わき毛

秋になってわき毛の処理はしなくなりましたか?

更新日:

秋にわき毛処理する

女性にとって非常に面倒なことの中にわき毛の処理があります。

秋になると処理頻度を減らそうかと考えてしまう方も多いと思います。

ここでは、秋になってわき毛の処理をどうしているかについて紹介していきたいと思います。

わき毛の処理回数は秋になると少なくなる傾向にある

わき毛の処理回数は夏が終わるにしたがって減る傾向にあります。

それは主に以下のような理由を挙げることができます。

肌を露出する機会が減るから

一番の理由はワキをさらす機会が少なくなるためだと思います。

女性にとってムダ毛の処理は欠かすことのできない要素ですが、秋になれば話は変わってきます。

長袖を着るようになり、肌を露出することがないため、自然とワキを見せる機会はなくなります。

もちろん彼氏の家に泊まったり、デートをしたりするときは処理を行う人がほとんどですが、一般的な外出程度であれば、夏に比べて処理頻度を減らすという人も多い傾向にあります。

処理頻度が多いと肌が傷つくため

ワキの処理は少なからず肌にダメージを与えます。

肌が傷つくと処理部分が黒くなったり赤みを帯びたりしてしまいます。

これではせっかくの処理も台無しになってしまいますので、あえて秋には処理頻度を減らすという方も多いともいます。

その背景には、やはり露出の機会が少なくなることが挙げられます。

処理頻度が少なくなるのは油断だと考えるかもしれませんが、肌のことを考えてという理になかった理由もあるということになります。

もちろん処理頻度を減らさない人もいる

秋になっても処理の頻度を減らさないという人ももちろんたくさんいます。

どのタイミングでワキを晒すことになるかもわかりませんし、何よりワキの処理は乙女のたしなみと考えるためです。

確かにわき毛の処理は非常に面倒ですが、季節によって処理回数を変えるのは甘えと捉えているのでしょうか。

最近では秋や春でも暑い日となることがありますし、常に露出できる体制を整えることは必要なことかもしれません。

秋は脱毛を始めるのにもってこいの季節

脱毛サロンなどで行われる脱毛の処理は夏前が適当だと思うかもしれませんが、実は秋が最も適当な季節であると言われています。

脱毛の施術は完了までに半年以上と非常に長い期間を要します。

来年の夏を見越して施術を開始するためには、秋ぐらいから始めることが大切なのです。

秋以降は露出も少なくなりますし、脱毛サロンの施術をスタートさせるにはもってこいとなります。

 

秋にわき毛の処理はしますか?

夏は、薄着で露出も多い季節ですので他人から見られる部分も多く、わき毛などの無駄毛のお手入れを念入りにしている方は、多いと思います。

しかし、段々と涼しくなるにつれ、わき毛のお手入れを怠ってはいませんか?

あまり肌を露出しなくなりますし、海外などに行かない限り、海に入る機会もない…

秋になると、プールだってなかなか入る機会って日本ではあまり、ありませんよね。

この様に、涼しくなると人に見られる確率がガクッと下がる為、秋からはお手入れをしない…と言う方、実は案外多かったりします。

彼とお泊まりをする時など、いざと言う時があるので、普段からお手入れをしておいた方が、急な時でも焦らずに済みそうですが…

そこで、今回みなさんには『秋になってわき毛の処理はしなくなりましたか?』と言う質問をしてみました。

脇の処理は秋になってする頻度が激減しました。夏は半袖や袖のない服を着る機会が多く、気になったらすぐ剃っていました。1~3日に1回はしてたと思います。秋が深まって来て肌寒区なって来たので、長袖を着る機会も増え、脇を露わにすることもほぼないので、デートの前の日くらいしか処理しません。頻度でいうと、5~7日に1回程度でしょうか。
袖のある洋服が増えたこの頃は確かにムダ毛処理を怠っています。見えないからいいか、と油断しているところはありますが、週に一度は気にしてチェックをするようにしています。夏のように毛を頻繁に処理すると、埋もれ毛や、肌荒れの原因になりやすく感じていて更に制汗剤を使うので、今のような時期はなるべく自然にしているよに心がけています。
秋になっても継続してわき毛の処理はしています。エチケットとして処理しています。秋になって半袖を着る機会はなくなりましたが、彼氏もいますし、いつ見られるか分からないのできちんと処理しています。今はわき脱毛に通っているので、自己処理はしませんが、3ヶ月に1回程度でエステサロンに通ってわき毛の処理をしています。
秋になっても、温度調節などでタンクトップにカーディガンなど、脱ぎ着しやすい服装をするので、脇の毛の処理は秋だろうと冬だろうと関係なく1年中怠らないようにしています。ムダ毛の処理は季節に関係なくいつどこから見えてるかもわからないし、例え半袖を着てたとしても隙間から手を上げた時とかに見えるかもしれないので抜かりなく年中気を付けています。
夏自宅にいるときは常にタンクトップ一枚でうろちょろしていたので洗面台に行くと鏡で見えてしまう為気になってちょいちょい抜いていました。 秋冬になると、その上からパーカーなモコモコあったかグッズを着用し家の中にいる為、見る機会がどうしても減ってしまうので、夏ほどキレイではないです。2~3ヶ月に一回濃く、長いもののみを軽く抜くくらいです。
季節に関係なく、脇毛の処理は行っています。というのも、永久脱毛でケア済みの為、ほとんど脇毛がはえてこないからです。 ただ気をつけなければならないのが、残った数本の脇毛。 ふと気がつくと、ひょろひょろと2センチくらい伸びてしまっていることも。 いざと言う時に慌てないように、きちんとケアしなくちゃなと自分に言い聞かせています。
秋になってからはほぼ無法地帯です。でも銭湯に行く前日は剃ります。毎年冬になると雑木林みたいになります。新婚なのですが結婚してから更に気にしなくなってしまいました。こないだ健康診断があった時服を脱いだら脇毛ボーボーで焦りました。見えないように必死でした。生えない人が羨ましいです。妊娠したら生えなくなることがあると聞いたので早く妊娠したいです!
私は一年中同じペースで処理するようにしています。秋になってあまり薄着をしなくなりますが、もぅ3日に一度くらいのペースで処理するのが習慣になっています。それに、結婚もしているので旦那さんに対する一応のマナーかなぁと思っています。でも、結婚をしていなくても、彼氏がいなくても、いつ誰と何があるかわからないので季節関係なく処理しておく方がいいと思います。
以前は季節問わず、ワキを含め気になる箇所を全てセルフで手入れをしていました。 近頃は肌の露出のあまり無い季節(秋・冬)は基本的に肘下から先と膝下のみ、手入れしてます。 オフシーズンも気になっているけれど、あまり頻繁に処理をして肌を痛めたくもないし、見えないのもあって、肌見せするような機会でもない限り、ワキは特にさぼりがちになってます。
私は秋になってわき毛の処理をしなくなりました。 というか、しばらく彼氏もいないし、温泉やプールに行くこともなかったので、かれこれ丸一年以上処理をしていません。 二の腕が太いのがコンプレックスなこともあって、夏でも七分袖か長袖の服ばかり着ています。 毛の処理も、服から出ている部分だけ。 こうやって女子からおばさんになっていくのかなあ……と思います。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-わき毛
-