ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決!

アンダーヘア

陰毛の辺りが痛い時はどうしていますか?

更新日:

痛い

陰毛の辺りが痛い時について

陰毛付近に痛みが生じていても、場所が場所だけになかなか他人に相談できませんよね。

原因不明の場合は色々な薬やクリームを自己判断で使用して、かえって悪化してしまうこともあります。

急に痛みが強くなってきたら、痛みの原因は何か、どのように対処すればいいのか、直ぐに知りたい気になる点がたくさん出てくると思います。

こちらではデリケートゾーンの人には言いづらい痛みについて、項目ごとにまとめてありますので是非参考にしてみてください。

陰毛の辺りの痛み、考えられる原因は?

原因が分かれば改善方法も見つけやすいので、まずはどのような症状が出ているのか詳しく調べましょう。

痛みや痒みとともに肌荒れや腹痛なども生じていたら、生理前後の影響が考えられます。

生理期間やその付近は、ホルモンバランスの関係で肌が敏感になりがちです。特に身体の中で最もデリケートだと言われている陰毛の辺りは、生理の影響を強く受けやすいと言われています。

次に、陰毛の質や毛の生えている方向が原因として考えられます。

毛が固く尖っている性質の方は特に、陰毛付近に痛みを感じやすい傾向にあります。

アンダーヘアの自己処理によっても毛先の質が変わりますので、正しいケア方法でお手入れすればある程度は防ぐことが可能です。

誤った毛の処理によって痛みが起こるとすれば、剃刀で切り傷を作ってしまった場合や剃刀負けした肌をそのまま放置していた場合も危険です。

お手入れ後は乾燥しがちなので、小さな傷を悪化させないよう丁寧に保湿する必要があります。

また知らない間に“毛嚢炎”になっている可能性もあります。アンダーヘアを処理した時に雑菌が入り込むと、この病気を発症してしまいます。

毛嚢炎の場合陰毛付近の皮膚が盛り上がってブツブツとニキビのようなものができるので、見た目の変化にも早く気づけるようにしておきましょう。

他にも性行為の際に感染する“外陰潰瘍”や腫れや発熱を伴う“バルトリン腺炎”など病気の疑いもありますので、痛みが出たら放置せずに必要に応じて病院を受診すると安心ですよ。

アンダーヘアの毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

毛嚢炎によるトラブルを防ぐ方法 アンダーヘアを自己処理で整えていくうちに、毛嚢炎[モウノウエン](毛 ...

続きを見る

陰毛辺りに痛みが出たら、どのように対処すればいいの?

原因ごとに改善法が変わりますので、正しい判断のもとで対処していきましょうね。

まず、原因が生理中、もしくは生理の前後である場合です。

このような場合は、市販の痛み止めである程度対処することができます。どうしても陰毛がチクチクして気になる場合は、生理期間が来る前に頃合を見計らってアンダーヘアを整えておくといいでしょう。

因みに生理期間中に自己処理をするのはリスクが大きいので、極力控えておくべきです。

陰毛自体の問題であれば、ヒートカッターを使用して毛先を丸くし、シェーバーで毛量を少なくすることをオススメいたします。

毛が濃く太い、また硬い、といった方は光脱毛器も併用すると、より毛の質が柔らかくなって肌に当たっても痛くない陰毛が作れますよ。

また自己処理後は保湿クリームを必ず塗布して、乾燥を防ぐようにしてくださいね。

既に肌荒れにより痛みが酷くなっていたら、軟膏を塗るという方法もあります。ステロイド系の薬は人によっては肌に合わないこともありますので、医師に相談してから塗布することでトラブルを回避できます。

病気を防ぐためには、デリケートゾーンを常に清潔に保つことが最重要です。
ストレスや寝不足も少なからず痛みに影響を及ぼしますので、生活リズムを整えることも忘れないでください。

普段からできることとしては、下着を履く前に陰毛の流れを整えることが有効です。陰毛に肌を刺激するようなクセが付いてしまうとなかなか治らないので、常に流れを意識しながらゆったりとした下着を着用するように心掛けましょう。

剛毛でお悩みの方は、陰毛のトリートメントを使うのも効果的です。

何か薬剤や機器を使用する際には、必ずアンダーヘアに使用できるか確かめた上で使うようにしてくださいね。

アンダーヘア革命セット

陰毛の辺りが痛い!病院に行く基準は?

病院を受診するとなりますと、皮膚科か婦人科が選択肢に挙げられます。

しかし皆さん、できるだけ病院にはお世話になりたくないものです。

病院を受診する判断基準としては、痛みだけではなくブツブツができているか、熱はないか、潰瘍や水泡のような大きな炎症が出ているか、などがあります。

程度によっては抗生物質が必要なこともありますので、迷ったらまずは専門の医師に診てもらいましょう。

外用薬を使う際に注意すべきことは?

デリケートな部分なので、痛みを抑えるための外用薬が強く反応してしまい状態が悪化することも少なくありません。

用法・用量を守って使うことはもちろんのことですが、通気性の良い下着を選んでおりものシートを頻繁に替えるなどすると雑菌が繁殖しにくいです。

最初に塗布するときにはまず薄く伸ばすようにして、腫れが出ないことを確認したら徐々に付ける量を多くすると薬の副作用を軽減できますよ。

最後に~

陰毛は処理次第で枝毛ができてしまうこともあり、お手入れが非常に難しい部分です。

特にVラインの毛は絡まりやすいので、短く整えて衛生的なデリケートゾーンをキープすることが痛み解消の秘訣ですよ。

長さ
アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

続きを見る

アンダーヘア革命セット

陰毛の辺りが痛い時はどうしているのか聞いてみました。

身体ってとてもデリケートでお手入れ次第ではつらい思いをすることもありますよね。

特にデリケートゾーンに痛みが生じてしまったら、触るわけにもいかないしモジモジしたらトイレを我慢しているようにも見えて周りから変な目で見られてしまうかもしれません。

そんなのってやっぱり嫌で、なんとかしたいですよね。

そこで今回は「陰毛のあたりが痛いときはどうしていますか?」というテーマでみなさんからお話を聞いてみました。

どんな時に痛くなってしまうのかということも詳しくお話ししてくれているので、皆さんが気を付けるきっかけになるかなと思います!

今痛みにお悩みの方はどんな方法がいいのか、自分にあった方法を見つけてみてください!

陰毛を剃った時などに、しっかりクリームなどをつけていなかったりして乾燥してしまっているままにしていると痛くなることがあります。ほかの箇所とおなじくまずは冷やして赤みをとったり、冷やすことで麻痺させて痛みが和らぐのかをためしてみます。
それでもだめな場合はヒルドイドの保湿クリームをうすくぬって乾くまでそのままにしていたりしています。
脱毛をしていなく、カミソリで処理しているのでたまにカミソリ負けでヒリヒリ痛くなる事があります。
そーゆー時は基本的には家では締め付ける下着はつけず、デリケートゾーンのかゆみや炎症に効くとされている市販の薬のフェミニーナ軟膏やオロナイン等を塗っています。
オロナインは効くのがわかりませんが擦れると痛いのでその防止になっているのかもしれません
私は全て剃っているので、少し伸びはじめた頃に下着の繊維に毛が引っかかり痛痒くなる事があります。
その時は再び剃るか我慢します。
剃る場合は肌をケアするためにボディクリームを塗ります。
剃っていない時もなるべくボディクリームを塗るようにしています。
ボディクリームだけじゃ痛みが治まらない場合は医者から処方される塗り薬を塗っています。
私は剛毛が悩みで、アンダーヘアをカミソリで剃っています。
でもデリケートゾーンはデリケートというだけあって、少しのことでも皮膚を傷つけてしまいます。
以前処理中に皮膚を傷つけてしまって、痛い思いをしたことがありました。毛が多いところなので絆創膏を貼るわけにはいかなかったので放置するしかありませんでした。
ある程度傷が引いて来たら軟膏を塗ってカバーするようにしていました。
軟膏が下着について気持ち悪いのでオリモノシートを使うようにしていました。
~陰毛の痛い部分についての原因と対処法~
痛みを起こす主な疾患
<外陰潰瘍(がいいんかいよう)>
激しい痛みが起こり、外陰部に炎症性の潰瘍ができます。原因はさまざまで、性器ヘルペスや梅毒など、性行為の際に感染する疾患が原因となります。そのため、何が原因で潰瘍ができてしまっているのかを調べる必要があります。痛みを感じないものもあれば、かゆみや痛みを感じる場合もあります。医療機関で診てもらうようにしましょう。
<バルトリン腺炎>
陰口の左右にあるバルトリン腺に細菌が侵入することで炎症が起こります。はじめは気づかず、腫れてからの違和感や痛みをともなうようになってから気づく場合があります。また、発熱することもあります。基本的には抗生物質の服用で治療しますが、再発することも多く、場合によっては切開する必要があります。
陰部の痛みの対処法
これらの気になる症状が起こったら、早めに専門医に相談しましょう。抗生物質や抗ウイルス薬の服用が主な治療法となります。また、患部に外用薬を塗るといった方法をとる場合もあります。
かゆみが気になる場合でも、できるだけかかず、刺激を与えないようにしましょう。ヘルペスのように水泡が破れて、痛みが起こったり、炎症が激しくなってしまうことがあります。
一番早いのは診察してもらうという事です。
痛みが気になる方は近くの病院で観てもらう事です!
柔らかく
陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

アンダーヘアを柔らかくしてふわふわに保つ方法 デリケートゾーンの毛は髪の毛よりも縮れていて硬いので、 ...

続きを見る

アンダーヘアーの処理をして数日後に痛いときがあります。毛穴あたりが赤くなることもあります。そういう時はしっとり系のクリームを塗ることです。肌荒れ程度であれば治ります。明らかにかゆみもあったりする場合は軟膏をぬりこみます。そうすることで痛みは解消していきます。もう一つはあまりピタッとするパンツの使用は控えることです。ゆるっとしたもの使用します。
私の体験談をお話し致します。陰毛のところが痛いという方がいらっしゃると思いますが、私の場合は、ボディクリームなどを塗って痛みを和らげていました。ボディクリームでしたら、保湿効果などもあって痛みを少なくしてくれます。また、アロエクリームなども効きます。治療用としても使えるクリームなので痛みもひきますし、腫れもひいてくれるので試してみてください。
痛さにもいろいろとありますが、剃毛をしてしまった後生えてきたときはとてもチクチクして痛いので、一度剃ってしまうとほぼ毎日剃毛するはめになります。
剃毛ではなく、毛の方向が変な風になっている時に痛い感覚もあります。
髪の毛をずっと結んでいると痛くなる感じに似ている気がします。
そんな時はおさまるまで放置です。
陰部の痛みの原因はさまざまなので、その原因を突きとめる事が大事です。
私はある時ふと陰部にすこし痛みを感じるなという不快感から始まり、日に日に痛みが増してトイレに行くのも憂鬱な程でした。
病院に行ける日までの間は、少しでも痛みを取るためにこまめに陰部を洗いワセリンなどのクリームを薄く塗っていました。そうすると少し痛みが和らいだのです。
その後、病院でみてもらうと、外陰部に炎症性の潰瘍ができていました。原因は下着と肌の摩擦であったり、しっかりと洗わず不清潔だったりストレス、寝不足など様々な要因でなるそうです。
痛みが出てしまったら、まず自分の目で陰部の状態を確認する事が大切です。そこで炎症がないか水泡が出来ていないかを確認しましょう。
そして、下着も清潔な物を使いこまめに陰部を洗い蒸れないようにした方が良いです。
病院にも即予約をし、診察してもらい、症状に合った薬をもらったほうが良いです。
私の場合は病院で塗り薬をもらい3.4日で痛みはなくなりました。
陰毛のところが痛いときは、いったん放置しますが、あまりにも痛いときは、ボディクリームを塗ります。低刺激のボディクリームであれば問題ありません。また、夜に特に痛くなるときは、夜にボディクリームを塗り、朝シャワーで流せば日常生活にも問題はありません。あとは、まれに痛みの原因を探して病院に行く時もあります。
陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」まとめてみました

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました! 陰毛について ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

クリームとローションを使ってエステ並みの脱毛が出来る。

肌に優しい脱毛クリームなら「パイナップル豆乳クリーム」

脱毛 除毛

パイナップル豆乳クリームは肌に優しくムダ毛を取り除きます。

エステに通わなくてもスベスベの肌を手に入れる事ができますよ。

パイナップル豆乳ローションと組み合わせることによって除毛頻度も減っていきお手入れも楽になります。

エステに通わなくてもスベスベな肌に「パイナップル豆乳ローション」

親子向けの訴求

刺激が無い化粧水系の除毛ローションです。
全身に使えて、IラインやOラインにも使用できます。
即効性はないですが、パイナップル豆乳クリームと組み合わせて使うことにより素早くスベスベな肌になります。

使い続けるほど、除毛頻度が減ってエステに通うようなスベスベな肌になるので。「いざ」という時のために早めにお使いされることをオススメしています。

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.