トラブル

デリケートゾーンのニオイが気になってミニスカートがはけないことがありますか?

更新日:

臭いとミニスカート

スカートをはくと、陰部の臭いがバレる?

女性にはデリケートゾーントラブルが付きもの。生理や体調によりオリモノの分泌量が変化するため、日によって臭いの度合いが異なります。

女性はスカートを履く機会が多いですから、特に生理中は股から臭いを発散させていないか気になります。

スカートじたいは通気性が良く蒸れづらいのですが、ナプキンやシートを交換せずにいると下着に臭いが染み付いて悪臭を感じる場合があります。

パンツスタイルNG

デリケートゾーンの臭いが気になる時、やはりズボンの方が安心できます。生理時は経血漏れが起きても目立たないように黒系の緩めのズボンを選ぶ方が多いのです。

ですが「臭い」だけを考えると、パンツスタイルはおすすめしません。臭いが気になるからと、ショーツを2重に履いてさらにズボンを着用するとなると通気性が悪くニオイが増す一方です。

さらに時間をかけてニオイが衣類の股部分に染み込んでいきますから、ズボンそのものから悪臭を感じるようになります。

衣類に消臭加工をする

デリケートゾーンの臭いは独特なニオイです。女性なら何となくアソコの臭いと分かるのですが、周りの男性はただの悪臭としか思いません。

ニオイが発生してからでは手間がかかるので、初めから衣類に消臭剤を仕掛けるのも有効です。

消臭剤といっても、最近では衣類用の消臭スプレーがありますから簡単に加工することができます。

デリケートゾーンの臭いは、ズボンに蓄積されることが多いですから、事前に衣類に吹きかけることで汗や皮脂のニオイを防止することができます。

消臭効果が高い商品は、加齢臭の元であるノネナール物質やアンモニアなども一気に消臭できますから使用する価値はあります。

ナイロン下着や衣類は避ける

蒸れやすい素材といえば、ナイロンやポリエステルです。ワキガではないけれど、このタイプの素材を着ると「必ずワキガ臭を発生させる」という人も少なくないのです。

ワキガに限らず、陰部臭やスソワキガも同じです。ナイロン系は雑菌が繁殖しやすい上に繊維に交じりやすいですからニオイが長時間残るわけです。

選ぶポイントは「綿」です。綿は汗の吸収が良く吸湿性に優れています。デリケートゾーンのニオイを抑えるためには、下着の素材選びから意識してみましょう。

まとめ

ミニスカートを履く時は、ナプキンやシートなど細目に交換する対策が必要です。目安は3時間と言いますが、この場合は1~2時間に1度の交換でも良いくらいです。

オリモノや経血は雑菌が繁殖しますから臭いが発生する前に交換しましょう。

石鹸は何を使っている
デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

デリケートゾーンの臭い対策 デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は意外に多いと思いますが、石鹸で臭いを抑える事ができた ...

次のページへ >

読んでもらいたい記事

360,932view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

135,005view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,408view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-