トラブル

デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

更新日:

石鹸は何を使っている

デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は意外に多いと思いますが、石鹸で臭いを抑える事ができたら使ってみたいと思いませんか?

普段身体を洗っているボディソープでデリケートゾーンも洗っているという方は多いはずです。

普段使用している石鹸を変えただけでデリケートゾーンの臭いが抑えられたと実感している方はどんな石鹸を使用しているのでしょうか。

今回はデリケートゾーンの臭いに効果があるとされる石鹸にスポットを当てていきます。

石鹸を使用するメリットや注意点なども併せてまとめますので、自分に合った石鹸を探している方は是非参考にして下さいね♪

デリケートゾーンの臭いの原因は?

デリケートゾーンのトラブルの中で、かゆみは薬を塗れば一時的にでもかゆみは治まりますよね。

黒ずみは気になっていても害はないので放っておいても見られなければ問題はありませんよね。

ですが、臭いはふとした時に気になり、香水などでごまかしが効かないため、どうしたらいいのか悩んでいる方が多いようです。

デリケートゾーンの臭いの原因は様々あって、簡潔にまとめると以下の事が考えられます。

  • 体臭(スソワキガ含む)
  • 細菌の繁殖
  • 食生活や生活習慣の乱れ
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 発汗、月経血、おりものなどの臭い
  • 病気

これらの原因を全て解決するのは難しい…と考える方がほとんどかと思います。

自分の生活習慣を変えるにも仕事などで思い通りに行かない事もありますよね。

また、女性は避けられない生理中の臭いやおりものの臭いは仕方ないと諦めている方も多いはずです。

そんなあなたにデリケートゾーンの臭いの悩みを払拭してくれる石鹸についてまとめて行きますね。

デリケートゾーンに使う石鹸の効果って

デリケートゾーンに専用ソープが良いのは何故?

陰部には陰部専用に開発されたソープがあります。海外では専用ソープを使用するのが一般的ですが、日本ではここ数年浸透しつつあります。

専用ソープのタイプは固形石鹸や泡タイプ、ジェルなどがあります。一般的な泡立ちの良いボディソープはアルカリ性が多く、陰部かぶれが起きやすいという難点があります。

それに比べ、どれも刺激が少なくデリケートゾーンに合わせて弱酸性で作られているものが陰部専用ソープになります。

ニオイを解消する

陰部専用ソープの特徴は何と言っても消臭効果が優れていることです。生理時やオリモノの不快な臭いをしっかり抑えながら、長時間持続します。

これはあくまでもケア方法です。ニオイの元である雑菌を防ぐためには蒸れにも注意しなければいけません。

オリモノシートを上手く活用して汚れを放置しないように細目に交換しましょう。

刺激が少ない

市販のボディソープや石鹸は刺激が強いものがほとんどです。泡立ちが良く洗浄力はありますが、デリケートゾーンには負担がかかりやすいのです。

これらのソープで膣内を洗ってしまうと、粘膜が傷つきデリケートゾーンの痒みやかぶれが起こりやすくなります。

デリケートゾーンは、天然成分で作られた肌に刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。理想は無添加質の商品です。

黒ずみ効果も期待できる

陰部専用ソープは黒ずみ対策としても使用できます。この場合に注意してほしいのが黒ずみをキレイに解消する商品ではないということ。

陰部周辺の黒ずみは頑固な色素沈着です。1日や2日使用したからといって黒ずみが肌色になるわけでも薄くなるわけでもありません。

せいぜい肌がワントーン明るくなる程度なので、黒ずみを作らない対策として使用すると良いでしょう。

一般的なボディソープよりは肌に負担がかからないことは確かなので、選ぶ際の参考にしてください。

デリケートゾーンにボディソープは危険?

人間の身体には「善玉菌」があります。実は陰部にも常在菌といって同じ善玉菌が存在します。

これらは、膣内のPHバランスを保ち細菌から守る働きをしています。しかし洗浄力の強いソープを使用すると本来残らなければいけないはずの常在菌までがキレイに流されてしまいます。

そうすると粘膜が弱まり陰部周辺で雑菌が繁殖しやすくなりますから、当然臭いや痒み、かぶれが起こるわけです。

陰部には陰部専用ソープを使用した方が、デリケートゾーントラブルを回避できます。

デリケートゾーンを洗う石鹸を選ぶポイント!

①殺菌や消臭力
デリケートゾーンの臭い対策には、「殺菌力」と「消臭力」が大切です。

殺菌力消臭力の高い成分は「イソプロピルメチルフェノール」「ジャウム」「ミョウバン」「グリチルリチン酸ジカリウム」「柿タンニン」「ヨモギエキス」「クロロフィル」などです。
これらだけではありませんが、これらの成分が配合されているものがよいですよ。

②保湿力
デリケートゾーンが乾燥すると黒ずみや肌荒れの原因になり、それが臭いの原因になってしまう場合もあります。
なので、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」「アロエ」などが配合されているものを選びましょう。

③泡立ち
デリケートゾーンはゴシゴシと洗うのはNG!なので、よく泡立つものが良いです。
濃密なきめ細かい泡で優しく労わるように洗うようにしましょう!泡立てネットで泡立てモチモチの泡を作って洗うとさらに効果的ですよ。

④安全性
着色料や石油系界面活性剤、香料などの添加物が含まれているものは肌の刺激になってしまう可能性がありますので、「天然由来」「無添加」「無香料」の石鹸を選びましょう。

市販の石鹸

市販の石鹸は基本的に身体を洗う目的で作られています。
なので、以下のような特徴があります。

  • アルカリ性
  • 香料や保存料が含まれるものが多い
  • 洗浄力が抜群
  • 肌への刺激が強い

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸は当たり前ですが、デリケートゾーンを洗うために作られた石鹸ですので以下の特徴があります。

  • 弱酸性(洗浄力を高めるためにアルカリ性のものも極稀にあるので注意)
  • 無添加で自然由来の成分
  • 肌への刺激が弱い
  • 殺菌力は高いが常在菌は落とさない
  • 黒ずみのケアが出来る
  • デリケートゾーン独特の臭いケアが出来る
  • 保湿力がある
  • かゆみを抑える効果がある

市販の石鹸とデリケートゾーン専用石鹸の違い

市販の石鹸は身体全体を洗う目的で作られているため、デリケートゾーンを洗うには洗浄力が高すぎて大切な常在菌まで殺菌してしまう可能性があります。

また、無駄な香料が含まれていて逆に膣内のバランスが崩れ臭いがキツくなってしまうことも。

そして、一番肝心な消臭力や黒ずみを消すという効果がないため、デリケートゾーンを清潔にはすることが出来ても、デリケートゾーン専用石鹸のようにかゆみや臭い、黒ずみなどのトラブルには効果がありません。

特にワキガのようにデリケートゾーンにも「すそわきが」というものが存在しますが、その臭いはワキガ同様普通の洗い方では原因菌を殺菌出来ません。

もし市販のものを使用するなら“弱酸性”

基本的に市販の石鹸は洗浄力を高めるために「アルカリ性」のものが多いですが、デリケートゾーンは顔よりも酸性に近いです。

しかし、普段の生活の中でデリケートゾーンの環境が尿や摩擦の影響でアルカリ性に近くなってしまい自浄作用の働きが鈍くなってしまいます。

石鹸がアルカリ性だと肌に負担をかけるので、逆に臭いや黒ずみ、乾燥の原因になってしまいます。なので、「弱酸性」の石鹸を選ぶと良いです。

また、ベビー石鹸などは皮膚が薄くデリケートな赤ちゃんを洗うために作られている石鹸なので、デリケートゾーンのような敏感な部分の汚れを落とすには適した石鹸です。

しかも、最近ではポンプ式の泡で出てくるタイプもありますので、それでそっと優しく洗ってあげることも出来ますね。ただし、臭いや黒ずみには効果はありません。

コラージュフルフル泡石鹸を使ってみた体験談

私個人ではデリケートゾーン専用の石鹸を購入した事はないのですが、職業柄入院している患者さんに対して【コラージュフルフル泡石鹸】を使用していた経過があります。

入院している患者さんは、毎日入浴できない事やオムツを使用している方など様々な状況が重なってデリケートゾーンのトラブルが起こりやすい環境となっています。

臭いやかゆみに効果があったのか載せておきますね。

コラージュシリーズはドラッグストアでもネットでも購入する事ができ、簡単に手に入れる事ができます。

デリケートゾーン専用石鹸で検索しても必ずと言っていいほど上位にランクインしているのはなぜなのでしょうか。

その答えは、以下の通りです。

  • 国内の製薬会社から販売されている(持田製薬・持田ヘルスケア)
  • 抗菌、殺菌効果がある
  • コスパが良い(300mlで2300円…web限定割引などもあり)
  • 泡で出て来るタイプもあって用途に合わせやすく使いやすい
  • 低刺激・弱酸性なので妊娠していても赤ちゃんでも使用できる

デリケートゾーンはどうしても高温多湿の環境となってしまい、菌が繁殖しやすい場所ですよね。

ゴシゴシ洗っても臭いは取れません。コラージュフルフルを使用した入院中の患者さん全員に「臭いが消えた」「かゆみが治まった」などの効果が感じられ、多くの医療機関で今も使われている石鹸です。

体質的にどうしても合わない方もいるかも知れませんが、使ってみて損はない商品だと思いますよ^^



ミノン石鹸について

普通に市販されている石鹸はアルカリ性の石鹸がほとんどですが、ミノン石鹸は普通のアルカリ石鹸が肌に合わない方のために開発された石鹸です。

一般的な石鹸と大きく違うところは、【pHを健康な肌の4.5~6.5と弱酸性に近づけていること】【アレルギーの原因となるアレルゲンをカットしていること】【低刺激で皮膚に必要な皮脂膜を落としすぎずに汚れを落とすこと】が挙げられます。

1973年(昭和48年)に化粧品アレルギーによる肌トラブルを無くしたいという想いから誕生したミノンの名前の由来は3つのNonからきています。

  • non allergie  アレルギー
  • non alkaline  アルカリ性
  • non toxic  低毒性

全ての性別、年齢の方に幅広く使って貰えるよう開発されたミノンは、無着色・無香料・防腐剤無添加なので、アトピーの方でも安心して使用する事ができます。

また、肌荒れ防止成分も配合されているため肌に対してマイルドです。

肌に石鹸カスが残りにくく、洗い上がりがすべすべなのもミノン石鹸の魅力の1つとなっています。

香りも優しいミルクの匂いなので、強い香りが苦手な方にも受け入れられやすいと言えますね。

ミノン石鹸は全身を洗う事のできる固形石鹸だけでなく、ベビー用やボディソープ、シャンプーなども販売されています。用途によって使い分ける事ができるのは嬉しいですよね。

それではミノン石鹸を実際に使用した方々の口コミをみていきましょう。

ミノン石鹸の口コミと評価

ミノン石鹸を実際に使用した方の口コミや評価を載せておきますので、参考にしてみて下さいね。

良い評価

  • 泡立ちが良い
  • 刺激が少なく数回の使用でニキビや肌荒れが治った
  • 洗い心地がすっきりしていて突っ張らない
  • ベビー用や薬用なども販売されていて、肌に合わせて選ぶ事ができる
  • 優しい香りで飽きない
  • 皮膚科で勧められて使用してから、身体の掻痒感がなくなった

悪い評価

  • 保湿力がもう少しあっても良いと思う
  • 傷や炎症を起こしている皮膚の場合はしみる事がある
  • 第一三共ヘルスケアが販売している事で安心感はあるが、コスパ的には微妙
    (80gの固形石鹸で700円前後)
  • 洗いやすさはあるが、洗浄力は弱い気がする

体質や肌質によっては合わないと感じる方もいるかと思いますが、含まれている成分的には肌に優しいものしか使用していないので、「敏感肌でどの石鹸を使用したらいいのかわからない」「どの石鹸を使用してもしっくりこない」という方はミノン石鹸を使ってみる価値はあるかも知れません。

では具体的にデリケートゾーンの臭いにミノン石鹸が効果を発揮するのかについてみていきましょう。

ミノン石鹸はデリケートゾーンの臭いに効果ある?

ミノン石鹸は消臭効果というよりも、肌への刺激が少ないように開発された石鹸です。

40年以上も愛される理由は、【性別を問わず、どんな年代でも安心して使用できる】というメリットがあるからではないでしょうか。

デリケートゾーンは外部の刺激に敏感で、刺激に弱い部位と言えますよね。そのため、肌への刺激が少ないミノン石鹸はデリケートゾーンの洗浄に適している事が言えます。

特に敏感肌の方や皮膚がデリケートな方の場合は、スーパーやドラッグストアで安く売られているボディソープを使っていると身体に合わず、痒みや皮膚の炎症を引き起こしている可能性があります。

また、保湿成分が多く含まれている石鹸もデリケートゾーンにとっては雑菌の繁殖を促す環境を作り出している事に繋がっている可能性もあります。

デリケートゾーンのみミノン石鹸を使用するなど、あなたの身体に合った使い方で試してみてもいいかも知れませんよ^^

MINON(ミノン) スキンソープ 80g

MINON(ミノン) スキンソープ 80g

590円(08/15 01:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジャムウハーバルソープについて

ハーバルソープという名前は耳にした事があるという方もいるかと思いますが、数あるハーバルソープの中でも今回は213万個売り上げているジャムウハーバルソープについて紹介して行きたいと思います。

まず「そもそもジャムウって何?」という方もいるかと思いますので少し触れさせて下さい。

ジャムウとはハーブなどの天然素材を独自に調和したものの事を言い、日本ではまだあまり認知されていないかも知れませんが、インドネシアでは世代を問わず各家庭で受け継がれるものらしいです。

このインドネシアでの製造方法を元に、もっと日本人女性の肌質に近づけるために独自の製法で製造されたものがジャムウハーバルソープなんですね。

ジャムウハーバルソープと一般的な他の石鹸を比較した時の違いについてですが、ジャムウハーバルソープはデリケートゾーンの悩みを解消するために開発された自然派石鹸に対して、一般的な石鹸はたくさんの科学成分が含まれています。

デリケートゾーンの臭いはもちろん、黒ずみにも効果があるとされるジャムウハーバルソープは、天然由来の成分がふんだんに使用されていて1つ1つ丁寧に作られています。

さらに、防腐剤や安定剤・科学香料も使用していないので、身体にとって刺激となる成分を一切排除しているという事になりますね。

赤ちゃんから大人まで、さらには敏感肌などの肌トラブルを抱えている方でも安心して使う事ができる石鹸なんです。

具体的な成分をいくつか紹介すると、ヤシ油・カミツレ油・アロエベラ・オタネニンジンなどが含まれていて、デリケートゾーンだけでなく全身に使って頂ける石鹸になっています。

では、実際にジャムウハーバルソープを使用した方の口コミを見て行きましょう♪

ジャムウハーバルソープを実際に使ってみた方の評価

様々なサイトに口コミが載っていますが、実際のところ本当に効果はあるのでしょうか。デリケートな悩みだからこそ本音の口コミをまとめてみましたので、購入を考えている方は参考にして下さいね。

高評価

  • 使ってすぐにデリケートゾーンの臭いが気にならなくなった
  • しばらく使用していたら黒ずみが気にならなくなった
  • 思っていたより硬いので石鹸の減りが少なくコスパが良い
  • デリケートゾーンだけでなく脇などにも使用でき、汗臭も軽減された気がする
  • 優しい香りがするので飽きない

低評価

  • 一般的な石鹸と比較すると泡立ちが悪い
  • 2週間使用したが、臭いも黒ずみにも変化がない
  • 肌に合わず痒みが出てきてしまった

似たような口コミもあったので、代表的な評価を載せてきましたが、これらの評価を総括すると「植物エキスなど天然由来の成分によって生理の時などの臭い対策に効果は発揮するが、完全に臭いが消える訳ではなく【臭いを抑える】評価が多い」という事と、デリケートゾーンの黒ずみは「短期間での効果は期待できないが、使い続ける事によって少しずつ効果を感じている方がいる」という事が総評になるかと思いました。

肌質も十人十色なので、いくら天然成分にこだわって開発されたハーバルソープでも肌に合わないと感じる方がいてもおかしくありません。

ですが、高評価の口コミが多いのは効果を実感している方が多いという事になりますので、自分の肌に合うかどうかを確かめるためにも使ってみて損はないと思いますよ。

マジックソープについて

マジックソープについて知っている人やすでに使っている人もいるかも知れませんが、知らない人や興味を持っている人のためにここで少し紹介させて下さい。

マジックソープとは、アメリカのファッション雑誌「VOGUE(ヴォーグ)」で、これまでにないほど大きく取り上げられ、全米で売り上げNo1の石鹸となりました。

マジックソープが日本に上陸してからは約10年が経過していますが、販売開始されてすぐに他と比べものにならない品質からリピーターが多い石鹸となっています。

固形と液体タイプがあり、用途に合わせて選べるのが魅力ですが、固形タイプの方が泡立ちが良く洗浄力も優れているようです。

ではマジックソープの人気の秘密について、品質や成分についてもっと掘り下げてみますね。

一般的な石鹸は界面活性剤や合成添加物など、石鹸の原料に科学的な成分が含まれているのに対して、マジックソープは全て天然素材からできています。

天然素材のみを使用しているため、合成保存料や合成着色料ももちろん使用していません。

さらにオイルにもこだわっているマジックソープは、100%天然でオーガニック(有機栽培)のものを使用しています。

天然にこだわっているという事は、赤ちゃんから大人まで安心して使用する事ができますし、敏感肌の人でも使える石鹸として爆発的な人気が出たんですね。

アメリカではスーパーマーケットで必ずと言っていいほど売られているくらい普及していますが、日本ではまだ認知度も販売店舗もアメリカほどではありません。

ですが、雑貨店やコスメショップ、ドラッグストアなどで取り扱いのある店舗も増えてきていますので、外出された時は探してみて下さいね。

そして、コストコでは他では手に入らない大容量サイズの取り扱いがあります。

価格も他で購入するより安く手に入れる事ができるのが魅力です。

「近所に取り扱い店舗があるのかわからない」という方は、アマゾンなどのWEB注文で購入する事も可能ですので検索してみて下さい。

マジックソープは様々な用途がある!

マジックソープと聞いて「何がマジックなの?」と思った方もいると思いますので、ここではマジックソープの驚きの使い方を全て紹介していきたいと思います。

  • 普段のシャンプーとして
    髪がパサつくという口コミもありますが、【適切な濃度】で使用するとトリートメントなしでも充分なほど、洗い上がりがしっかりしています。
  • ボディソープとして
    乾燥するという口コミもありますが、【適切な濃度】で使用すると乾燥せずに洗う事ができます。
  • ハンドソープとして
  • 洗顔料として
  • バブルバスとして

天然成分でしかも無添加ですから、シーンを選ばずに使用できるのがマジックソープの魅力と言われています。他にもまだまだ驚きの用途があるので紹介を続けますね。

  • 歯磨き粉として
  • 犬用シャンプーとして
  • 洗濯洗剤として
  • 食器用洗剤として
  • 野菜や果物洗いに
  • 拭き掃除の洗剤として
  • 好きな香りを芳香剤として

いかがですか?マジックソープという名前の由来を理解して頂けたかと思います。

ちなみに日本で販売されているマジックソープは11種類の香りがあり、ティーツリーやシトラスなど爽やかな香りが人気となっているようですが、是非色々試してみてあなた好みの香りを見つけて下さい。

どの香りもキツくなく、飽きのこない優しい香りですよ♪

マジックソープの使い方

マジックソープを使用する上で1つだけ注意して頂きたい事があります。

私も知らずに使って肌が荒れた経験があるのですが、よく取説を見てみると【基本的には薄めて使用】と書かれています。

環境や地球に優しい成分でできているのに、油汚れに強い効果を発揮するマジックソープなので、用途に合わせて濃度を変更する必要があると言えます。

私も実際に使用し始めた時は、固形タイプのマジックソープをそのまま使用していましたが、肌が突っ張るような感覚があり使用を止めようかと思った時がありました。

その時に調べていると濃度を薄くして使用するといいと書かれていたので、きちんと泡立てて使うようにするとメイク落としがいらないほどメイクはしっかり落ちるのに、肌はしっとりしたので今も使用しています。

特に肌に使用する場合は、最初は薄めの濃度から使用を開始してみるといいと思います。

自分に合った濃度で使用すると、使い心地は優しいのにメイクなどのハードな汚れもしっかり落としてくれるので手放せなくなると思いますよ♪

「デリケートゾーンに使用するしてもいいの?」という質問も多いマジックソープですが、天然成分で無添加ですから、もちろんデリケートゾーンの洗浄に使用しても全く問題ありません。

むしろ「他の石鹸を使用するよりデリケートゾーンの臭いが気にならなくなった」という口コミもありますので、身体にとって害は全くありませんし、使用してみて損はないと思いますよ^^

マジックソープ ローズ 944ml

マジックソープ ローズ 944ml

1,973円(08/15 01:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

デリケートゾーンには専用の石鹸を使っているか聞いてみました。

私はミノンを使用してデリケートゾーンの臭いを解消するように心がけています。ポンプ式と固形のものがありますが固形のものを使用して泡立てネットを使ってきめ細やかな泡を作り、優しく皮膚を傷めないように丁寧に撫でる感覚で洗っています。ミノンは全身、顔、頭にまで使用することができるのでとても重宝しています。敏感肌の方にも安心して使っていただけるように作られています。
最近雑誌で家族と同じ石鹸を使い体を洗うのは、とくにデリケートゾーンを洗うのは不衛生だという記事を読んでから、主人とは別の石鹸を使うようにしています。主人は普通の固形石鹸を使っていますが、私はDr.ブロナー マジックソープを使っています。デリケートゾーンをタオルでゴシゴシ洗うのは抵抗があるので、しっかり泡立ててから、手で出来るだけ優しく洗うようにしています。無添加であるのに洗浄力が強いのでデリケートゾーンの臭いも気になりません。
汗をかくような暑い季節はもちろん、そうでない季節も、生理やおりものでデリケートゾーンの臭いは女性にとって、常に気になるものですよね。こまめにシャワーを浴びるのが一番の対処法なのですが、その際には液体のボディソープではなく、昔ながらの固形石鹸が殺菌作用も強く、消臭効果もあると思います。お気に入りは、牛乳石鹸の青箱です。赤箱はしっとりタイプなのに対し、青箱はさっぱりタイプなので、より効果を感じられます。
ナイーブの固形石鹸を使い、素手で洗うのは抵抗があるので、泡立つスポンジで洗っています。 私は、生理の時でも湯船に入りたいので自分専用のタオルがあるので、ゾーンに当てながら入り、また洗う時もいつもとスポンジが汚れてしまうのでタオルに石鹸を付けて綺麗にしています。 ちなみに、生理は1日で終わらないので清潔感を保つ為にタオルは一回一回洗濯機に入れている。 生理の話になってしまいましたが、通常の時も固形石鹸を使いナイーブは桃のような、良い香りなので気持ち良いです。 デリケートゾーンを洗った後もさっぱりします。
アンダーヘアの長さが気になる
アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ビオレの泡ソープ デリケートゾーンなのであまり擦りたくないし、泡ソープだと優しく洗えます。ビオレは香りもきつくないのでちょうどいいです。
ラブコスメジャムウ・ハーバルソープ 男性がどう思ってるのかわからないので、なるべく臭いはない方がいいなと思い、香りのいい石鹸がいいのかと思っていたのですが、刺激が強いと逆に臭いの原因になるとかも知り、一概にそうではないと知ってどんなのがいいんだろうと、たまたまネットの広告であった商品でみて、黒ズミやニオイが解消される石鹸との事で、試しに使ってみました。男性に聞けるんけもなく、自分では効果があったかどうかはよくわかりませんでした。
生理中特にデリケートゾーンの臭いが気になるのでネットでいろいろ調べてみたところ、普通の石鹸で洗いすぎるのもよくないという記事をみつけ、ジャムウ石鹸というものを購入してみました。パックをして利用するというものでしたが、泡がとても柔らかく刺激もありませんでした。効果も感じたので継続して利用しています。
オリモノや生理中のニオイが気になりネットで検索して「LC’sジャムウ·ハーバルソープ」を購入し使っています。価格は約2千円です。 泡立てネット等で泡立ててから3分置いて洗い流すものです。黒ずみのケアにも使えるそうです。 洗った後はスッキリしますしニオイも取れている気がします。黒ずみについてはまだ分かりませんが、使い続けて消えたら嬉しいです。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

デリケートゾーン用の石鹸に効果はありましたか?聞いてみました。

みなさんは、デリケートゾーンに悩みを抱えてはいませんか?

デリケートゾーンって、お手入れの方法であったり、痒み、かぶれ、生理での不調、そして特に多いお悩みとして、ニオイが挙げられます。

そんな悩みを抱えている女性が多い為、今ではドラッグストアやネット通販などでも、安価~高価なものまで、デリケートゾーン専用ソープが数多く販売されておられます。

効果が得られたと実感された方も居れば、効果はなかったと実感を得られなかった方など、効果なども様々ありますが、一度は試してみたい気になる専用ソープ…

実際に、使用した事のある方は、使用してみてどう感じたのでしょうか?

そこで、今回みなさんには実際に『デリケートゾーン専用の石鹸やボディソープを使ってみて効果はありましたか?』と言う質問をしてみました。

ハサミ
ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

ハサミを使ったアンダーヘアの処理について アンダーヘアを処理するにあたり、最も低コストで意外と難易度が高い方法がハサミを ...

私はLCコスメティックさんから販売されているジャウムという石鹸を使用してデリケートゾーンを洗浄しています。泡立ちがよいので洗顔のときのように泡作りのネットがなくてもたくさん泡を作ることができます。その泡でデリケートな場所を包み込むように洗っています。洗いあとが清潔に保たたれ保湿効果があります。 下着へ触れるデリケートゾーンのにおいもない状態へと変わりました。
効果がありました。わざわざデリケートゾーン専用の石鹸など購入する必要があるのかと半信半疑で使ってみたら、全然ニオイはしなくなりました。デリケートゾーンの常在菌がネックらしく、いつもの石鹸では良い菌まで殺してしまっていた様です。それ以来ずっと使い続けています。デリケートゾーン用のものは効果が薄いのではと心配していましたが、無用の心配でした。
デリケートゾーンが気になって、コラージュフルフルのボディソープを使っていました。 普通のボディソープではなかなか変化がなかったのですがこれは使い続けたら変わりました。商品事態は臭い向けなので全身使えると思いますが内容量が少ないので全身洗いはせず、デリケートゾーン専用に使いました。
デリケートゾーンの匂いを気にして、エルシーラブコスメティックのジャムウ・デリケートソープを使っていました。3ヶ月使いましたが、目に見える効果はよく分かりませんでした。高評価の口コミの数々を読んでいたので、効いてる!と思い込んでいたところもあります。デリケートゾーンの匂いは毎日出てしまうので、仕方ないものなのかとも思います。こまめにシャワーできれいに流すのが一番だと思いました。
以前からデリケートゾーンの匂いが気になっており、ネットで購入したデリケートゾーン専用の石鹸を使用してみたことがあります。 普通のボディソープだとしみて痛くなることがありましたが、専用の石鹸だとしみることはなく安心して使用できました。 肝心の匂いですが、石鹸自体はほぼ無香料なのに気になるデリケートゾーンの匂いが薄くなったと実感できました。石鹸の匂いでごまかしていないので効きめがあるんだなと思いました。
アンダーヘアの永久脱毛
アンダーヘアの永久脱毛で失敗しないために!サロンとクリニックの違い

アンダーヘアの永久脱毛を経験した方には失敗してしまった方もみえます。失敗しないためにはどうしたらいいのか、実際に脱毛を経験された方の声を聞いて施術前の参考にして頂けたらなと思います。

読んでもらいたい記事

373,098view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

137,267view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,888view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-