サロン&クリニック

優しく解説!はじめてのニードル脱毛

投稿日:

ニードル脱毛って何?

ニードル脱毛は、確実に「永久脱毛」になれる脱毛法です。

脱毛サロンの光脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛も試したけど、ムダ毛が再発した!という方には試してみる価値があります。特に薄毛や剛毛の方には必見です。

具体的には、毛穴にプロープという針を刺していき、毛包細胞を破壊していきます。体毛の素となる細胞そのものを1本1本破壊するため永久脱毛を可能にしています。

針を刺すと言いましたが、先端が丸くなっている針で毛穴にすっと入って行くので刺した時には痛みはあまり感じません。ただし、電流でビリっと細胞を破壊する際に痛みは感じます。

ニードル脱毛のメリットって?

永久脱毛が可能

毛包細胞という体毛の素を直接破壊する脱毛法なので、どんな方法よりも持続性があり、1本1本丁寧に脱毛する方法なので、脱毛効果も間違いなく感じることが出来ます。

毛穴が引き締まる

脱毛した後に、アフターケアでローラーがけをします。そのローラーがけをすることで、毛穴を閉じることが出来、肌を明るく見せることが出来ます。

デザインを細かく指定できる

光やレーザー脱毛と違い照射範囲がなく、1本1本脱毛していくスタイルなので、細かくデザインや毛量などを指定することが出来ます。特にVラインなんかはおすすめですね。

毛硬化や増毛化などのリスクがない

光脱毛やレーザー脱毛には脱毛のリスクを伴います。

本来は脱毛効果を得られるレーザー照射が逆に毛を濃く硬くしてしまう「毛硬化」という現象やかえって毛の量を増やしてしまう「増毛化」という現象が起きてしまう可能性もあります。それらのリスクがないのは嬉しいですね。

日焼けや肌褐色が良い方も施術可能

メラニン色素に反応させる必要がないので、日焼け肌や褐色の良い肌の人も施術が可能です。ただし、強い日焼け直後の肌には脱毛自体に刺激が強すぎるので行えません。

産毛や白髪にも効果絶大

産毛でも細い毛でも白髪でも1本1本脱毛していくスタイルなので関係ありません。そのため効果は間違いないです。

 

ニードル脱毛のデメリットって?

痛みが強い

何と言ってもニードル脱毛には「痛み」はつきものです。特に現在は少々効果が劣るもののほとんど痛みを感じない脱毛法などが確立されていたりするので、痛みに弱い方にはおすすめ出来ません。

料金が高い

1本〇円というスタイルになるので、脱毛範囲が少ない場合はおすすめですが、全身脱毛など脱毛範囲が広い場合は料金が高額になる恐れがあります。

逆にすでに脱毛し終えているが、残ってしまった毛があるという方や脱毛したい部位が少ない方には確実に減らせる方法なのでおすすめな方法とも言えます。

施術時間が長い

1本1本仕上げて行くので照射範囲の広い脱毛法に比べればどうしても1回の施術時間は長くなってしまいます。しかし、期間は大体1年余りで処理が可能なので、考えようによっては短く済む可能性もあります。

毛が必要

毛が少しでも伸びていなければ、施術をした際に抜けた毛をつまんで取り除くことが出来ません。短すぎると肌を傷つける恐れもあります。また毛穴の場所もはっきりわかるためにも必要です。なので、伸ばしていく必要があります。

金属アレルギーの方は出来ない

プロープという針を使用する脱毛法なので、当たり前ですが金属アレルギーの方は炎症を起こしてしまうのでニードル脱毛が出来ません。

 

ニードル脱毛が出来るサロンやクリニックが少ないって本当!?

現在は脱毛サロンだと光脱毛、クリニックだとレーザー脱毛が主流です。

なので、確かにニードル脱毛が行える場所は少なくなっていると言えます。

「じゃあ、効果が少ないんだね?」というわけでは決してありません!

むしろ効果は間違いないです!しかし、1本1本脱毛するので、時間もかかりますし、患者の毛質や毛根の状態をしっかり見極めて行う必要があり、施術を行うスタッフに高度な技術が必要になってくるため、他の方法が主流になっていると考えられます。

なので、より綺麗な仕上がりを求める方には「ニードル脱毛」がおすすめで、一部完璧な仕上がりを求めるサロンやクリニックでもニードル脱毛を導入しています。

 

痛みが少ないニードル脱毛もある!?ニードル脱毛の種類

直流針脱毛

現在はほとんど導入されていません。

プロープから微弱な直流電流を流すことで毛根を腐らせ毛包細胞の活動を停止させます。

通電時間が長く60~80秒かかるので痛みが強いです。ただし、どんな毛質でも施術が可能なのは強みですね。

絶縁針脱毛

基本は直流針脱毛と同じ方法です。ですが、肌との接着面に絶縁加工を施してあるので、火傷や色素沈着などを防ぐことが出来、安心です。

通電時間も3~20秒程度と短くなっているので痛みが少なく済みます。しかし、費用が高額なのと血液検査が必要なのでクリニックのみでしか出来ない方法です。

高周波針脱毛(フラッシュ脱毛・マニュアル脱毛)

直流電流ではなく、高周波を流すことで毛質の水分を蒸発させて毛包細胞の活動を停止させます。通電時間がとても短く0.01~1秒程度なので痛みがかなり少ないですし、施術時間も短く済みます。ただし、毛質によっては出来ない場合もあります。脱毛サロンで主流の方法ですね。

ブレンド法

直流針脱毛と高周波針脱毛を同時に行う方法です。

別名コンビネーション法とも言い、両方の長所を生かしたニードル脱毛法になります。

通電時間は10~15秒程度で痛みは強いものの毛質も選ばず、直流針脱毛よりも時間が短く済みます。脱毛サロンで主流の方法ですね。

 

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-サロン&クリニック
-