アンダーヘア

VIOラインの処理方法と脱毛について

更新日:

Vライン

Vラインの処理方法について

アンダーヘアの中でも最も目立ち、整える形も様々である場所が“Vライン”です。

下着や水着で覆いきれない無駄毛のことで、生えていると衛生的にも見た目の印象も悪くなるため綺麗に処理することが望ましい部分です。

Vラインを自宅で処理する方法やサロン・医療機関で処理する方法があり、また毛の“長さ”と“範囲”両方を少しずつ減らして好みのアンダーヘアを作り出すことができます。

こちらではアンダーヘアのVラインについて、処理方法や処理するメリット、また形や毛の長さについてご紹介致します。

Vラインの処理方法

女性の90%以上の方がVラインの処理を行っていると答えるほど、現代では処理をするのが当たり前になっています。

まず自己処理で“範囲”を減らす方法です。皮膚にダメージを加えずにVラインを整えるにはIラインシェーバーが最も適しています。

肌に直接触れない設計になっているので、色素沈着や埋没毛を防ぎながら範囲を調整できます。

アンダーヘア用のコンパクトなものですので小回りがきき、より処理しやすいです。

範囲を整える際に、下着や水着を履いたまま行うやり方やVライン専用プレートを用いて好みの形に整えるやり方があります。自分のやり易い方法を選びましょう。

事前に毛を柔らかくするため蒸しタオルを当てたり、保湿ローションを塗布して肌を保護した状態で進めることが重要です。処理後も保湿は欠かせません。

次に“長さ”を調整する方法です。ヒートカッターを使用することで毛の先端を丸くし、手触りの良いVラインにすることができます。

流れとしては、範囲を整えた後に長さを調節すると上手くいきます。毛抜きやワックス脱毛での処理は、目立つVラインにおいては黒ずみのリスクが高いのでお勧めできません。

また脱毛サロンや医療機関で行う光を用いた脱毛法ですと、長さと範囲を同時に調節することができます。時間とコストを考慮した上で、受診してみるのもひとつの手です。

殆どがVIOラインのセットコースになっているので、特に見た目が気になるVラインについては詳しく毛の質を診てもらい、要求を伝えて好みの形を相談することが重要です。

デリケートな場所なので、自己処理・脱毛サロン・医療機関どれも肌トラブルが出る可能性がゼロとは言い切れません。もし違和感が出たらすぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

Vラインの適切な長さは?形はどうしよう?

Vラインの長さによって、快適で尚且つ見た目も綺麗に整えられます。1cm単位でも細かく感覚が変わりますので、厳密に処理することで不安も解消できます。

必ずその長さにしなければならない、という訳ではありませんが、Vラインは2cm前後が最も綺麗に見える長さと言われています。下着や水着からはみ出ることも殆ど無く、デリケートゾーンに向けてグラデーションしながらしっかりと隠せる機能的な長さです。

Vラインの中でも外側の部分は気持ち短く、内側にかけるに連れて長くなるように微調整をしましょう。段差があるVラインは、長さを一定にしてしまうと毛がはみ出してしまう可能性が増えるのです。

形ですが、一般的なのは逆三角形のスタイルです。長方形や卵型、毛が必要無いという方はハイジニーナにされることもあります。
逆三角形は一番女性人気が高い形ですので、迷ったらまず逆三角形にしてみて、不満があれば次に生えてきた時に形を変えると失敗が少ないです。

ナチュラル派の方もしっかり処理派の方も、最低でも上と両サイドのラインは綺麗に整えることが大切です。

Vラインを処理するメリットとは

第一に、下着のラインの毛が少なくなるので蒸れずに快適に過ごせることです。下着や衣類、ナプキンでかぶれ易い方は、肌トラブル予防にもなります。またそれに伴って匂いや痒みも軽減することが多いです。

第二に、見た目が良くなるので、自信を持って生活できるようになることです。
ボサボサの状態では同性・異性共に不潔なイメージを生み出してしまいますし、海やプールなどではみ出した毛を気にせず満喫できることはストレス減少にも繋がります。

Vラインを処理した後は晴れやかな気分で、性格自体が明るくなった人もたくさんいらっしゃるので、メリットが非常に大きいです。

Vラインのまとめ

Vラインはヘアスタイルと同じくらい重要な部分ですので、一度に毛量を少なくするのではなく徐々に調節することが求められます。

また美容室のように、Vラインは施術する人が形をオススメすることがあまりありません。

必ず自分の要望を実現するために、必要な情報を仕入れた上でカウンセリングに臨みましょう。

Iライン

Iラインの処理方法について

アンダーヘアの中でも構造的に最も処理が難しく、デリケートな場所が“Iライン”です。

毛の量は個人差がありますが、内部まで生えている方は処理する範囲を決めにくい部分でもあります。最初から体質的にIラインが薄い人もいらっしゃいます。

男性としてもIラインは必ず処理して欲しい、と思っている人が多く、女性としてはプレッシャーに感じる方も少なくありません。

こちらではアンダーヘアのIラインについて、処理方法や処理するメリット、また適切な毛の長さについてご紹介致します。

Iラインの処理方法

Iラインの場合、性器や粘膜により近い場所になりますので処理方法も注意して選ばなくてはなりません。

欠かせないアイテムは、Iラインシェーバーです。

Iラインシェーバーの良いところは、肌に直接触れない点です。粘膜を傷つけてしまうと排泄の際に痛みを伴う場合もありますし、色素沈着など見えづらい部分ですが見た目が悪くなることがあります。

ローションなどで肌を保護し、電気シェーバーで長さを整えた後にヒートカッターで微調整をする流れを習慣づけることで、衛生的なIラインを維持することができます。

ハサミで最初に長さを決める方法もありますが、Iラインの内側に毛量が多い方は左右のバランスを取りにくいのでお勧めできません。

Iラインシェーバーは肌に直接触れない為、炎症などを抑制することが可能です。

また下着から突き出づらい毛質になりますので、安心して薄着になることができます。

コツとしては、最初にクシを利用して毛並みを整えておくことです。

Iラインは毛の生える方向が一定ではないので、そのまま処理を始めてしまうとバランスの悪い状態になってしまいます。

しっかりと毛の流れを整えた上で処理を始めましょう。

脱毛サロンや医療機関で処理する場合、身体の中でも痛みを伴いやすい場所なので細心の注意を払って施術に臨む必要があります。特に医療レーザー光を利用した永久脱毛は強い痛みを感じるケースも多いです。

他にも光を使用する脱毛はメラニン色素に反応するので、Iラインが元々黒ずんでいる方はやけどの恐れもあります。事前にスタッフの方に相談しておくことが重要です。

脱毛サロンや医療機関によっては肌を吸い上げながら行ったり、光と同時に冷却ガスを噴出するなど独自の技術で痛みを緩和してくれるところもあります。

Iラインの場合痛みが全く無い、ということの方が稀ですので、ある程度は腹をくくって施術を受ける勇気も必要です。

Iラインだけを施術することもできますが、VIOセットで施術を受けたほうがコストを抑えられる場合もありますので事前にリサーチしておきましょう。

Iラインの適切な長さは?

カットし過ぎてしまうと性器が丸見えになってしまい、不自然に見える場所がIラインです。

具体的な適切な長さは、“3cm”と言われています。しっかりとデリケートな部分を隠せますし、蒸れるという心配も少ない長さです。

Vラインと比較すると気持ち長めに残しておくことがポイントです。もしVラインを3cm以上の長さにしたい場合は、Iラインもそれに合わせて長めに調節しましょう。

無毛にする方法もありますが、Vラインは普通に残しているという方は男性に驚かれてしまうことがあります。臭いを抑え、清潔に保つという点では大変効果的ですので、無毛にする場合半永久脱毛から初めてみることをお勧め致します。

Iライン処理のポイントとは

自己処理で整える場合、こまめにクシでとかして長さや量のバランスを確認することが大事です。いつの間にか減らしすぎて恥ずかしいIラインになっていた、なんてことを回避する為に、少し手間がかかってでも作業に加えましょう。

慣れてくると15分前後で処理をすることができますが、初めは慎重に手を動かすことで肌トラブルを減らせます。

脱毛サロンや医療機関ではIラインから進めずにまずVラインを処理して、全体のバランスを見てから取り掛かる方が見た目の失敗がないので、工夫して計画的に脱毛を行いましょう。

 

Iラインのまとめ

Iラインの処理は、少し皮膚を引っ張りつつ進めることで安全性を高めることができます。鏡や台などを使用して、何度も注意深く確認しながら作業をすることが重要です。

デリケートな部分なので人に見せるのは抵抗がある方が多いですが、見えにくい場所を丁寧に施術してもらえるメリットを考慮して自分に合った方法を選びましょう。

Oライン

Oラインの処理方法について

アンダーヘアの中でも最も見えにくく、自分で生えていることを確認することが困難なお尻の穴の周りの部分が“Oライン”です。

人目につかない場所なので処理を怠ってしまいがちですが、意外と濃く生えていることもありTバックなど面積の狭い下着を着用すると知らぬ間にはみ出ている可能性があります。

細かいところまで処理しておくことが美意識を高める秘訣ですし、後ろ姿も自信を持って過ごしたいですよね。

アンダーヘアのOラインについて、処理方法や処理するメリット、また毛の長さについてご紹介致します。

Oラインの処理方法

もしIラインを処理している方の場合、Oラインも同時に処理しないとバランスが悪く、またパートナーに驚かれてしまうこともあります。

基本的にOラインは、見た目・衛生面を考慮してもあまり毛が生えている必要のない部分だと言われています。

また肛門付近は粘膜に近いデリケートな部位であるので、自己処理を行う際には細心の注意を払って進める必要があります。

肛門付近に傷などが無く、肌が敏感でなければ除毛クリームや除毛ローションを使うと簡単に綺麗に処理ができます。

最近は刺激の少ない除毛クリームが販売されているので、それほど肌に負担はかかりませんが個人差がありますので、使用する前は必ずパッチテストを行なって肌に合っているか確認しましょう。

Iラインシェーバーを使っての処理も肌を痛める心配がなく手早く処理ができます。

個人差はありますが、2週間に1度程度の処理でOラインを綺麗に保つことが可能です。

他にも家庭用脱毛器での処理方法があります。

光を用いて毛の量を減らすので、全身に使えるものを選べばより毛の自己処理時間を短縮することができます。

ただし、Oラインは痛みを感じやすい部分であり、毛が濃い方は強い痛みを伴う確率が高いです。値段も高額なものが多いので、自分の毛質を考慮してから購入しましょう。

剃刀やブラジリアンワックスでの処理も不可能ではありませんが、鏡で見ながら行うと処理残しが心配されます。また毛嚢炎・埋没毛を引き起こすこともあり、ダメージが改善しにくく日々の排泄にまで影響を及ぼす可能性もあるのでリスクを充分に理解した上で行いましょう。

脱毛サロンや医療脱毛でOラインを処理する場合、スタッフに恥ずかしいところを見られるということが懸念されますが、見えない部分を処理してもらえるので安全性が非常に高いです。

医療脱毛ではレーザー光の出力が強いので平均6回程度通えば処理を完了することができ、脱毛サロンではOラインに生えている毛量にもよりますが15回前後で完了できるケースが多いです。

しかし色素沈着を起こしやすい部分なので、出力を弱めるなどして実際は思ったよりも回数がかかることがあります。

事前のシェービングが上手くできるか不安な方もいらっしゃると思いますが、Iラインシェーバーを利用すれば失敗が少ないです。

うつ伏せの状態でお尻の肉を避けながら処理を進めるので、慣れれば恥ずかしさも感じにくいです。

できればお試しコースなどでお得にOラインを一度施術してもらい、感覚を見てその後の処理計画を決めることをお勧め致します。

Oラインの適切な長さは?

長さについてですが、衛生面を考慮すると全て処理した方が安心です。生えていて得することは少なく、また肛門が丸見えになる恐れもないのでツルツルに処理する決断を下しやすい部分です。

毛を残す場合は、Iラインよりも短く、を意識して量を減らすイメージで整えていきましょう。

Oラインを処理するメリットとは

排泄物が残りやすい部分であるOラインは、毛を処理することで蒸れや痒みを抑えることができ、衛生的なデリケートゾーンをキープすることができます。

男性の中には、女性はOラインに毛など生えていない、と思い込んでいる人もいらっしゃいます。

アンダーヘア処理のテーマとも言える“清潔感”と“見た目の美しさ”両方のバランスを取るためには、Oライン処理まで抜かりなく行いましょう。

また臭いの元も抑えることができ、毛がはみ出る心配も少ないので薄着でもストレスなく過ごせる点も大きなメリットです。

Oラインを処理する際に注意すべきことは?

元々黒ずんでいる人が多い部分であるOラインは、処理する際に現状よりも黒ずみを進行させないよう配慮する必要があります。

その為に、処理が終わった後のクールダウンと保湿は欠かせません。デリケートゾーンに使用できる保湿ジェルやローションを必ず準備しておきましょう。

また日常的な注意点ですが、脱毛サロンや医療脱毛の効果を減らさないためにもトイレで擦るように拭いたり、締め付ける下着を長時間着用しないように心掛け、普段から黒ずみ対策をしておきましょう。

自己処理の際には大きめの鏡を用意して、確実に見える状態で行うことがトラブルを回避するコツです。

Oラインのまとめ

Oラインは、肌に負担をかけず処理することが身体の部位の中で最も重要な部分です。

また、色素沈着が進んでいる人は処理後に黒ずみが目立ってしまうケースもあります。

脱毛サロンや医療脱毛では色素沈着を減らし、美白効果をもたらす施術を提案してくれる場合がありますので、悩みを抱えている方は相談してみてはいかがでしょうか。

女性の10人中6人がVIOの処理をしている!

声を大にして言わないだけで、VIO脱毛をしている女性はたくさんいます。特にVラインのハミ毛を解消するために処理している女性が多いので、サロンやエステでしっかり脱毛している方もいれば、家庭用脱毛器でコッソリお手入れしている方もいます。

10人中6人の女性がVIOの処理をしていると聞いて驚かれる方もいますが、今のサロンやエステは、コース料金が安いうえにお試し脱毛キャンペーンがあるので、通いやすい傾向にあります。

敷居が高いイメージを持たれやすいVIO脱毛ですが、そういうサービスを上手く利用することで、手軽に処理することができます。

VIO脱毛はするべき?

VIO脱毛と一口に言っても、ビキニラインや性器周辺、肛門周辺とそれぞれ脱毛部位が異なります。

Vライン(ビキニライン)を脱毛している女性は多いですが、はたしてIラインやOラインまで徹底して処理している方はどれくらいいるのでしょうか?

職業(モデル・サロンスタッフ)や個々の美意識の問題もあるのでしょうが、普通に考えてOラインまで脱毛している女性は少ないです。

仮に気になっていたとしても、自分で上手く処理している方が多いです。

口コミを見ても、IラインやOラインを脱毛している方はごく一部。ワキやVラインを意識している方が多い印象があります。

そもそもVIO脱毛の目的は?

そもそもVIO脱毛をする目的には、どんなことが挙げられるのでしょうか。海外では衛生面を考慮してVIO脱毛される方が多いですが、日本では見た目を意識して脱毛に踏み切る女性が多いです。

やはり、水着や下着からムダ毛がはみ出ている姿は、滑稽で女性らしさに欠けています。ツルツルのハイジニーナではなくても、減毛やVラインをある程度整えているほうが、見た目もスッキリして自分に自信が持てます。

目的1・ムダ毛のはみ出しを防ぐため
VIO脱毛をする一番の目的は、ムダ毛のはみ出し防止です。サロンやエステは永久脱毛ではありませんが、定期的に脱毛を続ければ毛乳頭が弱まり、ムダ毛を生えにくくすることができます。

クリニックは高額な費用がかかるため、サロンやエステでVIO脱毛をしている女性が多いです。

目的2・剛毛解消
アンダーヘアの毛質や毛量に悩み、VIO脱毛に踏み切る女性もいます。硬い毛を伸びきった状態で放置し、下着の中におさまらず上からはみ出てしまった経験はありませんか?

これでは、いつまでたっても剛毛を解消することはできません。気になる方は、VIO脱毛でアンダーヘアのボリュームを減らし、毛質を柔らかくしてあげると良いでしょう。

VIO脱毛は、減毛や毛質改善に役立つ方法です。

IラインやOラインを脱毛している女性は少なく、Vラインは多くの女性が経験されています。

ムダ毛処理はエチケットの一つですから、まずはVラインのVIO脱毛から始めてみることをおすすめします。

 

サロンとクリニックどっちが良い?VIO脱毛を選ぶ基準は?

脱毛をする時は、サロンとクリニックどちらかを選ばなくてはいけません。友人の紹介や利便性など、選ぶポイントも人それぞれです。

またサロンとクリニックは全身のあらゆる部位の脱毛に対応することはできますが、施術費用や脱毛効果など、長い目でみると異なる点が多いです。

サロン派

アンダーヘア脱毛にかかる費用も選ぶ際の重要なポイントです。サロンで施術を受ける場合の回数は8~10回が理想で約10万円の費用が必要です。

サロンは永久脱毛とまではいきませんが、それに近い脱毛効果と全国展開しているサロンが多いため選びやすいというメリットがあります。

また、お試しコースで脱毛体験できるところも魅力です。

クリニック派

アンダーヘアの永久脱毛を希望するならクリニックに頼るしかありません。医療脱毛と呼ばれるものは使用する脱毛機器や脱毛部位など、全て医師のみが行える医療行為にあたるため、法で禁じられています。

そのため費用が桁外れに高く、経済的な負担は否めません。しかし永久と謳われるように脱毛持続期間が長く、万一の皮膚トラブルに医師が対処してくれるというメリットがあります。

ですから、皮膚が弱い人やアトピー肌の人には医師に診てもらえるクリニックをおすすめします。

※金額設定はクリニックにより異なります。サロンと比較してVIO料金が変わらない場合は永久的な脱毛効果がえられるクリニックをおすすめします。

サロンとクリニックの脱毛に関する大きな違い

サロン脱毛とクリニックで行なう医療脱毛は異なります。サロンやエステはフラッシュ脱毛、クリニックはレーザーを用いた施術になります。

扱う機器が異なるため、当然ながら脱毛効果の差は生じます。クリニックでしか受けられない永久的な完全脱毛に対して、サロンやエステは一時的な脱毛しか許可されていないため、再び毛が生えることになります。

扱える脱毛機器が異なる

・クリニック/レーザー脱毛は永久脱毛が目的

・サロンやエステ/フラッシュ脱毛は一時的な脱毛処理が目的

サロンの特徴は脱毛費用の安さ!

永久脱毛とまではいきませんが、それでも脱毛効果は十分期待できます。女性の中には、痛みや費用を考えると、サロンの方が施術を受けやすいという回答もあります。

サロン業界は価格競争が激しく、ワンコイン脱毛お試しキャンペーンが設けられている店もあります。

脱毛部位にもよりますが、おそらくクリニックの半分以下の金額でサロン脱毛することができます。

サロンの全身脱毛が約10~15万円、クリニックの場合は30万円以上の費用設定が一般的です。

サロンは安全?危険?

噂が広がり誤解が生じているようですが、サロン脱毛が危険というわけではありません。もちろん、医療行為である医療脱毛を行っているサロンやエステがあるならば完全に違法になります。

しかし、そのへんは営業停止どころか二度と店を開けなくなるため、現在営業されているサロンやエステなら心配不要です。

昔と違い安心性を確保したうえで、範囲内の脱毛や施術を行いますので、安心してスタッフにお任せしましょう。

一部オプションの追加などで、料金が上乗せされる場合もあります。そこは、しっかりお断りすることで、金銭トラブルや余計な費用を抑えることができます。

皮膚が弱い人は美容クリニックで脱毛しよう

皮膚が弱く脱毛することへ不安を抱えている人は、サロンではなくクリニックをおすすめします。

サロンは技術を持ったスタッフが脱毛施術を行いますが、クリニックというのは医師が常勤しています。

万が一、皮膚トラブルが発生した場合も、その場で医師に診てもらえるため、治療を兼ねた脱毛施術を受けることができます。

サロンとは違い、医学的な根拠の元、しっかりとしたアフターケアが受けられることは、大きな魅力です。

 

アンダーヘアの脱毛って何回で終わりますか?期間は?

アンダーヘアを脱毛する理由は、人それぞれ異なります。

毛質を改善したい人、脱毛目的で施術を受ける人など、アンダーヘアに悩みを抱えている人は多いはず。

脱毛するにあたり、押さえておきたいのが費用と回数(期間)です。費用は広告でチェックすることができますが、脱毛回数となると個人差があるため把握が難しいこともあります。

今回は、アンダーヘア脱毛した場合の平均回数を部位別に調べてみました。

Vライン平均回数

Vラインとはビキニラインのこと。施術先がサロンかクリニックによって脱毛施術回数は異なります。

サロンの場合、2~3カ月に1回のペースで通う人が多いところを見ると、Vラインの施術回数は10~12回程度が多いようです。

毛周期は個人差がでやすいこと、照射力が弱ければ施術回数が自然と多くなることを考えて、2年を目安にすると良いでしょう。

Iライン・Oライン平均回数

Iラインは性器の割れ目付近、Oラインとは肛門部になります。施術ペースはVラインと同じく2~3カ月に1回、平均回数は少し多めの14回となります。

ここで気を付けて頂きたいのが、満足するまでの回数は人それぞれであってアンダーヘアをツルツルにしたいとなると、更に回数が必要と言うことです。

サロンの場合は、30回施術を受ける女性も珍しくありませんので満足いく脱毛効果を期待するなら2年半~程度は見ておきましょう。

サロン・クリニック脱毛・最低5回は必要

VIO周辺は皮膚粘膜が多いため、ワキや腕よりも痛みを強く感じます。

スタッフは痛みを考慮して照射出力を調整しながら施術を行いますから、照射パワーが低いと上手く脱毛できない場合があります。

そうすると契約時の施術回数では十分な脱毛効果が現われない場合もあるわけです。また、施術中の痛みに耐えられず、途中で断念してしまう人も少なくありません。

サロンでは、脱毛施術5回を目安にプランを立てているところが多いですから、最低5回は施術を受けるようにしてください。

アンダーヘア脱毛は回数無制限で!

サロンでアンダーヘア脱毛をする場合は、期待以上の脱毛効果が得られるのか不安になるものです。

サロンは光脱毛が主流。レーザー照射のような半永久と謳われる脱毛機器を扱うことは違法行為にあたるため、いずれ毛が生えてくるのは仕方がないこと。

そんな女性には、回数無制限のコースがおすすめです。これは回数や期間を設けず、毛が生えてきたタイミングで脱毛施術を受けられるという大きなメリットがあります。

料金は少し高めになりますが、脱毛効果や回数に縛られず施術を受けられる、魅力的なプランです。

まとめ

アンダーヘア脱毛の場合は、サロンよりクリニックの方が回数も少なく費用が少な目で済む例もあります。

これはサロンで扱う脱毛機器の照射出力の調整が関係しています。

最初からツルツル仕上げのVIOを希望する人は、クリニックの医療脱毛をおすすめします。

 

女性のスタッフが行うから気持ちの負担が少ない!

陰部に限らず、ワキや脚をさらけださなくてはいけない脱毛は、女性にとって精神的な負担が大きいものです。

それがVIO脱毛だとしたら、性器や肛門を触診されるのですから抵抗があって当然です。

近年の脱毛クリニックは、女性医師が施術を担当する場面も増えて来ました。

エステサロンは、スタッフ全員が女性なので陰部の悩みを打ち明けやすいという点が魅力的です。

陰部を見られるのが恥ずかしい

VIO脱毛は股を開いて施術を行うため、女性にとっては勇気がいるものです。陰部の悩みは人それぞれ異なるため、黒ずみや臭い、性器の形で悩んでいる人もいるでしょう。

これらのコンプレックスを人に見せることじたい抵抗があるものなのです。

紙製の施術専用ショーツやガウンを着て、なるべく露出をしないよう配慮はされているものの、脱毛時は患部が丸出し状態です。

この部分がネックになり、女性専用の脱毛クリニックや女性スタッフが多いサロンを探す人が多いです。

男性医師が多い脱毛クリニックは避けたいというのが女性の本心です。

施術内容が明確

性器の悩みや施術の流れで疑問を感じた時、スタッフが女性だと細かいことまで確認がしやすいです。

これが男性医師や男性スタッフの場合、どこか遠慮がちで気持ちがスッキリしないまま施術を開始してしまった例もあります。

後々後悔しても費用はしっかり発生しますので、自分が一番納得できるスタッフの元で施術を行うようにしましょう。

女性専用の脱毛クリニックやエステサロンは、照明を必要以上に明るくしないなど、精神的な苦痛や不安を与えないよう配慮が徹底されています。

陰部を知り尽くした女性医師の方が安心

VIO脱毛をするなら、エステサロンよりもクリニックの方が脱毛効果は期待できます。それは脱毛機器による出力の差が大きいからです。

しかもエステサロンよりも、施術回数が少なく短時間で脱毛することができます。その分費用は高額設定になりますが、皮膚トラブルやアフターケアの体制が整っているのもクリニックになります。

全国展開している女性専門脱毛クリニックは、施術経験が豊富です。陰部を知り尽くした女性の医師に診てもらうと安心です。

VIO脱毛を途中で断念しまった理由

恥ずかしくて脱毛を断念

アンダーヘア脱毛するために、サロンやクリニックへ通い始めたけれど、初回で断念するケースも!

痛みや金銭的な理由から中断する人もいるようですが、デリケートゾーンを見られることに抵抗がある女性も多いのです。

女性スタッフだから安心とはいえ、やはりデリケートゾーンを見せるのは勇気がいるもの。

慣れれば大丈夫!と自分に言い聞かせていても、施術の感じ方や感想は人それぞれですから、皆が最後まで通い続けているとは限らないのです。

せっかく脱毛契約したのに、恥ずかしさに耐えきれず解約してしまう女性もいます。

予約がとりづらい・予定が合わない

クリニックでアンダーヘアを処理する場合は、必ず予約が必要になります。これは、サロンの場合も同じ。

しかも、風邪や急用で一度キャンセルしてしまうと、施術日が遠のいて当然。次の予約をとりたくても、クリニック側の予約状況によっては、何カ月も間があいてしまうこともあります。

そうすると、何だかクリニックへ通うのが面倒になって、気が付けば自己処理に戻っているケースも少なくないのです。

効果がなくて断念?

クリニックやサロンで行なう脱毛は、キレイで効果が高いと言われているのに、途中で断念する女性がいます。

アンダーヘアをツルツルにしたいなら、年単位で通わなければ効果は期待できませんし、陰部周辺の黒ずみが広範囲で見られる女性の場合も、脱毛効果は期待できません。

脱毛器は黒い色素に反応するため、痛みが強く皮膚が火傷を起こす可能性も十分考えられます。照射出力を下げても痛みが持続する場合は、やはり断念するしかないのです。

日焼けをしづらいデリケートゾーンですが、場合により店側から照射を断られることもあります。

脱毛は継続しないと意味がない!

アンダーヘアに限らず、脱毛は継続しないと意味がありません。1回や2回の脱毛で全ての毛がなくなるわけではありませんので、2~3カ月に1回の照射が必須です。

施術間隔が年単位であいてしまった場合は、脱毛しても毛が生えてきて、ほとんど意味がありません。

脱毛効果は施術のタイミングも大切なので、可能な限り決められたペースで施術を受けてください。

一度通い始めたなら、なるべく決められた施術回数を守りましょう。そうしなければ、いつまでたっても脱毛効果を味わうことはできません。

特に、初回の脱毛は照射が弱く、それほど効果は期待できません。ですから、初回から2回目の期間だけは、間があかないように予約日通りの施術が望ましいとされています。

Vラインを処理した体験談を聞いてみました。

アンダーヘアの悩みって結構あるものですよね。

誰にも相談できず自分でどうにかして失敗してつらい思いをすることもあると思います。

見えないところとは言ってもやっぱりこだわりたいものですよね。

でも上手く処理をするには詳しい話が聞きたい!と思う人のために今回は「Vラインの陰毛を手入れした時の体験談」を聞いてみました。

陰毛をどうしているかという大雑把なことでは物足りないからもっとピンポイントでお話を聞きたいという人のためにVラインだけに関する手入れのお話を聞いてみました。

自分で処理をした人やエステに行って処理をしている人などさまざまな方法なので皆さんが参考になる方法が見つかるのではないでしょうか?

私は過去に剃ったり抜いたりしました。 デリケートなこともありますが、私の場合剃ったら肌が傷ついて剃り残しがあったり、それを抜いたりすると毛根が強いので赤くプツプツと抜いた部分がなりました。 肌が弱いのもあるかと思いますが、私のオススメはやっぱり専門の所へ行くか除毛クリームで評価が高く刺激の弱いものを使うことを勧めます。
水着を着る夏の時期、初めてできた彼とプールに行くことになり初めて陰毛をカミソリで処理しました。 綺麗な形もよくわからないし、カミソリに毛は絡まって大変なことになりました。その後の風呂掃除も親にばれないように必死にやりました。 プールは無事行けたものの、その後の生え始めた陰毛の痒いこと、ムズムズすることったらないです。 それからは地道に抜いて処理していましたが、こちらも肌荒れの原因となり長くは続きませんでした。
未だに脱毛などには行ったことがありませんが、Vラインを初めて処理した時は、あまり手段を知らなかったので、カミソリのみを使用したのですが、カミソリ負けしてしまうし、生えてくる時はチクチクしてくるしで最悪な状態になりました。 今は除毛クリームや電動のものを使用したりしていますが、デリケートな部分なので私の場合は頻繁には処理をしないようにしています。
Vラインの陰毛のお手入れにずーっと悩んでいます。今までずっとカミソリで剃っているのですが、敏感肌なのもあってカミソリ負けしてしまい、赤いポツポツが目立ちます。恥ずかしい話、すごくかゆくなってしまい、こっそりかいて真っ赤になってしまうこともしばしば。結構辛いのですが、エッチする時とか、毛深いと思われるのが嫌で。でも結婚してからはあんまりお手入れもせず、たまに剃る程度になりました。主人、あんまりそういうの気にしてなさそうなので、笑。
ワキの脱毛に行った時に、勢いでVラインの脱毛を一緒にしました。 値段が高かったので躊躇しましたが、水着や下着から出るムダ毛が気になっていたので、先の事も考えて決意しました。 施術は少し恥ずかしかったですが、慣れればどうっていう事もなく、痛みも少しチクチクする程度で我慢できました。 脱毛後はムダ毛が気にならなくなり、快適な生活を送っています。
家庭用レーザー脱毛器で脱毛したことがあります。最初に脱毛したい部分をカミソリで剃り、それからレーザーを当てていきます。Vラインは毛が太く密集している箇所なので、レーザーを当てるととても痛く、私の場合は保冷剤で冷やしながら行いました。
夏に海に行くためにvラインの処理をしました。T字カミソリで剃ったのですが、剃りたての時はツルツルでよかったのですが翌日になると既に赤いブツブツが出来始めました。 しかも下着が擦れると痒かったです。 また、毛が生え始めると赤いブツブツが酷くなり、痒さのピークでした。ピンセットで抜いたこともあるのですが、結局赤いブツブツになり、もう処理は控えています。
Vラインは範囲がもともと広く形を整えるために長さを切ったり、フェイス用の電動シェイバーで剃ったりしてきました。割と足の付け根まで生えていたので剃る範囲は広くいつも面倒でした。それに、伸びてくるとチクチクするのが気になっていたので、脱毛サロンで脱毛するようになりました。脱毛サロンでは形もいつも同じようにしてもらえましたし毛穴も目立たなくなりよかったです。

Iラインを処理した体験談

みなさんアンダーヘアの処理ってどうしていますか?

自分で処理をする人、お店に行って処理をしてもらう人などそれぞれ方法があると思います。

抜く人も剃る人もいるでしょうしそれぞれありますよね。

その方法はわかったけど、もっと詳しいことを聞きたい!という人のために今回は「Iラインの陰毛を手入れした時の体験談」を聞いてまとめてみました。

アンダーにはV・I・Oとゾーンがありますがそれぞれどうやって手入れをしたらいいのか、みなさんはどうやって手入れしているのか気になりますよね。

失敗したことをお話ししてくれている人が結構たくさんいるのでどんなことに気を付けなければいけないのか参考にしてみてはいかがでしょうか?

脱毛サロンで施術しました。そのサロンでは、紙製の専用下着を渡され、それに着替えて施術を行います。痛さよりも、いちばんはじめの施術では恥ずかしさがとても大きかったです。それもカウンセリングの際にスタッフの方に伝えていたので、気にはかけてくれました。施術が進むにつれ、生理の際のナプキンのかぶれが気にならなくなりました。
Iラインの陰毛を処理した時にはとてもドキドキしましたし、痛いのかと思いましたが案外痛みはあまりなかったです。しかしIラインなので慎重に剃らないととてもデリケートな部分なので気を使いながら処理をしていきました。慣れてくるととても楽なのでそれからは少し生えてきた時点で剃るようにしています。清潔にしなければいけない部分なので気をつけるようにします。
友人がIラインこそやった方がいいよと言っていたので考え始めました。自分自身、Iラインにまで少し長めの毛が生えていたので気になっていたのですが、こんなところをどうやって処理するのかと怖くてなかなか踏み込めずにいました。でも、やってみると案外思っていたよりは痛くなく、すんなりとできました。生理の時にも拭き取ればいいだけで衛生的で快適です。
医療レーザー脱毛をしたことがありますが、思った以上に痛みもなく、短時間で済みました。女性の方が施術してくれますが、横たわって、足を持ち上げて施術されるので、とても恥ずかしかったです。何回か通わないと効果が得られないのが面倒でした。

旦那にアンダーヘアIラインを処理してほしいと言われブラジリアンワックスをしました。 正直最初は涙がでるくらい痛くてもう諦めかけましたが、このままじゃ中途半端なかなり変になってしまうのでがんばりました! ワックスの説明書には勢いよくはがしてくださいとありますが、怖くてちょっとずつしかはがせかったけど、思いきっていっきにはがすとちょっとずつはがすより痛くありませんでした。 怖がらず勢いが大事です! 今は少し慣れてきてツルツルになりました♪

Oラインを処理した体験談

アンダーヘアってみんながどう処理しているかってとっても気になりますよね。

自分もきれいに処理をしたいと思うとどうしていいかわからないものです。

ということで今回は「Oラインの陰毛を手入れした時の体験談」を聞いてみました。

Oラインはアンダーの中で一番皮膚がデリケートなところです。

さらに見えないところなので処理がとても難しくなっています。

みなさんはそんな中どのように処理をしているのかお話ししてもらいました。

お店での処理も自分での処理もさまざまな方法の体験談がありバラエティに富んでいます。

みなさん処理には結構苦戦しているようなので、あなたも上手く処理ができるように皆さんの経験を参考にしてみてはいかがでしょうか?

肛門
肛門の周りに毛が生えている人は少ないのでしょうか?処理方法を聞いてみました。

肛門の周りに毛が生えている人はどれくらい? 自分から見えない場所の毛のお手入れは、大抵の人が怠りがちです。 特に処理しに ...

コンプレックスを持っていたわけでもないので、Oラインなんて気にしたことは無かったのですが、初めてOラインの毛を意識したのが全身脱毛でした。プランの中に入っていたため特に何も考えず施術して頂いたのですが、結構痛くて途中でやめてしまいました。今は顔用電動カミソリをOライン用として使っていますが、本数が少ないのであれば、電動カミソリでこまめに処理した方がいいです。
全身脱毛をしたときにOラインも合わせて脱毛しました。事前にカミソリで剃っていく必要があるのですが私はOラインは自分で見えなくて怖いのでエステのスタッフの方に追加料金を払って剃ってもらいました。スタッフ二人がかりで、1人がお尻を広げ、もう1人がジョリジョリと剃ります。それはそれは恥ずかしい体験でした。
私がOラインの脱毛をしたのは皮膚科のクリニックです。診察台にうつ伏せに寝て、看護師さんにレーザーを当ててもらいました。お尻の谷間を開かれるのが恥ずかしかったです。レーザー自体はそれほど痛くは感じませんでした。毛の生えているところがじわっと熱くなる感じです。2回通ってもう生えてきません。
とっても恥ずかしくて、申し込んだ直後にやはり辞めようかと思いました。でも、会社の同期が生理のときにはとても衛生的だし、海やプールに行くときにも気にせずに済むと言っていたので、勇気を出してやることにしました。行ってみると施術者の方々はとてもアッサリとしていて、恥ずかしさはいつの間にか無くなっていました。勇気を出して行ってみてよかったです。
Oラインはもともと毛が生えているなんて思ってもいませんでした。しかし、Iラインをお手入れしていた時に鏡を使ってお手入れしていた時Oラインにも毛が生えていることがわかり一緒にお手入れすることにしました。しかし、剃りにく過ぎてお風呂場でお手入れしましたが一度やって諦めました。結局脱毛サロンでお手入れしてもらうようになってきれいになりました。
私ははじめVOIラインの脱毛には興味がなかったのですが、手足の脱毛をしているうちにエスティシャンにすすめられました。それでOラインの脱毛をはじめました。正直、はじめての時は恥ずかしくて仕方ありませんでした。でも脱毛してきれいになったら手足とは比べ物にならないほど女性としての自信が持てたように思います。

読んでもらいたい記事

390,968view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

140,550view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,560view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-