トラブル

デリケートゾーンの臭い対策は布タイプのパンティライナー

更新日:

パンティライナーで臭い対策

パンティライナーの役割

生理前やオリモノが多い日など、パンティライナーを使用している女性が多いと思います。ショーツに染み付いた臭いや汚れは洗濯をしてもなかなか落ちないものです。

これではショーツが何枚あっても足りませんよね。そんな時はパンティライナーを使用すると、ショーツを汚さずに済みます。

また、ショーツにオリモノが付着すると数時間後には嫌な臭いが発生します。ショーツにパンティライナーをあてて1日数回交換するだけでも、かなり臭いを抑えることができます。

パンティライナーの欠点

パンティライナーを付けているからと安心してはいけません。使用方法を誤ると悪臭を発生させる原因になります。

長時間同じものを付けた状態でいると、ショーツの中で雑菌が繁殖して臭いが強くなります。これはパンティライナーに限らずナプキンも同じことが言えます。

香り付きと無臭タイプの違いは?

価格は少々異なるようですが、吸収率や蒸れやすさなど機能に差があるわけではないようです。

香りづけタイプは、不快な臭いを抑えて憂鬱感を軽減してくれるもの。無臭タイプは香りが苦手な人、またはニオイが混ざる感じがしてあえて選ばない人もいるようです。

どちらも価格や使いやすさを重視して購入されている女性が多いです。

香り付きメリット
・不快な臭いを抑える
・吸収率が良い気がする
・コンパクト

香り付きデメリット
・値段が高い
・臭いが増すような気がする

 パンティライナーは性器かぶれの原因?

これは肌質に合っていない場合にみられる症状です。デリケートゾーンの臭いやオリモノ対策に使用しているパンティライナーが、性器かぶれを起こす場合があります。

これはパンティライナーの長時間の付けすぎや化学繊維、成分が考えられます。痒みや腫れが繰り返し起こると、今度は黒ずみで悩まされることになります。

細目に交換しているにもかかわらず性器かぶれが起こる人は、パンティライナーを中断するか、敏感肌用のパンティライナーにすると良いでしょう。

最近ではオーガニックコットンも販売されていますから、肌質に合う製品を使用しましょう。

おすすめ!布タイプのパンティライナー

臭いをしっかり抑えたいなら通気性が良い布タイプのパンティライナーがおすすめです。

実は布ナプキンこそデリケートゾーンを清潔に保つ便利なアイテムと評判なんです。

蒸れを防ぐことで不快な臭いが抑えられ,女性が快適に過ごせるように素材にこだわって作られています。

シルクタイプ

シルクは着心地が良いだけでなく、吸収性や発散性に優れています。一般的な石油系のナプキンとは素材が異なり、デリケートゾーンの摩擦や臭いを防ぎ、手洗いすることで何年も使用できます。

通気性が良く年齢問わず大変人気があります。購入する時はシルク100%のパンティライナーがおすすめです。

オーガニックタイプ

肌の負担を考えて使用したい人には、オーガニック製品がおすすめです。デリケートゾーンは蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい部位ですから、痒みや臭いはそれなりのケアが必要です。

紙ナプキンよりは、はるかに通気性が良いですから蒸れを抑えて不快な臭いを防ぐ効果があります。

しかし、使用毎に交換が難しいため外出時は細目に交換できる使い捨ての紙ナプキンをおすすめします。

【布ナプキンの評判】

・蒸れにくい
吸収性が高いので陰部の蒸れを防止

・痒くならない
肌触りがよく摩擦の心配がない

・コスパが良い
洗濯することで何度も使用できる。長い目でみると経済的

・可愛い
チェックや花柄、生地もデザインも種類が豊富

 まとめ

パンティライナーで臭いを防ぐには、細目に交換することが大切です。

長時間同じものを使用しては臭い対策の意味がありませんので注意してくださいね。

 デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

 

読んでもらいたい記事

386,955view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

139,819view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,396view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-