ネイル

甘皮を処理する方法

更新日:

 

甘皮の処理

ネイルケアやプレパレーションの中で頻繁に出てくる「甘皮」と言う言葉。

甘皮処理が大切!とよく聞きますが、甘皮ってどの部分なのか?そして、具体的にどんな風に処理をすればよいのか?

今回はご紹介します。

甘皮って何?

甘皮は爪の根元付近。つまり爪の生え際の薄い皮のことを言います。

では、ネイルをする際にそこをすべて処理すればいいの?と思いますが、すべてを切ってしまうわけではないんです。

基本的に甘皮はカットしてしまうのではなく、プッシャーで押し上げるだけで良いです。

甘皮を押し上げた後に出てくる「ルーズスキン」と呼ばれるものをきれいに取りましょう。

甘皮を処理する目的は?

塗りやすい

甘皮がないとジェルやマニキュアなどを爪に塗りやすくなります。

浮きにくい

ジェルネイルが長持ちしないという方はもしかするとこの処理が疎かなせいかもしれません。爪にあるルーズスキンは爪とジェルの間に隙間を作り、浮きの原因になってしまいます。

綺麗に見える

爪が長く見えるし、甘皮処理しているとネイルが爪の根元ギリギリまで塗れて綺麗に見えます。

十分に保湿される

キューティクルオイルなどで爪を保湿する際には、甘皮を処理していた方が保湿力も上がります。

甘皮を処理するときの道具は?

キューティクルリムーバー

硬くなった角質や甘皮を柔らかくしてくれます。液体のタイプとクリームタイプとがあります。メーカーによって多少使い方が違います。

プッシャー

甘皮を処理するときに使用するヤスリです。

ニッパー

甘皮が万が一伸びていた場合に切るための道具。切れ味の良いものにしましょう。

ガーゼ

水を含ませて、最後に拭き取る時に使用します。

甘皮処理の手順

① キューティクルリムーバーで甘皮を柔らかくする。

※キューティクルリムーバーがない場合はお風呂の後など皮が柔らかくなった時やハンドクリームで代用可です。ただし、ネイルをする時に油分が残ってしまう場合もあるので気を付けましょう。

② プッシャー(ウッドスティックや綿棒でも代用可)に水をつけて甘皮を押し上げます。

プッシャーは爪表面に対して45度の角度でクルクル優しく押し上げるのがコツです。

③ 甘皮を押し上げたら、残ったルーズスキンをガーゼで甘皮をニッパーで取り除きましょう。

※ルーズスキンとは、爪にへばりつき残った白い角質のようなものです。

④爪がキレイになれば完了。

甘皮は処理しすぎては駄目!

甘皮というよりもルーズスキンをキレイに取ればよいと説明しましたが、甘皮は切りすぎて出血するとジェルアレルギーのリスクが高まってしまうので気を付けましょうね。

頻度としては月に1~2回程度処理すればよいですよ。

セルフジェルネイルのやり方の全て!スタートガイド!

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-ネイル
-,