トラブル

アンダーヘアの逆剃りが埋没毛を増やす!って知ってましたか?

更新日:

埋没毛の原因

埋没毛になるのはなぜ?

アンダーヘアを簡単に処理する方法として、カミソリを使用する女性は多いはず。脱毛機器を使用する場合も、予めカミソリで整えると脱毛がスムーズになります。

手軽なカミソリですが、逆剃りによる埋没毛には注意しなければいけません。埋没毛とは毛が成長しているにもかかわらず、埋まった状態のこと。

毛が生えている方向から逆に剃ることで毛の剃り残しを減らすことができます。しかし、数日後に処理痕を見ると、黒いゴマのようなㇷプツプツが表面に現れて黒ずんで見えることがあります。

これが逆剃りによる埋没毛です。逆剃りは皮膚が荒れるだけでなく、毛穴の中で炎症を起こしやすくなるため、やがて毛嚢炎(もうのうえん)になる可能性さえ考えられます。

※毛嚢炎とは毛穴にウイルスが入り込み皮膚に悪さをする感染症です。

赤いプツプツが現われて、痒みや痛みを伴うのが特徴です。陰部に発症する例もあります。

カミソリは順剃り

カミソリは、根元から毛先へ毛が生えている方向に沿って剃るのが基本になります。毛の流れに沿って剃ると断面がキレイに剃れて、皮膚のダメージも最小限におさえることができます。

この場合は、お風呂上りや蒸しタオルで陰部が温まっている状態にするのがベスト。毛穴を開いてあげると毛を引っ張る痛みや、毛の絡まりが少なくなります。

また、陰毛の量が多い人は短めにカットするとカミソリの刃が根元部分にあたりやすくなります。カミソリを使用する時は、毛の量や流れに沿って使用するようにしてください。

陰毛を逆剃りすると汚肌になる

カミソリに限らず、電気シェーバーを使用した場合も毛の流れに沿って剃るのが基本です。逆剃りをすると、毛を引っ張る力が強くなり皮膚が盛り上がって傷つける可能性も高くなります。

逆剃りした場合に見られる肌トラブルは以下の4つ。カミソリを習慣的に使用している人は、使用方法を見直すか、肌に負担がかからない電気シェーバーを使用すると良いでしょう。

  • 埋没毛になる
  • 埋まった毛が黒いポツポツに見える
  • 毛嚢炎(もうのうえん)になりやすい
  • 黒ずみ

毛穴の中で炎症を起こした肌はしだいにカサブタができます。カサブタで蓋をされた状態では毛が外へ出ることができないため、埋没毛になってしまいます。

そうすると皮膚の表面に黒いポツポツが目立ち始め、汚肌に見えてしまいます。

まとめ

アンダーヘアの逆剃りはおすすめしませんが、剃り残しが少なくキレイに剃れることは事実です。

どうしても逆剃りをする場合は、専用ジェルを使用してなるべく皮膚に負担をかけないようにしましょう。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

349,220view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

132,770view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,912view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-トラブル
-