におい

外出時にデリケートゾーンの臭いが気になった時の対処法を聞いてみました。

更新日:

外出時の臭い対策

毎日洗っているのに、デリケートゾーンが臭いのはなぜ?

毎晩入浴して、デリケートゾーンを洗っていても、時間が経つと臭い始めるデリケートゾーン。

一人で自宅にいる時に臭うのは構いませんが、外出先では周囲に臭いがバレてしまうかも!?そんな経験1度はありますよね?

ある日、突然異常な痒みや臭いを生じた場合は、「性病」の可能性が高いですが、そうでない場合は、「スソワキガ」や「雑菌」によるものが大きいです。

陰部は、複雑な構造をしているので、恥垢も溜まりやすく、それが蓄積されるとオリモノと混ざり悪臭を発生させてしまうんです。

そんなデリケートゾーンの臭いを解消するためには、トイレの度に小まめに汚れを拭き取るのが良いのでしょうか?

今回は、外出先でデリケートゾーンが臭って困った時の対処法を紹介します!

 

 

対処法1『デリケートゾーン専用拭き取りシート』

デリケートゾーン専用の拭き取りシート(ウェットティッシュ)は、陰部の汚れや臭いをシートで拭き取る便利なアイテム!

時間もかからず、いつもの用足しの後に、サッと拭き取るだけで良いですし、コンパクトなので持ち運びもしやすいですね。

今や女性の必需品とも呼べるのではないでしょうか?人気の香料タイプでは、香りの種類も豊富ですね。ただし、ニオイが混ざって不快な臭いになってしまうことも考えられるので、「無香料タイプ」をおすすめします。

また、使用済みのシートは、トイレへ流すことも出来るので、外出先ではかなり重宝するアイテムですね!!

しかし、類似品として「普通のウェットティッシュ」はNG!

デリケートゾーンは、粘膜質で刺激に弱い部分なので、アルコール成分が含まれているウェットティッシュで拭き取ると陰部のかぶれの原因になってしまいます。

対処法2『手作りミョウバンスプレー』

ミョウバンは、消臭効果が高く、制汗スプレーでも配合されている成分です。ワキガや陰部のワキガである「スソワキガ」の独特な臭いもすっきり解消してくれます!

手作りミョウバンスプレーは、自宅で簡単に作ることが出来ます。そして、100均などに売っているミニボトルに入れて、いつものポーチに入れて持ち歩けば、外出先でも慌てずに済みますね!

用意するもの

  • ミョウバン
  • 水(お湯)
  • ボトル
  • 計量器

ミョウバンスプレーの作り方

  1. ボトルに水500mlを入れる。
  2. ミョウバン25gを加えて混ぜる。
  3. 水を使用した場合は1日放置してから使う。お湯の場合は、その日から使用可能です。

※ミョウバンがしっかり溶けているのを確認してから使用しましょう。

対処法3『オリモノシート』

デリケートゾーンの不快な臭いは、ショーツから発生している可能性もあります。

長時間オリモノが付着したショーツは、悪臭が漂いますね。ショーツを取り換えるのが一番ですが、中々外出中に交換するのは、難しいですよね。

そんな時は、「オリモノシート」をショーツに付けて、定期的に交換してみましょう。ちなみにオリモノシートは香り付きのものを選びがちですが、「無臭タイプ」をおすすめします。

対処法4『スソワキガクリーム』

色々な方法を試してみても効果がなかった場合は、「スソワキガ専用のクリーム」を使用しましょう。

デリケートゾーンの臭いに特化した成分が含まれているため効果が期待できます!

様々な口コミを見てみると、「クリアネオ」と言う名前をよく見かけます。

消臭効果も高いですが、セラミドや植物エキスなどの保湿成分をたっぷり配合しているので、デリケートゾーンにも安心して使えますね。「無添加」なのも魅力的です!

デリケートゾーンの臭いが外出先で気になった時の対処法を聞いてみました。

デリケートゾーンの臭いは、女性ホルモンのバランスの乱れやムレ、オリモノなど様々な原因が考えられます。

自宅だと気にならない方も多いでしょうが、外出先だとそうゆう訳にもいきませんよね!なので、それぞれケアしていることと思います。

みなさんは、外出時にどんな対策しているんでしょうか?今回は、みなさんに「外出時にデリケートゾーンが気になった時の対処法」を聞いてみました。

私は産後にデリケートゾーンの臭いが気になり、恥ずかしい話尿漏れも一緒に気になるようになったので、紙ナプキンやおりものシートを常備してこまめに替えるようにしています。 今は、香り付きのものもあるので、それを使っています。そうするとあまり気にならなくなりますよ!
デリケートゾーンの臭いが外出先で気になってしまった場合、まず近くのトイレへ行き、ウォシュレットでデリケートゾーンを洗います。そして、おりものシートを当てて(なければコンビニで購入)、最後に服の上から香水などをひとふりして誤魔化しています。 しかし、経験上最近の繁殖が考えられるので、すぐに産婦人科へ受診します。
デリケートゾーンの臭いが気になる時、入浴出来たら良いですが、出来ない時はトイレで「ビデ」で洗浄するか「ウェットティッシュ」で拭きます。
日頃から食べ物に気を付けたり、こまめに下着を替えたり、シャワーを浴びています。また、香り付きのおりものシートで、少しでも臭いを誤魔化せたらよいなと使っています。おりものシートもこまめに交換するようにしています。
私の外出時のデリケートゾーンのニオイ対策は、デリケートゾーン専用のウェットシートで汚れを拭き取ることです。鞄の中に常備しているので、痒くなったり、ムレたり、臭いが気になる時は、トイレで優しく拭き取っています。 また、ムレやすくはなりますが、おりものシートも欠かせません!外出時は基本的におりものシートを小まめに変えるようにしています。
私はニオイに敏感な体質で、他人のニオイよりも自分の髪や汗のニオイが気になります。デリケートゾーンの対処法は、香り付きのおりものシートを小まめに交換したり、女性用の良い香りがする汗拭きシートで拭いています。 ただ、生理中は肌が過敏になってしまうので、強い残り香のするボディバターを脚の付け根部分に塗っています。
お尻拭きを携帯して持ち歩いています。 特に夏の暑い時はムレるので、トイレへ行く時にデリケートゾーンのにおいが気になる時があります。そんな時に、お尻拭きで拭くと若干マシになるような気がします。また、デリケートゾーンに使えるスプレーを使うこともあります。 香り付きのおりものシートも使います。
私が外出先でデリケートゾーンが臭くなったのは、夏の生理中でした。 その時の対処法は、小まめにナプキンを取り換えることでムレて臭くならないようにしたり、香水を身体につけて臭いのに気づかれないようにしました。 また、スカートを履かずにズボンにすることで、臭いが広がらないようにしたり、下着の上にスパッツを着用し臭さを押さえました。
外出するときに布ナプキンを数枚持ち歩き、オリモノが多い時や臭いが気になる時はこまめに交換するようにしています。普通のおりものシートは交換しやすいし手軽なのですが、蒸れやすくかぶれやすいので、布ナプキンに変えてみました。 布ナプキンは通気性も良く、ムレや臭いとは無縁だったように感じます。もし、コンビニなど行ける状態ならおりものシートの香り付きもおすすめです。
デリケートゾーンの臭いは独特なものなので、好きな人には絶対に気づかれたくないですよね!私の場合は、いつも香り付きのオリモノシートをポーチに入れています。ポーチからも良い香りがするし、一石二鳥です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-