トラブル

生理中にデリケートゾーンのニオイが気になることはありますか?

更新日:

性生理のニオがきになる

生理中の臭いは何が原因?

生理中は股を広げるたびに「モワッ」とした臭いが気になります。デリケートゾーンをしっかり洗っているのに、時間が経つと悪臭に変わっていることはありませんか?

自覚があるということは、もしかすると周囲に臭いがバレている可能性があります!生理中は経血やオリモノ、汚れが菌の餌となり雑菌が繁殖しやすいのです。

そうするとデリケートゾーンを洗い流さない限り臭いは消えませんから、何時間もデリケートゾーンが臭い状態になります。

経血は臭わない

生理中の血というのは、ほとんど臭いがありません。体外へ排出され空気に触れることで雑菌が繁殖し始めます。

雑菌は時間を経て臭いに変化しますから生理中はとても不快な臭いがするわけです。しかも生理中はナプキンや衣類の重ね着で蒸れやすい状態。雑菌の居心地が良い環境なのです。

加えてデリケートゾーンにはアポクリン汗腺がありますから、ワキガのような強いニオイを発生しやすいのです。

恥垢が溜まると臭う

女性の性器は複雑な構造をしています。そのため恥垢が溜まりやすく洗い残しが多い部位なのです。

恥垢を洗う時はナイロンタオルやボディブラシを使用すると、摩擦が強すぎて返って性器を傷つけてしまいます。

恥垢の正しい洗い方は「手の指」を使用すること。汚れはIラインに溜まりやすいので、しっかり手を使いながら優しく洗うことで臭いを抑えることができます。

VIOラインを意識して洗う

生理中の不快な臭いは、性器周辺だけではありません。ビキニラインや陰部の割れ目部分、肛門付近も経血や汚れが残りやすいです。

デリケートゾーンは常に下着やナプキンで覆われていますから、蒸れて臭いが広がりやすいという特徴があります。しかも汚れは肌の痒みの原因にもなるのです。

ナプキンを細目に交換することも大切ですが、拭き取りシートを活用すると汚れと臭いを同時に解消することができます。

この3か所を意識して洗うだけで、かなり臭いを抑えることができます。

30代~40代は臭いに気を付けて!

20代の時はそれほど感じなかったデリケートゾーンの臭いも、30代以降は強くなる傾向があります。

これはホルモンバランスや感染抵抗力の低下が考えられます。加齢と共に卵巣機能も衰え始めるため、臭いや病気にかかりやすいのも、この年代なのです。

一時的な臭いは問題ありませんが、生理が終わっても異臭が続く場合は婦人科系を受診するようにしましょう。

まとめ

生理中はデリケートゾーンの臭いが気になるものです。

手っ取り早く解消したいなら、拭き取りシートを使用することです。

経血の塊や汚れを洗い流すことで、気になるデリケートゾーンの臭いもスッキリします。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

次のページへ >

読んでもらいたい記事

360,932view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

135,005view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,408view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-