におい

デリケートゾーンの臭いの元は欧米食にあった!?知ってましたか?

更新日:

臭いと食事

食の欧米化がもたらす臭いの危険3つとは⁉

昔と違い、今の日本食の中心はお肉や揚げ物ばかり。しかもコンビニで簡単に手に入ることから肥満患者が増えています。

欧米化がもたらす危険は病気だけに留まらず、体の至るところの臭いまで変化させてしまいます。

香水でカバーしたものなら、ニオイが混ざり合って更に悪臭化する可能性もあります。女性は特にクサイ物に敏感ですから、周囲にバレる前にニオイの元から解消していくことが望ましいです。

欧米食で臭いが発生しやすい部位は3つ。身体やデリケートゾーンがあまりにも臭い場合は食事を見直して徹底改善する必要があります。

陰部臭・体臭

ハンバーガーやスナック類、ファーストフード系の食べ物は欧米食の代表です。脂肪やタンパク質が多く含まれる食事は皮脂分泌を活発させます。

そうすると過剰な刺激を受けた皮脂腺から異臭が発生して陰部臭や体臭が強くなります。最近はニオイを解消するケア用品も販売されていますが、原因が食生活にある場合、元から改善しなければ臭いは毎日発生します。

特にワキガやスソガ体質の人は、食事を見直すことが重要です。

口臭

欧米食ばかり摂取していると、腸内の悪玉菌が増加します。本来、善玉菌が正常に働くことで下痢や便秘も少なく腸内環境も健康でいられます。

ところが悪玉菌の活発によりオナラやゲップ、口臭など、排出するもの全てが臭くなります。便秘が続くと口臭が強くなるというのは、これらが原因です。

日本食は発酵食品が多いですから消化も良く腸内環境を改善するためにも効果的な食事なのです。

頭皮臭・薄毛

欧米人を見ると独特なニオイや薄毛が多いことがわかります。日本人も同じでお肉中心の食事を摂取していると、毛穴から過剰な皮脂分泌が排出されますから臭いが発生します。

これらは頭皮環境を悪化させ、痒みや抜け毛の原因になります。更に進行すると薄毛や脱毛となるわけです。

昔と違い10代から若ハゲが多いと言われる理由の一つに、欧米食が大きく関係していることは確実です。

頭皮の臭いが気になる時は、食事を見直して和食中心を心がけるようにしましょう。

臭いの救世主はビタミンC!

ビタミンCが臭い対策に有効なわけには、ちゃんとした理由があります。過剰に分泌された皮脂は酸化する際に悪臭を発生しますから、酸化を抑えておく必要があります。

そこに働きかけてくれるのが、ビタミンCが持つ「抗酸化作用」です。ビタミンCは加齢臭の元であるノネナール物質をも断ち切る成分ですから、あらゆる臭いに有効です。

ビタミンCは尿として排出されやすい特徴があります。1日数回程度、分けて摂取すると良いでしょう。

まとめ

欧米食に限らず偏った食事は臭いの元です。

何事もバランスを大切にしながら臭い対策をしていきましょう。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

336,501view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

130,534view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,411view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-におい
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.