トラブル

病気が原因でデリケートゾーンが臭くなったことはありますか

更新日:

病気であそこが臭う

デリケートゾーンの不快な臭い

普段から気を付けているデリケートゾーンの臭いですが、時々ツーンと鼻につく不快な臭いを感じることはありませんか?

女性の身体はホルモンに左右されやすく、オリモノや生理中の雑菌により臭いが増す場合があります。

しかし急激なオリモノ増加や陰部に強烈な痒みを伴う場合、病気の可能性が高くなります。そこで考えられる病気の種類と特徴をまとめました。

1カンジダ症

ヨーグルト状のオリモノや陰部の激しい痒みが特徴です。カビの一種で普段は悪さをすることはありませんが、免疫低下やセックスで感染すると、菌が異常繁殖を起こし症状が現れます。

あまりの痒さに性器が赤く腫れあがる場合があるので、早急に婦人科系を受診してください。

2クラミジア感染症

症状が少なく、オリモノの増加や下腹部の痛みが特徴です。発症する多くはセックス感染によるものです。

症状が現れにくいことから、発熱やのどの炎症で病気に気付くケースもあります。のどの炎症は、オーラルセックスによる体内の感染と考えられています。

特に妊娠中は胎児に影響する可能性があるので、しっかり治療して完治を目指しましょう。

3トリコモナス膣炎症

黄色いオリモノや泡立ったオリモノ、陰部の異臭が特徴です。痒みを通り越して、排尿痛や子宮に痛みを訴える場合もあります。

膣に寄生する病気なので、しっかり薬を服用して完治させます。潜伏期間は約2週間、症状が多いため、何らかの異常に気付くケースが多いです。

4子宮頸がん

臭いはほとんどなく、茶色のオリモノや血が混じる場合があります。下腹部の痛みや腰痛など進行度合いにより症状が異なるので自己判断は禁物です。

生命にかかわる危険な病気です。異常が現れた場合は早急に対処してください。

子宮頸がん主な症状

・月経外出血
・オリモノの急激な増加
・下腹部や腰痛、身体の痛み

主な症状は3つ。生理以外の出血やオリモノ増加、下腹部の痛みが現われた場合は医師へ相談の元、治療を開始してください。

5子宮内膜症

生理が来るたびに痛みが増していく特徴があります。オリモノや臭いで異常に気付く場合もあるでしょう。

また肛門の奥の痛みや、セックス時の膣の痛みも子宮内膜症の症状の一つです。

生理が来るたびに身体が動かず寝込む、または生活に支障をきたすほど生理痛に悩まされているという女性は一度、産婦人科系で診てもらうと安心です。

まとめ

デリケートゾーンが臭いからといって性器をゴシゴシ洗うと逆効果です。

陰部は粘膜ですから、弱酸性のソープで軽く洗い流すくらいがベスト。

陰部専用のソープがおすすめですよ!

石鹸は何を使っている
デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

デリケートゾーンの臭い対策 デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は意外に多いと思いますが、石鹸で臭 ...

次のページへ >

読んでもらいたい記事

336,498view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

130,534view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,411view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-トラブル
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.