におい

あそこの臭い対策!クサイ原因は何?

更新日:

あそこが臭い

あそこ臭いって、他の人にはなかなか相談できない悩みですよね。

自分1人で悩んで、どうしたらいいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。

あそこの悩みの中でも1、2位を争うのが「臭い」です。

あそこの臭は独特なので「周りにバレていないかな?」と不安になる事もありますよね。

臭うからには原因があります。

原因がわかれば臭いを抑える事だってできるのです。

あそこの臭いには種類がある!

あそこの臭いが気にならない女性はいないと思います。

生理中やちょっといつもより臭いが強い時、「これから出かけるのにどうしよう!?」と思ったことはありませんか?

特に夏場は汗もかきやすく、ただでさえ、あそこは通気性の悪い部位なので臭いやすいです。

あそこの臭いにも色々な種類があり原因によって違ってくるのです。

酸っぱい臭い

通常のおりものの臭いも少し酸っぱい臭いがします。

これは「正常な臭い」です。デリケートゾーンが全くの無臭ということはありません。

乾く方が逆に臭いがキツく感じることも。

そして、自浄作用が低下し雑菌が繁殖すると臭いがキツくなることもあるのでゴシゴシと市販の石鹸でデリケートゾーンを洗ったり、自浄作用を低下させるような行為は控えましょう。

また、糖分や動物性脂肪、アルコール、香辛料が強い食事ばかりをしているとデリケートゾーンだけではなく体臭の原因になります。バランス良い食生活が大切です。

アンモニア臭

これは間違いなく「尿」の臭いです。

さすがにこの臭いはキレイに取りたいものですね。

ただし、男性と違い女性の陰部の形状は複雑で汚れやすいです。

デリケートゾーン専用の石鹸などで綺麗に洗い恥垢などを隅々まで取るようにしましょう。

また、年齢を重ねると尿漏れなどを起こしやすくなりますので、ショーツに付かない様におりものシートなどを使用したり、アンダーヘアが濃い方は少なめに短めにお手入れすると尿が付きにくいですよ。

イカ臭い

これは性行為をした後ならもちろんですが、生理前後にもイカ臭いと感じる場合があります。

排卵中は無臭なのですが、排卵後は酸性度が増すので酸っぱい臭いが強くなり、下着の蒸れた臭いと重なり酷くなってイカ臭くなってしまったり、生理後は経血の残留物に雑菌が発生するので臭います。

この期間はどうしようもないので、おりものシートやナプキンを小まめに交換したり、デリケートゾーンを清潔にして臭いを防ぎましょう。

納豆臭

納豆が腐ったような臭いがする場合は、細菌性膣炎、カンジダ、すそわきがと病気が原因の可能性があります。

自浄作用が低下したことで納豆の臭いがする雑菌が増えてしまっているんですね。

「すそわきが」は脇のワキガのデリケートバージョンのことです。

これらは自分でケアしようと思っていても根本的な解決にはなりませんので、病院へ受診しましょう。

魚やチーズなど発酵臭

あそこからツーンと鼻につく臭いがした場合、病気(性病)が隠れている可能性があります。

カンジダ膣炎の方が有名ですが、実は細菌性膣炎の方がかかっている方が多いんですよね。

強烈な痒みやオリモノの異常、下腹部に鈍痛を感じる人は、適切なケアが必要ですので、病院へ受診しましょう。

あそこの臭いの原因は?

あそこが臭ってしまう原因は複数あることを知っていましたか?

臭い対策には原因を知ることが一番です!

しっかり認識して一つ一つその原因を取り去りましょう。

雑菌

あそこは高温多湿で雑菌が繁殖しやすい部位です。

女性の陰部は、尿やおりもの・月経血・ストッキングやタイツの着用などによって蒸れやすい環境になり、蒸れやすい環境は細菌にとって繁殖しやすい環境となります。

その雑菌が臭いの原因になっています。

汗でムレないように通気性の良い下着を着用したり、尿や経血などは陰毛に絡まったりするので、アンダーヘアの毛量を減らすなどすると臭いを軽減することが出来ますよ。

すそわきが

ワキガ臭同様にアポクリン汗腺があそこにもあるので、陰毛からワキガのような臭いがするなら「すそわきが」の可能性があります。

症状や原因はワキガ臭同様でストレスや緊張、興奮などをすると活発になります。

なので、すそわきが専用のデオドラント製品や病院で治療すると良くなります。

ワキガだからと言って必ず陰部もワキガ臭がする訳ではなく、臭いの強さにも個人差があります。

おりもの

健康状態でも少しだけ「すっぱい臭い」がするものです。

生理中や妊娠中は特におりものの量が増えるので臭いがきつく感じますよね。

でも、それは仕方ないことなのであまり気に病まないようにしましょう。

生理とは違った酸味のあるような臭いは好きになりませんし、外部に臭いが漏れていないか心配になりますよね。

ストレスや体調不良でもおりものが増えて臭いが強くなるので、ノンストレスな生活を目指しましょう。

生理中

生理中はチーズのような生臭いような独特の臭いがしますよね。

でも、実は経血自体は「無臭」なんですよ。何故臭うかというと経血が「酸化」したり、「雑菌が繁殖」するからなんです。

経血は空気に触れて15分くらいすると徐々に臭くなります。

そして、生理中は防水性の高いナプキンを使用するのでムレやすいですし、血液で湿った状態になるので雑菌は特に繁殖しやすい環境になっています。

なので、量が少ない日でも何時間もナプキンやタンポンをそのままにするのはNG!

小まめに取り替えるようにしましょう。

また、ナプキンの素材を通気性が良く、刺激が弱いものを選びましょう。

最近「布ナプキン」も通気性がよく肌に優しいので人気ですね。

ストレスや体調不良

疲れがたまっていたり、ストレスや身体の免疫力が下がっているとホルモンバランスが乱れて自浄作用が低下します。

ホルモンバランスが乱れる原因は、過度なストレス・睡眠不足・不規則な食事や生活・運動不足などがあり、自律神経が乱れると汗をかきやすくもなります。

また、カンジダ膣炎もなりやすいです。

なので、しっかりと睡眠を取り、趣味など適度に息抜きしてノンストレスな生活をしましょう。

洗い方や石鹸

ゴシゴシと洗ってしまうとあそこの「自浄作用」を弱めてしまいます。

また熱いお湯や香料がついていたり、刺激の強い石鹸を使用していても膣内の分泌物を増やし、臭いの原因になってしまいます。

なので、あそこ専用や弱酸性の石鹸を使い優しく洗うようにしましょう。また、ウォシュレットも適度には必要ですが、やりすぎには気を付けましょう。

タンポンや香り付きナプキン

タンポンを膣内に入れたまま忘れたり、異物が混入していると臭いの原因になります。

また、タンポンやナプキンは長時間放置していると交換した後でも臭いの原因になりますので、こまめに交換しましょう。

香り付きナプキンも匂いと臭いが混ざり合って、逆に臭ったり、膣内のバランスを崩しかねないので気を付けましょう。

加齢

どうしようもないことですが、年齢を重ねると膣の潤いが少なくなり、自浄作用も低下するので細菌感染などを起こしやすくなり、膣内のトラブルも増えます。

更年期頃からは特に気を付けましょう。

食事

食事があそこの臭いの原因になっていると、直接結びつかない方も多いかと思います。ですが、陰部の臭いが強くなる原因がいくつかあるので紹介しておきます。

陰部の臭いと関連のある食事は、肉類・脂質の多い食事・香辛料が多い・アルコール・ニラ・ニンニクなどが挙げられます。

陰部だけでなく体臭にも影響することがわかっているため、臭いが気になる場合は日頃から気を付ける必要がありますね。

病気

臭いの他にも強いかゆみを生じたり、おりものの色が変わったなどの変化があった場合は病気の可能性も高いです。

この場合は個人判断ではなく婦人科へかかることをおすすめします。何度もかかっていて頻繁に行きたくない!という方は、検査キットの販売もあるので、そちらでチェックしてから病院へ行きましょう。

急に陰部から臭いがするようになった場合は、病気によって臭いが発生している可能性があります。

陰部の炎症や性病によって臭いが出現するケースがありますので、気付いた場合は早めに専門の病院などの受診をオススメします。

デリケートゾーンの病気についてはこちらを参考に!

 デリケートゾーンの手入れをして臭いや黒ずみを解消

臭い対策アイテムを選ぶポイント!

あそこの臭い対策には、通気性の良い下着を身に着けるやストレスを溜めないなどの生活習慣を変えたりする方法があります。

でも、「もう臭ってしまっている!」といった緊急時にはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、臭い対策アイテムを紹介していきます。

1. 根本的な臭いケア(消臭・洗浄力)が出来るもの
2. 制汗成分・菌の増殖を抑える有効成分が配合されているもの
3. あそこにも使用できる肌に優しいもの
4. 手軽に持ち運び出来て使えるもの

クサイ!と思った時にすぐに対処できる対策法

シート

一時しのぎにしかなりませんが、外出中でもあそこをサッと拭けるので重宝しますね。

ただし、拭くだけでは汚れが残りがちですし、擦らなければならないのであそこを刺激してしまいます。

臭いを抑えるために香料入りのものも多いですが、香料とあそこの臭いが混ざって逆に悪臭になることも考えられるので「無香料」を選びましょう。

スプレー

ポーチなどに入れておくことが出来て、サッと取り出せ、下着に付けたり、直接あそこに吹き付けることが出来るので、手軽に使うことが出来ますね。

「すそわきが」はご存知ですか?

脇のワキガ臭と同じくアポクリン汗腺はあそこにもあるんですね。

特にそんなすそわきがに効果的なのはこのスプレーです。

消臭力と洗浄力が確かなもので肌に安心な成分が含まれているものを選びましょう。

クリーム

抗菌と雑菌の繁殖を抑制、制汗成分が含まれるものにしましょう。

クリームの中にはすそわきがに効果のあるものもあります。

感想が大敵なあそこの保湿も出来、臭い対策の他、黒ずみなどにも効果があるという一石二鳥以上の役割があります。

特にイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛の2つの成分が含まれているクリームを選びましょう。

膣内浄化ジェル

膣内の内側の汚れや常在菌のバランスの乱れには、基本的には生活習慣などを変えるなどして、膣内は洗わない方が良いのですが、膣内専用の浄化するものを使いましょう。

「自浄作用」を促し菌のバランスを本来の状態に近づける効果があり、臭いの改善にもなります。

パンティライナー(おりものシート)

最近、パンティライナーをたくさん見かけるようになりました。

生理中以外にも女性のショーツはおりもので汚れたりするので汚れなくてすむ優れもので使われている方もとても多いと思います。

おりものにも臭いがあるため、パンティライナーを付けることで効果があるように感じますが、実は長時間付けているとムレて雑菌が繁殖し、逆に臭いの原因になることも。

なので、使用する場合は必ずマメに変えるようにしましょう。

また、必ず無香料のものを選びましょう。

オーガニックコットンが使用されているパンティライナーは肌への刺激も少ないのでおすすめです。

布ナプキン

生理中はどうしても生臭い臭いがしてしまいます。

でも、実は経血自体には臭いはないんです。15分以上ナプキンに臭いが付いていると臭ってくるんですね。なので、ナプキンは小まめに変えるのが大切です。

また、最近流行っている布ナプキンは通気性もよく肌にも優しいのでおすすめです。

ただ、経血の量が多くて心配な方はナプキンも種類によって大分違うので色々試してみるとよいでしょう。

ウォシュレット

生理中の経血を洗ったり、汗の臭いを洗ったりすることは出来ます。

ですが、すでに臭っている緊急時にはあまり効果はないかもしれません。

というのも、水洗浄では臭いの原因となる雑菌や体液は洗い流すことが出来ないからです。

また、大切な常在菌まで洗い流してしまう恐れがあるのでほどほどにしましょう。

クサイ!と思った時に自宅でやっておいた方がよい方法!

昔と異なり、今は何でもスマホで検索できる時代。ですから、どんな悩みも簡単に解決法や対処法など知ることができます。

陰部の臭いで悩んでいる時は、やはり「アソコ臭い」で検索している女性が多いです。シャワー後は、臭いもせず普通に過ごすことができるのに、翌日の昼頃になると、モワッとした臭いが発生する。

そんな方は、デオドラントスプレーや消臭スプレーを持ち歩くと便利です。シュッと吹きかけるだけで臭いが消えるので外出時に重宝します。

消臭サプリメント

サプリメントはあそこの汗の臭いを消臭してくれます。

通常の汗の他、アポクリン汗腺から発せられるすそわきがの臭いも抑えてくれるものもあるようですね。

サプリメントに含まれる消臭作用がある成分は「ポリフェノール」「乳酸菌」「柿タンニン」などが多いです。

医薬品ではないサプリメントに即効性は期待してはいけませんが続けていくことで身体の内側から少しずつ改善してくれます。

専用石鹸

何よりもあそこは「清潔」に保つことで臭いを軽減することが出来ます。

あそこには汗や尿もおりものも経血も雑菌も汚れが付きやすいですからね。

でも、「デリケート」な場所と言うだけあって、敏感肌なので、身体の他の部分と同じように全身用のボディソープで洗うのは大切な常在菌まで洗ってしまうのでNGなんですよ。

香料付きではなく、弱酸性の石鹸やあそこ専用石鹸を選んでください。

また、アンダーヘアにこびりついてしまった尿やおりものなども綺麗に落とせるのでよいですね。

あそこの臭いを解消する陰部専用ソープがおすすめです。一般的なボディソープよりも消臭効果が高く、肌に負担がかからないものが多いです。

アンダーヘアを整える

生理中やオリモノの増加により、嫌な臭いが発生する場合があります。
女性なら経験があるかと思いますが、アンダーヘアに汚れが付着すると下着が汚れて更に臭いが増しませんか?

アンダーヘアを適度に整えることで、経血やオリモノの付着を少量に抑えることができます。

 アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

蒸れを防ぐ

あそこは通気性が悪く蒸れやすい場所。元々トラブルが起きやすい部位なんです。

蒸れを防ぐには、あそこを締め付けるような小さい下着や衣類を身に着けないことです。

特にストッキングやデニム素材は生地が硬く通気性が悪いですから、スカートに切り替えてみると良いでしょう。

おりものシートは、臭いや汚れを吸収するので下着や衣類に染み込むことがありません。細目に交換することでかなり臭いを抑えることができます。

下着や衣類を選ぶ時は、綿や麻など、通気性がよく尚且つ開放感のあるものを購入しましょう。

また、下着や衣類の素材によっては臭いが強くでる場合があります。科学繊維質と呼ばれるポリエステルやアクリル素材は、吸収性や通気性が悪く、臭いがこもってしまいがちに。

これは、ワキガ体質の方たちが避ける素材とも言われているので、陰部の臭いが気になる方は素材選びも意識してみると良いでしょう。

あそこの洗いすぎには注意!

あそこの臭いが気になると、ついつい力を加えて洗ってしまいがち。これでは、陰部を傷つけてしまいます。

陰部は粘膜ですから、ゴシゴシ洗いではなく手で優しく洗い流すことが重要なんです。常在菌を残しつつ不要な菌だけを洗い流してくれる、陰部専用ソープがおすすめですよ!

あそこの洗いすぎは臭いの元になり逆効果です。粘膜を弱めると皮脂の分泌量が増えますから、どうしても臭いが発生してしまうんです。

雑菌を増やさないためにも優しく丁寧に洗うようにしてください。

最後に

デリケートゾーンの臭いがクサい!と言っても、様々な種類の臭いがあるんですね。

この臭いの違い感じたことがありますか?

ほとんどは蒸れによる汗や尿、経血が原因で、酸っぱいおりものの臭いだけならよいですが、今、他の臭いを感じている方は病院へ受診してみることも考えてみてくださいね。

臭いを根本的になくしたい場合はデリケートゾーンを清潔することはもちろん、食生活や何よりも膣内を健康的に保ち、雑菌の繁殖を抑えるのが大切です。

読んでもらいたい記事

386,955view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

139,819view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,396view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-