におい

生理の時はトイレのウォシュレット機能使って臭い対策してますか?

更新日:

ウォシュレットでにおい対策

ウォシュレットで陰部洗浄

トイレで用を足した後、ウォシュレットでお尻をキレイに流す人が多いと思います。

しかも生理中は経血や臭いが気になるもの。ウォシュレットのビデ機能で陰部周辺をスッキリさせたい所です。

しかし、実はあえてしない人が多いんですよ!これは、水圧の調整を誤ると便器や衣類に経血が飛び散るおそれがあるのと、水圧が陰部に当たること自体不快に感じる人がいるんですね。

ですが、生理中は経血の塊や汚れを放置すると、どんどん臭いが増してしまいますよね。特に外出中では陰部を清潔に保つためにも、ビデ(陰部)洗浄はとても役に立ちます。

膣内洗浄は必要?

膣内洗浄をすると経血や汚れを洗い流すだけではなく、オリモノの臭いを抑える効果もあります。

これは繁殖した細菌を排除することで、悪臭化を防ぐと言うことです。しかし、1日何度もビデを使用すると膣内の常在菌まで洗い流すことになります。

なので、何度も使用すると逆に陰部の環境を悪化させて臭いを発生させてしまう原因になりますので注意が必要です。

これは、お風呂の際に陰部を洗う時も同じことが言えます。常在菌は膣内環境を清潔に保つ役割がありますから、そこまで陰部をキレイにしようとする必要はありません。

生理中やデリケートゾーンの臭いが気になる時は、「1日1回」と使用回数を決めておくと良いでしょう。

生理の終わりかけはビデ洗浄がおすすめ!

生理の終わりかけは、ナプキンを使用するのが勿体ないということで、おりものシートを使用している方も多いようですね。

経血量は少ないけど、シートを取ると汚れが下着についてしまう心配がありますからね。実は、このタイミングでビデ洗浄をすると、経血や残留物が洗い流せてすっきりします。

また、経血の付着やムレが軽減されて陰部周辺の痒みが起こりにくくなると言うメリットがあります。陰部に残る臭いも抑えられて快適に過ごすことが出来ますよ。

携帯用のビデがあるって知ってる?

日本では常識化しつつあるウォシュレットですが、海外ではそこまで普及していませんし、日本でもちょっと古いトイレだと全ての個室にウォシュレットが付いているわけではないですよね。

そんな時に便利なのが「携帯用ビデ」です。

生理中やオリモノが気になる時、携帯用ビデを使用することで経血を落とし、ニオイまですっきりしてくれます。

ドラッグストアなどで、大体500円前後(3~4個入り)で購入出来ますよ。

ウォシュレットで臭い対策してますか?

生理は女性特有のものですが、経血量の多さや生理の日数、軽さ重さなどはみなさん違うので、女性であっても中々理解されないこともあります。

そして、ムレによる不快感や痒み、強烈なニオイに悩まされている方は非常に多いと言います。常にシャワーで洗い流していたいくらいですよね!しかし、そんなことは物理的にも無理ですし、あまり陰部を洗浄しすぎても陰部の環境を劣悪にしてしまうんですね。

近年、ウォシュレット機能付きのトイレが急速に普及しました!外出中に気持ち悪くなった時には、使用するとが出来るようになり助かりましたね!

今回は、生理の時はトイレのウォシュレット機能を使って臭い対策していますか?していない方はどんな対策をしていますか?という質問をしてみました。

私は基本的にはトイレのウォシュレット機能を使用していません。そこまで気になることはないし、デオドラントのおりものシートを使っているので、かなり臭いは軽減されていると思います。トイレ使用時と言うより、ナプキンやおりものシートをこまめに替えて清潔に保つ努力をした方が効果的だし、効率的だと思います。
今まで生理だからとウォシュレットを使ったりはしませんでした。ただ、安い生理用品だと1時間くらいで交換しないと気持ち悪くなっていたので、まめに交換はしていました。それでも臭いが気になっていたのですが、高い生理用品は吸収力もいいし、長時間使用していても臭いが気になりません。
ビデ機能を使って清潔に保つように心がけています。出先では場所によってトイレ自体が清潔かわからないので、ウォシュレット機能を使うのはホテルなどでしかしません。なので、普段は赤ちゃん用のウェットティッシュを持ち歩いて出先で使用しています。小さい携帯用のものが100均でも手軽に買えるので助かります。
もちろん臭いが気になるので、ウォシュレットが付いているトイレでは、必ずと言っていい程使用しています。いくらトイレットペーパーで拭いてもあの生理の臭いをキレイに消すのは至難の業。一番いい方法はやっぱり「洗い流すこと!」と思っています。ウォシュレット機能がない場合のために、カバンにはウェットティッシュを携帯しています。
生理の時は、ナプキンを交換する時に出来るだけウォシュレットを使って清潔にするようにしています。ウォシュレットを使うことで全く臭いが気にならなくなりますし、肌が弱いので痒くなったり、痛くなったりするのも防いでくれます。多い日だけではなく、経血が少ない時でもニオイは出てしまうので、ウォシュレットは欠かせない存在です。ビデだけではなく、お尻も一緒に洗っておくと万全です。
ウォシュレットは生理の時には使わないですね。出血量が多い日だとウォシュレットの勢いで血がトイレへ散乱しないか心配な所もあります。生理の時の臭い対策は、トイレに散乱しないか心配な所もあります。生理の時の臭い対策は、とにかくトイレに行ける時にナプキンを取り替えることです。5日目とかは量も減るので、そこまで気を遣わないですが、2日目3日目は量との戦いでもあります。血の付いたナプキンの中にティッシュを入れればと考える人もいますが、それは漏れない時のための応急処置。血の付いたものをまた、自分のデリケートゾーンに近づけるなんて、ちょっと気持ちが悪いです。それにウォシュレットを使うなら、その後便器に血がついてないか?と確認してからでないと出られません。
生理中にトイレのウォシュレット機能を使うのは、個人的には「非常識」ではないかな?と思います。衛生面でも自分だけが使っているトイレではないので、生理中は控えた方がよいのかなと思っています。ウォシュレットの水が出てくる先端は、色々な菌が付着していると思うからです。それも臭いの原因になるんじゃないでしょうか。
生理の時はトイレのウォシュレット機能を毎回使用しています。ビデを使用して、キチンと洗浄してから、ペーパーでしっかり拭き取るようにしています。臭いの対策にもなりますし、肌が敏感なので、経血が皮膚についた状態にしていると痒みやかぶれが出てしまうからです。結果的に臭いも以前より気にならなくなり、効果はあると思います。
私はウォシュレットを使った臭い対策はしていません。そもそもウォシュレットが苦手です。特にビデ機能は雑菌が入ってしまいそうで心配です。確かに生理中は日中もデリケートゾーンを洗浄すれば快適だと思いますが、ウォシュレットを使う踏ん切りは付きません。なので、こまめにナプキンを変えています。
出来るだけキレイに清掃してそうなトイレを選んで使用しています。生理の始めの方はナプキンを交換するタイミングでウォシュレットを使っています。生理の終わりの方はナプキンの交換に関わらず、マメにウォシュレットを使い少しでも臭いを抑えるように清潔にするように心がけています。ウォシュレットを1回使用してトイレットペーパーで拭きまたウォシュレットを使用するので何回も使っています。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-