わき毛

わき毛を処理した後がブツブツしない!キレイに処理する方法

更新日:

わきのブツブツ

わき毛の処理は負担の少ない処理方法を選択することが大事

カミソリや毛抜きは処理の手軽さから使用している人が多いと思いますが、できれば脱毛クリームや光脱毛などの肌にとって負担の少ない処理方法を選択することが一番望ましいと言えます。

わき毛を繰り返し処理しているとブツブツが目立ってしまうと言う事が悩みになっています。

色素沈着をおこし、黒ずみの原因やブツブツとなるのはわき毛処理の独特の症状でもあります。

肌に負担がかからなかれば黒いブツブツも減らすことができますし、その他の症状も抑えることができます。

わき毛を処理した後は保湿ケアを行う

ワキの処理は肌に多大なダメージを与えるため、保湿ケアをきちんと行いましょう。

また、処理頻度を減らすことによって肌への負担を減らすこともブツブツを目立たなくさせることにつながります。

処理後は乳液や保湿ローションなどを使用して肌の乾燥を防ぐことでトラブルを防ぐ事が出来ます。

毛抜きで処理するとブツブツになりやすい

わき毛を毛抜きで処理すると、鳥肌のようにブツブツができやすくなります。

これは毛抜きで強制的に引き抜くことで毛穴も一緒に引き上げられるためと言われています。

最初の処理でブツブツが発生しなくても、長年処理を続けることによって鳥肌のようなブツブツはできやすくなります。

このような状態は、肌が大きなダメージを受けている証拠となりますので、毛抜きでの処理は控えるようにしましょう。

毛抜きを使用した後は毛包炎にもなりやすい

毛抜きでわき毛を抜いたら皮膚が赤みを帯びたと悔やんでいる人はたくさんいます。

これは毛包炎と呼ばれる毛穴の炎症が原因です。

わき毛を毛抜きで抜くと毛穴から毛根が強制的に引き抜かれます。

この際に毛穴が傷つけられたり細菌が侵入したりすると炎症を起こし、ブツブツが発生します。

毛抜きはカミソリ以上に毛穴を傷つけやすい処理方法で、肌のことを考えるならお勧めすることができません。

どうしても毛抜きで処理したい場合

どうしても毛抜きで処理したい場合は、その方法を工夫する必要があります。

ここでは毛抜きで処理する際の注意点を紹介していきます。

毛の流れに沿って抜くこと

わき毛にも毛の流れがあります。

毛の向きと同じ方向に引き抜くことで、毛穴のダメージを最小限に抑え、ブツブツができにくくなります。

これはカミソリでの処理にも言えることです。

1本ずつ優しく抜くこと

何本も同時に抜いてしまうと、毛穴にダメージを与えやすく危険です。

面倒だとは思いますが、毛抜きを使用する場合は1本ずつ丁寧に抜くように心がけましょう。

処理後は皮膚のケアを行うこと

毛抜きで処理を行った後の皮膚は非常にダメージを受けています。

患部を冷やしたり、保湿ケアを行うことでワキのダメージを最小限に抑えましょう。

早期にケアができれば、そこまで影響が出ることはありません。

また、体調が悪かったり既に皮膚に炎症が発生している場合は毛抜きを使用したわき毛処理は控えるようにしましょう。

繰り返し処理を行うことでワキは次第にダメージを受けていきます。

女性の場合は生理後1週間以内にわき毛の処理を行うと、肌のトラブルを起こしにくくなるためおススメです。

カミソリを使用する際はボディクリームを使用する

カミソリによる処理が一般的に行われている方法ですが、そのまま使ってしまうと肌に多大なダメージを与えてしまいます。

そのため、上手な処理方法としてシェービングクリームを併用することが挙げられます。

シェービングクリームは男性用だけでなく、女性専用の商品もたくさんあります。

ボディーソープなどと比較してもシェービングクリームは泡の密度が高く、きめ細かいため、カミソリを使用したときに肌が傷つきにくくなります。

女性用ともなれば豆乳成分などを配合していて体毛の成長を抑えるものもあります。

これらを併用することできれいに処理ができる上、処理の頻度を減らすことが可能となります。

家庭用の光脱毛器でも効果あり

家庭用の光脱毛器にはたくさんの種類があります。

少々値段が高いので、本当に効果があるものか、不安で買えないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは家庭用のフラッシュ脱毛器で本当に脱毛できるのか紹介していきたいと思います。

家庭用脱毛器は脱毛サロンの機器より弱い?

家庭用脱毛器で気になるのはその効果だと思います。

光脱毛は自宅でも行うことができますが、その効果は脱毛サロンの機器と比べると少々小さくなります。

しかし、何度も繰り返し処理を行うことによって次第に脱毛することができます。

全く効果が無いわけではなく、脱毛完了までに多少時間がかかると思った方が良いと思います。

そもそも光脱毛自体、施術完了に時間がかかりますので、家庭用脱毛器で多少効果が小さくても、そこまで気にならないと思います。

永久脱毛の効果はない?

家庭用脱毛器は誰でも手軽に使用できるよう、出力を抑えています。

そのため、永久脱毛の効果があるわけではありません。

それでも体毛の成長を抑えることができますので、永久脱毛に近い効果を得ることができます。

これは脱毛サロンの施術と同じです。

永久脱毛は医療用のレーザー脱毛でないといけません。

本当に永久脱毛したいのであれば、クリニックのレーザー脱毛を利用するようにしましょう。

家庭用脱毛器はコストが低い

家庭用脱毛器の良いところはコストが低いという点と、自宅で気軽に施術を行うことができるという点です。

脱毛サロンで施術を行う場合、長期的に通う必要があるため、値段も時間もたくさんかかってしまいます。

しかし、家庭用脱毛器なら始めに機器を購入する以外ほとんど費用がかかりません。

確かに家庭用脱毛器の値段は高く感じるかもしれませんが、1度購入すれば何度でも使用することができますので安心です。

家庭用脱毛器の痛みはどのくらい?

光脱毛器は使用中に痛みを感じます。

よく輪ゴムではじかれる程度の痛みと言われますが、家庭用のフラッシュ脱毛器の場合はそれよりもさらに弱くなります。

太くて濃い毛ほど痛みは強くなりますが、我慢できないほど痛いということはありませんので、安心して使用することができると思います。

何度もお店へ行くのが面倒な方や、脱毛サロンではいくらかかるか不安と感じている人は、家庭用脱毛器を使用することも選択肢のひとつとなります。

初期費用は高くなりますが、確かに効果はありますので、気になる方は一度試してみると良いと思います。

脱毛サロンやクリニックの利用もあり

きれいに処理するという意味では脱毛サロンやクリニックはとても効果的な方法です。

しかし、サロンやクリニックでの施術は長い時間と多くの費用がかかると感じると思います。

ただ、実際ワキの処理に関して言えば脱毛サロンやクリニックはとても効率的な方法の一つと言えます。

わき毛は濃くて太い毛が多く、脱毛サロンで行われる光脱毛の効果が得られやすくなります。

他の処理方法と比較して脱毛までにかかる時間は長くなりますが、定期的に通うだけで実際の処理時間は短く、値段も非常に手ごろですので、ワキの処理にはピッタリではないでしょうか。

女性用サロン・クリニックはこちら

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-わき毛
-