ネイル

爪の長さは、どのくらいがベストな長さだと思いますか?

爪の長さ

丁度いい爪の長さってどれくらい?

爪は、日常生活において“見た目”と“実用性”ともに非常に重要な役割を果たす身体のパーツです。

長い爪にネイルアートを施せば、シンプルなファッションに華を添えることもできますし、短い爪でも工夫次第でお洒落な指先を手に入れることが可能です。

また仕事や家事に影響のない範囲で長さを整えれば、器用な作業を進められますよね。

しかしそれも人によって限界があり、爪が長過ぎる・短過ぎるとできなくなってしまう事柄もあるのではないでしょうか…?

さて、こちらでは気になるけれど意外と知らない“ベストな爪の長さ”について、詳しく調査してまいりました!

爪はそもそもどんな役割を持っているの?

まず爪が何故生えているのか?といった疑問についてお答え致します。

実は、指先部分の骨は、爪の中心部の途中くらいまでしかないのです。よって、より強い力を支えることができるよう人間は進化を遂げて、爪を生やして発達させたんですね。

また、細い指の先端を保護するという役割も担っています。

爪が無ければ細かい作業は困難ですし、小さなものを確実に掴むことも不可能になりますので人にとってはなくてはならない存在なのです。

因みに、足の爪は手先の爪と少し違って、歩行する際に指先に力を入れて身体を支えるという役割を持っています。

爪の長さは短過ぎても長過ぎても、薄過ぎても厚過ぎてもその身体機能を正常に働かせることができませんので、機能性を考慮するのであれば適切な長さを心掛けるに越したことはないようです。

爪はどのくらいのスピードで生え変わるの?

爪の長さの議題に移る前に、爪が生えるスピードについても知っておきましょう。

個人差はありますが、成人した人で1日あたりおよそ0.1mm伸びると言われています。

子供やお年寄りは、1日あたり0.07~0.08mmと僅かに伸びる速度が遅くなる傾向にあるようです。

20代前後で爪の伸びるスピードはピークを迎え、その後50歳を境に速度は緩やかになっていきます。

足の爪は、手先の爪よりも厚みを持った性質の場合がほとんどで、伸びる速度も比較的遅めです。また年齢を重ねるごとに、爪は厚みを持っていくようになります。

因みに季節も関係するようで、夏場は伸びるスピードが早くなり、冬場は一旦遅くなる人が多いんです。

爪の長さは長い方がイイ!という意見はどのようなものがあるの?

では本題の、爪のベストな長さについてです。

まず、長い方がイイと答えた方の意見を見てみましょう。

やはり多く見られたのが、見栄えが良くネイルアートをしやすいから、といった理由です。

特に服飾関係や美容関係の仕事をされている人は、人の目につきやすい分爪先にもこだわってお手入れされていらっしゃるようですよ。

夜のお仕事をされている方は、より長くして折れないように注意しながら生活されている方がたくさんいらっしゃいました。

中には、長期的に長い爪を使用し続けていたため慣れが生じて、長い方が物を取りやすくなったからそのまま伸ばしている、といった意見もありました。

余りにも硬過ぎるものは難しいかもしれませんが、紙などの薄いものは逆に捲りやすくなるなんてこともあるんですね。

爪の長さは短い方がイイ!という意見はどのようなものがあるの?

一方で短い方がイイとおっしゃられる方々の意見も、どれも納得できるようなものばかりです。

指の腹でスムーズに物を掴める、清潔感があるように見える、子供を引っ掻いてしまう恐れもない、料理の際に食材が爪の間に挟まらない、割れたり剥がれたりするリスクも減らせる、など実用性抜群な点で評価を集めているようですよ。

中には、爪の元の形が不格好で、伸ばすとよりそれが際立って見えるので、本当は伸ばしたいけれど仕方がなく短くなるよう整えているという方もいらっしゃいました。

仕事では、医療や介護、飲食関係に就いている方は比較的短めをキープされているみたいですね。

また、男性はほとんどの方が短い爪を支持されており、サラリーマンの身だしなみとしては“当たり前”のこととも考えられているようです。

女性側の意見には、短い方が普段から料理をしている感があって男性ウケがいい!といったようなものもあり、モテるためにわざと短くしているケースもあるみたいですよ。

総合的に見てベストな爪の長さは?

それではいよいよ、両者の意見を参考にして、異論無きベストな長さをここで決めさせていただきます。

それは、“爪の白い部分が2~5mm程度”です。

1mm以下ですと、深爪をして痛みを伴うこともあり、また短過ぎて指先に力が入らないという事態にも陥ってしまう可能性があります。

ネイルアートも全くできないという訳ではありませんが、かなり制限を設けられることが容易く想像できますよね。

また5mmを超えてしまうと、家事や仕事がしにくく、日常生活に支障をきたすリスクが大きいです。

ネイルアートでお洒落はしやすいかもしれませんが、相手の受け取り方によっては“ちょっとケバい…?”“ギャルなのかな…?”と思われがちです。

白い部分を2~5mmで保つことが自分も他人もいい気分でいられるベストな長さである、と言えるでしょう。

爪は、長くする派ですか?短くする派ですか?

ネイルサロンに通ってネイルをきれいにしたり、自分でネイルをして楽しんだりネイルのおしゃれは今や常識と言えるほどになっています。

ネイルカラーも季節にあわせて変えたり、ラインストーンやパールを付けたり、楽しみ方もいろいろです。

いろいろなデザインがありますが、爪の長さはどうでしょう?長く伸ばして指をすらっと見せる派ですか?

それとも、短くしてすっきり見せる派ですか?どちらが人気なのでしょうか?

最近の人気は短く清潔に保つネイル派

爪は長くする派か、短くする派か、ネイルのお手入れをしているみなさんに聞いてみたところ、ネイルは短くしている派が多くいました。

短くしている理由は、お仕事の都合で短くている人もいましたが、他にも家事の邪魔にならないようにしている人や、爪が弱くて割れてしまうので短くしている、という人もいました。

お子さんがいるママさんたちにも、邪魔にならない短いネイルは大人気のようです。

しかし一番は、短いネイルの方が流行っているから、という理由でした。

短くしてネイルアートをするのが最近の人気のようで、カラーもナチュラルなピンクベージュから、赤やグレーなどはっきりしたカラーが好きなど、さまざまな楽しみ方があるようです。

短いネイルは男性からもウケがいい

短いネイル派女性からだけでなく、男性からも人気があるんです。

指がすらっと長く見える美しい長いネイルもいいですが、長くしているとどうしても派手に見えがちです。

男性からはあまり派手に見えるネイルには「怖い」「家事をしてなさそう」というイメージがあり、短くて清楚なネイルの方が人気なのです。

男性は女性に、家庭的な雰囲気を求めるもの。

長いネイルをしていると、料理をしない、水仕事もしないようなイメージがありますので、「彼女にしたい」と思わせるような雰囲気はあまり感じないのかも知れません。

男性に人気なのは、短く整えたネイルに、ピンクやベージュなどの自然な色合い、あまりラインストーンやパール、ラメなどのデコレーションがついていないものだそうです。

メイクやファッションもネイルカラーに合わせたナチュラルな雰囲気にすれば、トータルコーディネートはバッチリですね。

最後に

仕事や学校と長期的な休みの間など、オンとオフで爪の長さを切り替えて楽しむのもアリですよね。

パーティーや結婚式の予定があってどうしても長くしたいけれど、生えるスピードをコントロールするのは難しいし…とお悩みの方は、付け爪などでその日だけ長くする方法もありますので諦めないでください。

爪切りで切った後に爪ヤスリや爪磨きで更にお手入れをすると、より綺麗に・安全な爪を保つことができますので、時間のあるときに試してみてはいかがでしょうか?

爪の長さは、どのくらいがベストな長さか聞いてみました。

みなさんは、爪の長さはどのくらいがベストだと思いますか?

短い爪は、パソコンのキーボードを打ったりするのにラクですし、衝撃に強いので剥がれてしまって痛い思いをする事も少なかったりと、この様なメリットがありますよね。

長い爪は、指をスラっと長く見せる効果もあって綺麗な手に見えたり、ネイルアートが映える等、こちらもメリットはあります。

一方、デメリットを言うとすれば、短い爪だと、何となく手が寂しく見えてしまいますよね…ネイルをしていても、華やかに見えなかったり…

長い爪だと、やはりぶつけると折れ易い、肌を傷めてしまう等こちらもデメリットはあります。

どちらも、自身の生活に不自由がなければ、自由で良いと思うのですが、実際みなさんは、爪の長さはどのくらいがベストな長さだと思うのかを、聞いてみました。

爪の長さはどのくらいがベストなのか… アタシは白い部分が1mm程度残るくらいが1番ベストだと思います。 清潔に綺麗に保っていても3~4mm程度かな?? あまり長すぎると不清潔に見えるし生活していく中で生活しにくい部分があると思いますよ。 しかも長すぎると途中で割れたり剥がれたりと何かしら不便な気もします。 おしゃれの一環として付け爪とかは全然見た目も良かったりしますが・・・ 爪を伸ばすよりもつけ爪かなぁってアタシは思います。
私は介護関係や製造関係の仕事の経験者です。利用者さんや商品に傷をつけてはいけないので手のひらを上にして指から爪が出たら切るようにしていました。
たまにキャバ嬢がやるようなとても長い長さのネイルしている人を見るんですけど、私はそのネイルは魔女にしか見えないんですよね。清楚ではなく少し汚らしいとゆうか、、男性からも女性からも見て美しいのは指から5mmくらい長いのがベストではないかって私は思います。今のファッションやネイルでギャル系はもう流行っていないし、今の流行りで言えば、極端に短いネイルも可愛いなって思います!一回やったことがありますが、短い時は好評だった気がします!
私は爪の長さは指先から1ミリ出るくらいがベストだと思います。以前男性に長過ぎず短すぎないことで、清潔感と生活感があって綺麗だと言ってもらえたことがありました。長過ぎてしまうと料理をするのに邪魔になってしまうため、男性からするとこの人は料理をしないのではないかという心配や、料理に爪のゴミや汚れが入るのではないかなどという心配をさせてしまいます。 また、短すぎると見栄えが悪い上深爪になり、ばい菌が入りやすくなってしまうので、爪は長過ぎず短過ぎないように指先から1ミリ出るくらいがちょうどいいと思います。
私は爪のかたちが少し悪いので爪を長めにしていました。マニキュアを塗るときれいに見えるからです。 でも子供が生まれてからは出来るだけ短くするようにしました。爪で子供をひっかいてしまいそうで怖いので、白い部分が少し見えるくらいで揃えています。 爪の長さは職業によってバラバラだと思います。よく父は仕事で営業の際に名刺を渡すときの事を考えて清潔に見えるようにと短めに切っていました。今も父の爪を会ったときに見ると短めにきちんと切られています。
少し伸ばした爪に、あれこれネイルアートをするのは可愛いけれど‥私は爪は、手のひらから見たときに、爪が見えない程度がベストと思います。白い部分は1ミリ以下でいいかな、と。長い爪は凶器のようで怖いし、料理とか仕事とかしてなさそう‥と男性ウケもかなり悪いですし。私は爪の形が丸っこくて、伸ばすと不格好なのがコンプレックでした。でも逆に、短い爪はビビッドカラーのネイルを塗ってもケバケバしくないんですよね。短い爪で、カラフルに楽しんでいます。
爪の長さは白い部分がなくなるまで切ってある状態が良いと思います。 こんなことを言ってしまうと、世間から深爪になるから良くないという批判を受けてしまうと思いますが、私はこの長さが一番良いと思っています。 なぜなら、偶然人に指や爪が当たって傷つけてしまうということがないし、爪の中に砂などのゴミがたまることもないと思っているからです。 以前、私は爪を伸ばしていた時に友人の肩を叩こうとした際に、同時に振り替えられて顔に傷をつけてしまった経験があり、大変申し訳ないと思ってしまいました。
個人的に一番良い爪の長さは爪の根元から2センチがベストです。 その理由としては、私は指が太くて短いので少し長い爪だと指がスラッと見えると思いました。 あまり長い爪だと日常生活にも支障が出ますが、2センチまでは日常生活も普段通りに支障なくできていました。 自爪で2センチ伸ばすのは爪が強くないと出来ませんので人工の物を使っていました。 自爪で伸ばす長さは根元から1.5センチくらいです。 それ以上は爪が欠けたり、折れたりして伸ばせませんでした。
爪の長さは、手のひら側から見て、指先から爪が見えないくらいの長さがちょうど良いと思います。 前に介護の仕事をしていたという事もあって、爪が長すぎると利用者様を傷付けてしまう危険があるので、短くしていました。 今は専業主婦なので、誰かを傷付けてしまう危険性は減ったけど、爪が長いと料理するときにやりづらく感じます。 特に野菜を千切りにしている時に感じるのは、爪が長いと包丁で爪まで切ってしまいそうになる時もあるので、やっぱり手のひら側から見て、指先から見えないくらいの長さがちょうど良いと思いました。
爪は短くする派です。 以前、学生の頃は長かったですが仕事をする様になり忙しいとマニキュアを塗り直せなかったりすると恥ずかしいし、ただ長いのは汚らしいかと思い短くする様になりました。 時間的に考えても切る方が断然早いし、子供ができてからは爪も子供にとっては危ないかもしれないと常に短くしていたら習慣になってしまいました。 何度か長くして、マニキュアもぬってキレイにしていたのですが家事をしていて割れたり、折れたりしてしまうのでやはり私は短い方が良いんだと思いました。
女の子の爪は長いほうが美しい?! そう思う方は多いと思いますが、私はもっぱら短い派ですね。 お友達が月に一回はネイルサロンへ行ってきれいにしてもらっていますが、ずぼらな性格の私にはそれがとても面倒に感じます。今は子育て中の主婦なので、ネイルをするお金ももったいなく思うので、サロンへは行くこともないでしょう。 そして、娘のピアノの練習に付き合うこともあり、やはり爪はいつも短いほうが都合いいですね。どこかで、無料体験でもあればネイルしてみてもいいかなと思うくらいです。 短くて、清潔そうに見えるほうがいいと思っています。
爪はいつも短くします。私の爪は丸爪でそれが嫌で伸ばしてた時期もありましたが、マニキュアとか塗ったときになんていうか、皮膚呼吸みたいなのが出来なくなる気がしちゃっとても気になってしまうので伸ばすのをやめました。それからは伸ばすのを止めて切っています。今はどちらかと言うと主婦業には邪魔なので伸びないように気になったら切るようにしてます。それに慣れてしまったせいか、ちょっとでも長いと剥がれてしまうんじゃないかと思って気持ちが悪いです。
私は常に爪を短く切っています。 なぜかと言うと、長く伸ばしているとふとした拍子に爪を部屋の壁やアクセサリーなどに引っ掛けて一部が欠けてしまったり、その欠けた爪で肌や服を引っ掻いて怪我をしたり服をダメにする……なんてことが頻繁に起きてしまうからです。 そう言うトラブルを恐れるあまり、深爪になるぐらい切ってしまうこともあります。 長い爪の方がネイルなども映えますし、長く手入れの行き届いた長い爪に憧れはするのですが、自分の爪が欠けてしまう頻度を考えると、これからもずっと短い爪で過ごすことになりそうです。
私は基本的には長く保つタイプです。ネイルサロンに行くことや派手なネイルアートをすることはほとんどないですが、自分でマニキュアを塗ったり形を整えたりして楽しむことが好きなので長くしています。小さい頃は爪を噛むくせがあり、思春期頃からそれがコンプレックスに変わりそれ以降は爪を長く保つようになりました。中学生や高校生の頃は校則があったので伸ばせる長さに限度がありましたが、今は好きなように調節できる環境なので気分に合わせて多少長さを変えています。
短くします。仕事上手のひらを見せた時に爪が出ていると切らされます。
短い状態を保つ派です。 長くなると爪の中が黒くなったりするでしょう?それが嫌なのです。それとなんとなく見た目も好きではなくて、、、長い爪の人を見るといい気がしないのです。清潔感はやはり短い方がありますよね。 でも、一番の理由は手荒れがあるからです。爪が長い状態だと痒みが増すような気がするんです。手荒れが余計にひどくなるんです。菌が入るからなのか、傷が長い爪によってつくられるのか、、、。なので私は断然短い爪派です。
私は、爪は短くする派です。 小さな子がいるので、爪が長いと傷付けてしまう可能性があるので、長くできません。爪の先の白い部分が2~3ミリメートルが理想の長さです。家事をするのに便利で、子供を抱っこするときにも危なくないからです。長すぎても、爪の先が割れてくる時があります。この長さであれば、割れてきません。 指先から、少し白い部分が見えているのがきれいな指に見えます。おしゃれを楽しみつつ、家事や育児にベストな長さです。
お仕事の関係上普段マニキュアは塗らないのですが、休日はマニキュアをしています。マニキュアをする時も、短めに揃えてぱっきりとした赤や青や薄い色を塗るのが好みですね。長めの爪でマニキュアをしているのはトゥーマッチな印象を受けます。男性に聞いても長い爪に好印象を持っている人はあまりお目にかかりません。ネイルアートをしている友人も短くして貰ってからネイルアートをして貰っているようです。実用性から言っても、流行の面からも短めがおすすめです。
独身時代は完全に爪は長くする派でした。私の指は割りと細目で、爪を伸ばすとすらっと長く見えるからです。また、ネイルにはまっていた時期もありました。ネイルをするにはやはり長さが必要です。面積が広くなる分、デザインも活きて、ネイルを楽しむことができて見栄えもよかったです。しかし、結婚してから短く切るようになりました。やはり理由は料理です。料理をするのに長いと邪魔になったり、詰まったり、衛生的にも短く切るようになりました。さらに結婚してから長い爪でいると、料理をしていないと見られるのも嫌で、周りの目を気にしている自分にも気付き、自分でも驚きました。

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

-ネイル
-