デリケートゾーン

デリケートゾーンの臭いが気になった時の対処法

更新日:

外出時の臭い対策

デリケートゾーンが臭いのはなぜ?

毎晩入浴して、デリケートゾーンを洗っていても、時間が経つと臭い始めるデリケートゾーン。

一人で自宅にいる時に臭うのは構いませんが、外出先では周囲に臭いがバレてしまうかも!?そんな経験1度はありますよね?

ある日、突然異常な痒みや臭いを生じた場合は、「性病」の可能性が高いですが、そうでない場合は、「スソワキガ」や「雑菌」によるものが大きいです。

陰部は、複雑な構造をしているので、恥垢も溜まりやすく、それが蓄積されるとオリモノと混ざり悪臭を発生させてしまうんです。

そんなデリケートゾーンの臭いを解消するためには、トイレの度に小まめに汚れを拭き取るのが良いのでしょうか?

外出先でデリケートゾーンが臭って困った時の対処法を紹介します!

対処法1『デリケートゾーン専用拭き取りシート』

デリケートゾーン専用の拭き取りシート(ウェットティッシュ)は、陰部の汚れや臭いをシートで拭き取る便利なアイテム!

時間もかからず、いつもの用足しの後に、サッと拭き取るだけで良いですし、コンパクトなので持ち運びもしやすいですね。

今や女性の必需品とも呼べるのではないでしょうか?人気の香料タイプでは、香りの種類も豊富ですね。ただし、ニオイが混ざって不快な臭いになってしまうことも考えられるので、「無香料タイプ」をおすすめします。

また、使用済みのシートは、トイレへ流すことも出来るので、外出先ではかなり重宝するアイテムですね!!

しかし、類似品として「普通のウェットティッシュ」はNG!

デリケートゾーンは、粘膜質で刺激に弱い部分なので、アルコール成分が含まれているウェットティッシュで拭き取ると陰部のかぶれの原因になってしまいます。

対処法2『手作りミョウバンスプレー』

ミョウバンは、消臭効果が高く、制汗スプレーでも配合されている成分です。ワキガや陰部のワキガである「スソワキガ」の独特な臭いもすっきり解消してくれます!

手作りミョウバンスプレーは、自宅で簡単に作ることが出来ます。そして、100均などに売っているミニボトルに入れて、いつものポーチに入れて持ち歩けば、外出先でも慌てずに済みますね!

用意するもの

  • ミョウバン
  • 水(お湯)
  • ボトル
  • 計量器

ミョウバンスプレーの作り方

  1. ボトルに水500mlを入れる。
  2. ミョウバン25gを加えて混ぜる。
  3. 水を使用した場合は1日放置してから使う。お湯の場合は、その日から使用可能です。

※ミョウバンがしっかり溶けているのを確認してから使用しましょう。

対処法3『オリモノシート』

デリケートゾーンの不快な臭いは、ショーツから発生している可能性もあります。

長時間オリモノが付着したショーツは、悪臭が漂いますね。ショーツを取り換えるのが一番ですが、中々外出中に交換するのは、難しいですよね。

そんな時は、「オリモノシート」をショーツに付けて、定期的に交換してみましょう。ちなみにオリモノシートは香り付きのものを選びがちですが、「無臭タイプ」をおすすめします。

対処法4『スソワキガクリーム』

色々な方法を試してみても効果がなかった場合は、「スソワキガ専用のクリーム」を使用しましょう。

デリケートゾーンの臭いに特化した成分が含まれているため効果が期待できます!

様々な口コミを見てみると、「クリアネオ」と言う名前をよく見かけます。

消臭効果も高いですが、セラミドや植物エキスなどの保湿成分をたっぷり配合しているので、デリケートゾーンにも安心して使えますね。「無添加」なのも魅力的です!

デリケートゾーン専用のウェットティッシュってどんなもの?

使用している女性も少ないようですが、陰部専用のウェットティッシュは消臭成分が含まれていますので、オリモノや汚れを拭き取ることで独特の臭いを防ぐことが出来ます。

普通のウェットティッシュとの違いは、アルコールが含まれていないこと。刺激を避けながらデリケートゾーンの臭いはもちろん、ワキや胸の谷間のベタつきや臭いも消臭します。

普通のウェットティッシュはアルコール成分が含まれているので、陰部がヒリヒリかぶれてしまう場合もあります。十分に気を付けてくださいね。

陰部専用のウェットティッシュを使うメリットは?

① こもったニオイを防ぐ

ショーツを下げた途端にとてつもない悪臭を感じる時ってありますよね?女性の陰部は皮脂や汚れが常に出ている状態。そのため恥垢が溜まりやすく特別なケアが必要なんです。

外出先ではシャワーを浴びることが出来ないので、手軽に臭いを解消できるウェットティッシュを持ち歩くと緊急時に役立ちます。

② イスに染みこむ陰部臭を防ぐ

デスクワークや長時間長椅子へ座る習慣がある人は一度試して欲しいのですが、自分が座った後の椅子の臭いを嗅いでみると「陰部臭」がいかに強烈か驚きます。

特に生理時やオリモノが多い日などにイスに染みこんでいるのがわかります。

加えて、布タイプのチェアシートは臭いが強く残ります。周囲に臭いがバレてしまう前に陰部専用のウェットティッシュで細めに拭き取ることで、染みこむ臭いを回避することが出来ます。

③ ドラッグストアで購入できる

陰部専用のウェットティッシュは特別な所ではなく、ドラッグストアで購入出来ます。デートの時には隣りの彼に臭いがバレてしまわないか心配になりますよね。

ドライブ中など使用したい時にはすぐに手に入れられるのが大きなメリットです。

バッグに入れて持ち運びをする際には、チラッと見えた時に備えて、小さめのポーチに入れておくとよいでしょう。

陰部専用ウェットティッシュのデメリットは?

① 一時しのぎに過ぎない

臭いを抑える効果は「持続的」ではありません。

ですから、衣類から臭いが漏れるのを防ぐ程度で、時間が経つと新たな臭いが発生します。スッキリ解消するには、陰部専用のソープを使用するのが一番です。

② コストがかかる

長期的なことを考えると、陰部専用のウェットティッシュは枚数が限られているので、コストがかかる一面があります。

毎日、使用するのではなく、外出時の「特別アイテム」として持っておくと安心かもしれませんね。

ショーツの素材は気にしてる?

デリケートゾーンの臭い対策として、石鹸やスプレーを使用している女性は多いと思います。この臭いは、「雑菌」が繁殖することで発生しますが、悪臭化させる原因の一つに「ショーツの素材」が挙げられます。

ですが、下着はデザイン重視で購入する方が多いですから、臭いが気になったとしても素材を意識する女性は少ないようです。

そんな時に是非使用して欲しいのが「パンティライナー」です。どんなショーツでもパンティライナーを交換するだけで一時的に臭いを抑えることが出来ます。

ただし、デリケートゾーンの臭いが強い人や何もない日は、ショーツの素材を変えてみるのはいかがでしょうか?

ショーツの素材

ショップには可愛い下着がズラリと並んでいますよね!色や形など自分好みのショーツを購入したい所ですが、そこはグッと耐えましょう。

デリケートゾーンの臭いを抑えるためには、ショーツの素材選びが重要です。これは生地の質によってムレやニオイが絡みつくのを避けられるからです。

日常のちょっとしたことの積み重ねで、デリケートゾーンの臭いを軽減させることが出来ます。

・快適に過ごせる素材

綿/麻/シルク

この3つの素材は、汗を吸収して放散する素材なので、ニオイが発生してもそこまで強く感じません。時間が経つとニオイが発生しますが、小まめに着替えをすることでデリケートゾーンの臭いを抑えることが可能です。

・悪臭化する素材

ナイロン/ポリエステル/アクリル

これらはデリケートゾーンの臭いに限らず、ワキガ体質の人たちも避ける素材です。通常サテン地と呼ばれるツルツルした衣類は、汗や分泌物を吸収せず繊維の表面に残りやすい特徴があります。

綿素材と比べてわかるように、臭いの強さが倍増します。ワキガ体質の人は陰部臭が強い傾向にありますし、スソワキガが原因の悪臭の方は一度試してみると違いがハッキリとわかりますよ。

締め付ける衣類に注意!

窮屈なショーツやストッキングは、より一層ムレやすいデリケートゾーン環境を作ります。臭いケアや衣類の素材に気を付けていても、デリケートゾーンがムレてしまえば、最近が臭いへ変化します。

加えて、補正下着も窮屈でムレやすい素材が多いですから、臭いの発生源になります。通気性が良い服装と言えばスカートです。

開放感があるので、逆にニオイが漏れてしまうのではないか?と不安な声もありますが、スカートには仕切りがなく、ズボンのような締め付けがありません。

スカートはムレが少なく、痒みやかぶれ臭いが軽減します。

布ナプキンのメリットって?

布ナプキンは、紙ナプキンと違い様々な柄や色の商品がたくさんありますね。最近ではハンドメイド作家がフリマなどで売っているものもあり、ショーツ選びと一緒でとても可愛らしいデザインのものも多いです。

ショーツ同様に何度も使用出来ることからも考えて、コスパも良いですし、最近はゴミ袋も有料化していますから、ゴミが出ないのも良いですよね。ただ、ちょっぴり面倒なのは洗濯ですね。

布ナプキンを使用することで、衛生面がどうとかを考えている人もいますが、それは「布オムツ」を考えてみると払拭されそうですね。一般的に「布オムツが赤ちゃんに良い!」という観点から見ると、布ナプキンも「衛生的で肌に良い」のは間違いないです!!

生理時以外でもオリモノが多い時に「オリモノシート」として使用するのも、通気性が良いので良いかもしれませんね。

<メリット>
① 肌に優しい!
布ナプキンの素材は、綿やリネンなどの自然素材で作らていますから、ショーツと一緒です。逆に使い捨てナプキンは「石油素材」で出来ていますから、布ナプキンの方が肌に優しいことは間違いないですね。

② 付け心地が気持ちいい!
布ナプキンは、どのメーカーのものを購入しても「柔らかい優しい生地」を選んでいるので、つけ心地は良いです!生理中はただでさえ不快なので、少しでも気持ちよく過ごしたいですよね。

③ 通気性が良い!
使い捨てナプキンは、メッシュ素材であっても通気性が悪く、デリケートなVIOはムレてかぶれてしまいます。雑菌の繁殖に一役買ってしまうので、肌トラブルも起こしやすいです。
布ナプキンは、自然素材で作られているので、通気性は抜群です!

④ 独特のニオイが軽減する!?
生理中の不快な臭いは、経血の臭いよりも「紙ナプキンの高分子吸収剤と血液が反応した」臭いなんだそうですよ。なので、布ナプキンにすればそのニオイはなくなります。

また、デリケートゾーンの臭いは菌の繁殖によるものも大きいですから、布ナプキンだと自然と経血の漏れを多少は気にするので、取り換える頻度も多くなり、雑菌が繁殖しにくく、ニオイがキツくなりません。

⑤ デザインが可愛い!
ショーツ選びと一緒で、色も柄も可愛いデザインのものが多いです。また、地球の環境にも優しいですよ。

布ナプキンを使用したら経血が漏れるのか!?

漏れるか漏れないかで言えば、あなたも想像している通り漏れますね。

確かにいきなり外出先で付けてしまって漏れてしまったら嫌ですよね。まずは、自宅でのみ使用してみましょう。終わりかけの経血の量が少ない日から始めてみるのがおすすめです。

それに実際は「家では布ナプキン」「外では紙ナプキン」と使い分けている方がほとんどです。それだけでも、家にいる時は布ナプキンなわけですから、大分肌の負担が違います。

忙しい時や不安な時、経血量が多い時は「紙ナプキンを使用する!」くらいの軽い気持ちで始めてみてはいかがでしょうか?

布ナプキンというと小さな可愛らしいものをイメージしがちですが、夜用の40cmサイズの大きいものもあるんですよ!

また、おりものシートの代わりとして使用するのも良い方法ですね。

布ナプキンは洗濯が面倒!?

あなたが布ナプキンに興味を示しつつも、気にしているのはそこではありませんか?

確かに紙ナプキンは使い捨てですから、ゴミ箱へポイすれば簡単に出来ますが、洗濯するという点ですでに手間は多少かかっていますよね。

血が付いているから洗濯が面倒そうと感じるかもしれませんが、布ナプキンは「つけ置き」が効果的です。経血用の洗剤につけ置きした後は、普通のショーツ類と一緒に洗濯も出来ます。つけ置きして洗濯するだけなら、そこまで手間も感じませんよね。

厚さがあるものは乾きにくいので、予備はそれなりにあった方が良いですが、紙ナプキンのように買い忘れの心配がないのも魅力ですね。

 

臭いとミニスカート

 

デリケートゾーンのニオイが気になってミニスカートがはけないことがありますか?

スカートをはくと、陰部の臭いがバレる?

女性にはデリケートゾーントラブルが付きもの。生理や体調によりオリモノの分泌量が変化するため、日によって臭いの度合いが異なります。

女性はスカートを履く機会が多いですから、特に生理中は股から臭いを発散させていないか気になります。

スカートじたいは通気性が良く蒸れづらいのですが、ナプキンやシートを交換せずにいると下着に臭いが染み付いて悪臭を感じる場合があります。

パンツスタイルNG

デリケートゾーンの臭いが気になる時、やはりズボンの方が安心できます。生理時は経血漏れが起きても目立たないように黒系の緩めのズボンを選ぶ方が多いのです。

ですが「臭い」だけを考えると、パンツスタイルはおすすめしません。臭いが気になるからと、ショーツを2重に履いてさらにズボンを着用するとなると通気性が悪くニオイが増す一方です。

さらに時間をかけてニオイが衣類の股部分に染み込んでいきますから、ズボンそのものから悪臭を感じるようになります。

衣類に消臭加工をする

デリケートゾーンの臭いは独特なニオイです。女性なら何となくアソコの臭いと分かるのですが、周りの男性はただの悪臭としか思いません。

ニオイが発生してからでは手間がかかるので、初めから衣類に消臭剤を仕掛けるのも有効です。

消臭剤といっても、最近では衣類用の消臭スプレーがありますから簡単に加工することができます。

デリケートゾーンの臭いは、ズボンに蓄積されることが多いですから、事前に衣類に吹きかけることで汗や皮脂のニオイを防止することができます。

消臭効果が高い商品は、加齢臭の元であるノネナール物質やアンモニアなども一気に消臭できますから使用する価値はあります。

ナイロン下着や衣類は避ける

蒸れやすい素材といえば、ナイロンやポリエステルです。ワキガではないけれど、このタイプの素材を着ると「必ずワキガ臭を発生させる」という人も少なくないのです。

ワキガに限らず、陰部臭やスソワキガも同じです。ナイロン系は雑菌が繁殖しやすい上に繊維に交じりやすいですからニオイが長時間残るわけです。

選ぶポイントは「綿」です。綿は汗の吸収が良く吸湿性に優れています。デリケートゾーンのニオイを抑えるためには、下着の素材選びから意識してみましょう。

 

デリケートゾーンの臭いが外出先で気になった時の対処法を聞いてみました。

デリケートゾーンの臭いは、女性ホルモンのバランスの乱れやムレ、オリモノなど様々な原因が考えられます。

自宅だと気にならない方も多いでしょうが、外出先だとそうゆう訳にもいきませんよね!なので、それぞれケアしていることと思います。

みなさんは、外出時にどんな対策しているんでしょうか?今回は、みなさんに「外出時にデリケートゾーンが気になった時の対処法」を聞いてみました。

私は産後にデリケートゾーンの臭いが気になり、恥ずかしい話尿漏れも一緒に気になるようになったので、紙ナプキンやおりものシートを常備してこまめに替えるようにしています。 今は、香り付きのものもあるので、それを使っています。そうするとあまり気にならなくなりますよ!
デリケートゾーンの臭いが外出先で気になってしまった場合、まず近くのトイレへ行き、ウォシュレットでデリケートゾーンを洗います。そして、おりものシートを当てて(なければコンビニで購入)、最後に服の上から香水などをひとふりして誤魔化しています。 しかし、経験上最近の繁殖が考えられるので、すぐに産婦人科へ受診します。
デリケートゾーンの臭いが気になる時、入浴出来たら良いですが、出来ない時はトイレで「ビデ」で洗浄するか「ウェットティッシュ」で拭きます。
日頃から食べ物に気を付けたり、こまめに下着を替えたり、シャワーを浴びています。また、香り付きのおりものシートで、少しでも臭いを誤魔化せたらよいなと使っています。おりものシートもこまめに交換するようにしています。
私の外出時のデリケートゾーンのニオイ対策は、デリケートゾーン専用のウェットシートで汚れを拭き取ることです。鞄の中に常備しているので、痒くなったり、ムレたり、臭いが気になる時は、トイレで優しく拭き取っています。 また、ムレやすくはなりますが、おりものシートも欠かせません!外出時は基本的におりものシートを小まめに変えるようにしています。
私はニオイに敏感な体質で、他人のニオイよりも自分の髪や汗のニオイが気になります。デリケートゾーンの対処法は、香り付きのおりものシートを小まめに交換したり、女性用の良い香りがする汗拭きシートで拭いています。 ただ、生理中は肌が過敏になってしまうので、強い残り香のするボディバターを脚の付け根部分に塗っています。
お尻拭きを携帯して持ち歩いています。 特に夏の暑い時はムレるので、トイレへ行く時にデリケートゾーンのにおいが気になる時があります。そんな時に、お尻拭きで拭くと若干マシになるような気がします。また、デリケートゾーンに使えるスプレーを使うこともあります。 香り付きのおりものシートも使います。
私が外出先でデリケートゾーンが臭くなったのは、夏の生理中でした。 その時の対処法は、小まめにナプキンを取り換えることでムレて臭くならないようにしたり、香水を身体につけて臭いのに気づかれないようにしました。 また、スカートを履かずにズボンにすることで、臭いが広がらないようにしたり、下着の上にスパッツを着用し臭さを押さえました。
外出するときに布ナプキンを数枚持ち歩き、オリモノが多い時や臭いが気になる時はこまめに交換するようにしています。普通のおりものシートは交換しやすいし手軽なのですが、蒸れやすくかぶれやすいので、布ナプキンに変えてみました。 布ナプキンは通気性も良く、ムレや臭いとは無縁だったように感じます。もし、コンビニなど行ける状態ならおりものシートの香り付きもおすすめです。
デリケートゾーンの臭いは独特なものなので、好きな人には絶対に気づかれたくないですよね!私の場合は、いつも香り付きのオリモノシートをポーチに入れています。ポーチからも良い香りがするし、一石二鳥です。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-デリケートゾーン
-