デリケートゾーン

カンジダ膣炎の再発時に市販の膣錠、簡単に購入出来ましたか?

更新日:

カンジダ膣炎の薬

カンジダ膣錠ネット購入の仕方

同じカンジダ症でも現れる部位によって症状や処方される薬は異なります。性器カンジダ症の場合は、症状の程度を把握するために産婦人科系の診察が必要ですから女性にとっては心身ともに負担になってしまうことがあります。

そんな時に便利なのが、今話題のネット通販です。通常、第一類医薬品に分類されるものは薬剤師による取り扱いの説明がなければ販売することはできませんが、個人輸入通販サイトを利用すれば海外製品のカンジダ膣錠治療薬も簡単に手に入れることができます。

第一類医薬品とは

新規の医薬品や副作用が起こりやすいと考えられているもの、特に使用上の注意が必要な医薬品に関しては第一類医薬品に分類されます。

第二類医薬品や第三類医薬品とは、軽い咳止めや風邪薬など比較的副作用が少なく、薬剤師に限らず登録販売者有資格者であれば取り扱うことができます。

第一類医薬品は薬剤師による説明が義務づけられているため、調剤薬局や薬局隣接のドラッグストアでのみ購入することができます。

個人輸入・カネステンクリーム

こちらは市販では購入できませんが海外通販サイトを利用することで手に入れられる治療薬です。

有効成分はクロトリマゾールを含む塗り薬が一般的です。主にカンジダ症や感染症などに効果を発揮しますので1本自宅に置いておけば痒みが頻繁に起こるカンジダ膣炎もいつでも簡単に治療することができます。

カネステンクリームに関しては過去の副作用の報告もほとんど見られないので安心して使用することができます。

個人輸入・ニゾラル

こちらは、同じくネット通販で購入することができるカンジダ膣炎や皮膚真菌、水虫などに効果を示す治療薬です。飲みやすいタブレットタイプになっており、塗り薬との併用も可能です。

真菌とは要はカビのことですから、カビが関係している皮膚疾患には強い効果を発揮すると評判の良い治療薬です。

服用から5日ほどで症状が治まるなど市販薬よりも回復が早いという口コミもちらほら。薬と体の相性もありますが手軽さで言うならネット通販は大変便利な購入方法です。

しかし難点が一つ。こちらの成分に関しては「めまい」など副作用の報告例がありますので心配な方は産婦人科系の医師による診察後、再発時に使用することをおすすめします。

まとめ
大変便利なネット通販ですが、症状には個人差があります。

痒みがひどく腫れが伴う場合は自己判断せず産婦人科系を受診するようにしてください。

カンジダ膣炎の市販薬は"第一類医薬品"って知っているか?聞いてみました。

みなさんは薬が第一類、第二類と分かれているのをご存知でしょうか?

第一類医薬品はドラッグストアでも購入出来るのですが、薬剤師が立ち会いいくつかの質問に答えなくては購入出来ません。

ドラッグストアも夜の営業時間が延びているものの薬剤師がいる時間帯のみの販売になります。しかし、この第一類医薬品ですが最近ではインターネットでも購入できるようになりましたよね。ただ、初めて購入する人にはちょっと敷居が高いかもしれません。

なので、実際に購入したことがあるみなさんに面倒な手続きや質問がなかったか?聞いてみました。参考にしてみてくださいね。

以前、ドラッグストアで購入しました。
製薬会社のホームページで問診票をプリントアウトして持っていきました。
塗り薬は商品棚に置いてありましたが、膣錠は鍵のついたレジカウンター内にあったため、薬剤師さんに直接言わなくてはならず、購入しづらかったです。
購入方法は簡単でしたが、膣錠をくださいと言わなくてはいけないので、男性の薬剤師さんだと少し気まずいです。
近所のドラッグストアで購入しました。
薬剤師さんがいるコーナーでの購入でした。薬剤師さんにいくつか質問をされました。
カンジタで病院の診察して治療したことはあるか?同じ系の薬をドラッグストアで購入して使用したことはあるか?それは2か月以内ですか?妊娠しているか?15歳以上か?ワルファリンは飲んでいるか?糖尿病か?等といったことでした。医師の診断書は必要ありませんでした。価格は3000円くらいだったと思います。渡されたのは フェミニーナ カンジタ錠でした。
妊娠時に始めて膣カンジダになりました。その時は病院からの薬で治りましたが、何かと忙しくなり病院に行くことができず、市販の薬をネットで購入しました。テレビでCMしていた名の知れた膣カンジダの薬(フェミニーナ膣カンジダ錠)です。診断書はなくても購入することができました。ネットでの購入だったので、いくつかの質問に答えましたが特に支障もなく購入できました。値段は2000円くらいだったと思います。
病院に行くのも恥ずかしいし、我慢していましたが耐えられなくなって、膣錠を購入しました。ドラッグストアで購入しましたが、女性の方がレジをされている列に並びました。薬剤師の説明は断りましたので、すんなり購入出来ました。
カンジタ膣炎は、再発しやすいため、わたしが、一度再発した際には、市販の膣錠は、なかなか手に入りませんでした。ドラッグストアでも、おいてる場所と、おいていない場所とあり、結局、さがすのも面倒にかんじ、クリニックにいきました。
近くのドラッグストアで、簡単に買うことができました。念のため事前にインターネットで、薬剤師さんがいて、調剤薬局であるかだけを調べておきました。
薬剤師さんが3種類の中から、一番価格が安いのを選んでくれました。3種類とも効能は同じとのこと。エンペシドLで、3000円ほど。診断書は必要なく簡単に購入できました。
調剤薬局も併設されているドラッグストアで買いました。調剤薬局の近くに商品があったため、薬剤師さんがレジをやっていました。処方箋は不要で自分で商品を選びレジに行くと、この商品を今まで使ったことがあるか?その時副作用はなかったか?効果があったか?を聞かれました。
ドラッグストアであればどこでも手に入ると思っていたのですが、店舗によっては置いてないところもあって困りました。(薬剤師さんがいる時間帯でなければだめだと言われたことも) 購入する際には、必要書類を記入することが求められます。インターネットで購入することもあります。
カンジダ膣炎の再発時に市販の膣錠を購入した経験がございます。
診断書は必要なく、薬剤師さんが常駐しているドラッグストアにて簡単に購入出来ました。
予め市販薬の銘柄をインターネットで複数種類調べてからショップに行き、店員さんに取り扱いの有無を確認し、薬剤師さんの説明を聞いてから購入という手順でした。
金額も予め調査済みでしたので、全て納得の上で購入出来ましたし、何より薬の種類が膣錠ということで、薬剤師さんもお気遣い下さったようで、店内での会話も小声で手短に済ませて下さったことが有難かったです。
風邪などで抗生物質を使う度にカンジダを繰り返してしまうので、自宅から近いドラッグストアで買うようになりました。最初は薬剤師さんから以前に使用した事があるか、膣錠と合わせてカンジダ用のクリームを使った方が良いなどの指示やアドバイスはありましたし、自分から使用法を質問したりしていましたが、今ではスムーズに購入出来るようになりました。恥ずかしい事では無いと分かったので仮に他のドラッグストア立ち寄っても女性の薬剤師さんが居る所なら気軽に買えます。

読んでもらいたい記事

335,359view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

130,374view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,366view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-デリケートゾーン
-,

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.