トラブル

デリケートゾーンの病気どんなものになったことがありますか?症状は?

更新日:

デリケートゾーンの病気

デリケートゾーンの病気に気がつく時

性病に限らず、デリケートゾーンに痒みやできものが現れると生活に支障がでるため早期の治療が大切です。

汗をかきやすく蒸れやすい夏場は特に要注意。普通に過ごしているだけで下着の中の湿度が高くなり細菌が繁殖しやすくなります。

また、プールや海水浴も塩素などの刺激物が膣内へ入り込みデリケートゾーンがいつも以上に敏感になったり痒みがましたり異常が現れます。

かぶれ悪化

下着の摩擦や締め付け、長時間同じ態勢で座り込んでいるとデリケートゾーンの内部が圧迫されて痒みやかぶれが生じることがあります。

デリケートゾーンのかぶれの場合は、下着を細目に交換して軟膏を塗ることで患部が安定していきますが、湿疹や腫れが現れて症状が長引く時はかぶれであっても治療が必要です。

また、性病から起こる痒みやかぶれの場合は、デリケートゾーン専用の軟膏では完治しません。性病ではないカンジダ膣炎も軟膏で症状が治まる場合もあれば状態によっては症状が安定せず悪化するケースもあるため、様子をみながら婦人科系を受診する必要があります。

悪臭から気付く

痒みよりもニオイが急激に変化して悪臭化した場合は注意が必要です。痒みは掻きむしることで痒みや痛みが増してしまう場合があるので患部を冷やしたり軟膏を塗ったり対処する方法があります。

しかし、普通に過ごしているにも関わらずニオイを強く感じた場合は子宮内部の病気や性病が潜んでいるケースが多いのです。
どちらにせよ、放置しているとどんどん悪化し重症化すると手術や不妊症の原因にもなります。

デリケートゾーンのニオイで異常を感じた場合は婦人科系を必ず受診するようにしてください。

おりものの異常

女性の体を正常に保つためにはおりものの分泌が必要です。子どもの頃は気にならなくても月経が始まるとホルモンバランスの乱れや体調によっておりものの分泌量は変化します。

さらっとしたおりものや粘り気があっても一時的なおりものなら問題はないのですが、血が混じっている時や膿状のもの、チーズのようにポロポロしている場合は危険です。

これらは、子宮の病気や性病に多く見られる症状なので市販薬では完治することはありません。呑気に市販薬で対処していると取り返しのつかないことになるので迷わず婦人科系を受診しましょう。

おりものから異臭がする場合も同じ。痒みやニオイを我慢する前に正しい治療を開始してください。

デリケートゾーンの病気

デリケートゾーンに強い痒みや何らかの異常が現れてきた時は、子宮の病気や感染症が隠れている場合があります。

一時的な痒みには洗浄や軟膏で対処できますが痒みが何日も改善されない場合は婦人科系を受診する必要があります。

頻繁に痒みが生じる方は要注意。性病は慢性化する疾患なので繰り返されます。ここでは子宮関連の病気ではなく代表的な性病について紹介します。興味のある方は下記を参考にチェックしてください。

トリコモナス

膣炎の原因の10%前後を占めるトリコモナス膣炎。主な感染の原因は性行為ですが、不特定多数の人が集まる水場からも感染することがあります。ですから、子どもでも感染する可能性があるというわけです。
予防としては、水場での感染力は強いですが乾燥に弱いので、タオルやトイレの便座シートなどはしっかりと乾燥させると良いでしょう。
主な症状は、外陰部に強い痒みが出ます。また、おりものが黄色くなったり量が増えたり、時には泡状になり異臭を放つことがあります。

淋病

感染の多くは性行為で、性行為以外での感染はほとんどないです。子宮頚管炎を発症し、陰部やおりものから強い臭いが出ます。また、治療をせず進行すると、卵管炎や腹膜炎となるので気になる症状が出たら婦人科を受診しましょう。
予防法としてはピルなどの内服薬ではなくコンドームを使用するのが一番です。

クラミジア

日本で最も多く、年間24000人~25000人が感染している性感染症です。特に若い世代の感染が多く、1012年の調査で女子高生の13.1%が感染していることが判明しています。
感染の原因としては性行為以外の感染はないと言われています。なので、コンドームを使用ることで感染の可能性を大きく低下させることができます。
8割の女性が感染していても症状が出ない場合があります。ですが、放置してしまうと不妊症や腹膜炎になるリスクが高くなります。
下腹部や性行為時の痛み、おりものの異常がある場合には婦人科系を受診し適切な治療を受けましょう。

カンジダ

膣炎の20%~25%がカンジダ原因と言われています。
カンジダとは膣内や空気中にあるカビです。疲労やストレスなどで免疫力が低下して感染し発症します。
症状は陰部の痒みが強くおりものの形状が酒粕やチーズのようになります。また陰部の痒みがひどくなるとヒリヒリした痛みを感じるようになります。
生理中の人やピルを服用している人、糖尿病の人は特に感染のリスクが高くなるので気を付けてください。

まとめ

性病はデリケートゾーン専用の軟膏では完治しません。必ず婦人科系を受診し医師の適切な判断のもと治療を開始してください。

デリケートゾーンの病気に気付いたのはいつでしたか?聞いてみました。

デリケートゾーンの病気って、パートナーとの行為がないと起こらないと思っている方もいますが、一概にそうともいえません。

例えば「カンジダ膣炎」は一度なると何度も再発しやすいですし、ストレスやホルモンバランスの乱れで起こるので女性にとっては起こりやすい病気と言えます。

他には性病と言われるトリコモナス膣炎や細菌性膣炎、クラミジアなどがよく聞く病気ですよね。

これらはおりものの異常で気づくことが多いですが、初めてなった場合は中々気づきにくいですし、デリケートゾーンの悩みなので「あれ?変だな。」とは感じていても人に相談することも出来ないことも多いです。

早めに検査や治療をした方がよいのですが、どれくらいの症状の時に病気に気づいたのか?みなさんに聞いてみました。

 

カンジダになりました。とにかく物凄く痒くて、何なのか分からず、シャワーで何度も何度も洗いましたが痒みが消えず、ネットで調べる・・・という時代ではなかったので、3日位一人でとても悩んでましたが、友達に相談したところ、カンジダではないか?と言われ、薬局に行って市販のカンジダの塗り薬をカウンターで聞いて買い使用したところ、わりとすぐに収まりました。

デリケートゾーンが乾癬になったと気づいたのは、30代前半になってからでした。最初はイボが出来て腫れたのかな?という微かなこすれだと思っていたのですが、一日経過する事に、まるでそこが心臓かのようにじんじんと痛み出しました。病院へ行ったのは、症状が出てから3日後くらいです。

カンジダになりました。 第二子を出産し、2ヶ月経つとデリケートゾーンが痒くなり1日様子を見ましたが痒みが治まらないため翌日産婦人科に行きました。 ストレスやホルモンバランスによるものということで膣洗浄をおこない薬を入れてもらいました。その1週間後にまた膣洗浄をして治療はおわりました。 家では薬を2本もらい、痒みのある部分に薬を塗ると2~3日もすれば痒みはおさまりました。

トイレでおりものの量が多くて緑色であることに気づきました。いつもと違って臭いですし痒いんです。変だなと不安になりました。まるで生理痛のように鈍い痛みを下腹部に感じるようになり、怖くなって翌日病院へ行きました。診断の結果クラミジアだと言われたのですが、思い当たることがあったのでショックでしたが納得できました。病院へ行き薬を飲み一週間ぐらいで治りました。

20代の頃で仕事が多忙を極めていました。ある日デリケートゾーンに強烈な痒みが発生しました。心配ではあるものの、場所が場所なので2日ほど放置しましたがどうにも我慢ができず婦人科へ受診をしに行きました。そこでの診察結果はカンジダ膣炎と言われました。投薬すると痒みもおりものも次の日には治まりました。とても恥ずかしい思いをしたのを覚えています。

「ナプキンかぶれ」という、よくなる人の多いけれど放っておくとかなり厄介な病気になりました。2年前の夏、いつも使っているものと違うナプキンに変えたらデリケートゾーンが真っ赤にかぶれ、さらにそこに下着が擦れて悪化しました。かぶれてデリケートゾーンが過敏になってしまい、そこに下着が擦れて、膣に傷までついてしまいました。そこからは少し良くなっても排便の際いきんだり、パートナーとの行為の時に傷がぱっくり開いてしまい、治っては切れ、治っては切れを1年繰り返しました。すぐ病院いきデリケートゾーン専用の軟膏をもらってぬりつづけたものの、治療に1年ほど要しました。その間軟膏意外に肌に優しい布ナプキンに変えるなどの工夫もし、やっと緩和してきたところです。たかがナプキンかぶれと甘く見てはいけないと感じさせられる経験でした。

膣カンジタになりました。急にさらさらしたおりものが増えて痒みが出て来たのですぐに異変を感じました。1週間程様子を見ましたが、症状がおさまらなかったために2週間後に病院に行き飲み薬と塗り薬が処方になりました。

クラミジアになりました。パートナーとの行為の時に彼の陰部から膿のようなものが出ていたような気がしましたが、特に気にせずしてしまいました。そのあと、1週間くらいしてかゆみがひどくて耐えられなくなったので病院にかかったところ、発覚しました。

つい最近夫婦共々クラミジアにかかってしまい、現在治療中です。排卵障害の為不妊検査を行った際に発覚しました。確か1年前の定期検査では陰性でしたので、その後感染したのですが、旦那も私も浮気などしていないので、感染経路はよくわかりません。自覚症状は全くと言っていいほどなかったです。気付かないと不妊につながる怖い病気なので、定期健診が必要だと思いました。

なんかかゆいなーから始まり、ポロポロした白いおりものが出たのですぐに病院に行きました。検査結果はカンジダでした。膣の中に座薬のようなものを入れてもらい、塗り薬をいただいて終わりました。それから毎日薬を塗ったら1週間ほどで落ち着きました。

が出産の時とても不

読んでもらいたい記事

335,358view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

130,374view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,366view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-トラブル
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.