サロンとクリニック
VIO脱毛でおすすめのサロンとクリニック

VIOの脱毛は自己処理で難しい部位の一つです。 そんな面倒な部位は脱毛サロンやクリニックなどを利用す ...

続きを見る

アンダーヘア

Iラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

更新日:

Iライン

Iラインの処理方法について

アンダーヘアの中でも構造的に最も処理が難しく、デリケートな場所が“Iライン”です。

毛の量は個人差がありますが、内部まで生えている方は処理する範囲を決めにくい部分でもあります。最初から体質的にIラインが薄い人もいらっしゃいます。

男性としてもIラインは必ず処理して欲しい、と思っている人が多く、女性としてはプレッシャーに感じる方も少なくありません。

こちらではアンダーヘアのIラインについて、処理方法や処理するメリット、また適切な毛の長さについてご紹介致します。

Iラインの処理方法

Iラインの場合、性器や粘膜により近い場所になりますので処理方法も注意して選ばなくてはなりません。

欠かせないアイテムは、電気シェーバーとヒートカッターです。

この2つの良いところは、肌に直接触れない点です。粘膜を傷つけてしまうと排泄の際に痛みを伴う場合もありますし、色素沈着など見えづらい部分ですが見た目が悪くなることがあります。

ローションなどで肌を保護し、電気シェーバーで長さを整えた後にヒートカッターで微調整をする流れを習慣づけることで、衛生的なIラインを維持することができます。

ハサミで最初に長さを決める方法もありますが、Iラインの内側に毛量が多い方は左右のバランスを取りにくいのでお勧めできません。

ヒートカッターは毛を焼き切って毛先を丸く、柔らかくするため、毛の摩擦によるニキビや痒み、炎症などを抑制することが可能です。

また下着から突き出づらい毛質になりますので、安心して薄着になることができます。

コツとしては、最初にクシを利用して毛並みを整えておくことです。
Iラインは毛の生える方向が一定ではないので、そのまま処理を始めてしまうとバランスの悪い状態になってしまいます。しっかりと毛の流れを整えた上で処理を始めましょう。

脱毛サロンや医療機関で処理する場合、身体の中でも痛みを伴いやすい場所なので細心の注意を払って施術に臨む必要があります。特に医療レーザー光を利用した永久脱毛は強い痛みを感じるケースも多いです。

他にも光を使用する脱毛はメラニン色素に反応するので、Iラインが元々黒ずんでいる方はやけどの恐れもあります。事前にスタッフの方に相談しておくことが重要です。

脱毛サロンや医療機関によっては肌を吸い上げながら行ったり、光と同時に冷却ガスを噴出するなど独自の技術で痛みを緩和してくれるところもあります。

Iラインの場合痛みが全く無い、ということの方が稀ですので、ある程度は腹をくくって施術を受ける勇気も必要です。

Iラインだけを施術することもできますが、VIOセットで施術を受けたほうがコストを抑えられる場合もありますので事前にリサーチしておきましょう。

Iラインの適切な長さは?

カットし過ぎてしまうと性器が丸見えになってしまい、不自然に見える場所がIラインです。

具体的な適切な長さは、“3cm”と言われています。しっかりとデリケートな部分を隠せますし、蒸れるという心配も少ない長さです。

Vラインと比較すると気持ち長めに残しておくことがポイントです。もしVラインを3cm以上の長さにしたい場合は、Iラインもそれに合わせて長めに調節しましょう。

無毛にする方法もありますが、Vラインは普通に残しているという方は男性に驚かれてしまうことがあります。臭いを抑え、清潔に保つという点では大変効果的ですので、無毛にする場合半永久脱毛から初めてみることをお勧め致します。

Iライン処理のポイントとは

自己処理で整える場合、こまめにクシでとかして長さや量のバランスを確認することが大事です。いつの間にか減らしすぎて恥ずかしいIラインになっていた、なんてことを回避する為に、少し手間がかかってでも作業に加えましょう。

また処理している最中に、電気シェーバーやヒートカッターでは細かい無駄毛がたくさん出てきますので現在の毛量が確認しにくいです。

処理しつつウェットティッシュで拭き取って、正確な量を把握して行うことが大切です。

慣れてくると15分前後で処理をすることができますが、初めは慎重に手を動かすことで肌トラブルを減らせます。

脱毛サロンや医療機関ではIラインから進めずにまずVラインを処理して、全体のバランスを見てから取り掛かる方が見た目の失敗がないので、工夫して計画的に脱毛を行いましょう。

アンダーヘア革命セット

最後に~

Iラインの処理は、少し皮膚を引っ張りつつ進めることで安全性を高めることができます。鏡や台などを使用して、何度も注意深く確認しながら作業をすることが重要です。

またIラインの内側と外側でも長さを変え、内側の方をヒートカッターで限界まで短くしておくことで触り心地の良い快適なIラインが作り出せます。

デリケートな部分なので人に見せるのは抵抗がある方が多いですが、見えにくい場所を丁寧に施術してもらえるメリットを考慮して自分に合った方法を選びましょう。

Vライン
Vラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Vラインの処理方法について アンダーヘアの中でも最も目立ち、整える形も様々である場所が“Vライン”で ...

続きを見る

Oライン
Oラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Oラインの処理方法について アンダーヘアの中でも最も見えにくく、自分で生えていることを確認することが ...

続きを見る

Iラインを処理した体験談

みなさんアンダーヘアの処理ってどうしていますか?

自分で処理をする人、お店に行って処理をしてもらう人などそれぞれ方法があると思います。

抜く人も剃る人もいるでしょうしそれぞれありますよね。

その方法はわかったけど、もっと詳しいことを聞きたい!という人のために今回は「Iラインの陰毛を手入れした時の体験談」を聞いてまとめてみました。

アンダーにはV・I・Oとゾーンがありますがそれぞれどうやって手入れをしたらいいのか、みなさんはどうやって手入れしているのか気になりますよね。

失敗したことをお話ししてくれている人が結構たくさんいるのでどんなことに気を付けなければいけないのか参考にしてみてはいかがでしょうか?

私はシェーバーで剃ると皮膚が弱いので痒くなったり、チクチクしたりするのがいやで(脱毛はお金がないのと痛そうなのでやらないです)毛抜きで徐毛しております。長い毛でも比較的楽に抜けて痛みもあまりないです。なにより見た目が毛のあとも無くきれいに徐毛できるので私はいつもこの方法です。お金と時間があれば脱毛サロンに行きたいんですけどね。
私が体験したIラインの手入れは脱毛サロンで光レーザーでした時のことです。
とにかく感想は痛い!ということで、あまりオススメできません。
そこのエステサロンでは自分で前もってカットしなくてはいけなく、初めてやることで、できればサロンの方にして欲しかったというのが正直な思いでした。
シェーバーで剃って、サロンでレーザーを打ちます。
黒い部分に光レーザーは反応するので、Iラインは特に痛いと言われています。
痛さは毛を一気に引っ張られて抜かれたとうな鋭い痛みです。
もう二度としたくないと思います。
脱毛専門エステにてVIOを脱毛しました。
事前に自分で毛は剃ってエステに行くのですが、さすがにIOはできなかったため、エステで追加料金を払って剃ってもらいました。
股を開いて若いスタッフの子に局部を見られるのでかなり恥ずかしいです。剃るときは痛くないですが、光を当てるときはパン!と輪ゴムを弾くような痛みがします。Iラインは確か2回ほど光を当てるだけなので一瞬で終わります。
私は根気がなかったので結局めんどくさくなって今は通っていません。。もうボーボーです(笑)
自分で何度か処理してみたのですが今後はお店での処理を検討しています。なぜなら非常に難しいからです。
Iラインの処理をするためには上半身を折り曲げなければいけませんよね。その姿勢で一生懸命処理していると体が痛いこと痛いこと、本当に苦痛です。苦痛に耐えて一生懸命に処理しても足の毛などと違いなかなかチェックが難しいのです。長さを揃えても数本、ぴょんと長い毛が残っていたのに後日気づくとがっくりきます。
私がIラインをケアしようと思ったのは、下着からはみ出てしまうようになったためです。
最初はT字のカミソリで剃っていましたが痛みがありなかなかうまくそれませんでした。そこでドラッグストアでビキニライン用の電動シェーバーのついたものを購入し、使用してみました。
毛の流れに逆らうようにゆっくりと剃っていくと毛を短くカットすることができました。
毛をツルツルにしたいというよりかは、短めにカットしたいという方には電動シェーバーがおすすめだと思います。
脱毛サロンで施術しました。そのサロンでは、紙製の専用下着を渡され、それに着替えて施術を行います。痛さよりも、いちばんはじめの施術では恥ずかしさがとても大きかったです。それもカウンセリングの際にスタッフの方に伝えていたので、気にはかけてくれました。施術が進むにつれ、生理の際のナプキンのかぶれが気にならなくなりました。
Iラインの陰毛を処理した時にはとてもドキドキしましたし、痛いのかと思いましたが案外痛みはあまりなかったです。しかしIラインなので慎重に剃らないととてもデリケートな部分なので気を使いながら処理をしていきました。慣れてくるととても楽なのでそれからは少し生えてきた時点で剃るようにしています。清潔にしなければいけない部分なので気をつけるようにします。
陰部の毛はもしゃもしゃとなって気になりだしたらヒートカッターを使用して長さ5mmから1cm長さで切ります。一度に数本ずつしか切りとれないのが難点です。ヒートカッターを使うと切り口が丸くなって伸びた時のチクチク感がやわらぎます。処理の後にベビー用クリームを塗ります。肌荒れをしないように忘れず塗ります。
夏に水着を着る時にIラインが気になったので自分で剃ってみました。Iラインの脱毛も考えてみましたが脱毛に行く時間が無かった為、自分で剃ることにしました。初めは自分では見にくい場所なので恐る恐るという感じで剃ってみましたがカミソリの向きさえきちんと確認して剃ってみると大丈夫のようなので今では初めほどは緊張しないものの、短時間できれいに手入れをすることができるようになりました。
脱毛サロンではなく、自宅ではさみとカミソリを使って手入れしました。自分では、見えにくい、やりづらい場所であるということと、やり終えた後も、サロンの光脱毛のようなすっきり感がないというのが感想でした。しかしサロンでスタッフさんにしてもらう勇気もなく、いまのところは自己処理が一番無難な方法だと思っています。
友人がIラインこそやった方がいいよと言っていたので考え始めました。自分自身、Iラインにまで少し長めの毛が生えていたので気になっていたのですが、こんなところをどうやって処理するのかと怖くてなかなか踏み込めずにいました。でも、やってみると案外思っていたよりは痛くなく、すんなりとできました。生理の時にも拭き取ればいいだけで衛生的で快適です。
医療レーザー脱毛をしたことがありますが、思った以上に痛みもなく、短時間で済みました。女性の方が施術してくれますが、横たわって、足を持ち上げて施術されるので、とても恥ずかしかったです。何回か通わないと効果が得られないのが面倒でした。
脱毛サロンでVIのケアをしていたためIラインの処理をしていました。鏡で見ながらの処理になりますので、やりにくかった事生えてきた時の違和感はやはりありましたが、生理の時は血液が毛に吸収されないため楽でした。また私自身が感じる事は少ないですが、エッチのさい男性は刺激されて少し痛みを感じるようです。今は脱毛も終わり生えてくる事はありませんが、処理事体はめんどくさかったです。
20歳くらいの時に、脚やワキのムダ毛処理の延長という形で、アンダーヘアの処理を始めました。
脚やワキにはT字カミソリを使用して自己処理していたので、初めはT字カミソリでIライン部分を整えました。
ショーツからはみ出る部分などを剃り落し、見た目は多少良くなりましたが、その後で生えてきた毛のチクチク感にとても悩まされました。ヒートカッターでの処理も試してみましたが、やはりチクチク感が気になりました。
婦人科の医師からアンダーヘアの自己処理は危険だと指摘されて以降は、特に自分では処理しないようになりました。
アイラインは以前から生理の時に邪魔だなと思っていて処理したいけど面倒だなと思っていました。ですが、夏に小さいビキニのパンツをはく時に少し気になったのでやってみることにしました。トイレで電動のフェイス用シェイバーを使い慎重に片方づつ剃っていきました。なかなか見えないところなので、触りながら最後は鏡を使って確認しながら剃ることができました。
「Iラインは女性のたしなみ。きちんと処理しないと彼氏に嫌われるよ。」そうエスティシャンに言われて私はIラインの脱毛をしました。それまであまり気にしたこともなく、自己処理もしたことがなかったのです。実際やってみるときれいにすっきりと仕上がりとても気持ちがよかったのです。今考えると私は敏感肌なのでプロにしてもらっていなかったら肌荒れなど大変なことになっていたかもしれません。プロにしてもらってよかったのです。
水着を着る季節になると、Iラインのアンダーヘアがはみ出てしまうことに気が付きました。水着からはみ出てしまうのは恥ずかしいことですし、自宅でそうならないように処理をすることにしたのです。
私が自分で処理をするときには、剃刀や自宅用の脱毛器を使っています。剃刀はアンダーヘアにも安心なタイプですが、デリケートなところなので脱毛器で処理をすることが多いです。
高校生の時でした。当時付き合っていた彼と、そろそろイイ雰囲気になりそうだな…という頃に、自宅のお風呂で処理しました。しかし性器ギリギリで見えにくい場所。慎重になりました。正直怖かったですが、とにかく彼に醜い所は見せられない!という思いだけで処理。いま思えば、Iライン専用やそれ向きのカミソリがあるのかもしれません。しかし当時は高校生だったこともあり、無知なので、いつもムダ毛処理で使うT字カミソリを使いました。よくケガしなかったな…と、自らの行動ながら思い出すと怖くなります(笑)
元々そんなに濃くはないのですが、気になって処理をしたことがあります。
思い切って切ったり剃ったりしてしまうと、後々チクチクして痛い、と聞いたことがあるので恐る恐るの処理になりました。
ショーツを履いた時に見える部分を確かめ、ボディソープを使いカミソリで剃り、その後は化粧水をコットンに含ませ保湿しました。専用のものは特になにも購入せず処理しましたが、そんなに濃くない人ならそれでも問題にならないと思います。
旦那にアンダーヘアIラインを処理してほしいと言われブラジリアンワックスをしました。
正直最初は涙がでるくらい痛くてもう諦めかけましたが、このままじゃ中途半端なかなり変になってしまうのでがんばりました!
ワックスの説明書には勢いよくはがしてくださいとありますが、怖くてちょっとずつしかはがせかったけど、思いきっていっきにはがすとちょっとずつはがすより痛くありませんでした。
怖がらず勢いが大事です!
今は少し慣れてきてツルツルになりました♪
陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」まとめてみました

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました! 陰毛について ...

続きを見る

長さ
アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

読んでもらいたい記事

人気のヒートカッター 1

アンダーヘアを自己処理する場合、大切になってくるのはどれだけデリケートゾーンを刺激しないかです。 デ ...

除毛クリーム 2

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.