トラブル

デリケートゾーンの臭いが気になる方、ショーツの種類気にしてます?

更新日:

スポーツショーツの女性

ショーツを選ばないニオイ対策!

デリケートゾーンの臭い対策として、石鹸やスプレーを使用している女性は多いと思います。

この臭いというのは雑菌が繁殖することで発生しますが、悪臭化させる原因の一つにショーツの素材が挙げられます。

ですが、下着はデザイン重視で購入する人が多いですから、臭いが気になったとしても素材を意識する女性は少ないようです。

そんな時にぜひ使用してほしいのが、パンティライナーです。どんなショーツもパンティライナーを細目に交換することで一時的に臭いを抑えることができます。

デリケートゾーンの臭いが強い人は、ショーツの素材を確認した上で購入すると良いでしょう。

ショーツの素材にこだわる

お店には可愛い下着がズラリ。色や形など自分好みのショーツを購入したいところですが、ここはグッと堪えましょう。

デリケートゾーンの臭いを抑えるためには、ショーツの素材選びも重要です。これは生地の質による、蒸れ・ニオイが絡みつくのを避けるためです。

日常のちょっとした工夫で、不快なデリケートゾーンの臭いを軽減することができます。

快適に過ごせる素材

綿/麻/シルク

この3つは汗を吸収して放散する素材なので、ニオイが発生してもそこまで強く感じません。

時間が経つとニオイは発生しますが、着替えをすることでデリケートゾーンの臭いを抑えることが可能です。

悪臭化する素材

ナイロン/ポリエステル/アクリル

これらはデリケートゾーンの臭いに限らず、ワキガ体質の人達も避ける素材です。通称サテン生地と呼ばれるツルツルした衣類は、汗や分泌物を吸収せず繊維の表面に残りやすい特徴があります。

綿素材と比べてわかるように、臭いの強さが倍増します。ワキガ体質の人は陰部臭が強い傾向があるので、一度試してみると違いがハッキリ分かるはずです。

締め付ける衣類に注意!

窮屈なショーツやストッキングは、より一層蒸れやすい陰部環境を作ります。臭いケアや衣類の素材に気を付けていても、陰部が蒸れてしまえば雑菌が臭いへと変化します。

加えて、補正下着も窮屈で蒸れやすい素材が多いですから、臭いの発生源になります。通気性が良い服装といえばスカートです。

解放感があるので逆にニオイが外へ漏れてしまうのではないか?と不安の声もありますが、スカートには仕切りがなくズボンのような締め付けがありません。

スカートは蒸れが少なく痒みやかぶれ、臭いを軽減します。

まとめ

デリケートゾーンの臭いが気になる人は、通気性の良い下着や衣類を身につけましょう。

隙間や解放感を与えてあげると陰部の蒸れを防ぎ臭い対策になります。参考までにどうぞ。

アンダーヘアの処理をすると臭いは解消しますか?

デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

臭い対策にショーツの種類を気にしているか聞いてみました。

みなさんは、普段デリケートゾーンのニオイは気にしていますか?

また、気にしている女性は日頃どの様にそのニオイを撃退・対処しているのでしょうか…

デリケートゾーンのニオイって、女性の永遠の悩みですよね!

ホルモンの関係や形など、女性の身体の造りによりどうしてもニオイがしてしまうものです。

そんなデリケートゾーンのニオイではありますが、ショーツの種類によってニオイを抑える事が出来ると言う話を聞いた事があります。

綿やコットンなど素材を変えるだけで、本当にデリケートゾーンのニオイに効果的なのでしょうか?

あのニオイを少しでも抑えられるのならば、是非お試ししたいと思いませんか?

そこで、今回みなさんには実際に『デリケートゾーンの臭いが気になる方、ショーツの種類気にしてます?』と言う質問をしてみました。

気にしていないでしす。 臭いより、最近のショーツは股上が浅いのでパンツやスカートを履いた時に、どんどん下がっていかないか、しゃがんだ時に見えないか、という方を気にしています。 デリケートゾーンの臭いは気になりますが、生理以外でおりもの用ナプキンは毎日使っている。 それがちょっと、汚くなった時は1日何回か取り替えているのでショーツ自体は全く気にしていません。
私の生理ウィークは常に体温が高めです。そのためデリケートゾーンが汗をかいたり、蒸れたりして痒みを伴うことがあります。その他にも蒸れることによって臭い始めることもあって、できるだけ綿タイプの通気性のいいショーツを選びます。昔と比べていま販売されている生理ショーツも悪くないと思います。しっかりした生地で、ハイウエストのデザインはナプキンがズレる心配を和らげてくれます。
ショーツの種類はあんまり気にしていませんが、おへそまでくる暖かいものが多いです。冷やすと臭うような気がするので。 そして収納するときに、ポプリを一緒に入れておいたりします。花の香りがショーツに移って、臭いが気にならないように。 それと、クロッチ部分が厚いのを履いています。股の部分が薄いと臭いが外に漏れるような気がするので。
基本的に、肌に直接つけるショーツは天然素材を選ぶようにしています。 デザインや色、ブラジャーとセットになっているものだと合成繊維(人工繊維)の物が多く、洗濯などの手入れは簡単で値段も比較的安いですが通気性は悪いと思います。 コットンや麻が入ったショーツ(もしくは100%の物)は肌触りも良く、温かいので気に入ってます。値段が高いけど、30代以上になったら、そういうこだわりの方が女が長持ちする気がします。
デリケートゾーンの臭いが少し気になるため、ショーツの種類には気を使って選んでおります。 まず、素材は、できるだけ綿を使用したもの(混紡の場合には綿の含有率がなるべく高いもの)を選ぶように心がけています。 そして、デザインやサイズの面では、あまり締め付けやこすれが生じないような形や大きさを選ぶようにしています。
ハサミ
ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

ハサミを使ったアンダーヘアの処理について アンダーヘアを処理するにあたり、最も低コストで意外と難易度が高い方法がハサミを ...

デリケートゾーンの臭いが気になるので、ショーツは大きめで綿の素材でできているものを着用することが多いです。下半身をしっかり覆ってくれて、汗も吸ってくれるので、いつもの小さなつるつるしたショーツよりも、においが軽減されるような気がしています。綿はあまり可愛いものがありませんが、デリケートゾーンのにおいが気になるときにはぴったりです。
ショーツの生地は重要と思います。一般的には、通気性の良さから綿がいいとは言われているようです。ツルツルの素材のショーツは確かにムレやすいと思います。私はショーツはTバックを履くことが多いです。布の面積が必要最低限なので、変に匂いがこもったりしないような気がします。生地も、綿100%か、総レースのやつがおすすめです。
デリケートゾーンの臭い対策として、ショーツはコットン素材のものが良いと聞いていたので、コットン素材のものを履くようにしていた時期があったのですが、私はかえって肌に密着する感じがして、余計に臭いが気になるような気がしました。 それ以降は、あまり素材にこだわったり意識することはやめ、自分が少しでも心地良く身につけられるものを履くように、気分も含め変えるようにしました。
デリケートゾーンの臭いをとても気にしています。 ショーツは通気性が良い物を使用するのが良いとは思いますが、一般的な下着売り場には売っていることがあまりないのでショーツは気にしてはいますがそういう物は購入していません。 その代わりデリケートゾーン専用のソープを使っています。効果があると断言出来ませんが気持ち的には、使っているだけで安心します。
アンダーヘアの永久脱毛
アンダーヘアの永久脱毛で失敗しないために!サロンとクリニックの違い

アンダーヘアの永久脱毛を経験した方には失敗してしまった方もみえます。失敗しないためにはどうしたらいいのか、実際に脱毛を経験された方の声を聞いて施術前の参考にして頂けたらなと思います。

読んでもらいたい記事

373,099view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

137,267view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,888view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-