LINE

LINE辞めて良かったことは何ですか?

更新日:

LINE止めた

スマホの普及と同時にLINEも爆発的に利用者が増えましたよね。

LINEを利用する上でたくさんのメリットがある反面、デメリットもあります。

アプリをダウンロードしてから使い続けている方もいれば、何らかの理由でアンインストールしたという方もいるようです。

LINEを使ったイジメなどが社会問題になる時代にLINEを辞めて良かったと感じている方に詳しく話を聞いてみました。

LINEとは?

LINEとは、スマホだけでなく、ほぼ全てのモバイルで使うことが出来るアプリです。

無料通話やメッセージが送信できる便利な機能があり、全世界で約4億人以上が使っているそうです。

どんなに利用しても無料とは言え、通信にかかるパケット料金はそれぞれ契約している会社へ支払う必要があります。

また、LINE内で使用出来るたくさんのスタンプは無料ではありませんので、購入する場合はスタンプに応じて課金する必要があります。

LINEゲームも同じで、無料で遊べる範囲を超えると課金しなければならなくなります。

LINEのメリットとデメリット

LINEを利用する上でのメリットとデメリットについてまとめて比較してみたいと思います。

LINEのメリット

  • 無料で電話やビデオ通話、チャットが出来る
  • 通知が早い
  • 複数でのグループトークが可能
  • ニュース速報なども見られる
  • 友達登録するだけで割引を受けられるお店がある
  • プロフィールやホーム画面など自由に作れる
  • 使い方が簡単、独自のスタンプやゲームなど可愛くて楽しいサービスが多い
  • 災害時に通常の通話機能が使えなかったことに対してLINE機能していた
  • スマホに保存されている写真や動画のアップデートが簡単で早い
  • HPなどのURLの添付も簡単

LINEのデメリット

  • 電話帳に登録されている人全員とLINE友達になってしまう
  • 個人情報流出の可能性
  • 匿名で知らない人ともやり取りが出来てしまうため危険性が伴う
  • 既読でもすぐに返信が出来ないと無視しているように思われる
  • 特定の人をブロック出来る機能などもあり、交友関係に影響する
  • ちょっとしたきっかけで「LINE依存症」になる場合がある
  • 通話の品質が悪い
  • 充電の減りが早い

LINEを辞める理由は?辞めたい人の10個の理由

LINEの普及率が高いので、メールよりも連絡ツールに便利だと使用している人も多いですが、様々な問題から辞める人も少なからずいるようです。

気軽に連絡が出来、仲間内でのコミュニケーションも増えて一見メリットが多そうですが、それと同時にデメリットが見えてきて使用することに対して苦痛に感じる方も中にはいます。

では、具体的なLINEを辞める理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

① 時間が取られすぎるので辞めた

仕事が忙しい方や子どもがいる方の中には返信したくでも出来ないケースが多々あります。

一回で返信する文章は短くても、長時間のやり取りは、対応しきれずにイライラしてしまう人も多いようです。

また、LINEを見ている時間が無駄に感じるようなタイプの方は、「自分にはLINEは向いていない」と思って即退会と言うこともあります。

② ストーカーに付きまとわれて辞めた

LINEは一度友達登録した相手を削除出来るものの、相手の方に入っているデータは消すことが出来ないシステムになっています。

よって、ストーカー気質の人と連絡を取ることに嫌気がさし削除しても、相手の方からはまだ履歴が残っていて見られることで気持ち悪い場合もあります。

③ 既読無視したと言われる(される)ことがストレスで辞めた

LINEはメールになかった既読と言う機能が備わっています。

これにより相手が読んだかどうかわかるので、連絡の行き違いなどを防ぐことが出来ますが、既読が付いたことで「返信しなくては」と言うプレッシャーを感じる人もいます。

また、返信しないでいると無視しているようで失礼に当たるのではないか?と考え続けていることにモヤモヤしてしまうこともあります。

④ 反応に困る・反応するのが面倒で辞めた

LINEはメールよりも気軽に送れる分、くだらない内容やどうでも良い内容、スタンプの連投など不快感を煽るようなメッセージを送る人もいます。

それにどう反応して良いかわからない人や面倒だから反応しない人もいます。しかし、それで人間関係に繋がることもあり、それならばいっそのこと辞めてしまう方が楽だと考える人もいます。

⑤ 自動的に友達登録されたので辞めた

LINEには、最初に登録する時に連絡帳の電話番号などから「知り合い」を自動的に検索し、登録するシステムがあります。

親しい友人だけならばまだしも、しらばく連絡を取っていなかった知り合いや上司など登録するはずではなかった人まで友達になってしまったら、少し気まずいですね。

削除するのは気が引けるし、一人ひとり自動的に登録されてしまったと説明して謝罪の連絡をするのも億劫だしと考え、辞めざる得ないパターンもあります。

⑥ そもそもLINEする友達が周りにいなくて辞めた

スマホは全国的に普及していますが、まだあえてガラケーの人もいますし、周りの人もLINEを使っていなければ、アプリを落としても意味がありません。

アプリは入れているだけでスマホの要領を埋めてしまいますので、一緒に使う人がいないならスマホの通信速度を速める方を優先して、LINEを辞める人もいます。

⑦ 関わりたくない人とID交換をしてしまい辞めた

上司や年上の方からIDを教えて欲しいと頼まれたら、中々断れませんよね。

そこで一度友達になってしまうと、気を遣う相手と常に繋がってストレスを感じずにはいられないこともあるでしょう。

ブロックしたら許さない!」と言う方も中にはいますから、削除するしか道がなかったようですね。

⑧ 個人情報が洩れる恐れがあり辞めた

電話番号やあらゆる個人情報を入力して、利用するツールなので個人情報漏れは誰もが気になります。

会社がLINEを連絡手段として推奨しているならまだしも、そうでない場合はより注意が必要です。

一人の個人情報が周りにも影響を与えることがありますので、責任をもって使い続けることが望まれます。

⑨ グループから避けられていることを知り辞めた

グループ機能でチャットのように楽しめるLINEですが、いつの間にか音沙汰がなくなったと思いきや自分がグループから外されていたらどう思いますか?

もう続けたくなくなってしまいますよね。

⑩ 周りの友達を羨ましく思って辞めた

タイムライン機能では、日常的な出来事を更新出来るので、イベントなどに積極的に参加している人は派手な更新も頻繁になりがちです。

一方、そこまで毎日の生活が充実しているわけではない人にとって、そのような更新は羨ましい反面妬ましく、ついついイライラしてしまうことも。

ストレスが爆発する前に、自分から辞めるのが安全な場合もあります。

LINEの友達登録を削除してしまうとどうなるの?

LINEは、可愛いスタンプや面白いスタンプを送りあったり、無料で通話も出来る便利なアプリですよね。

相手にメッセージを送ったり、電話をかけるには、相手とアプリ上で友達になる必要があります。

しかし、このアプリ上の友達から削除されてしまうと、相手とLINE上でコミュニケーションが一切取れなくなってしまいます。

ちなみに相手からLINE上で友達削除されても何も通知が来ません。

しかし、相手に送ったメッセージには「既読」は付くことがありませんし、返事ももちろん来ません。何度か連絡をしたのに一向に既読がつかず返事も来ない。

どうして?」と思うことがあったら、それは相手から友達削除されているからでしょう。いくらアプリ上だとは言え、突然理由もなく友達から削除されたらショックですよね。

SNSは顔が見えない分、時にショックなことをしやすい・されやすい面があります。

友達登録を削除される時ってどんな時?

  • 疎遠になりほとんど連絡を取ることがなくなった時
  • 合コンなどの飲み会の中でノリで友達になった時
  • 突然グループを理由もなく外される時

LINEを辞めたいと思った理由を聞いてみました。

携帯電話業界では、もうスマートフォンが主流になっていますね。

それと共に連絡ツールとして、勢力を増しているのが「LINE(ライン)」。スマホを持っていて、LINEをしていない人の方が少なくなっています。

気軽に連絡先を交換出来て、簡単に友達登録が出来るので、仲間の輪も広がり良いですよね。しかし、そんな便利なLINEですが、使っていたけど辞める人や辞めて良かったと感じる人もいるようです。

その人は、どんな理由でLINEを辞めることにしたのでしょうか?辞めるきっかけや辞めて良かった体験談をみなさんに聞いてみました。

また、LINEで友達削除されてしまった体験談も聞いてみました。友達削除されないためにはどんな配慮が必要になってくるのでしょうか?

これらの理由を見て、「あるある」と思われる方や「わかるけど辞められない」と言う方もいるでしょうね。SNSにおける人間関係のトラブルが多発しています。

楽しくコミュニケーションが取れるように、友達登録や削除には配慮して利用しましょう。

LINEを辞めるきっかけの体験談

いつの間にかほとんどの人がスマホを持っていて、若者の間ではスマホを持っていない人の方が珍しい時代になってきました。

どこで見ても、ゲームやLINEなどさまざまなアプリを利用している様子を見かけます。

LINEでの連絡が圧倒的に簡単で楽で、メールでの連絡は最近しなくなってしまいました。

その場で話しているかのような簡単なやり取りができてとても重宝しています。

便利な時代になりましたよね~。

一方でLINEを使うのをやめたという人もいるそうです。

気軽に簡単に連絡が取れるLINEをやめることになってしまった理由は何なのか聞いてみました。

便利さゆえに使いづらいということもあるのでしょうか、とっても気になります!

常にLINEが来ていないか気になるのでやめました。子育てや仕事で忙しく、LINEに時間を取られるのが辛くなってきたからです。みんなに後れを取らないように、返事を送らないといけないと思ってしまい、子供のことがおろそかになってきたからです。下の子は赤ちゃんなので、今は赤ちゃんに集中しようと思いやめました。
メールの時は、連絡事項がある時だけで良かったやり取りがLINEになるとどうでもいいことにまで反応しなければいけない事が苦痛になった。家の事、子供の事でリアルタイムに返事できない事の方が多く、返事を焦る気持ちからプレッシャーになって嫌だった。 自分としては連絡手段のみと思っている相手から、必要以上のコミュニケーションを要求されると疲れる。
ストーカーチックな人がLINEの友達にいて、もちろんブロックはしているものの、相手のLINE内に私の写真やLINE履歴が残るのが気持ち悪くて辞めました。ブロック機能だけじゃなく相手のLINEアプリからも自分のLINEが削除できる機能があればよかったのに…と思います。
私がLINEを辞めた理由は、いくつかあります。まずはLINEが来た時に画面上に文章が出てしまうため、何が送られてきたか分かってしまい、彼氏とケンカになりました。それから既読したのに返信がないと怒られたりするので嫌になりました。これが決定打です。電話帳に登録されている人で拒否をしている人にも通知がいってしまい(登録時は設定できないので)、連絡が来るようになったのでやめました。
ママ友からのグループメールが頻繁で、忙しい時にはなかなか返せないのですが、そうなると文句を言われる。 また、タイムラインでママ友の投稿があった際に、コメントしないと悪口を言われる。 こういったことに疲れて、長男がクラス替えになった際に、スマホが壊れたことにして、LINEをやめました。 現在もそのままにしています。
グループでの会話が面倒臭くなり辞めましたました。連続で鳴る通知音に疲れてきて、通知の音消しをしていたのですが、それでも 『うん』とか『(笑)』など薄い内容にアホらしくなり、機種変更をきっかけにLINEを辞めてしまいました。 現在、キャリアメールのみの使用で、周囲から『不便じゃない?』とか言われるのですが、LINEの既読からも解放され、不便どころか心身ともに楽になりました。
一番初めはしくみがよく分からず、出てきた画面に素直に従ってやってたら友達になりたくない人とも自動的に友達になってしまったからです。 チェックを外せばそうならないことを後で知りましたが、その時は分からず嫌な思いをしました。 私の電話番号で勝手に友達になられたのも嫌でした。 迷惑メールの類で適当に友達になるんでしょうけど、サイトのお誘いメッセージが増えてきたので辞めました。
親しい友人はLINEに登録しておらず、LINEをする人がいなかったのが一番の理由です。 また、電話帳に入っている知り合いがLINEに表示され、仕事関係の人まで出てきて、タイムラインにその人たちの出来事が更新されたりしました。 特にやりとりはしないのですが、気分的にあまり良くなかったので辞めることにしました。
友達とのすれ違いが原因で、LINEを辞めました。 仲の良い友達(Sさん)が、8人のグループに入っていて、新しい仲間を募集しているから、よかったら入ってみない?と、誘いを受けたので、グループに入ってみました。 最初は、8人の方たちが『今日からよろしくね!』等と、メッセージを送ってくれました。 ですが、1ヶ月後、私に何の連絡もないまま、そのグループが削除されていました。 Sさんのことが信じられなくなったので、LINEを辞めました。
私が、LINEをやめた理由は出来たら関わりたくない方とのLINEIDの交換でした。 とある講習会に参加した際、少し話をした方流れでとLINEIDをすることとなりました。 出来たら、交換したくなかったのですがその場の空気と断ったら失礼かと思い交換してしまいました。 その方は、女性だったのですがその後、「LINE、ブロックしたら許さないわよ。」と言われ、ブロックするにも何かあったら怖いと思い、アカウントを削除する方法を選びました。 もう、LINEはやらないと思います。
ソフトウェア業界で、働く友人の会社のひとたちは、みな、LINEをしないというのを、ききました。個人情報が、もれやすいというリスクから、LINEをしてましたが、やめることに、しました。また、既読スルーなど、まわりから、返信をせかされるのにも、嫌気がさしたためにLINEをやめる選択肢ができました。既読システムなくしてほしいです。
学生なので時間が取られることと、東日本大震災の時のように大事に至る場合はよくてもメールを送った時に「既読」がつくことがあまりよくない場合が多いため、既読マークをつけたくないときについてしまうため。メールの代わりにリアルタイムですぐ会話ができるため、利用していたのですが、だんだん連絡以外のことも話すことになってしまうことが多いため。電話を使う機会が減り、文字だけの会話になるため、感情をつけにくい、1つ1つに気を使うため疲れてしまうので、一回やめさせていただきました。
とにかく既読スルーで返信がないとイライラする。 既読してからすぐ返信しないと落ち着かない。 一度投稿すると消せない為、何度も他人に誤送信して問題あったこと多々あった為。 迷惑メールがかなり来て困る。 ゲームの勧誘や、会社のラインアカウントからのニュース投稿が来てその度に携帯にとらわれてしまうことが多々あり必要がないと判断しました。
1ヶ月前にラインを辞めました。電話帳に登録している人数が多く、ラインメンバーが莫大になりました。ニックネーム等で登録してる人が多く、誰が誰か分からない、一人一人のニックネームが分からなく、すぐに連絡したい時に探すことに手間がかかる、、等の理由で辞めました。検索がスムーズに出来るようになれば使いたい。
とある歌舞伎町のバーの仲良くなった男の子とlineを始めることになったのですが、つい送りすぎてしまい、彼の怒りを買ってしまいました。 それほど送った自分が悪いのですが、そもそも店以外での仕事となるわけですから、かなり負担だったようです。その怒りを買った当時店に行くと、顔面を殴られ、腕にはものすごいアザができるほど、殴られました。この件で自分にはlineそのものが向かないと思い現在は全くしていません。その彼とはsnsメールのやり取りを始め、こちらはうまくいっているので、特にlineを再開させるつもりはありません。
私がLINEを辞めたのは、頻繁なやりとりがすごく煩わしくなって来たからです。LINEをして、すぐに返信があってまた返すと即座に来てしまって、気が休まりませんでした。既読が付いてしまうので、読んでいるのにどうして返事を返してくれないのかと詰め寄られたこともありました。もう、こんな思いをするならいいやときっぱり辞めました。
管理できなくなったからです。どんどん入ってくるので、気になって仕方ありません。時間がどんどん過ぎていき、家事や育児がおろそかになってしまいました。反省し、やめることにしました。メールの方が手軽で楽です。学校の役員や、育成会の役員、幼稚園でのクラスなど、子供が多いとたくさんありすぎて、私には管理できませんでした。
私がLINEを辞めた理由は、メールのような連絡手段のつもりで使っていたのに、某SNSのような状態になってしまったからです。 某SNSにて、友達が投稿した日常生活の記事を見ると、羨ましくて嫌な気分になってしまうため、某SNSを辞めてしまいました。 けれども、LINEのグループトークでは、いつの間にか、友達たちが日常生活を投稿してくるようになったのです。 これもまた、私にとっては同じように羨ましくて嫌な気分になってしまうことでした。 そのため、LINEも辞めることにしたのです。

LINEを辞めて良かった体験談

スマートフォンを持っている人の間ではかなりの人が利用しているLINEですが、中には使うことをやめた人もいるそうです。

せっかく始めたものをやめてしまったということは、何か普段の生活に不具合が出たから取り除きたかった結果なのではないかと思います。

そこで実際にLINEをやめてみてよかったことは何か聞いてみました。

やめることになる理由って、例えば人間関係が嫌になったからとかありそうですよね。

単純に機械についていけないとかもあるかもしれません。

逆にやめてよかったことはなかったという変わった意見の人もいました。

それぞれがどんな思いでLINEをやめたのかがよくわかります。

みなさんいろいろエピソードがあってとても読んでいて楽しいですよ!

ケータイの充電の長持ちです。 辞めてからすっごく充電が長持ちして助かってます!
LINEはとても便利な連絡ツールですが、連絡を取りたくない人とも繋がってしまうというデメリットがあると思います。LINEを辞めたら、そういったしがらみから解放され、自分が信頼できる人とだけ連絡を取り合える生活になったので、気が楽になりました。連絡先を整理するためには、LINEを辞めるのが手っ取り早いと思います。
LINEを生活に取り入れてからは連絡して手段としてとても便利に活用していましたが、相手が徐々に増えるにつれ、LINEに生活時間が縛られるようなり次第にLINEが来ることを鬱陶しくおもうようになりました。 また、よく耳にする既読無視もこちらが意図せず既読にはしたけれど時間がなく返せないとゆう状況をいちいち相手に連絡するのが面倒になりいっそメールで足りるなと思いLINEはアンインストールしました。
LINEを辞めてよかったことはグループ内の会話を閲覧せずに済むようになったことです。 やはり、一時的な友達(合コンなど)でグループを作られると参加せざる終えないという感覚があります。ですが、退会もしづらいです。LINEは気軽に連絡が取り合えると同時に距離がとても近い連絡方法だと思います。会話のような感覚でやり取りがしやすいため、距離感のとり方が難しいと思いました。
LINEをやめてよかったことは、特になにもありませんでした。最近では、LINEでしか連絡先を交換していないこがいました。それをかんがえたらLINEをやめたら不便だなとおもいます。でもそのぶん繋がりが薄く、LINEで済ませて、そとに出なくてもすむと言うことが起こるとおもいます。LINEが必要かと思えば必要ないとおもいます。昔みたいに、なるのもいいと思います。
無料通話だからといって頻繁にコンタクトをとってくる友人がいたが、解放されて家族・自分のために時間を使えるようになった。その友人は、私が通話に出ないとLINEでメール?を送ってきて既読かどうかを確認してきていたので、私にとっては「既読・未読」機能は本当に不要な機能でした。正直にLINEを辞めることで自分の時間がここまでできるとは思いませんでした。

LINEはメールと違いグループでの会話を楽しめるのは良いのですが、グループゆえに文章を選ばなくてはいけないので気を使ってしまいますし、既読マークが付くので返信に焦ってしまいます。 特に自分が面倒臭がりなのもあるので…。 LINEを辞めたら気にしなくてもいい人間関係から解放されて、必要最低限のメールのやり取りだけで済むので気楽です。

すぐに返事をしなくちゃ、と言う呪縛から解き放たれた気がします。LINEが届いてすぐに見ると既読がつくので、返事が出来そうな時に読んで返信をしていたし、返事が出来ない理由とかいちいち説明しなくてはならないのがすごく嫌でした。何でLINEに自分の生活をかき乱されなくてはならないのかと、苛立ちや腹立たしさともサヨナラです!

機種変更を期にLINEを辞めました。 そして、辞めたよかった事は「コミュニケーションを急かされない」です。 昨今ニュースにもなりました。いわゆる既読ってヤツが曲者で、会話の最中どうしてもすぐに返事ができないとき、内容だけでも確認しておこうと、取り合えずメッセージを見ます 。しかし、なかなか返事が出来ず、結局日を跨いでの返信になってしまいました。 当然の様に怒られます。文章で怒られるのでどの程度の怒りなのかも文面や内容から読み取らないといけません。 この変な気遣い。自分には無理でした...。 今は解放されたので、あの頃を懐かしんでます。 LINEは便利かもしれないけど、メールや電話で十分でした。

LINEで友達削除された時の体験談

携帯電話業界ではもうスマートフォンが主流になってしまいましたね。

それとともに連絡のツールとして勢力を増しているのがLINEですよね。

スマホを持っていて、LINEを使っていない人の方が少なくなっています。

気軽に連絡先を交換できて、簡単に友達登録ができて仲間の輪が広がっていきますよね。

でも逆に友達削除するのも簡単です。

友達削除されてしまうのってなんだかさみしかったり悲しかったりしませんか?

ということで今回は「LINEで友達削除された体験談」を聞いてみました。

ちょっと悲しいテーマですが、誰にでも起こりうるこの問題に注目してみました。

友達削除されないためにはどんなことが必要になってくるのでしょうか?

合コンで出会った男の子に削除されていたようです。 その合コンも特にうまくいかなかったですが、一応全員でLINE交換してそのメンバーでグループも作りました。 帰った後そのグループでスタンプの送りあいになりましたが、気づいたらそこに男の子たちは参加せず。 大量のスタンプのやりとりが嫌だったのでしょう、間接的に私たち女の子は友達削除されていた事を知りました。 合コンの日に初めて会ってそれっきりです。
結婚する前に知り合いの紹介で知り合った1回り以上年齢が上の男性で、毎日朝から夜までLINEが来ていました。私は子育ても忙しく、もちろん主人もいるのでほとんどLINEを返信することもLINEの無料通話に出ることもありませんでした。それなのに、結婚したいとかゆくゆくは私の子どもの父親になりたいなどと言い始めて怖くなり、無視していました。私からブロックや削除をしたら何をされるかわからなかったので、できず知り合いに相談し、知り合いから話をしてもらいLINEの友達から削除してもらいました。
大学生時代にずっと仲の良いグループのひとりだった友達。卒業後会うことはありませんでしたが、誕生日のときはおめでとうメールのやりとりを、ラインになってからもずっとしていました。特に私には害のない彼女でしたが、喜怒哀楽が激しく、今でいう「かまってちゃん」。しかし私は彼女と同じグループでしたが、ふたりきりで遊んだことはありません。SNSに「友達整理します」のひとことで、ラインのグループから外されてしまいました。若干ショックでしたが、私は結婚のため引っ越したこともあり、もう会わないだろうなということで、もう何も思っていません。彼女のことは、学生時代の、一期一会の良い思い出になっています。
私は高校時代に仲良くしていたつもりの友達から、LINEの友達削除されてしまっていました。仲良くしていたつもりだったのでとてもショックでした。後で周りの友達から聞いたのですが、友達は私のことを嫌っていたそうです。 そんな風に思われている人ならもうどうでもいいと思ってそれ以上どうすることもなく放置するようにしました。 初めは辛かったですが、友達は選ばなきゃいけないと改めて感じました。
私は以前ハローワークに通いながら就職先を探していました。そのハローワークにいく度に見かける男性がいました。いく度に見かけたこともあり、気になり声をかけ、勇気を出してラインのIDを交換しました。週に3回ほどラインを自分からし、1度だけデートをしました。そのあとデートのお礼のメッセージをラインで送ったのですが、いつまでたっても既読がつきません。また、ハローワークにいってもなぜか会うことがなくなりました。ある日その人のtwitterをみつけました。そこで「うざい女につきまとわれてデートなう。」「もう友達削除しようかな」というツイートを見てしまいました。そこで私ははじめて友達削除されたことに気がつきました。1カ月ほどの間へこみました。
グループLINEでの友達と仲良くなり個人的に連絡をとる友達になりました。 一ヶ月ほどしてその友達ともちょくちょくLINEするだけで終わってたのですが、突然グループLINEを退会して、僕とも連絡がとれなくなりました。 ネット上の友達とはこんなものなんだと思った出来事になりました。
私はあるグループラインに入っていました。ある日その中の1人と連絡を取ろうとラインでメッセージを送ったところ、メッセージは送れるのですが、既読がいつまでたっても付かず、不思議に思いそのグループの他の人に聞いてみると、他の子は連絡が取れるというものでした。プロフィール画像も電話番号もメールアドレスもそのまま以前と同じだと知ったので、そこで私はようやく友達削除されたのだと気付きました。何かの手違いであってほしいと願っています。
中学時代の同窓会に出席しました。 卒業以来、会っていなかった同級生も何人かいましたが、お酒が進み、連絡先を知らない者同士、久しぶりに再会できた事をきっかけにライン交換しよう!となりましたが、みんな結婚していたり婚約していたりで、その場では交換するものの、同級生といっても皆いい大人ですので、パートナーから後々何かしら言われたりもあったのでしょう。 中学時代から、それほど仲が良いという間でもない子たちからは、男女問わず一週間後には削除されてしまいました。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-LINE
-