黒ずみ

陰部の黒ずみに皮膚科でトレチノインを処方されたことあります?

更新日:

陰部の黒ずみにトレチノインを処方

トレチノインを処方されるのはどんな時?

日本では主に皮膚科を中心とした医師の判断のもと処方される成分です。

トレチノインが持つターンオーバーを促進する力で、不要なメラニンを排出し黒ずみを解消することができます。

欧米では、普通に使用が許されている成分ですが、日本では認可がおりておらず、使用量に制限が設けられています。

輸入代行店で取り扱いが可能な今、使用目的や使用方法には十分注意が必要です。

皮膚科でトレチノインをすすめられたら

トレチノインは強力な成分ゆえ、個人で扱うのは危険です。

濃度の基準をしっかり把握しているクリニックで処方されたなら、肌にかかる負担を軽減できるでしょう。

しかし、陰部に使用して本当に問題はないのでしょうか?この点については賛否両論があり、効果だけを追い求めている人は、副作用を承知のうえで使用している方もいます。

特に、敏感肌やバリア機能が著しく低下した肌は、刺激が強すぎて返って黒ずみを悪化させる原因になり兼ねませんので、継続使用は注意してください。

トレチノインとハイドロキノンの併用が効果的

黒ずみに悩んでいる方なら耳にしたことはありませんか?実は、トレチノインとハイドロキノンを併用することで、黒ずみ解消効果がグンっとアップすることで知られています。

美白効果の高いハイドロキノンと肌再生力の強いトレチノインで相乗効果が期待できます。

さらに、浸透力が不十分なハイドロキノンをトレチノインが補うことで黒ずみにアプローチする力が強くなるわけです。

この2つは、皮膚科で推奨されるほど効果が高い成分なので、医師と相談のうえ使用するようにしてください。

BIHAKUENトレチノインクリームで解消

皮膚科で処方されるハイドロキノンやトレチノインは、保険適用外の場合もあるため、費用が高目です。

どうしてもトレチノインで黒ずみをキレイに解消したい方は、BIHAKUENのトレチノインクリームをおすすめします。

こちらは、主に顔を中心としたシミや黒ずみを薄くするもので、肌の古い角質を剥がしながらコラーゲンの生成を促すと評判です。

もちろん、美白効果も注目されているのですが、市販で購入できないのが難点と言えます。

多くの女性は、輸入代行店を通して購入していますので、興味のある方は一度試してみることを、おすすめします。

まとめ

BIHAKUENトレチノインクリームは、陰部専用ではありません。

肌が弱い人は皮膚がかぶれる原因になりますので控えてくださいね。

また、使用する時は自己責任のもとお願いします。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

336,496view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

130,534view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,411view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-黒ずみ
-,

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.