黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみ対策も年齢別に対策が必要ですか?

更新日:

年齢ごとの黒ずみ対策

年齢別の黒ずみ対策

黒ずみを何とかしようとケアを試みてはみるものの、理想の白い肌にはほど遠い。多くの女性が、同じ悩みを持っているのではないでしょうか。

10代の頃は、目立たなかったVラインの黒ずみも、30代へさしかかると色濃くハッキリと露わになります。

ここに至るまでには、実はいくつもの原因が重なっていて、1つを解消できたとしても黒ずみが消えることはありません。

黒ずみは悩んでいる間も、どんどん増え続けています。目に見えて色素沈着が現れてきた時には、改善するまでにかなりの期間を要します。

20代の頃と同じケア方法で効果が現われないというなら、それは当然です。

加齢とともに体内機能も徐々に衰えていきますから、効き目が低下しても仕方がないことなのです。

年齢ごとの黒ずみ改善方法が必ずあります。

後悔しないためにも、日頃からケアを続けるべきです。

10代で陰部の黒ずみは?

陰部の黒ずみは10代であっても、作られます。日頃の何気ない習慣や動作が摩擦となってメラニンを発生させ、やがて黒ずみが現れてきます。

ですが、10代のうちから黒ずみケアは必要なのでしょうか?10代と一口に言っても、11歳と19歳では、体つきや発達具合が全く異なります。

ここで言う10代とは、15歳以上。やはり15歳くらいになると陰部の黒ずみを気にし始めるお嬢さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

陰部の黒ずみケアには、様々な種類がありますので、保護者の承諾が必要な場合もあります。

まずは、下着や衣類の締め付けを控え、汗をかいた後は股の部分を軽く拭いてあげるとよいでしょう。

10代は、代謝の働きが活発なので不要なメラニンは溜め込まず排出されることが多いです。

そのためには、規則正しい食生活、上質な睡眠を心がけてください。

20代の黒ずみは?

20代は、恋愛を機に陰部の黒ずみに悩まされることが多いです。

例えばセックスの時、陰部や乳首に黒ずみがあると、彼に汚いイメージを与えてしまわないか、女性は本気で悩みます。。

彼氏やパートナーと出会いやすいのも20代。ある程度年齢を重ねると、振り返って恋愛が一番楽しかった時期を思い出すのは「20代」と答える人が圧倒的に多いのだとか。

恋愛は体の関係を大切に育みますから、当然陰部の黒ずみで悩む人が多いのではないかと推測されます。

しかし、20代の黒ずみのケアは比較的簡単です。陰部専用の美白クリームを継続的に使用すれば、徐々に黒ずみが薄くなることが分かっています。

後悔しないためにも、まずは美白成分配合の専用クリームから始めてください。

黒ずみケアにはトラネキサム酸など、有効成分(美白)が必要です。必ず成分表示を確認し、「美白」と謳っている商品に惑わされないようにしてください。

30代や40代は意識してケアをおこないましょう

30代や40代は、一番ホルモンバランスが崩れやすい時期かもしれません。

30代にもなると、第一子を出産された経験のある女性も多いと思います。妊娠や出産は特にホルモンバランスが乱れやすく、一時的に黒ずみが増える時期です。

加齢による身体の変化も大きく、不調が続き時には自律神経をこわしてしまうおそれもあります。

この時期に黒ずみケアをすすめることは、あえてしませんが、黒ずみに気が付いたなら、陰部専用のクリームを最低4カ月は続けてみてください。

専用クリームで改善が見られない場合は、レーザー治療をおすすめします。

しかし、レーザー治療は一時的に黒ずみが解消されることはあっても、摩擦や刺激が繰り返されると再び色素沈着を起こします。

クリニックのレーザー治療は、即効性や効果、どれをとっても一番黒ずみ解消率が高いと言えます。

陰部の黒ずみを予防するためには、日頃から専用クリームでケアすることが大切です。

この時期は、まとまった睡眠とストレスを溜めないことが鉄則です。

40代50代も間に合うデリケートゾーンの黒ずみ薄くなった方いますか?

まとめ

陰部の黒ずみは、年齢別に対策を考え直していく必要があります。

陰部専用の美白クリームで改善が見られない場合は、やはりレーザー治療を受けるしか方法がないのです。

特に10代の女性は、正しい自己処理と肌の保湿をしっかり守れば、ある程度の黒ずみは抑えることができます。

毎日積極的に陰部の黒ずみケアを始めましょう。黒ずみケアは習慣化が大切です。

デリケートゾーンの環境は年齢で変わる!?知っているか聞いてみました。

10代前半からちょうど生理が始まりますよね。

女性ホルモンが増えますが、ホルモンの分泌が不安定で生理が早かったり遅かったり、おりものが増えたりします。また、汗や皮脂の分泌が増えるために雑菌やニオイが繁殖しやすい環境です。

20~30代頃は妊娠出産などの卵巣機能が活発になり整う時期なので女性ホルモンもピークに高まります。また、仕事でもストレスを持ちやすい時期ですし、生理不順なども起こりやすく、デリケートゾーンの環境もおりものが常に多く湿っている状態のことが多くムレや痒みに悩まされます。

妊娠中や産後には、ホルモンバランスも乱れカンジダ膣炎にもなりやすいです。

40代以降は逆に更年期になってくるので、女性ホルモンが減少します。そのため体調やメンタルも良くないことが多くなります。デリケートゾーンの状態も乾燥しがちで、自浄作用が弱まり、刺激に弱くかぶれることも多くなります。

環境が違えば対策も当然変わってきますよね?

みなさんはデリケートゾーンの黒ずみ対策を年齢別に意識しているか?聞いてみました。

30歳を超えたから、というよりは、妊娠出産、母乳育児の経験が大きかったように思います。悪化、というよりは必然ですかね…。 やはり、黒ずみは気になりますので、ジャムウソープという黒ずみに効くという石鹸を使用しています。
年齢に合わせたデリケートゾーンのケアが必要だと思います。 年にあったケアをしないと肌も荒れるし、肌に強すぎるケアだと肌自体がさらに黒くなったり、痒くなったりするからです。私は30歳でデリケートゾーンに米ぬかパックを使用しています。
デリケートゾーンの黒ずみ対策に年齢は関係ないのかなあと思います。デリケートゾーンの黒ずみは日々の生活習慣が原因の一つだと思うので、年齢ではなく黒ずみの度合いだと思うので、黒ずみの度合いによりケアしたら良いかなと思います。
年齢別に対策をする必要があるとおもいます。私は、40代なのですが、20代、30代の時に比べてやはり、乾燥や肌のハリが無くなってきたので、今までお風呂上がりに専用のクリームを塗っていたのですが、あまり浸透していないような気がして、ラブコスメさんのジャムウ・ハードバブルという石鹸を使って、後でクリームを塗るようにしています。
必要だとおもいます。 何故なら年齢と共にデリケートゾーンのみならず体中ハリがなくなったり、乾燥しやすくなったりするから更に黒ずみも目立ちやすくなったり、できやすくなったりすると思うからです。 しかも一度出来てしまったらお肌が元に戻るまでに若いころよりも時間もかかります。 ですので、お顔のみならず、デリケートゾーンのケアも勿論必要になってきます。
30代以降は乾燥が進み、新陳代謝が落ちるせいか、20代の時よりも黒ずみが目立っている気がします。 この間、下着を変えたりしたので、少しは食い止められた気がしますが、黒ずみは放っておいても自然に良くなることはないと実感しました。
私は現在39歳です。 やはり年々デリケートゾーンの黒ずみは気になってきました。 私の場合の原因、日頃の下着の締め付けだと思っています。 対策として、お風呂に上がったあとにデリケートゾーン専用のクリームを塗って対処しています。年齢別の対策は必要だと思います。
デリケートゾーンの黒ずみについては気になっていましたが、30代半ばで出産してからさらに悪化しました。 産後は女性ホルモンが増え、メラニン色素が増えてしまうために黒ずみやすくなるそうです。 授乳後、ビタミンCを摂取できるようなサプリを飲んでいますが、改善しているようには思えません。
デリケートゾーンにも年齢に応じたケアが必要だと思います。年をとるにつれて、肌が敏感になってきているのでケアが必要だと思うからです。私は今30歳ですが、石鹸と塗るクリームを使い分けてケアを毎日お風呂あがりにしています。

読んでもらいたい記事

349,222view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

132,770view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,912view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-黒ずみ
-