におい

ワキガ対策にアルコールティッシュでを使うのは止めた方がいい!

更新日:

食事の前に手を拭いたり、テーブルを拭くのにとても便利なアルコールが含まれたウエットティッシュ。

インフルエンザや食中毒が流行る季節には特に重宝しますよね!

水分だけのものよりもアルコールが入っている分、殺菌力が高いのが特徴ですが、ワキガの人がこのアルコールティッシュを使用して、ワキを拭くことがあるんです。

効果もあるので、使いがちになってしまうのですが、「この方法は本当に臭いで困っている!」という時以外は使用しない方が良さそうです。

何故でしょうか?

効果があるなら使いたいですよね!今回は、ワキガ対策にアルコールティッシュを使用してはいけない理由を検証します。

殺菌効果でワキガ菌も殺菌できる!でも…

ワキガの臭いの原因は、ワキにあるアポクリン汗腺から出る皮脂やタンパク質が含まれる汗により、ワキガ菌と呼ばれるコリネバクテリウム属の細菌が繁殖することにあります。

アルコールティッシュを使うと「ほとんどの菌」は殺菌することが出来るので、ワキを拭けば「ワキガ菌も殺菌出来る」のは確かです。

何度もケアするよりも、一度でワキガ菌を殺菌できるアルコールティッシュを1回使う方が、ケアの回数も減っていいと感じる人もいるかもしれません。

しかし、ワキ専用でない限り、ワキにアルコールティッシュを使用することはあまりおすすめしません。特に肌の弱い人にとっては、アルコールはとても強い刺激になります。

採血の時に使うアルコールのしみた脱脂綿でも、真っ赤にかぶれてしまう人は、絶対にやめた方がよいですね。

ワキは腕などよりも皮膚が弱く、サッと拭いたくらいでも腫れることがあるからです。

さらに一時的にアルコールティッシュでワキガ菌を殺菌しても、その効果は大体3~4時間程度です。その後、またワキガ菌は増殖します。

刺激の強いアルコールティッシュで、何度も殺菌を繰り返せば、皮膚が丈夫な人でも肌トラブルを起こすことは少し考えれば想像できますね。

わき汗とワキガの臭いって違いますか?

わき毛処理後、かゆみが出た場合、薬を使っていますか?おすすめは?

アルコールを使うことで、臭いがさらに強くなることも!?

アルコールは確かにワキを殺菌してくれますが、ワキの皮膚を保護するバリア機能まで失ってしまうこともあります。

刺激の強いアルコールで何度もワキを拭くと、ワキの皮膚を守るために必要な皮脂まで一緒に拭き取ることになってしまい、ワキが過度に乾燥することになります。

すると、身体が肌を守ろうとさらに皮脂を大量分泌して、肌を守ろうとします。皮脂が多くなれば、最近は繁殖し臭いを強くします。

あまり何度もケアしすぎることも、ワキガの臭いを強くしてしまう原因になるのですね。

ワキにアルコールティッシュを使うのは、本当に臭いが酷い時など最終手段にして、日常的なケアに使うのはやめておきましょうね。

「どうしてもアルコールでないと臭いがしてしまう!」と言う場合は、病院へ行って適切なケアや指導をしてもらいましょう。

臭いの原因になる汗や皮脂は、ワキの皮膚を守ってくれるものでもあるんですね。

わき毛の生えている女性をどう思うのか、男性に聞いてみました。

ワキの脱毛をしてワキガ軽減しましたか?

アルコール消毒=除菌!間違ってはいないけどワキガには逆効果!?聞いてみました。

アルコールティッシュは、ポケットタイプもあり、持ち歩いている人も多いのではないでしょうか?「アルコール消毒=除菌」が出来るので、「え、臭いっている?」と思った時には、咄嗟に使ったことがある方も少なくないかもしれません。

「ワキガにアルコール消毒は有効です!」

そのように聞くと、使いたくなるかもしれませんが、世の中には予防注射をする際に、アルコール消毒をするだけでも炎症を起こしてしまう敏感肌の方もいます。

つまり、アルコールと言うのは、あまり肌に良いものとは言えないんです。

ただし、臭いには有効ですので、肌が強い方がここぞ!と言う時にだけ使うのはおすすめします。注意したいのは、その瞬間は臭いを抑えてくれますが、すぐに元に戻ってしまうことと、しっかり乾かさないと余計に臭いを増す結果になってしまうことですね。

なので、本当に最終手段!にしておいた方が良さそうです。ワキガ臭をアルコールティッシュで拭くってやったことがありますか?とみなさんに聞いてみました。

アルコールティッシュで拭くことはしません。 一度試した結果、あまり効果的ではありませんでした。 普通に汗の不快感を拭う面では、効果的でしたが、ワキガ特有の匂いは、排除できませんでした。また、アルコールティッシュは、アルコールが入っているので、肌にも刺激的なので、あまり使用しないようにしています。使用するなら、デオドランドのお肌に優しい汗拭きシートを利用して、香りでごまかす方法を取っています。

清汗スプレーやクリームは使用した事はありますが、アルコールで脇を拭いた事はありませんでした。もともと皮膚が弱いので、アルコールで脇を拭く事に抵抗は感じますが、臭いを防ぐ事が出来るのなら一度試してみたいと思います。

アルコールかぶれがある上に染みる感じがするのでしたことはありません。あくまで汗ふきシートで拭いています。アルコールの作用で除菌はされそうですが、人体用でないと思うし、万が一肌トラブルにあったら、余計なことになりそうなので経験したことはありません。

私は小学校の高学年から、ワキガかなとおもいます。年齢とともに、臭いも治っている感じはしますが、中高生の頃は、匂いが気になり、アルコールティシュで脇を除菌してから更に、制汗スプレーを使っていました。アルコールティシュを使うと、気分的にもスッキリしました。朝、昼、2回拭き取っていました。臭い菌が減るかなと思いました。

夏場はとくに愛用しています。 スースーするので汗がひく感じがするし、わきがのにおいが気になるし、やっぱり汗はふかないとダメですね。外にいるときなどはまめにふきますが、仕事のときは昼休みにふくくらいです。

わきが対策としてアルコールティッシュなどを最終手段で使用しているかについて、私はしていませんでした。そもそもそのアルコールティッシュなどで吹き上げるという発想がありませんでしたので、これからちょっと試してみたいと思います。

かなりの年月、ワキガの臭いに悩まされていますが、アルコールティッシュで脇を拭くことが一番効果があると感じました。 スプレーやロールオン、オドレミンなど色々対策しましたが、ワキガとスプレーの臭いと混じってより一層強烈な臭いを発します。 ワキガは菌が原因なので、菌の繁殖を抑える必要があり、そのために手っ取り早いのがアルコール消毒です。 アルコールティッシュなら100均でも手に入り、低コストでケアできます。 朝シャワーを浴びて清潔にしたあと、脇がしっかり乾いてから、脇を拭きます。 脇に水分が残っていると、アルコール濃度が下がってしまい、除菌効果が得られないので注意してください。これは手洗いをしてアルコールで消毒するときも同じです。 脇だけでなく、皮脂の分泌が多く臭いやすい胸元や背中もさっと拭きます。 これだけで脇の除菌ができて、臭いません。 汗をかいたら、汗を拭き取ってから、またアルコールシートで拭きます。 ただし、お肌に負担がかかるため、本当に最終手段です。

アルコールティッシュで脇を拭くということは、やったことありませんでした。 普段は、脇の匂いを予防する、ロールタイプの制汗剤をお風呂あがりと、出勤前に臭ってきたなと思ったら、昼の休憩時に塗るようにしています。 アルコールティッシュで拭けば、臭いがとれるなら、やってみたいです。

アルコールティッシュで拭いたことあります。基本的にはスプレータイプを使っているのですが、手元にスプレーがなかった時などにトイレの中でささっとアルコールティッシュで拭きます。アルコールティッシュも普段からバックに入れているので。汗を拭くためにといった感じでの使用ですけど、一瞬は匂いも抑えられてる気がします!

在宅時はワキに汗をかき、においが気になる時にアルコールティッシュで拭いています。アルコールティッシュで拭くとサッパリし、においも取れて気持ちいいです。外に出かける時は必ずワキをアルコールティッシュで拭き、クリームを塗っています。そうするとワキのにおいが気になりません。

わき毛がチクチクした時の対策

わき毛を永久脱毛していますか?してよかったなと思うことはなんですか?

渋谷美容外科とリゼクリニックの比較

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-