わき毛

わき毛を抜いた後、炎症を起してしまった時、どうしてますか?

投稿日:

ワキの炎症

わき毛を抜いて処理すると皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。

このような場合にどんな対処を行っているのか、ここでは紹介していきたいと思います。

わき毛を抜いた後、炎症が起きたらどうするか?

わき毛を抜くと肌が赤みを帯びたりブツブツができたりすることがあります。

このような症状が見られたら速やかにケアを行う必要があります。

炎症が発生したら、次のようなケアを実践してみましょう。

保湿ケアを忘れずに

まず炎症部分をきれいにします。

その上で乾燥しないように炎症部分の保湿ケアを行います。

ケアを行わないまま放置すると色素沈着や埋没毛の原因になりかねません。

炎症は雑菌が繁殖することで発生していますので、消毒と冷却を行うことも重要です。

症状が重い場合は皮膚科へ行くこと

症状が軽い場合はセルフケアで問題ありませんが、状態が悪いまま放置すると症状が悪化する可能性も否定できません。

悪化すると自分の力では対処できなくなりますので、不安な場合は早めに皮膚科などの専門医に相談することをおススメします。

炎症を起こした後にケアを行えば、症状を緩和することは可能です。

しかし、何度もそれを繰り返していると肌の状態が悪くなる可能性もあります。

炎症の原因を考える

炎症が発生したら速やかにケアを行うことが大切です。

それと同時にどのような原因で炎症が起きてしまったのか考えることも必要となります。

何度も炎症が発生する方は、原因の根本を断たなければなりません。

毛抜きは危険な処理方法

毛抜きは毛穴にダメージを与えやすい処理方法です。

毛穴が傷つくと雑菌がそこから侵入しやすくなりますので、何度も炎症を引き起こしている人は処理方法を変えることも考えた方がよくなります。

保湿ケアを行っているか

処理の前後できちんと肌の保湿ケアを行わないと、肌のトラブルは発生しやすくなります。

最低でもお風呂あがりなど肌の潤いが保たれている状態で処理を行うと、炎症が発生しにくくなります。

また、処理後はローションなどできちんと保湿ケアを行うようにしましょう。

肌のトラブルを回避したいのであれば、光脱毛や脱毛クリームなどの使用をおススメします。

処理方法を変えることで、肌のダメージを軽減させることができるかもしれません。

毛抜きを使用したわき毛の処理は最も炎症を起こしやすい処理方法のひとつです。

手軽にできるので重宝されていますが、肌には悪い影響を与えますので、処理する際は十分に気を付けるようにしましょう。

わき毛を抜いた後に炎症を起こしたことはありますか?

みなさんは、普段から脇毛のお手入れはしていますでしょうか?

恐らく、多くの女性は定期的に脇毛のお手入れを行っていると思います。

そんな中、脇毛を抜いた後に炎症を起こしてしまったなどの肌トラブルに見舞われた経験のある方も少なくはないでしょう。

剃るにしても、抜くにしても、どれだけ肌を労りながらお手入れをしたとしても少なからずお肌に負担が掛かっているのは、事実です。

痒みを伴ってしまった、赤くなってしまった、ピリピリと刺激がある、毛穴が広がってしまった…などの様なトラブルを起こしてしまった方、実は結構多いと思うんです。

そんな時、みなさんはどうしているのでしょうか?

そこで、今回みなさんには実際に『わき毛を抜いた後、炎症を起してしまった時、どうしてますか?』と言う質問をしてみました。

みなさんもこちらを参考に、お手入れ後のケアをしてみては如何でしょうか。

炎症を起こしてしまったときには私はまず保湿を心がけます。炎症を起こしてしまうとひりひりするのでサラサラ系やひんやりすっきりするものは除いてもっちりしっとりするスキンケア用の化粧水と乳液を使って保湿します。あとはそのまま何もせず2日〜放置しておくとだんだん治まってきます!コットンパックに染み込ませたものを貼っておくのも効果的です。

私の場合は、炎症を起こした部分をとにかく冷やしています。氷水を入れた袋で30分ほど冷やし続けています。すると、だんだん赤みや、腫れがひいてきます。それでも、まだ炎症を起こしていれば、それを数回にわたって半日ほどやり続けます。夜、寝る際は、保湿クリームなどを塗って脇の部分が乾燥しないように気を付けています。

脱毛したためそこまでトラブルはありませんが、たまにはえた毛を剃りなにもしないままでいるとヒリヒリ痛みを感じ赤くなっていることがあります。そんな時はワセリンを塗布します。効果があるのかはわかりませんが、赤くなっている程度ならワセリンで充分かと思います。1度塗布してしまえばヒリヒリするのも時間とともにおさまるし、保湿されてカサカサや赤みなどもすぐにひいてくれます。

炎症が起こってしまったら、何もしません。 治まるまで放置です。 変に触ってしまったり、炎症用のクリームを塗るとしても私達の手には少なからず菌があるので、余計な事をすれば化膿を引き起こすかもしれません。 お風呂に入るときも腋の部分だけは、ゴシゴシ洗わず、軽く拭く程度でとにかく刺激を与えない事が1番の対処法だと思いますね。

私は脇毛を抜いた後必ずと言っていいほど毛穴が赤くプツプツしてしまいます。毛を抜いた後は必ず青缶のニベアを塗るようにしているのですが忘れてしまったときは後追いで青缶のニベアを塗ります。プツプツになってからだと治りは遅いのですが、数日すると落ち着いてきてくれます。あとはなるべく脇の皮膚がくっつかないように肌着を必ずきています。

私はわき毛が太いので毛抜きで抜いた時どうしても赤くなったりして、肌に負担がかかってしまいます。腋が炎症してしまった時は、まず氷で腋を冷やして毛穴を閉じ、オロナインを塗って寝ると次の日には赤みが引いて痛くなくなっています。炎症してしまった時はすぐに冷やすと少し赤みが引くので冷水や氷をすぐに腋にあてています。

脇の脱毛後、赤みがでたり、血がにじんだりと炎症を起こしたときには、まず冷やします。私は、アイスノンをガーゼでくるんだものを脇にはさんでクールダウンしています。 炎症がひどくないときには、シャワーを浴びるときに冷たい水を脇にかけています。これだけでもかなり炎症がおさまりますし、毛穴も引き締まります。ちょっと冷たいですが、オススメです。

今は永久脱毛しているので苦労はありませんが、それ以前はわき毛は毛抜きで抜いていました。ですので、炎症をちょくちょく起こしていました。炎症を起こしてしまった時は、消毒液をかけてから冷やしていました。炎症は痛かったですが、それよりもわき毛が目立つほうが恥ずかしかったので、炎症を起こしても構わず抜いていましたね。

私は基本的に脇の毛が人より太くて濃いので、剃るより断然抜く派ではあるのですが、抜いたあとすっきりはしても、刺激が強いのでその分ニキビなどができてしまうリスクがとても高いです。なので、できてしまったときは潰さないでコットンに消毒液を浸して、パックをするようにして5分から10分程度放置するようにしています。

無理やり毛抜きでわき毛を拔いたら、皮膚が傷ついたせいか、雑菌が入ってしまったらしく、ひどく赤い湿疹ができてしまいました。病院で毛嚢炎と診断されました。アクアチムクリームというお薬を処方してもらいました。それからはアクアチムの軟膏を塗っています。ローションもクリームもありますが、自分には軟膏が一番効き目があります。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-わき毛
-