ヒートカッター

ヒートカッターでアンダーヘアを処理するコツを聞いてみました。

更新日:

ヒートカッター

アンダーヘアのカットにはヒートカッターがおススメです。

アンダーヘアをカットする時に、はさみを使うという人も多いかもしれません。

しかし、はさみでカットすると、さまざまな処理後のトラブルを抱えやすくなってしまいます。

このページでは、アンダーヘアのカットにおすすめのヒートカッターについてお話します。

ヒートカッターとは?

ヒートカッターとは、文字通りを、アンダーヘアを「熱」でカットするための道具です。

電気の力で熱を発生させて、アンダーヘアを焼き切ります。

ヒートカッターは、まずVラインの毛の全体の長さを整える際に使う、というのが上手な使い方です。

長さを整える際に、はさみを使っている方も多いと思います。

しかし、はさみでカットした場合、毛の先端がスパッと尖ってしまい、少し触れただけでもチクチクする嫌な感覚に悩まされます。

また、はさみでカットした場合、毛の先端が下着や水着の生地を突き抜けてくることもあります。

そのため、毛をカットする時には、はさみは使わないようにしましょう。

一方、ヒートカッターであれば、熱で焼き切るので、先端は丸みを帯びた形になります。

こうしておけば、処理後のチクチク感や毛の先端が皮膚を傷つけるといったトラブルも防げます。

処理の方法と注意点

処理したい毛を掴んで、痛みを感じない程度の力で、上に引っ張り上げます。

そこに、スイッチを入れたヒートカッターの先端(くし状になった部分)をゆっくりと通していきます。

カッターが毛を焼き切るのには、少しだけ時間がかかります。

一度にカッターを通す毛の量は、5本程度を目安にしましょう。

また、毛が焼き切られている最中は、やや焦げたような臭いが出ます。

この時、毛穴から5~7mmくらいの余裕を持った長さでカットするようにしてください。

あまり短いところにカッターを通すと、皮膚に当たって火傷する危険があります。

多少長すぎるかな、くらいのポイントを狙うようにしましょう。

決してヒートカッターで全部処理を終わらせてしまうと思わないでください。

あくまで毛の長さを整えるための便利グッズです。

もっと細かい処理には、それに適した他のグッズを使うようにしましょう。

アンダーヘア

トリートメントを使ってフワフワなアンダーヘアを

ここからはトリートメントを使ったアンダーヘアのお手入れについて、お話しします。

アンダーヘアは傷つきやすい!?

アンダーヘアがゴワゴワしていて、手触りもよくない。そんな悩みを抱えている人も多いと思います。

アンダーヘアは、体中の毛の中でもっとも傷つきやすい環境にさらされ続けています。常にショーツで押さえつけられ、湿気にさらされており、また、物理的に周囲のヘアと摩擦を起こしやすく、表面が傷ついてしまっています。

表面が傷ついた結果、毛本体内の水分が蒸発して、潤いを維持できなくなり、乾燥した状態が続きます。これが、ゴワゴワした手触りを生んでしまいます。

シリコンオイルと美容成分でアンダーヘアに活力を!

トリートメントには、有効成分としてシリコンオイルと美容成分が配合されています。

シリコンオイルは、毛の周囲をシリコンでコーティングすることで、傷ついた毛本体を包み込んで、必要な潤いを保ってくれる働きがあります。

また、毛どうしがこすれた際の摩擦を和らげて、毛本体が傷つくのを防ぐ働きもあります。

これにより、毛どうしが絡まらなくなるため、指通りの良い、サラサラな手触りになります。

また、美容成分は、シリコンオイルのコーティングと併せて、毛自体の修復を行い、毛に元気を与えてくれます。

このように、内側と外側の両方から、サラサラな手触りを維持するために活躍してくれるのが、トリートメントです。

トリートメントを使ったアンダーヘアのお手入れ

アンダーヘア用として販売されているトリートメントも、基本的な成分や仕組みは、頭髪に使われるものと同じです。

ただ、頭髪用に使われるものには、肌への刺激が強めの成分が使われていることもあります。

デリケートゾーンのお肌はとても敏感で、傷つくなどのトラブルが長引きやすいこともありますから、できればアンダーヘア用のトリートメントを用意するのがオススメです。

使用方法は、使用後に洗い流すタイプと洗い流さないタイプで異なります。

洗い流すタイプは、ボディウォッシュの後に、1回の容量分をやさしくアンダーヘアになじませたら、数分置いてからシャワーで洗い流します。

洗い流さないタイプは、お風呂から上がって、タオルドライをした後に、必要量をアンダーヘアになじませて終わりです。

トリートメントを使ったケアは、毛をコーティングしつつ補修するこが主な役割です。

例えば、縮毛矯正のように、薬品で毛の癖を取り去ったりするわけではありません。

したがって、トリートメントの成分が毛から落ちてしまうと、その効果は弱まります。

一般的なトリートメントの効果は長くても24時間くらいしか持ちません。

そのため、トリートメントを使ったアンダーヘアのお手入れは、毎日のお風呂の際に、欠かさず行うように意識することが大切です。

アンダーヘア

次のページへ >

LC

アンダーヘア

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア

アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

読んでもらいたい記事

264,090view
アンダーヘアの長さが気になる

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

112,976view
ヒートカッター

目次1 自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?2 そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目な ...

72,709view
除毛クリーム

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

-ヒートカッター
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2017 All Rights Reserved.