デリケートゾーン

サロンでのVIO脱毛初期、処理後チクチクする肌にどんな対策してます?

更新日:

VIO脱毛の初期

サロンでVIO脱毛した場合の痒み

VIO脱毛を開始したら、ほとんどの女性がしつこい痒みに悩まされます。これはサロンに限らずクリニックでVIO脱毛した場合も同じです。

この原因は、VIO脱毛をする前の自己処理後短い毛が再び生えてくることで起こります。
照射があてられるのは表面に出ているムダ毛の約30%に過ぎず、残りは皮膚の奥深くで眠っている休止期にあたります。

この休止期にあたるムダ毛は必ず成長しますから、短い毛が肌に突き刺さり痒みやチクチク感が発生するわけです。

フェミニーナ軟膏

女性のデリケートゾーンの痒みにはフェミニーナ軟膏が有効です。保湿をすることも大切ですが、掻きむしって炎症ぎみになってしまった肌には専用の軟膏を塗るのが一番です。

VIO脱毛で全剃りが必要なのは最初の数回程度ですが、この時期が最も痒みが起こりやすく最悪の場合、生活に支障がでてしまうほどストレスになるものです。

フェミニーナ軟膏を用意しておけば、とっさの痒みや陰部トラブルも素早く対処することができます。

ボクサーパンツにする

VIO脱毛で痒みやチクチク感が増してしまった場合は、下着も意識してみましょう。小さめのショーツや補正下着は締め付けが強く摩擦で痒みが頻繁に起こりやすくなります。

しかもVIO脱毛後は肌がいつも以上に敏感な状態ですから、ボクサーパンツのようなゴムが入っていない開放感のある下着が望ましいと言われています。

VIO脱毛後に限らず施術当日からボクサーパンツを着用していくことをおすすめします。

お風呂はNG

VIO脱毛後は、湯船に浸かることを禁止するサロンが多い中、いつもと変わらずお風呂へ入ってしまう方がいます。

特に施術当日は細菌が入りやすくなっているため感染を防ぐためにもシャワーが望ましいと言われています。

しかも、湯船に浸かると体温が上昇し乾燥が起こりやすくなると同時に痒みが発生するわけです。

お風呂上りに全身が痒くなる多くは乾燥が原因ですから、施術後はなるべくお風呂はさけ翌日から入るよう心掛けてください。

サロンの保湿剤も有効

デリケートゾーン専用の軟膏やクリームも効果はありますが、サロンで販売されている保湿剤も有効です。

実は、サロンで独自開発されているスキンケア商品も多く成分や効能を見ても一般的に販売されている保湿剤よりも効果が高いことで知られています。

サロンスタッフへ尋ねると、おそらくサロンの保湿剤を紹介されるはずなので興味があれば一度使用してみるのも良いでしょう。

まとめ
VIO脱毛の痒みやチクチク感は、専用軟膏やボクサーパンツで対処しましょう。

初期は最も痒みが強く気になる時期ですが、照射をあてていくうちに必ず痒みは治まります。

まずは簡単な対処法を試して乗り切っていきましょう。

完全に脱毛処理し終わるまで地獄!?チクチクどうしていますか?聞いてみました。

脱毛サロンでVIO処理をお願いすれば、だんだん生えるスピードも遅くなり、毛も薄くなり、最終的にはキレイに永久脱毛出来ますよね。

しかし、脱毛1回目や2回目はまだまだ毛も太く普通にそのまま生えてきます。

なので、生えていた時よりもチクチクと肌に毛が突き刺さって痒かったり、痛みを伴ったりするはずです。

そんな時に大切なのは保湿!ですが、実際にVIO脱毛体験された方はどうやってこのチクチクに対処していたのでしょうか?みなさんに聞いてみました。

私が脱毛後の毛の生えかけのチクチク感を和らげるためにした対策はワセリンを少し塗って、できるだけ薄い生地の下着を着けて蒸れと乾燥を防いでいました。後はひたすら我慢していましたが、3日もあれば慣れてきていました。
サロンで購入した当日から塗れるジェルを塗ったりして、とにかく保湿をします。あとは、ショーツに直接毛が触れているとチクチクする気がするので、ナプキンやおりものシートを使うと緩和される気がしています。それでも感じる場合は3日ほどひたすら我慢します。
私はお風呂上りに保湿クリームを塗ることで、かゆみも発生しにくいし、もし発生しても自分でかけないようにしていました。また、脱毛した後は次の脱毛までの間できるだけ長く伸ばしておいたほうがいいとのことだったので、チクチクしているのはとにかく我慢していました。
私もサロンでのVIO脱毛経験がありますが、はじめのチクチク感はとりあえず我慢します。でも、なかなか生えてこないので、数日で嫌になります。なので、出来るだけ保湿を心がけたりオリモノシートを使ったりするようにしています。
サロンで納得のいく処理を行ってもらったあと、どうしてもやってくる魔のチクチク期間には、肌に優しい化粧水をたっぷりと染み込ませたコットンを、パックのように貼り付けて対処します。
肌がかさつくと、かゆみや痛みを感じると伺ったので、なるべく乾燥させないようにするために、たっぷりと化粧水を染み込ませます。
また、あまりにもかゆみや痛みがひどい時は、パジャマなどの薄手の服を着た状態で、アイスノンや氷などを当てて、肌を冷やすことで落ち着かせています。
アンダーヘアの永久脱毛
アンダーヘアの永久脱毛で失敗しないために!サロンとクリニックの違い

アンダーヘアの永久脱毛を経験した方には失敗してしまった方もみえます。失敗しないためにはどうしたらいいのか、実際に脱毛を経験された方の声を聞いて施術前の参考にして頂けたらなと思います。

脱毛サロンで処理後チクチクとした毛が生えてきたら下着との摩擦でかゆくなるので、どうしてもまたすぐ剃ってしまってチクチクしてきて…の繰り返しです。剃ると乾燥気味になるので保湿するためVラインのみ保湿液や保湿クリームを塗るようにしています。
脱毛サロンで、VIOの処理をしましたが、処理をするときに、そった毛がはえてきて、下着にあたると、ちくちくして、かゆくなりました。なるべく、毛をやわらかくさせるように、リンスをつけたり、また、かゆくならないよう、皮膚科の薬をぬりました。
まずは保湿をしっかり行うようにしています。毎日ボディクリームを全身に塗っているため、同じものを脱毛した箇所にも塗ります。それでもチクチクした場合、冷すと良いと脱毛スタッフの方に聞いたので実践しています。冷えすぎないように保冷剤をタオルで巻いて、チクチクする部位にあてるとかゆみがおさまります。
私はサロンでのVIO脱毛後、短くチクチクした毛が痒いときはなるべく保湿するように心がけていました。もともと乾燥肌なのもありますが、保湿することで痒みが軽減されていました。ちなみにわたしはニベアの青い缶を使っていましたが、しっとりしていてよかったです。
かゆいものはかゆい!と我慢せずに掻いてしまいます。初めは保冷剤を使って少し冷やしたり、気にならないように生理用ナプキンをつけて掻かないようにガードしたりしましたが、私の場合、掻いて血が滲むようなこともなかったですし、そんなに激しく掻かなければいいか、と今では我慢せずにかゆいときには掻きます。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-デリケートゾーン
-, ,