におい

洗濯すると靴下パリパリになる=足が超臭いって知ってますか?

靴下がパリパリする

靴下がパリパリに…あるあるですよね!

しかし、この靴下パリパリは、なる時とならない時。そして、なる人とならない人がいるように思います。

しかも、洗濯方法は普段と一緒だし、柔軟剤も入れているのに何故か靴下だけがパリパリに!?と疑問に思ったことがある方もいるでしょう。

また、あなたは「靴下がパリパリになる=足の臭さ!?」って知っていましたか?

今回は洗濯をしても靴下パリパリになってしまう原因と体験談を元にその対策についてもまとめてみました。

靴下パリパリになる原因は?

ずばり洗濯すると靴下がパリパリになる原因は、足にかく汗に「脂(皮脂)」が混ざっているからです。

靴下パリパリは、「足から出る脂が固まっている状態」なんですね。

そして、その足の脂は、洗濯しても靴下に付いたまま取り切れず固まっている所為でパリパリになってしまうんです。

つまり、靴下がパリパリになる人とならない人がいるのは、この脂が混じっているか混じっていないかの違いになります。

どうして、その違いが出るのか?ですが、あなたは、足の裏には他の身体の部位よりも汗腺が集中していることはご存知でしょうか?

汗腺が集中しているということは、大量に汗をかきやすい状況だと言うことですが、具体的には、毎日「両足で200ml」の汗をかいているそうです。

足の汗自体は無臭。

しかし、足が臭い原因は、この汗と一緒に古い角質が流れ落ちることで、足にある常駐菌がこれを分解して繁殖するからです。まさにその時に強烈な臭いを発生させています。

なので、足の臭いの原因は「汗と雑菌が混ざり合ったニオイ」なんですね。1日いっぱい履いていた靴下は臭って当然です。

つまり、「足がクサイ人=靴下パリパリ説」もこれで実証されるわけですね。

パリパリ靴下から解放される方法は?

パリパリ靴下をふんわりとした靴下に戻す方法は、案外簡単です。

その方法は「温水で洗うこと」。

パリパリ靴下の原因は「脂」なので、「脂を落としたい」わけですから、お湯で洗うと言うのは、非常にシンプルでわかりやすい方法と言えると思います。

新しい洗濯機だと「温水モード」があるので、靴下はそれで洗うようにしてみましょう!もちろん、その際には洗剤も柔軟剤も入れてくださいね。

そして、そのモードがない方も安心してください。

少し面倒ですが、他の洗濯ものと分けて先に靴下だけをお湯で下洗いしてから、他の洗濯ものと一緒に普段通りに洗濯しても効果がありますよ。

靴下がパリパリになってしまった体験談

  • サッカーをしている息子の靴下がパリパリしています。洗っても臭いが取れず、乾いてもそのまま履くためまた臭くなると言う繰り返しだったけど、熱湯消毒しただけで臭いもパリパリも改善されてビックリしています。
  • 旦那の靴下がしょっちゅうパリパリになります。足の裏の分泌液や皮脂が原因だとわかったので、皮脂に強い洗剤を試してみようと思いました。
  • 一緒に洗濯した他の洗濯物はふんわり乾いたのに、靴下だけどうしてパリパリになるのか気になっていた。2度洗いすると少しは良くなるが、それでも日によってパリパリになる日とならない日とバラつきがあるなと感じていた。
  • 靴下がパリパリになるのと臭いが関係しているなんて知らなかった。
  • 少し履いたくらいではパリパリにならないが、運動した後や暑い日に1日いっぱい履いていた靴下は確かに洗濯をしてもパリパリになってしまっていました。

靴下が臭くなってしまう原因は?

理由①雑菌の繁殖

靴下が臭くなる原因は、先程も説明しましたが、「足にいる雑菌の繁殖」も関係しています。

足にかく汗は無臭でも、靴や靴下を履くことで高温多湿の環境となり、足にいる常在菌やバクテリアを繁殖させる条件になってしまいます。

雑菌が繁殖する際に発生させるガスが臭いの素になっているんですね。

理由②靴が汚れている

足に汗をかくと靴下がその汗を吸収してくれます。

つまり、靴下を履かないで靴を履いたり、靴下を履いていても長い時間靴を履きっぱなしになると、靴も靴下同様に汗を吸収してしまい靴が雑菌の温床になってしまっている可能性があります。

靴が清潔に保たれていると1日くらいでは臭くなりませんが、汚れたままにしたり、雨に濡れてもそのまま履いていたりすると、臭いや雑菌が蓄積されて慢性的にクサイ状態になってしまいます。

靴下の素材は?

靴下の素材によっても臭いが発生していることが考えられます。

一般的に販売されている靴下は化学繊維・綿・絹・ウールなどの素材がありますよね。この中で1番臭くなってしまう可能性が高いのは「化学繊維」です。

速乾性には優れていますが、汗の吸収には向いていないため、靴下から靴の中まで汗が行き渡ってしまい靴の中まで臭くなりやすい靴下と言えます。

靴下についた足のニオイを取る方法は?

実際にみなさんが行っている「靴下のニオイの取り方」を聞いてみました。

  • 重曹を使っています。使い方はバケツに重曹を2分の1カップ入れ、それに対して水も1カップ入れます。これに靴下を1晩漬け置きしてからいつものように洗濯すると臭いが取れます。
  • 靴下にニオイがつかないように、毎日足のケアを怠らないようにしています。具体的に軽石でこまめに足の角質を取ったり、除菌・消臭効果のある石鹸を使用しています。
  • 即効性があるのは、市販の消臭スプレーをかけること。洗濯する場合は、除菌・消臭効果の高い洗剤を使っています。
  • いつものように洗濯して、それでも臭いが取れない場合は漂白剤に漬け置きしていますが、それでも臭いが取れない場合は靴下を捨て新しい靴下を履きます。靴も洗うようにしていますが、この場合は、キチンと乾燥させるように気を付けています。
  • 靴下の除菌には熱湯消毒が有効だと思います。ですが、高温すぎると生地を傷めてしまう可能性があるので、60~70℃のお湯に10分くらい漬け置きします。それでも、臭いが気になる場合は、熱湯消毒の際に酵素系漂白剤を入れたり、重曹と酢(1:1の割合)を入れています。

消臭効果のある靴下やパンストを履くときの注意点について

足の臭いに悩んでいる人は男女問わずたくさんいます。そして、仕事柄、靴や靴下を指定されている場合もありますよね。

足の臭いに悩んでいると「消臭効果あり」と書かれた靴下を見ると、つい購入したくなる気持ちもわかります。

しかし、実際に「消臭効果」と書かれている靴下でもパンストを履いてみても、具体的に普通の靴下やパンストに比べて何が違うのかわからなくないですか?

こればかりは、価格が高いから「効果が高い」と言う訳ではなく、メーカーによっても素材や効果が違うので、どれが良くてダメだと言い切れないのが現状です。

また、効果を実感出来るのか個人差もありますので、試してみるのに越したことがないと言う結論になります。

次に「品数がありすぎて選べない」と言う人のためにも、購入する際のポイントをまとめてみました。

消臭効果のある靴下やパンストを購入する時のポイント

  • 普段と同じ環境で使用する。
  • 臭いチェックをする際は、可能であれば自分だけではなく、家族にジャッジしてもらう。
  • 数足購入して、毎日交換しながら続けて履いてみる。
  • 消臭効果+除菌、抗菌作用のある商品を選ぶ。
  • 同時に靴の手入れも行う。

消臭靴下やパンストを購入する際には、このようなポイントに注意してみてくださいね。

もちろん、足の臭いには個人差がありますので、自己判断するよりは他人に判断してもらうのが1番です。しかし、それは恥ずかしいですよね。

そんな時には、消臭効果のある靴下やパンストを履くだけではなく、他の消臭グッズ(スプレーやインソールなど)も併用してみることをおすすめします。

1日中靴を履いても臭わないニオイの元を断つ!足シャンプー『すあしびじん』

ジャムウソープで有名なLC(ラブコスメ)の影の人気商品「すあしびじん」は、江戸時代の大和本草にも記載されている天然由来成分を配合した足用シャンプーです。

内容量はたっぷり150gで約1ヶ月分。足裏に塗り、数分間放置し、その後そのまま足湯して数分間放置するだけで、足のニオイも疲れを解消してくれます。

そして、女性の悩みのひとつ「かかとの角質」も解消してくれます。

また、ハッカ油でさっぱり感を出し、クルミの殻を砕いたスクラブが洗い心地も気持ちよくしてくれます。

成分と効果

  • 足の臭い…ホウセンカ、ワレモコウ
  • 足のカサつき…カワラヨモギ、スイカズラ、チャ葉エキス
  • 足裏の潤い…アケビ茎エキス

こんな人におすすめ

  • パンストやブーツなど革靴を履くことが多い人
  • 靴を洗ったことがない人
  • 足裏に角質がある人
  • 立ち仕事で、毎日同じ靴を履いている人
  • 消臭スプレーの効果に満足していない人
すあし美人

靴下がパリパリになったことがあるのか聞いてみました。

洗濯して干して、洗濯物を取り込もうとすると靴下だけがやけにパリパリとした感触で縮んでいるような印象を受けたことはありませんか?

「洗濯の方法が悪かったかな?」と思ったものの、自分の靴下は普通にふんわり仕上がっているのに、彼氏や夫の靴下だけがパリパリになっているのを不思議に思ったことはないでしょうか?

でも、それって我が家だけ!?だったら、恥ずかしいですよね。

そこで、みなさんのご家庭でも靴下パリパリはよくあることなのか?聞いてみました。

サッカーをしている息子のサッカーソックスがそうです。 洗っても洗っても臭いが取れず、またそのまま履くのでまた臭くなる。 ずっとこの連鎖でしたが、ある日熱湯で消毒してみようと思い、沸騰したお湯の中にソックスをつけ置きしたところ、一瞬で臭いも落ち、ドロドロと古い汚れも落ちてきてびっくりしました。その後臭くなったらすぐに熱湯消毒をするようにしていたところ、シューズの臭いそのものも消えてきました。生地もまた柔らかく復活しますよ!
旦那の靴下がパリパリによくなります。 足の裏の分泌液だそうで若い人にはよく見られる症状で、酷いと靴下がグッショリ濡れた状態になりそのまま乾くとパリパリになります。 皮脂に強い洗剤が必要なようなので試してみたいと思います。
洗濯したのに、靴下がパリパリになったこと、あります! 他の衣類はやわらかい状態に渇いたので、疑問に思っていました。 確かにこういうときの靴下は嫌なニオイが取れておらず、2度洗いが必要でした。 パリパリになる時とならない時があるのは、やはり蒸れ方や、汗のかき方などで日によって匂い方にバラツキがあるんでしょうね。 ちょっとショックです。ちなみに、父の靴下はいつもパリパリです。
ぱりぱりになると超臭いってのは知らなかったし初めて聞きました。なんでそんなふうになっちゃうのかきになります。自分の足ってなんかくさいって思っちゃうけど洗濯をして靴下がぱりぱりになったことはないきがします。
洗濯して靴下がパリパリになったら足が臭いなんて知りませんでした。洗濯洗剤の関係でそうなっていると思い込んでいたのでビックリしました。 思い返してみると、パリパリ靴下になっていることが多々あります。匂いは嗅いだことがないので分かりませんが、仕事で靴を長時間はいていることが多かった日の洗濯物がパリパリになっている様な気もします。
洗濯すると靴下がパリパリになるのは、結婚して初めて知りました。 知ったきっかけというのは、主人の靴下です。 自分の靴下がパリパリになったことは今まで一度もありません。 もちろん主人と私の洗濯は同時に行っています。 洗剤も柔軟剤も同じものを使用しています。 何度か洗剤や柔軟剤を変えたことがありますが、主人の靴下はパリパリになります。 ちなみにパリパリになった靴下を嗅いでも臭くありません。 ただ、主人の足を嗅ぐと、指の間は笑いがこみあげる程、臭います。 靴下パリパリの原因が臭いだったとは・・・。
洗濯して靴下がパリッパリになる事あります! 臭いと関係があるなんて全く知りませんでした! 思い返すと、運動したり、汗をかいた日に多いような、夏場になるような気もします。 単に乾燥してパリパリになっているだけだと思ってました。

洗濯して靴下がパリパリになるのは、足が超臭いからとは知りませんでした。私はパリパリになったことはありませんが、確かに足が超臭いということは、靴下に臭いのもととなるたくさんの細菌が染み込んでいて、それが洗濯した際に洗剤と化学反応を起こしてパリパリになるのかなと思いました。

知りませんでした。 でも足の超臭い旦那の靴下は見事に洗濯するとパリパリになっているので、あり得るかもしれないと思いました。 ちなみに、私の靴下はパリパリになっていません。 臭いの元となる雑菌がパリパリの原因でしょうか?気になります。

足が臭いから靴下がパリパリになるという原理は知らないです。 洗濯は同居の母親がしてくれるのですが、今まで靴下に穴が開く以外に駄目になった事もないし、何かパリパリになったよ、と指摘された事もないです。 足の臭いは自分的に臭い、と思った事は数多くありますが、靴下に異変がなかったというのなら強烈な臭いではないのかも、と考えます。 逆にこれから、どんどん靴下パリパリになっていったら年齢のせいで足が臭くなったのか、とショックを受けるかもしれないです。 その前にしっかり対処したいと思います。

クサイ靴下のニオイを取る方法を聞いてみました。

足のニオイって独特でクサイですよね。

足のニオイの原因は菌。ですから、一時的に誤魔化しても根本から菌を撃退しない限り、とてもしつこくニオイが残るものです。

例えば、靴のニオイを放置していると、靴下を履いていても、すぐにまたニオイが足に移ってしまいます。

そして、そのニオイの素となる菌をつけたまま、部屋中を歩き回れば、その菌を床にまき散らすことになり、ニオイが絨毯にも移ってしまうんですね。

また、靴下にニオイが残るのは厄介。洗濯しても、キチンと菌を取り切れていないと、その靴下を履いて汗をかくとまたニオイが発生してしまいます。

ですから、そうならないためにみなさんはどんな靴下についたニオイの取り方をしているのか?聞いてみました。

メンズ用の汗取りシートでとりあえず、靴下を拭きます。その後、メンズの衣類用の消臭スプレーを靴下に振り掛けます。メンズ用の汗取りシートはメンソールのようなスカッとした香りがするので、嫌な臭いも一時的に消してくれて、その上から消臭スプレーをする事でダブルの相乗効果で、靴下の嫌な臭いを改善させる事が出来ます。
靴下についた足の臭いは重曹で取っています。バケツに重曹を2分の1カップ入れ、それに対して水を1カップ入れます。靴下の量に応じて重曹と水の量は変えてください。一晩置いてから洗濯すると効果てきめんです。また靴下に匂いをつけないように足のケアも怠らないようにしています。足の軽石などで角質をこまめにとったり、ボディーソープは除菌作用の成分が含まれているものを選んでいます。
一番効果的と思われるのは、市販の消臭スプレーだと思います。私自身も、自分の足のにおいは常に気になっています。特に、今の季節はどんな靴を履いても蒸れちゃいます。足のにおいはしつこいので、除菌効果と消臭効果の高い洗剤で洗っています。あとは、干すだけ。出かけている場合も、携帯型消臭スプレーをかけてます。消臭スプレーの方が、匂いに対して即効性があります。
靴下に付いた足の匂いの原因は、皮膚から分泌される汗と一緒に出てくる老廃物が主です。ということは、タンパク質。タンパク質はアルカリ性のものが有効です。私は、セスキ炭酸ソーダでつけおき洗いをします。3時間ほど浸けて、汚れが目立つ時などはウタマロ石鹸で汚れているところを部分洗いすれば、匂いも汚れてもしっかり落ちます。
主人が仕事柄、安全靴を履くので半端なく靴下が臭います。吐きそうになっちゃいますよね?(笑)私がやってるのは、ウタマロ石鹸です。ドラッグストアなどに120円くらいで売っています。それを臭う靴下にゴシゴシつけてまずは手洗い!よく絞って洗濯するときにはハイターを必ず入れています。そうすると臭いも汚れもスッキリ落ちますよ!
とりあえず、少し多めに洗剤とか柔軟剤をいれて洗濯してみる。洗濯しても臭いが取れなかったら漂白剤につけとく。それでも臭いが取れなかったら、捨てちゃうかも。足が臭くなる方がもっと嫌だし…!靴下が臭いなら靴も臭くなってるかもしれないから靴も洗う。何をやっても臭いが取れなかったら新しいの買う方が一番かもしれない。
22歳専業主婦です。私は昔から足の臭いに悩んでいます。足汗が酷く、かくとすぐにツーンとした臭いになってしまいます。そこで、必要な時以外は靴下を脱ぎ、靴下の中のムレを逃すことを気をつけています。少し湿っていると感じる時はすぐに洗濯に出し、毎日しっかり洗っています。それで靴下に臭いが残ったりする事はだいぶなくなるようになりました。
靴下についたにおいは、まず少し湿らせてから、液体洗剤をシュッシュしたり、固形石鹸でゴシゴシこすっています。こうすることで、靴下のにおいが少し解消されるのと、汚れが白くなる効果もあります。また、しっかり乾かすことも大事です。乾かしが足りない場合はアイロンなどを利用しています。靴下のにおいがひどい場合は、靴の内側の消臭も必要かと思います。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

-におい
-, ,