指のムダ毛

手指に生えているムダ毛の処理方法

更新日:

指のムダ毛処理

みなさんは手指にムダ毛が生えていますか?

ヒゲやすね毛に比べるとそこまで目立たないかも知れませんが、毎日何度も視界に入る部位ですし、生えていると気になって何かしらの処理をしている人が多いのではないかと思います。

気にしなければ気にならない程度の濃さと量ですが、気になり出せばしばらく気になるのが正直なところです。

そこで今回は、指毛の処理方法についてどんな方法があるのかまとめてみたいと思います。

指毛はどうして生える?濃さに違いは?

指だけでなく、身体に生える全ての毛は、体温調節や外部からの刺激から皮膚を守るためにあると言われています。そのため、私に限らず人間ならほとんどの人が指にもムダ毛が生えているという事になりますが、指の毛は本当に必要…?と感じている人は多いのではないでしょうか。

手を始めとした指は身体の中でも1番使う頻度が多い部位ですよね。そのため、怪我などから守る働きをしていると言われれば頷けますが、手全体にムダ毛が生えている訳ではないので、大昔の名残で残っていると言われた方が納得できるかも知れません。

指毛を気にする女性の中には、最近指毛が濃くなってきたと感じている人もいるようですが、それはなぜなのか考えた事はありますか?体毛の濃さは男性ホルモンが影響しているのですが、3つの要因によって女性でも男性ホルモンが増加してしまう事がわかっています。

その3つの要因は、ストレス・食生活・生活習慣です。さらに年齢的要因なども加わり、どんどん指毛を始めとした体毛が濃くなると思うとゾッとしますよね。でも、これは自分の意識次第で改善できる事なので、体毛を少しでも薄くしたい場合はできる事から始めてみるのも良いかも知れません。

ちなみに余談ですが、男性から見た女性のムダ毛の気になる部位ベスト5に指毛がランクインしている事をご存知でしょうか。すね毛やわき毛、腕毛と比較すると指毛は範囲も狭く目立たないからと処理を怠っている女性もいると思います。でも自分が思っている以上に意外に見られている事を知っておきましょう。

女性は指先を見られる仕事をしている事が多いですよね。だからこそ普段からムダ毛を気を付けなければならない部位と言えるのではないでしょうか。

指毛の処理方法について

指毛の処理方法にはどんな方法があるのでしょうか。自分なりの処理方法もあると思いますが、せっかくなのでメリットとデメリットに触れながら1つずつ見ていきましょう。

脱毛

指の毛は生える範囲が狭いので、毛抜きを使って自分で1本1本地道に脱毛するという人もいますよね。ですが、手には他の部位よりも神経が集中しているせいもあって、脱毛するたびに痛みを伴う確率が高く、それなりに時間もかかってしまいます。

剃毛

カミソリで直接指毛を剃る方法もありますが、電動カミソリ(シェーバー)で指毛を剃る方法もあります。手軽にできて痛みも伴わずに時間もかからない事がメリットとして挙げられますが、カミソリの場合は皮膚を傷つけてしまう可能性があったり、すぐに毛が生えてきてしまうなどのデメリットもあります。

除毛

脱毛と違って表面に見えている毛を無くします。一般的に除毛クリームを使用するかと思いますが、皮膚を傷つける心配がないのがメリットなのではないでしょうか。デメリットとしては剃毛と同様に脱毛する訳ではないので数日でまた毛が生えてきてしまう事ですね。

レーザー脱毛

主にサロンでプロに施術して貰う方法です。自宅用のレーザー脱毛器も販売されていますが、購入するとなると結構高額ですよね。サロンに通うのも1回の施術では全ての指毛を脱毛しきれないので数回に分けて通う必要が出てきます。

メリットとしては、プロに施術して貰うため指毛が無くなるだけでなく毛穴まで目立たなくなりますし、皮膚トラブルのリスクも最小限で済むと思います。デメリットとしては、サロンによって金額は異なるもののやっぱりコスト面なのではないでしょうか。

カミソリで指毛を処理するのはNG?

指毛についてお話してきましたが、指毛が濃くなるまたは、濃いと感じる原因がもう1つあります。それは「間違った処理方法」です。指毛はふとした時に視界に入りやすく、自分からも他人からも気になりやすい部位と言えるため、気になった時にすぐにお手入れしているという人が多いのではないでしょうか。

指毛の処理方法としては、脱毛・除毛クリームを使う方法やカミソリで直接剃毛する方法などがあります。エステに通って脱毛している人もいますよね。この中でカミソリを使って処理している人は注意が必要です。なぜかと言うと、カミソリで直接指毛を剃ってしまうと毛の断面が太く見えてしまい、指毛が濃く見えてしまうんです。

さらに皮膚が弱い部位なので、逆剃りやから剃りは表皮を削ってしまうリスクが高まりますし、傷から炎症を起こしてしまうなどの皮膚トラブルへ繋がるケースも少なくありません。

気になる部位だからこそ正しい処理方法で指をキレイに見せましょう^^

女性の指毛,男性はどう思ってる?

女性と男性では視点が違うと言いますが、男性は女性のどこを見ているのでしょうか。人によって見るところは違っても、見ている人は見ています。指毛は目立たないからと処理を怠っていませんか?

あなたの指毛は意外と見られている可能性が高いんです。そこでここでは、女性の指毛に対する印象などを男性目線でまとめてみたいと思います。指毛の処理を面倒に感じていた人も、ここを読めばすぐに処理したくなるかも知れません^^

男性が思う女性に対するイメージと指毛を含めたムダ毛について

男性は女性のムダ毛に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。人柄などの印象については人それぞれだと思いますが、女性に対してある程度の理想を持っている男性は意外と多いと聞きます。そこで、男性が女性のムダ毛に対して持っている理想についてまとめてみたいと思います。

  • 女性は男性と違ってムダ毛は生えないと思っていた
  • 口元や指など近くで見ないとわからないが、うっすら生えているだけでひく
  • ムダ毛を処理している姿を見たくない
  • どんなに自分好みの女性でもムダ毛を見つけると幻滅する
  • 喫茶店などの接客業の女性の指は気にして見てしまう
  • 指毛が生えているだけで清潔感が感じられなくなる
  • 指毛は誰からも見られてしまうので女性のエチケットとして最低限処理して欲しい
  • 彼女じゃなくても指毛が生えている女性を見るとショックだ

いかがですか?様々なサイトを参考にして抜粋しましたが、言いたい放題言われていますよね。確かに女性から見ても、指毛が生えている女性を見ると残念な気持ちになってしまうのは否定できませんが、男性と違って定期的に処理しなければならないのは正直面倒ですし、同情したい気持ちもあります。

そこで次は、どれくらいの距離だと指毛が男性の視界に入ってしまうのか調べてみますね。

指毛が視界に入る距離はどれくらい?

指毛と言っても生え方や長さ、濃さには個人差があります。また、客観的には視力も影響する事が考えられますが、具体的にどれくらいの距離から指毛は見られてしまうのか気になったのでまとめますね。

指毛はすね毛など他の部位のムダ毛と比べると少し薄く、生える範囲も狭いですよね。ですが、油断は禁物です。自分が腕を伸ばした距離が約30~40㎝と考えると、それでも見えてしまう人は見えます。

30㎝となると、受付などの接客業の女性の指はもちろん他人からの視界に入りますし、食事など隣や向かいに座るだけでも指毛が見えてしまう可能性は高い事が考えられます。他人からどう思われても気にしない場合は良いですが、女性に対する男性のイメージを壊さないようにするためには定期的な処理が必要という事になりますね。

それでは最後に処理するタイミングと、処理方法について簡単に紹介して終わりたいと思います。

どれくらい生えたら処理するべきか

指毛が気になるからと言って、毎日抜いたり剃ったりしていると間違いなく肌や皮膚に負担がかかってしまいます。そのため、指毛処理の目安としては【1週間に1回程度】がベストなのではないでしょうか。

指毛が生えるペースには個人差がありますが、指毛が伸び切る前に処理すれば気にならないですし、他人からも気づかれにくいはずです。カミソリで剃る・毛抜きで抜く・シェーバーでカットする・除毛脱毛クリームを使うなど自己処理にも選択肢があります。

ですが、どの方法も定期的に処理する必要がありますよね。定期的に処理するのが面倒な場合はサロンで処理または脱毛する方法もあります。大切なのは自分に合った方法で皮膚を傷つけたり肌トラブルを起こす事なく処理するのが1番です^^

指毛は除毛クリームで処理しても良い?

指の毛に除毛クリームは使えるの?

除毛クリームはドラッグストアなどで購入する事ができるので、すぐに手に入れられて便利ですよね。ひと昔前は成分の刺激が強く、肌荒れなどの肌トラブルが懸念されていましたが、今は敏感肌の方でも使う事ができるような商品も販売されています。

一般的に除毛クリームは、すね毛やわき毛などのムダ毛に使用するかと思いますが、指毛にも使って良いのか疑問に思ってる方もいるのではないでしょうか。ここでは除毛クリームについて紹介しつつ、指毛を処理する際の注意点にも触れたいと思います。

除毛クリームの仕組みについて

ほとんどの除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれています。これは、ムダ毛の主成分となるタンパク質を分解する性質を持っているため、この性質を利用してムダ毛を除去するのが除毛クリームです。

除毛クリームで処理できるのは、肌の表面に出ている毛なので、基本的には全身のムダ毛に使用する事ができます。なので指毛にも使用可能という事になります。除毛クリームで除毛しても脱毛と違って毛根は残ったままなので、数日後にはまた毛が生えてきます。

正しい使用方法で使用する分には、肌荒れする心配もなく綺麗に仕上がりますが、稀にクリームに含まれる薬剤や成分が肌に合わないと肌荒れなどの肌トラブルを起こす可能性もありますので、初めて使用する場合や敏感肌の方の場合はパッチテストを行ってから使用する事をオススメします。

除毛クリームに関する疑問について

除毛クリームについて理解できたところで、次は使用するにあたっての疑問などに答えてみたいと思います。

Q、除毛クリームを使用していると毛が薄くなりますか?
A、除毛クリームは肌表面の毛を除去するだけなので、時間の経過とともにまた毛が生えてきますし、続けて使用しても毛が薄くなるという事はありません。

Q、どれくらいのペースで使用するべきですか?
A、毛が生えてくるスピードには個人差があるので一概には言えませんが、1週間に1度くらいのペースで使用している方が多いようです。ムダ毛が気になる他の部位を処理する際に指毛も一緒に処理している方もいれば、指先は他人に見られる事が多いので気になったらすぐに使用している方もいます。

Q、除毛クリームを使用するメリットが知りたい
A、除毛クリームのメリットは、毛を溶かして除毛するので毛先が丸くなります。そのため、毛が伸びてきた時のチクチクした不快感が軽減され優しい手触りになります。また、商品によって含まれる成分に違いはありますが、保湿成分など肌への影響を考えた成分が含まれているものが多いため、カミソリで直接剃毛するよりは肌への負担もありません。

クリームなので塗りやすく、指などカミソリで傷つけやすい部位の除毛は除毛クリームの得意分野と言えます。

Q、除毛クリームを使用するデメリットは?
A、除毛クリームを購入するためにコストがかかります。相場としては800~2000円といったところでしょうか。また、クリームを塗った後に数分~10分程度待つ必要があります。短時間ですが、クリームが流れないように水がかからないようにする必要があります。数分でも待つと長く感じてしまいますよね。

Q、顔にも使用できますか?
A、除毛クリームに含まれる薬剤は目に入ると失明などのトラブルを引き起こす可能性があるため、顔への使用は絶対に止めて下さい。万が一目に入ってしまった場合は、流水で洗い流し目に入ってしまった除毛クリームを持ってすぐに眼科を受診するようにしましょう。

まとめ

除毛クリームは指のムダ毛にも使用可能という事がわかりました。指のムダ毛だけに使用する分には、かなりの期間使用できると思います。指は他人からも見られる事の多い部位なので、肌トラブルを起こしてしまったら元も子もありません。初めての場合は、いきなり使用するのではなく、パッチテストを行ってから使用するようにした方が安全です^^

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-指のムダ毛
-, ,