプスには雑菌や臭いがたくさんついてしまっています。

飲み会でお座敷だった時に一日履きつぶしたパンプスを脱いだら「くっさ~い」と言う経験はありませんか?

そこで今回はパンプスの臭いを消す方法について、履いた後の簡単なお手入れ方法を盛り込みつつ紹介していきます。

パンプスの臭いの原因は?

パンプスに限ったことではありませんが、靴を脱いだ瞬間にとんでもないニオイに驚いた経験がある方も多いはずです。

このパンプス(靴)を履いたから臭くなってしまったのか?それとも足自体が臭いのか?」なんて疑問に思ったことはありませんか?

足が臭くなる原因は、ずばり「雑菌の繁殖」。

誰の足にも常在菌が存在していますが、この常在菌が異常に繁殖して、汗と一緒に流れた皮脂や角質などの汚れが混ざり合って分解することで強烈な臭いを発生させてしまうというメカニズムです。

では、どうして足に雑菌が繁殖してしまうのでしょうか?

雑菌が繁殖する理由

  • 1日中同じ靴を履きっぱなしだから
  • 通気性の良い靴ではないから
  • 靴のサイズが自分に合っていないから

靴が原因で、足のニオイが臭くなっている場合は、靴を変えるだけでも足のニオイが軽減する可能性が高いです。

次に毎日同じパンプスを履くことで足にはどんなことが起こっているのでしょうか?検証していきます。

汚れや汗が靴に染みこむ

人間は1日に約200mlもの汗を足にかくことがわかっています。

靴に染みこむ汗や汚れは、頑張った証拠ですが、そのままにしておくと汚れが取れにくくなるだけではなく、汗が生地に染み込み足臭の原因となる雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

足臭が靴に染みこむ

足臭は足にかく汗と雑菌が混ざり合うことで発生されると言われています。

どんなにメンテナンスしていても1度足のニオイがパンプスについてしまうと中々取れない経験をした女性も多いと思います。

大切な靴はニオイが染み込む前からしっかりと手入れをしてあげる必要があります。

靴下に原因がある

通気性や吸湿性の悪いストッキングや靴下を履いている。

もしくは、足が湿ったまま靴下を履いていたり、スポーツをした後に靴下を履き変えていないなど常に靴下を履いていると言う方は、汗をかいた時や汚れた時に備えて清潔な替えの靴下を持ち込むと良いでしょう。

足に原因がある

靴下や靴の吸湿性や通気性を超えるような大量の汗をかけば、雑菌の繁殖を促してしまいます。

ですから、毎日爪の先まで丁寧に足を洗ったり、湯船に浸かったりすることが大切です。

パンプスのニオイが気になって脱げなかった体験談

普段から足のニオイを気にしている方は「今脱ぐとヤバイ…」と言うのがわかりますよね。パンプスのニオイが気になって脱げなかった体験談をまとめてみました。

  • 仕事でパンプスを履いていたが、休憩室を兼ねている女子ロッカーで着替えをする際にパンプスを脱ぐタイミングに困ったことがある。食事をしている同僚もいるので脱ぐのを我慢していた。
  • 夏場は汗をかくので足のニオイが特に気になる。デートなどで1日中履きっぱなした後は脱ぎたいけれど、彼氏の前では脱げないので困る。
    年中、足は常にムレているので、車の中で脱ぐとエアコンの風に乗って臭いが充満するため脱げない。
  • 制服がストッキングにパンプスと決められていたので、足のニオイが気になって脱ぎたいと常に思っていた。脱ぐ時は消臭スプレー必須。
  • 会社帰りに飲み会に誘われOKしたものの、座敷と聞いてキャンセルしたことがある。
  • 靴屋さんで靴を試着しようとしたが、足が蒸れているのに気づき、その日試着を辞めた。
  • 飲み会のお座敷でパンプスを脱ぐのに抵抗を感じる。長時間歩いた後に室内に通され、スリッパに履き替える時も同じ気持ちになる。
  • 足のニオイが気になる時は、支障がない場合は「これで失礼します」とパンプスを脱がずに逃げ切ることがある。

消えたと思っていても消えていない!パンプスの臭いを消す7つの方法

足の臭いの原因についてまとめてきましたが、次はすでにパンプス(靴)に臭いが付いてしまった場合の対処法についてご紹介します。

靴の臭い対策として有効なのは、「靴の湿気を取り除くこと」。

靴自体を洗える場合は、キチンと洗ってからしっかり乾燥させることが大切ですが、パンプスなど簡単に洗えない靴の場合にはどうしたらいいか悩みますよね。

そんな洗えないパンプスのニオイの取り方は以下の通りです。

  • 毎日同じ靴を履かないようにすること(週に最低2足以上のローテーションが好ましい)
  • 靴を履いていない時にはパンプスの中に乾燥剤や10円玉、炭、緑茶、新聞を入れて保管すること
  • 除菌・消臭スプレーをこまめにかけること(パンプスによってはNGですが、消毒用エタノールでも可)
  • 天気が良い日は天日干しにする(素材が皮の場合は痛む場合があるので日陰干し)
  • インソールを入れる
  • 購入する前に試着してピッタリのサイズのものを購入する
  • 毎日のフットケア(軽石でかかとの角質を取るなど)を欠かさず行う
  • オフィスの自分の席ではサンダルに履き替える

みなさんが実践しているパンプスのニオイの取り方教えてもらいました。

  • 最低でも週に1度、天気の良い日に日干しをしている。
  • 水と洗濯用の香り付き洗剤をタライに入れて、その中にしばらく漬けておく。その後、靴用のブラシで靴の中を洗い、真水ですすぎ天日干しにする。
  • お茶の葉をネットに入れて、靴の中にしばらく放置すると臭いが消える。靴と足用の消臭スプレーを併せて使うよりも経済的で効果的。
  • 新聞紙をパンプスに詰め、日光に当てれば大抵のニオイは解消。
  • 長時間履いた後は、必ずファブリーズなどの消臭スプレーをかける。中敷きも出来るだけこまめに替え、パンプスの素材によっては天気の良い日に日光消毒をする。
    それでも気になる日には、除菌効果のあるウェットティッシュでパンプスの内側を拭くようにしている。
  • 重曹を振りかけて置いたり、洗う時も重曹を溶かした水に少し漬けてから洗う。履かない靴には10円玉を入れるようにしている。
  • パンプスの臭いはともかく、除菌が必要だと思うので、乾燥機などのダニ退治機能を使用したり、天日干しするのが良い。
  • パンプスの素材にもよるけれど、洗ったり、ネットか何かに入れて洗濯機で洗濯して、天日干しすると臭いは軽減される。

足用の消臭剤と他の部位に使用する消臭剤の違いについて

ニオイを抑えると言っても、方法も異なり、販売するメーカーによっても種類や効果が様々な消臭剤。

足だけではなく、ワキやトイレ、室内、布製品など特化した消臭剤は、それぞれのニオイの特徴を分析し、確実に効果があるように作られているので、キチンと分けて使用するべきです。

また、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑えたいのか?良い香りで臭いを誤魔化したいのか?ニオイを緩和したいのか?その目的によっても違います。

「消臭剤は容器が違うだけで、中身は対して変わらないんじゃないか。」と思っている人も多いと思いますが、ニオイを抑えることを目的としている「消臭剤」「芳香剤」「脱臭剤」はそれぞれ違いがあります。

消臭剤


消臭剤とは、科学的や物理的、生物的、感覚的などの様々な消臭法を用いて、臭気を除去または緩和するもの。

芳香剤


香りを発生することで臭いを抑え、空間に芳香を付与するもの。

脱臭剤


臭気を物理的な方法で除去または緩和するもの。

足用以外の消臭剤でパンプス対策したことあるか?その効果を聞いてみました。

  • ワキ用の消臭スプレーを足に使用したことがありますが、持続性がなく数時間後には臭っていました。瞬間的なニオイを消すために効果的かもしれないですが、長時間パンプスを履く場合には、足用の消臭剤の方が良いとその時思いました。
  • 足の消臭スプレーがない時に、代用品としてファブリーズを使ってみました。靴全体が湿るくらいにスプレーをしましたが、完璧に乾いた後はかなり臭いが取れたのでおすすめ。
  • 衣類用のファブリーズがパンプスに支障もなく臭いも気にならなくなったのでおすすめ。
  • ファブリーズかリセッシュをパンプスに吹きかけるだけで臭いが軽減。
  • パンプスを水洗いするよりも、コーヒーの粉やみかんの皮などを袋に入れて、パンプスに入れた方が効果ばつぐん。
  • 10円玉を5枚ずつそれぞれパンプスの中に入れておくだけで臭いが取れた。
  • ワキ用のフローラルの消臭剤を振りかけたら、余計に臭いがこもって臭くなった。
  • ワキ用の制汗スプレーを使うとパウダーが入っているのでサラサラになるけど、白くもなるので加減が大事。あと、持続性はないし、香りとの相性によって悪臭にもなるので注意。

パンプスについたニオイを消す方法まとめてみました。

足のニオイが強烈な時ってありますよね。

え?これって自分の足のニオイ?」と顔が強張ってしまいますね。仕事中や外出中に消臭スプレーをかけてみてもその場しのぎ。

けれど、自宅にいる時のように足を洗うなんて出来ませんよね。

そして、臭い足でパンプスを履いていれば、パンプスも臭うし、パンプスの替えが何足も同じものがあるなら良いですが、そうゆうわけにも行きません。

ニオイさえ取れれば、まだ履くことが出来るのに、ニオイって厄介です。

今回は、「パンプスについたニオイを取る方法は?」女性の実践しているリアルな声を聞いてみました。

パンプスの匂いを消す方法は、1日履いた靴を脱いだ後に必ず市販の消臭スプレーを全体に吹きかけるようにしています。それだけでは臭いが消えないので、その後靴箱に靴をしまう時は、靴の中に炭を入れておきます。脱臭炭の靴にダイレクトに入れるタイプです。両足にそれぞれ入れておくと翌朝には臭いが消えています。ただ、また靴を履くと臭くなるので毎回これを繰り返します。
炭で出来た消臭剤をパンプスの中に直接入れると効果的です。また、こびりついてしまいどうしても消えない臭いの場合、靴の中敷を変えるときれいに臭いがなくなります。私は日頃からリーズナブルな中敷を入れて、臭いが気になり始めたら交換するようにしています。 靴ごと変えるのは高いですが、中敷なら簡単に新調できるのでお勧めです。
毎日、同じパンプスを履き続けない事が一番だと思います。一度履いたら消臭スプレーをして数日乾かす。可能であれば5足以上パンプスを用意して、1週間に一度履くペースが理想です。それから中敷を洗えるタイプの物して毎日取り替えるのも効果的です。さらに靴下を5本指(足先だけでも)にすると、足もパンプスも臭いが激減します。
私は、帰ってきたら必ず靴は市販の消臭のものを靴に入れておきます。ブーツの時も同様、消臭のものを入れます。そして靴を履く時は、足を清潔にし匂いの元にならないようにしています。 もう匂いが染み付いている場合などは、靴ベラから変えてしまいます。それだけでも、だいぶ匂いがおさまります。あとは、なるべく毎日同じ靴を履かないようにしています。どうしても毎日履くと匂いが染み着くため、1日おきなどにしています。

22歳専業主婦です。私はウェットティッシュか、制汗のシートを持ち歩いています。臭いが気になったら トイレなどで人目のつかないへ行き、ササっと足を拭いてしまいます。片足に1枚使っているのですが、手っ取り早くて便利です。私はウェットティッシュより制汗のシートの方が気に入っています。拭いたあとは臭いも抑えられ、サラッとするので気持ちがよくなります。
パンプスは基本革なので、臭いがこもりやすいです。どれだけ気をつけていても、いい香りのするパンプスを履いている人はいないのではないでしょうか。私は少しでもましにする為に、パンプスに消臭スプレーをしたり、10円玉をパンプスに入れて一晩置いたりして工夫していました。100均にも靴の臭い消しグッズも何種類か置いてあり試してみる価値はありますよ。

パンプスの臭い、私はとても気になりました。お休みの日で時間があるときは、自分でゴシゴシ洗って干すとほとんど臭いは消えますが、あんまり時間がないときは、ファブリーズをシュッシュッとかけちゃいますね。ファブリーズをかけると、そのミストで若干濡れてしまうので、出かける30分前とかにファブリーズしておくと良いかと思います。
私は汗っかきで、冬でもパンプスの中は蒸し風呂状態です。なので家に帰って脱いだ時の臭いは自分でも耐えられない程でした。そこで私は、普段飲んでいるエスプレッソマシーンから出るコーヒーの残りカスを消臭剤にして毎日靴の中に入れています。残ったカスを自然乾燥させて、それをお茶の袋やコーヒーフィルターに包んで靴の中に入れておくだけ。これならお金もかからずエコですし、しっかり臭いを吸い込んでくれるので、次の日も快適に履いてお出かけする事が出来ます。
パンプスの消臭のために私は2つのことをしています。1つは「フットスプレー」です。よくドラッグストアなどで脇用の制汗スプレーと一緒に並んで売っているのですが、それをパンプス着用前に足にスプレーするようにしています。個人的な感想ですが、スプレーをしない時よりもサラッとした感じが持続してほとんど蒸れを感じません。もう1つは「竹炭の消臭剤」です。竹炭が入ったパンプス用の消臭袋が売られているのですが、帰宅した後は必ずその消臭袋をパンプスに入れておくようにしています。竹炭と一緒に乾燥剤も入っているので、臭いだけでなく湿気も取り除いてくれます。
いままで1番効果が合ったのは靴箱の中に炭を入れておけば、湿気を取り除き消臭も一緒にしてくれますので一石二鳥です。 備長炭なら1ヶ月ごとに天日干しをしておけば消臭効果が半年は続きますよ! 私の場合は通気性の良いバスケットなどに入れて、靴箱の上などに置いてました。 玄関の気になる匂いも消臭してくれます 炭など来客時など見られて恥ずかしい場合は布を被せ少し一工夫オシャレに飾れば置物としてもOKです♪
パンプスの匂いを消すために、同じパンプスは続けて2日以上はかないように気をつけています。 一度はいたパンプスは、内側をウェットティッシュで拭いて、靴箱にしまわずに1日置いておきます。(乾燥させるため)その後、靴の裏を水拭きして靴箱へ。 この点を、気をつけるだけで、かなり臭いが軽減されます。もちろん、足そのものの匂いに気をつけるのも忘れないようにしています。
グランズレメディという粉末状の靴消臭剤がおすすめです。約7日間(1日1回)靴中にまくだけで除菌され、靴や靴下の悪臭を解決します。その後は不思議と臭いがしなくなりますので、数回に1度まけば良くなります。嘘のように靴・足共に消臭されるので驚きです。
重曹には消臭効果があると聞いたので、私は掃除コーナーで重曹を購入し、パンプスの臭いの元となる辺りに、直接、重曹をかけます。たっぷりではなく、適度に軽くで大丈夫です。 そのまま丸1~2日置き、重曹を捨てます。 そして、天日干しのような感じで、半日~1日ほど外に立て掛けておきます。 すると、臭いはほぼ無くなります。
においを消すのに有効なものはコーヒーの出ガラかすです。お茶こしパックにコーヒーを抽出した後のコーヒーの出ガラかすを詰め込みます。このコーヒーの出ガラかすは一度かんひー層をしておきます。そのあとにお茶パックに詰めます。そして封を閉じます。これを2つ作ります。その二つを片方ずつひとつづつパンプスに詰めます。
同じパンプスを毎日履かずに、一日ごとや三日ごとなど開けて履くようにする。 履いた後にインソール部分など足の汗をかく部分を軽く濡れた布巾(固めに絞って使用する)で拭き掃除する(汚れは履いた日のうちに掃除しておくと匂いがきつくならない) インソールをこまめに変えて使用する(同じインソールのままですござす、100均などの安いインソールを入れて履き、汚れたらこまめに買えると良い) なかなか取れない匂いには新聞紙やコーヒーの粉などを靴に入れて、風通しのいい日陰などに置いておく。
仕事もデートもパンプスは欠かせないものです。ですが長時間履くとやっぱり蒸れますよね。夏はもっと悲惨で床に足跡がつくほどです。当然臭いもキツイ。この臭いを消すために私がやっていることは、毎日違うパンプスを履くこと。玄関やベランダに一日干しておくと臭いは消えます。外出先では制汗スプレーと制汗シートでしのいでいます。ストッキングの変えもあると便利。靴箱は下駄箱用ファブリーズが一番効きます。
靴の匂いを消す方法は・・・10円玉です!10円玉を一枚ずつそれぞれの靴の中に入れておきます。足の匂いが気になる人はつま先へ入れると良いですよ。本当に消えますので一度お試しください。
パンプスって素足ではいたり、タイツではいたりなので臭くなりますよね。 あたしがやっているにおい取りは完璧ににおいが取れるわけではないですがかなり気にならなくなります。 一つ目は、重曹を靴に入れる。 直接靴に入れるので掃うのがめんどうですがこれだけでもかなりにおいが消えます。 もう一つは太陽光にあてる。 太陽光で滅菌ができるのでそれを利用しています。 ただ色褪せなどはきをつけてくださいね
パンプスの中敷きを抗菌作用のあるものを入れて履くこと。パンプスを履いて帰ったら、下駄箱にしまう前に新聞紙をパンプスにつめて通気性のいい場所においておくこと。仕事などで毎日パンプスを履く場合は2、3足を回して履き、同じパンプスを連日はかないように順番に履き替えて使うようにすること。天気のいい日は干してパンプスの乾燥をさせること。
パンプスなど洗えない靴はお手入れが大変です。我が家では主人は十円玉を靴に入れてます。私は帰宅後直ぐに靴用の乾燥剤を入れておきます。そして休みの日にはお日様が当たる風通しの良い場所に干します。下駄箱の乾燥もできますので扉は開け放っておきます。ウーロン茶や緑茶で拭いたり紅茶のティーバックを入れた後乾かしてから靴にいれたりしてます。紅茶はホルマリンも吸着しますので、下駄箱や、ロッカーやタンスにも使えます。その他にスーパーにあるミョウバンも消臭できます。我が家の近所にもありましたのでわりと売ってると思います。500のペットボトルの水にに約15gくらいを溶かして百均のスプレーに入れておくと便利です。靴に限らず汗臭いシャツなどにも使えます。靴の匂いはバクテリアが原因となりますので、乾燥が大切です。同じ靴を履かずに何足かをローテーションで履く事も大切です。靴下やストッキングも選択時に柔軟剤にスポーツようやく24時間消臭の物を使い汗をかいたら履き変えるのも良いかと思います。
パンプスについた足のニオイをとるために、お天気の良い日に日干しを行っております。太陽の当たる風通しの良いバルコニーにパンプスを並べて一日干しておくと、足の嫌な臭いは消えて無くなります。毎日履いているパンプスでしたら、最低でも週に1度は日干しをすることによって臭いが染みつかないように防ぐことができます。
私はパンプスの匂いをとるために、水と洗濯用の香りつきの洗剤をタライに入れて、その中にしばらくつけておきます。その後、靴用ブラシで靴の中を洗って、真水ですすぎ、天日干しにします。洗濯用の香りつき洗剤を使うことで、ほとんどと言っていいほど匂いはとれます。ただ、やはり洗うことで型崩れが起きたり、時には飾りがとれたりもしてしまいます。なので、しょっちゅう洗うのではなく、匂いが気になる夏で、晴れの日に洗うことが多いです。
お茶の葉っぱをネットに入れて靴の中に暫く放置しておくと、お茶の成分から臭いを消臭してくれる効果が発揮され、効き目が絶大です。しかし、効果の継続性は本当に短いので、こまめに消臭方法をする必要があると思いました。あとは、靴の消臭スプレーの他に足用の消臭スプレーも行うのが良いと思います。ダブルの効果があります。
できれば同じパンプスを毎日はかず、一足はいた後は消臭スプレーをかけその後も消臭効果のある専用のお手玉?のようなものをパンプスの中に入れ一日休めます。そして次の日は別のパンプスをはくようにします。足自体もお風呂で念入りに洗うと良いです。軽石などで古い皮膚をゴシゴシすると付いてしまったにおおも取れる気がします。
パンプスはあまり履かないのですが、シューズのにおいについては何かいい方法がないかとずっと思っていました。昨年知人に教えてもらった方法が効果があると思います。最近よく出回っている除菌スプレーが効きます。特にシューズ用でなくキッチン用でも消毒用でも何用でも大丈夫のようです。玄関に置いておき、気がついた時にシュッとしておくだけで気にならなくなりました。パンプスに限らず家族みんなの靴に!
パンプスに匂いがついてしまったら、消臭よりも、とにかく滅菌することが大切だと思うので、乾燥機などのダニ退治機能を使用するか、天日干し(焼けないように様子をみながら)をするのが良いと思います。私は時間を見ながら向きを少しずつ変えて天日干しをしています。スプレーを使用してシミになってしまったりと失敗もあったので、干したり温めたりが一番だと感じています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-足の臭い
-,