アンダーヘア

陰毛(アンダーヘア)をカミソリで処理するのはトラブルの原因になる!

更新日:

カミソリ

カミソリで肌トラブルが起きる原因って?

数多のムダ毛処理のアイテムの中で、アンダーヘアの自己処理にカミソリを使用する方は多いと思います。

しかし、カミソリはコストがかからず、手軽に処理できる反面、肌トラブルの原因にもなるので、正直カミソリでのアンダーヘアの処理はおすすめしません。

主なトラブルの原因

  • 肌を傷つけてしまう。
  • 埋没毛の原因になる。
  • 毛が濃く見える。
  • 生えてきた毛がチクチクする。
  • 摩擦により黒ずみの原因になる。

このような原因になってしまう可能性が高いです。

可愛いかっこいい水着を着たり、下着を身に付けたり、パートナーのためにキレイな身体にしておきたい気持ちがあっても、肌トラブルを起こしてしまっては台無しですよね。

それでもカミソリを使いたい場合の選び方

カミソリは腕でもワキでも足でも顔でもどの部位でもササっと処理出来る脱毛アイテムなので、一番無難で身近ですよね。

誰しもお風呂場には1本はあるはずです。しかし、よく見て見るとカミソリと言ってもT字のものから真っすぐのものまで色々な種類がありますね。

「カミソリなら、どれでもいっしょでしょ!」と思うかもしれませんが違います。よく○○用と書かれていますよね。しっかり守って購入しましょう。

例えば、アンダーヘアの形状的にも毛質的にも中々処理のしやすい場所とは言い難いです。「Vラインにおすすめ」などアンダーヘア専用に作られたカミソリは、安全性や剃りやすさが格段に違いますよ。

カミソリで処理するならVラインだけにしよう!

アンダーヘアというとVライン、Iライン、Oラインに分けられますが、IOラインにはカミソリは使わないようにしましょう。

Iラインは場所的には見やすいので、OKなんじゃない?と思うかもしれませんが、デリケートゾーンの中でもかなり敏感な部位になります。Oラインはもう見えないので止めましょう。

カミソリで処理するには、鏡を使って非常に苦しい体勢を取りながら鋭いカミソリを脱毛処理に使うので難易度はMAXですよね。

危険なので、本当におすすめしません。

Vラインは見やすく粘膜などもないので、難易度は低いです。なので、Vライン専用のカミソリを使用して処理しましょう。

ただし、前処理にシェービングクリームを使用したり、アフターケアに保湿クリームなどをしっかり塗り対策しましょう。

カミソリを使う前に他の方法を試してみては?

カミソリで自己処理すると、チクチクチク…と処理後に少し伸びてくると不快な感触がします。それは、カミソリで処理すると毛の断面が鋭利になってしまうからです。

こればかりはどうしようもないので、やはりVラインの処理には「ヒートカッター」がおすすめです。IラインにはIラインシェーバー、Oラインは除毛クリームを使用するともっと良いですよ。

アンダーヘアをカミソリで処理した体験談を聞いていみました。

アンダーヘアの処理方法ってどうしていますか?

ムダ毛処理のアイテムは様々ありますが、どんな方法でもメリットデメリットはあります。しかし、カミソリ処理は肌トラブルになりやすいって知っていましたか?

今回はカミソリで脱毛している人に、どんな風に処理しているのか?どんな失敗があったか?色々な体験談を聞いてみました。あなたの悩みもここで解決できるはずです!

何処まで処理をしようか悩んだり、ちゃんと綺麗に処理をしないと、後々凄いチクチクした痛みが走ります。 長さが長かったりしたら、少しばかり切ったりします。 ただ不思議なのは、処理をした所は生えてくるけれど、それ以上に長くはならないのが不思議です。 人により、全部処理をする方もいらっしゃいますが、逆に違和感があるので、全部処理をしません。

私は若い頃はカミソリで処理していました。処理して少しの間はツルツルしていますが、生え出すとチクチクして痒い感じで、そうなると耐えられなくなり、結局しょっちゅう手入れが必要でした。カミソリは結構怖くてヒヤヒヤしましたが、電気のシェイバーを買ってからは楽になりました。

私は、水着を着る際に陰毛をカミソリで処理したことがあります。Vラインとお尻の穴周りまでカミソリで処理しました。2日間くらいカミソリ負けによるヒリヒリ感がありましたが、そこまで強くはありませんでした。そこから、毛が伸びてくる際のチクチク感でカナリの痒さとヒリヒリ感が何日も続きかいてしまいました。その度痒みとヒリヒリが続きかなり辛かったのを覚えています。

今より若いときに、陰毛が気になって仕方なかったです。もともと、濃いのでそれが嫌でした。プールなどがあったので、仕方なく剃る処理をすることにしました。カミソリでの処理なので、ゆっくりとあまり力を入れずに少しずつ処理しました。部分的に、力をいれたりしたら、痛かったりします。急いでやるのはおすすめできません。あまりたくさん剃ると、はえてくる時に、チクチクとした痛みがあります。なので、剃り過ぎにも注意して、そんなにやりすぎないようにしました。いまでは、そこまで気になっておりません。

普段お手入れ自体はカミソリで剃るのみでしております。デリケートな部位ではあるものの、毛自体は太くてしっかりしている為、なかなか綺麗に剃るのは難しい上にお肌への負担も大変あるかなという感じでした。やはりそのような事が起こりやすい分、炎症が起きてしまったり黒ずみが残ってしまったりするので脱毛の方がお肌への負担も少ないのであろうと思います。

私が陰毛を剃った時の事をお話しします。 今年の夏に水着を着る為に、陰毛を普段より丁寧に処理しました。 処理した時は良かったのですが、剃刀負けしたのか、海の塩分で肌が荒れたのか、数日後からものすごくかゆくなってきました。 なるべくかかないようにしてはいましたが、 寝てる間などに無意識にかいてしまいブツブツができてしまいました。 その後薬を塗って治りました。

自分でサロンに行かずに行う場合、私はお風呂場で、シェービングジェルと五枚刃の男性用を使っています。 初めの方はボディソープやら、女性用の顔用など色々試しては見たものの、角度や摩擦で痛めたりしていまい、赤くプツプツ残って暫く痛い想いをしたので、ただ放って置きすぎると、女性の日に経血がついてしまい洗う手間が増えてしまうので、後は髭を剃るコツを聞いてそのとおりにしています。 指でなぞりゾリっとする方向に動かす。 細部に関しては中指と薬指の間で持ち、見えないので手探りで慎重にしています。

ふだん、あまり処理はしませんが、温泉などに行く前に処理をします。 まずはカミソリで形を整えるため、Vラインを剃ります。私は長さを整えるのもハサミを使うのがめんどくさいので毛を引っ張ってカミソリでジョリジョリと切ってしまします(笑)Iラインは脱毛エステにて行った時のみスタッフの方に全剃りしてもらいます。 との部位も次の日には毛が出てきて触るとジョリジョリしてあまり見栄えも良くないです。

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-