アンダーヘア

ヒートカッターでアンダーヘアを処理するコツを聞いてみました。

更新日:

ヒートカッター

アンダーヘアのカットにはヒートカッターがおススメです。

アンダーヘアをカットする時に、はさみを使うという人も多いかもしれません。

しかし、はさみでカットすると、さまざまな処理後のトラブルを抱えやすくなってしまいます。

このページでは、アンダーヘアのカットにおすすめのヒートカッターについてお話します。

ヒートカッターとは?

ヒートカッターとは、文字通りを、アンダーヘアを「熱」でカットするための道具です。

電気の力で熱を発生させて、アンダーヘアを焼き切ります。

ヒートカッターは、まずVラインの毛の全体の長さを整える際に使う、というのが上手な使い方です。

長さを整える際に、はさみを使っている方も多いと思います。

しかし、はさみでカットした場合、毛の先端がスパッと尖ってしまい、少し触れただけでもチクチクする嫌な感覚に悩まされます。

また、はさみでカットした場合、毛の先端が下着や水着の生地を突き抜けてくることもあります。

そのため、毛をカットする時には、はさみは使わないようにしましょう。

一方、ヒートカッターであれば、熱で焼き切るので、先端は丸みを帯びた形になります。

こうしておけば、処理後のチクチク感や毛の先端が皮膚を傷つけるといったトラブルも防げます。

処理の方法と注意点

処理したい毛を掴んで、痛みを感じない程度の力で、上に引っ張り上げます。

そこに、スイッチを入れたヒートカッターの先端(くし状になった部分)をゆっくりと通していきます。

カッターが毛を焼き切るのには、少しだけ時間がかかります。

一度にカッターを通す毛の量は、5本程度を目安にしましょう。

また、毛が焼き切られている最中は、やや焦げたような臭いが出ます。

この時、毛穴から5~7mmくらいの余裕を持った長さでカットするようにしてください。

あまり短いところにカッターを通すと、皮膚に当たって火傷する危険があります。

多少長すぎるかな、くらいのポイントを狙うようにしましょう。

決してヒートカッターで全部処理を終わらせてしまうと思わないでください。

あくまで毛の長さを整えるための便利グッズです。

もっと細かい処理には、それに適した他のグッズを使うようにしましょう。

アンダーヘア革命セット

トリートメントを使ってフワフワなアンダーヘアを

ここからはトリートメントを使ったアンダーヘアのお手入れについて、お話しします。

アンダーヘアは傷つきやすい!?

アンダーヘアがゴワゴワしていて、手触りもよくない。そんな悩みを抱えている人も多いと思います。

アンダーヘアは、体中の毛の中でもっとも傷つきやすい環境にさらされ続けています。常にショーツで押さえつけられ、湿気にさらされており、また、物理的に周囲のヘアと摩擦を起こしやすく、表面が傷ついてしまっています。

表面が傷ついた結果、毛本体内の水分が蒸発して、潤いを維持できなくなり、乾燥した状態が続きます。これが、ゴワゴワした手触りを生んでしまいます。

シリコンオイルと美容成分でアンダーヘアに活力を!

トリートメントには、有効成分としてシリコンオイルと美容成分が配合されています。

シリコンオイルは、毛の周囲をシリコンでコーティングすることで、傷ついた毛本体を包み込んで、必要な潤いを保ってくれる働きがあります。

また、毛どうしがこすれた際の摩擦を和らげて、毛本体が傷つくのを防ぐ働きもあります。

これにより、毛どうしが絡まらなくなるため、指通りの良い、サラサラな手触りになります。

また、美容成分は、シリコンオイルのコーティングと併せて、毛自体の修復を行い、毛に元気を与えてくれます。

このように、内側と外側の両方から、サラサラな手触りを維持するために活躍してくれるのが、トリートメントです。

トリートメントを使ったアンダーヘアのお手入れ

アンダーヘア用として販売されているトリートメントも、基本的な成分や仕組みは、頭髪に使われるものと同じです。

ただ、頭髪用に使われるものには、肌への刺激が強めの成分が使われていることもあります。

デリケートゾーンのお肌はとても敏感で、傷つくなどのトラブルが長引きやすいこともありますから、できればアンダーヘア用のトリートメントを用意するのがオススメです。

使用方法は、使用後に洗い流すタイプと洗い流さないタイプで異なります。

洗い流すタイプは、ボディウォッシュの後に、1回の容量分をやさしくアンダーヘアになじませたら、数分置いてからシャワーで洗い流します。

洗い流さないタイプは、お風呂から上がって、タオルドライをした後に、必要量をアンダーヘアになじませて終わりです。

トリートメントを使ったケアは、毛をコーティングしつつ補修するこが主な役割です。

例えば、縮毛矯正のように、薬品で毛の癖を取り去ったりするわけではありません。

したがって、トリートメントの成分が毛から落ちてしまうと、その効果は弱まります。

一般的なトリートメントの効果は長くても24時間くらいしか持ちません。

そのため、トリートメントを使ったアンダーヘアのお手入れは、毎日のお風呂の際に、欠かさず行うように意識することが大切です。

アンダーヘア革命セット

ヒートカッターの使い方のコツを聞いてみました。

アンダーヘアの処理って本当に多種多様な処理方法がありますよね。

抜いたり剃ったりエステに通って脱毛を行ったりそれぞれメリットデメリットがありますよね。

今回は、ヒートカッターを使った処理についてスポット当ててみます。

デリケートなところにヒートカッターを使うのは初めは少し勇気がいります。

でもヒートカッターはとても便利で使ってみたいと思っている人はたくさんいると思います。

みなさんより一足先にヒートカッターを使っている経験者のみなさんから処理をするコツを聞いてみました。

もう経験したことある人でも、なんだかうまくできないというお悩みをお持ちの方はこれを読んで上手にデリケートゾーンの処理しましょう!

ヒートカッターって使ったことある?あれ、便利だよね。
私は脱毛でアンダーヘアを抜く時の痛さが嫌なので、ヒートカッターを使ってます!!
ヒートカッターを上手く使う方法として、
ゆっくり、ジリジリ、と動かし、
アンダーヘアの量は少量づつ、少しづつ束ねて使うよ!
早く処理したくて1度に沢山のアンダーヘアをヒートカッターに当てると
髪の毛が焦げる匂いだけが充満して、ちゃんと切れないから
毛束は少しづつヒートカッターを当てるのがキレイなアンダーヘアに整えるコツだょ!
ヒートカッターでアンダーヘアの処理をするときは、欲張らず、焦らずに少なめの束でピンとまっすぐになるように持つのが一番です。たくさんを一度に処理しようとするとかえって時間がかかってしまいました。また少しずつにすることで、途中で手元から落ちてしまう毛も減りました。結局は、説明書どおりが一番効率が良く効果がありました。
自分が失敗した経験もふまえ…
根元からは少し離れた部分をカットする!ただでさえデリケートな部分なので、肌に近いと皮膚を傷めます。
一度に処理しようとせず、焦らず気長に行なう!まさに急がば回れ。一度に大量に処理しようとすると、絡まったり、熱が伝わりにくかったりして、イライラします。丁寧に行ったほうが効率がいいことに気づきました。
ヒートカッターを使用するのは3か~4か月に一度で使っています。一度に大量を切ることはできないので一度に5本程度を親指と人差し指を使ってつまんで少し引っ張るような感じでつかみます。そうすることで寄れている毛を張り伸ばす感が出ます。毛穴から7mm当たりのところにヒートカッターの熱線をあてることにより力を入れることなく切り取ることができます。
私の経験談ですが、アンダーヘアをヒートカッターで処理する時は2~3本ずつこまめに処理することをおすすめします。なぜかというと、一気に処理をしようとして毛束をごっそりまとめて掴んでしようとすると、熱が伝わりにくくなり、余計に時間がかかってしまうのです。少し面倒ではありますが、少ない量を確実に処理していく方が良いと思いました。
ヒートカッターを購入した、きっかけですが、友人同士のあいだで、ヒートカッターをつかって、アンダーヘアのしょりをするのが、はやっていたからです。
カミソリだと毛先がとがり、チクチクしますが、まあるく削れるため、チクチクしません。コツは、すこしずつ、削ること、確認しながら、削ることです。
ないならで恥ずかしい…けど、ボーボーも嫌。それがアンダーヘアーですよね。そんなアンダーヘアーもヒートカッターなら、後からチクチクしないのでオススメです。
さて、その使い方のコツですが、片方の膝を立てて、毛を少量ずつ摘まんで行うことです。欲張ってたくさん掴むと、なかなかカットできません。そして、電熱線の方にぐっと毛を当てて、ぷちんと切れるのを待ちます。ぷちんと切れたら、次の毛さんをそのまま電熱線の方にまたぐっと押し当てたら、次から次と切れて行きます。慣れれば簡単!ちょっと焦げ臭いけど、アンダーヘアーのお手入れにはこれが一番だと思います。これで、あなたも美アンダー?
ヒートカッターを使う場合、しっかり陰毛をつまみ、引っ張ります。
私は短めが好きなので、短く、かつきれいに揃えるために、「痛っ」となるくらいまで引っ張ってしまいます。
ヒートカッターは皮膚に熱さを感じないため、5ミリくらいの短さにしても、なんともありません。
Vラインはしっかり引っ張ることで、自分の希望の長さにできるので、楽勝です。
Iラインがちょっと難しいので、私はトイレで処理しています。引っ張ることを基本に 、けっこう股を開いてよく見て切り残しがないかチェックします。
Vラインのデザインは最終的にT字カミソリを使ってお風呂で処理しています。
先にヒートカッター、最後にお風呂でととのえる、が効率よくキレイにできますよ。
ヒートカッターでアンダーヘアを処理する時のコツとしては
少しずつしていくということです。
一気にしてしまうと長さも異なります。
とても長いというのならば少しハサミで切りそこからヒートカッターを使うといいです。
でもくれぐれもやけどには気をつけて下さい。
細部は、ヒートカッターでは危険なのでカミソリなどで剃る方がいいです。
以前ヒートカッターを使用したことがあるのですが、一度に多くの毛をカットすると、中途半端に焼かれた毛がちくちくしてあたってしまいます。早く処理を終わらせたくて一度に多くの毛を焼き、少し焼かれた毛を引っ張って切ってしまいがちですが、そこを我慢して根気よく少しずつに分けて毛先を焼いていくのがコツだと思います。
ヒートカッター
ヒートカッターでアンダーヘアを処理した体験談と安全な使い方

アンダーヘアの長さを整えるのに欠かせないアイテムがヒートカッターです。 市販のはさみでカットすること ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

クリームとローションを使ってエステ並みの脱毛が出来る。

肌に優しい脱毛クリームなら「パイナップル豆乳クリーム」

脱毛 除毛

パイナップル豆乳クリームは肌に優しくムダ毛を取り除きます。

エステに通わなくてもスベスベの肌を手に入れる事ができますよ。

パイナップル豆乳ローションと組み合わせることによって除毛頻度も減っていきお手入れも楽になります。

エステに通わなくてもスベスベな肌に「パイナップル豆乳ローション」

親子向けの訴求

刺激が無い化粧水系の除毛ローションです。
全身に使えて、IラインやOラインにも使用できます。
即効性はないですが、パイナップル豆乳クリームと組み合わせて使うことにより素早くスベスベな肌になります。

使い続けるほど、除毛頻度が減ってエステに通うようなスベスベな肌になるので。「いざ」という時のために早めにお使いされることをオススメしています。

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.