ニキビ

アゴに出来たニキビの原因ってなんですか?

投稿日:

顎ニキビの原因を聞きました

顎ニキビができやすい人の特徴

10代はTゾーンにできやすく、大人になるにつれてUゾーンに移行してしまうニキビ。顎にニキビができる人の原因は何なのでしょうか?

中には食事や生活リズムを改善しても顎ニキビが減らないと嘆く女性達もいます。顎ニキビが繰り返し発生する人は、おそらく習慣的な何かが関係しているはずです。

そこで顎ニキビができやすい人の特徴を調べてみました。

①肌が乾燥しやすい

角質層の水分が不足していると肌が乾燥しやすくなるので、当然ニキビは増加します。

肌が乾燥しているのにニキビができる?ニキビはオイリー肌ができやすいんじゃないの?と誤解をしている人も多いですよね。

乾燥肌やトラブル続きの肌は古い角質で分厚くなっています。角質が毛穴を塞いでしまうと皮脂分泌が出にくくなるので、当然毛穴に詰まりやすくなります。

また乾燥を守ろうと皮脂が過剰に分泌されることで結果的に毛穴に詰まりやすくなることも原因です。

②オイル系のクレンジング使用

ニキビができやすい人はクレンジング選びも注意をしなければなりません。原因が皮脂によるものだとすれば、油分の上にさらにオイルをのせてケアをしていることになるので、ニキビが悪化してしまうんです。

オイル系のクレンジングは水と相性が悪いことから肌表面に残りやすい特徴があります。お湯で洗い流したつもりでも、わずかなオイルが刺激となり顎ニキビを悪化させる原因になります。

クレンジングを選ぶ際はオイルタイプではなく、クリームタイプを選ぶようにしましょう。

③乳液を使用

乳液は肌に閉じ込めた水分の蒸発を防ぐ役割があるので、とても大切なスキンケアの一つです。

ですが乳液は油分で作られているため、人によりニキビが悪化する場合があるんです。私達の肌質は大きく分けて、乾燥肌/混合肌/脂性肌/健康肌に分類されます。

中でも脂性肌と呼ばれるオイリー肌の人は、乳液がニキビを増加させる原因になることがわかっています。現在、乳液を使用中の方は一度中止すると、顎ニキビが改善する可能性が高いです。

④不規則な生活や睡眠不足

ニキビは食生活も深く関係しています。昼夜逆転生活や偏った食事を繰り返していると身体の内部だけでなく、皮脂分泌量までもが上手くコントロールできなくなります。

皮膚トラブルで開きやすくなった毛穴に皮脂が詰まるため、いつまでもニキビが改善されない悪循環に陥ります。

また睡眠不足もニキビが改善しない原因の一つです。肌の生まれ変わりは寝ている間に行われるので、寝不足が続いているとターンオーバーが乱れ、肌荒れが目立ち始めます。

顎ニキビを改善するには質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

➄ソーシャル疲れ(ストレス)

心身ともにストレスを受けていると、残念ながら男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。

男性ホルモンは皮脂分泌を増加させる働きがあるので、ストレス過多はそのまま肌に影響し、脂性肌になりやすい傾向にあるんです。

顎ニキビができる原因は、こうしたストレスも関係しています。昔と違い、今はソーシャル疲れが目立ちます。SNSによる友人達との関わり方が返ってストレスの原因になる場合があるようです。

まとめ

何を使用しても顎ニキビが改善されない人は、肌に負担をかけていないか、生活リズムは整っているか、今の生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

顎ニキビの原因を聞いて見ました。

触ると痛いし、腫れてれば目立つ、治り難い、触ると感触が気持ち悪い…

にきびって、本当に嫌な事のオンパレードですよね!

その中でも、特に嫌われているのが『アゴ』に出来たにきびです。

治り難い挙げ句、繰り返し出来るアゴのにきびにはお手上げ!と言う方も多い事でしょう。

アゴは、手に触れやすく髪の毛の毛先もあたり易いので、雑菌が多くついてしまう部分でもあります。

髪を綺麗にしているつもりでも、実は髪の雑菌は凄く多いもの、そして、汚い手でアゴに触れれば、もちろんアゴに雑菌が移ります。

他にも、不規則な生活や食生活やストレスなど様々な原因があると思いますが、案外、普段あまり意識していない事が原因でにきびが出来てしまっている事も考えられるんです。

そこで、今回みなさんには『アゴに出来たニキビの原因ってなんですか?』と言う質問をしてみました。

アゴに出来るニキビ。それはほおづえかもしれません。気が付かない間に結構ほおづえをついてる時ってあると思うんです。例えばデスクワークの合間や、友達とかカフェでお茶をしている時。思い当たる場面が思い浮かぶはずです。その一癖を意識するだけでアゴニキビが少し減るはず。
私はストレスが原因でアゴにニキビが出来たことがあります。明らかに顔の他の部分と質が違ったように思います。最初はつぶしていましたが、クセになるのか同じ部分にまた出来るのです。この負の連鎖がまたストレスとなっていました。最終的には中の皮脂が固くなり、触っていたらポロっと取れて穴が開いてしまいました。イライラしたり考え事をした際に頬杖を突いたりアゴを無意識に触っていたのも原因だったと思います。
今まさに顎に大きなニキビがあるのですが、考えられる原因は、不規則な生活と食生活だと思います。
具体的には、夜寝るのが遅くなり寝不足が続いていることと、夜間にスナック菓子やチョコレートを食べていることです。
また、気になって1日に何度も手で触ってしまうのですが、触ることでニキビが大きくなったり増えたりすることにもつながってしまいます。
ニキビの出来る部分によって様々な原因が言われていますが、顎のニキビの要因はやはり食べ物に関係していると思います。私の場合、糖分を摂りすぎた翌日などに顎にニキビが発症する傾向にあるため、乱れた食生活をおくっていると、必ずと言っていいほど顎にニキビが出来ます。糖分などを撮らないことはもちろんですが、摂りすぎたなと思ったときはビタミン剤などのサプリメントで補うようにしています。
顎にできるニキビは、ホルモンバランスが大きく関わっていると言われています。
特に、生理前に悪化しやすく、ストレスや生活習慣でも出来やすくなります。
体験談としては、状況した新入社員が、仕事でも恋愛でも悩んでおり、その方はずっと顎ニキビで悩んでいました。
私は40代の主婦ですが、若いころからあごにニキビができやすいです。なぜあごにできるかというとほかの箇所とちがい毛穴が小さいことで皮脂が詰まりやすいということです。また洗顔の時、しっかりと洗っても泡の洗い残しがあったりすると雑菌がたまりニキビになります。
あごは意外と手で触れることが多いのでそこでも菌が繁殖します。ニキビは繰り返すうち角質が固くなります。ニキビあとも目立つようになるので気を付けなければいけないと思います。
私は、つい先日あごにニキビができました。とても痛くて、いろいろ調べました。可能性としては、毛穴の汚れや年齢によってできるものなど、普通のニキビと同じような原因です。私は痛くて耐えられなかったので、潰しました。痛みも引いて綺麗に治りました。ニキビの原因はいろいろあると思いますが、何もしないで治すのが一番いいと思います。
私がアゴにできたニキビの主な原因として思っているのは、食生活の乱れ、睡眠時間の不足、浅い睡眠(レム睡眠)、ストレスが主な原因としてあげられると思います。食生活の乱れに関しては、カップラーメンばかり食べて、野菜が十分に摂取できていなかったり、不安や緊張といったストレスなどがアゴにニキビができる原因だと思います。
私は生理前になるといつも、乾燥気味だった肌が脂っぽくなって頬や顎にニキビができます。
ホルモンバランスの変化や乱れが大きな原因だと思います。
それに加えて、私は口周りの産毛が太く濃いため、毛抜きやカミソリで処理をするのですが、毛穴の開きのケアや保湿が不十分で、雑菌が入り込む原因を作っているのだと思います。
学生の頃はおでこや頬にニキビができることが多かったのに社会人になってからはアゴにできることが多くなりました。 私はニキビができるときは仕事で帰宅が遅くなり寝不足や疲れで体調不良な時です。学生の頃からスポーツをしてるので運動不足ではないし 食生活も変わらず和食なので、このことからアゴニキビは疲れとストレスが原因かなと自己分析しています。
no image
おなら

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-ニキビ
-