わき毛

わき毛は剃らないで肌を休める期間もある方が良い事を知っていますか?

投稿日:

わき毛の処理は肌をきれいに見せる一方で肌への負担を増加させています。

そのため、肌を休める期間を設けた方が良いということを知っているでしょうか。

ここでは自己処理の肌へのダメージについて紹介していきます。

荒れたワキの原因はわき毛の処理?

ワキが荒れて困っているという方は、もしかすると自己処理が原因かもしれません。

自己処理は意外と肌に負担をかけているもので、何度も繰り返していくうちに肌が荒れてしまう危険性があります。

特にわき毛はすぐに生えてきてしまうため、毎日のように処理している人も少なくないと思います。

しかし、それは肌に良くないことですので、処理の回数やケアの方法を考える必要があります。

カミソリで処理する場合は週に1回〜2回が理想

わき毛の処理で最も多いのがカミソリにより処理だと思います。

広く利用される方法ですがワキへのダメージは意外と大きく、処理の方法には注意が必要です。

カミソリで処理を行う場合は週に1回〜2回が最も理想であるとされています。

このため、これ以上の頻度で行っている方は肌へのダメージが懸念されます。

頻度が高くなりすぎると出血や黒ずみの原因になり、せっかくワキをきれいに見せたいのに台無しになってしまいます。

肌を休める期間を設けることが大切

肌にとって大敵となるのが、外的なダメージと乾燥、そして汚れです。

汚れに関しては毎日きれいにすることで解決できますが、ダメージと乾燥は普段のケアだけでは足りません。

特にわき毛の処理を行うと少なからず肌にダメージを与えてしまいます。

そのため、わき毛の処理を行わない期間を設けることが肌にとっては必要不可欠となるのです。

肌のために毎日ケアを行っている方もいると思いますが、毎日行っていると肌にとっては負担になる可能性があります。

ケアをしっかり行っているのに肌が荒れて行ってしまう方は、休める期間を作ることも必要です。

肌を休める期間は保湿程度で問題なし

肌を休める期間でも保湿ケアなどはしっかりと行うようにしましょう。

過度に乾燥していなければ特に何もしなくても良いですが、肌が乾燥してしまうと肌が荒れる原因となってしまいます。

肌を休める期間を設けても症状が改善されない場合は、普段の処理方法を変えてみる必要があります。

カミソリによる処理は肌に大きな負担をかけています。

これを脱毛クリームや光脱毛に切り替えることで肌への負担を軽減することができます。

間違っても毛抜きによる処理には切り替えないようにしましょう。

肌への負担を増加させる危険性があります。

わきの肌を休める期間が必要って知っていましたか?聞いてみました。

みなさんは、日頃わき毛などのムダ毛のお手入れをしている事と思います。

そんなお手入れですが、特にわき毛はみなさんはどのくらいの頻度でしているのでしょうか?

毎日お風呂に入る度に剃っていると言うお話を聞いた事もありますし、2~3日に一度はチェックして抜く!など、お手入れ頻度は人によっても様々かとは思います。

生えていないから今日はお手入れしない!生えているから今日はお手入れをする!などの理由とは別に、実はわき毛などのムダ毛のお手入れ、実はお肌を休ませてあげると言う事はご存知でしたでしょうか?

お肌を休ませてあげず、頻繁にしていると・黒ずみ・埋没毛・炎症などの肌トラブルを起こす原因になるんです。

こうしたトラブルを起こさない為にも、正しい頻度を理解する必要がありそうですね!

そこで、今回みなさんには『わき毛は剃らないで肌を休める期間もある方が良い事を知っていますか?』と言う事を実際に質問してみました。

知っています。というより肌にカミソリを使い続けると肌に負担がかかるので、腋に限らず無駄毛剃りはあまり頻繁に行わないようにしなきゃいけないと思い込んでいます。
知らずに、自分はそうしていました。 お肌を休めてあげないと、黒ずみだったり、赤みが出てきてしまったり、乾燥で痒くなってしまったりなど、原因はさまざまですが、一番はお肌のためにと思ってやっていました。 いくらワキとはいえ、自分の肌に変わりはないので、肌のために、休みは必要だなと思っています。 私の場合、2週間ほど休めています。
知っています。というのも、高校時代に毎日シェーバーでわきを処理していたら、かぶれてしまったことがあったからです。かぶれがひいた後も黒ずみが残ってしまい、黒ずみがきれいになるまでかなり時間がかかったからです。わきの皮膚は非常にデリケートなので、シェーバーや除毛剤などを使わずに肌を休ませる期間はあった方が良いと思います。
人から聞いたり情報を得たことはないですが、わき毛処理はあまり頻回にすると毛穴が目立ったり炎症を起こしやすいので経験上で処理する回数を控えめにしています。 特に冬場は袖の長いものを着ることが多いので恥ずかしながら剃っていないことが多いです。夏場もそれほど頻回にせず、ノースリーブや水着などを着る前日に軽く剃って処理する程度です。五分袖ほどのものを着る時は処理をしないでいます。
わきにかかわらず、毎日カミソリで毛を処理することは少なからず肌の表面を削ってしまっているので必ず保湿しなくてはいけません。カミソリ負けや乾燥が進んでしまいます。特に冬場では危険です。肌を休めるためには毎日処理するのではなく三日に一度にするなど限界まで待った後に処理したほうが毛穴がきれいに見えたり黒ずみなどの原因もなくなります。
わきの毛は、つい綺麗にしたいがために頻繁に剃ったり抜いたりを繰り返してしまいがちですが、思っているよりもデリケートで傷つきやすい部分でもあるので肌を休ませる必要は充分にあると思います。処理したあとに、少しでも毛が伸びてると気になるからと言ってすぐにまた処理し直すのはあまり望ましくありません。わき毛をあえて長めに伸ばしてから優しく肌を傷つけないように低刺激なもので処理するのがダメージも少なくなるし良いと思います。
知っています。あまり毎日のように剃ってしまうと、肌を傷つけることになってしまいます。剃ることは肌への刺激になり、肌の組織を生成させることへの負担になってしまいます。肌が荒れる原因になってしまいます。時には、埋没毛の要因にもなってしまいます。また、毛には生えてくるサイクルがあるので、毎日剃り続けるよりは、1度剃ったら数日間を明け、まとめて剃った方が、肌への負担も減ります。
知りませんでした。なんとなく毎日、カミソリで剃ってしまっています。 それが習慣になっているので、剃らないとなんとなく違和感もあるしチクチクするし、冬でも、剃らないのは1日とかです。 夏場はもちろん、毎日剃ります。確かにお肌も削っているようなものだから良くないのかなとは思います。 休める期間はやはり冬かなと思います。
知っています。冬場などは、肌を露出する機会がない場合にはできる限り控えるようにしていますが、ただ、やはり生えてきていると自分でも気になってしまうので、実際はある程度生えてきた段階で嫌悪感があり処理してしまいます。ちくちくした状態で中途半端に生えているのも不快に感じてしまいますし、においが出るのではという心配もあるからです。
知っています。剃ることは肌に強い刺激が加わり、目に見えないような傷もできるので毎日剃るのは避けるべきだと思います。次第に肌荒れや肌の変色などのトラブルを感じでくると思います。私も人肌が直接人の目に触れない冬場は剃毛を控えるようにしています。また夏場も剃毛を控える時は薄い長袖を着てわきが見えない様にしています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-わき毛
-