サロンとクリニック
VIO脱毛でおすすめのサロンとクリニック

VIOの脱毛は自己処理で難しい部位の一つです。 そんな面倒な部位は脱毛サロンやクリニックなどを利用す ...

続きを見る

アンダーヘア

Vラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

更新日:

Vライン

Vラインの処理方法について

アンダーヘアの中でも最も目立ち、整える形も様々である場所が“Vライン”です。

下着や水着で覆いきれない無駄毛のことで、生えていると衛生的にも見た目の印象も悪くなるため綺麗に処理することが望ましい部分です。

Vラインを自宅で処理する方法やサロン・医療機関で処理する方法があり、また毛の“長さ”と“範囲”両方を少しずつ減らして好みのアンダーヘアを作り出すことができます。

こちらではアンダーヘアのVラインについて、処理方法や処理するメリット、また形や毛の長さについてご紹介致します。

Vラインの処理方法

女性の90%以上の方がVラインの処理を行っていると答えるほど、現代では処理をするのが当たり前になっています。

まず自己処理で“範囲”を減らす方法です。皮膚にダメージを加えずにVラインを整えるには“電気シェーバー”が最も適しています。

肌に直接触れない設計になっているので、色素沈着や埋没毛を防ぎながら範囲を調整できます。

アンダーヘア用のコンパクトなものですと小回りがきくので、より処理しやすいです。

電気シェーバーを使用する前にある程度毛をハサミで切っておくと、シェーバーに毛が絡んで故障する心配も無いのでお勧めです。

範囲を整える際に、下着や水着を履いたまま行うやり方やVライン専用プレートを用いて好みの形に整えるやり方があります。自分のやり易い方法を選びましょう。

事前に毛を柔らかくするため蒸しタオルを当てたり、保湿ローションを塗布して肌を保護した状態で進めることが重要です。処理後も保湿は欠かせません。

次に“長さ”を調整する方法です。スキバサミである程度短くした上で、ヒートカッターを使用することで毛の先端を丸くし、手触りの良いVラインにすることができます。

流れとしては、範囲を整えた後に長さを調節すると上手くいきます。毛抜きやワックス脱毛での処理は、目立つVラインにおいては黒ずみのリスクが高いのでお勧めできません。

また脱毛サロンや医療機関で行う光を用いた脱毛法ですと、長さと範囲を同時に調節することができます。時間とコストを考慮した上で、受診してみるのもひとつの手です。

殆どがVIOラインのセットコースになっているので、特に見た目が気になるVラインについては詳しく毛の質を診てもらい、要求を伝えて好みの形を相談することが重要です。

デリケートな場所なので、自己処理・脱毛サロン・医療機関どれも肌トラブルが出る可能性がゼロとは言い切れません。もし違和感が出たらすぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

Vラインの適切な長さは?形はどうしよう?

Vラインの長さによって、快適で尚且つ見た目も綺麗に整えられます。1cm単位でも細かく感覚が変わりますので、厳密に処理することで不安も解消できます。

必ずその長さにしなければならない、という訳ではありませんが、Vラインは2cm前後が最も綺麗に見える長さと言われています。下着や水着からはみ出ることも殆ど無く、デリケートゾーンに向けてグラデーションしながらしっかりと隠せる機能的な長さです。

Vラインの中でも外側の部分は気持ち短く、内側にかけるに連れて長くなるように微調整をしましょう。段差があるVラインは、長さを一定にしてしまうと毛がはみ出してしまう可能性が増えるのです。

形ですが、一般的なのは逆三角形のスタイルです。長方形や卵型、毛が必要無いという方はハイジニーナにされることもあります。
逆三角形は一番女性人気が高い形ですので、迷ったらまず逆三角形にしてみて、不満があれば次に生えてきた時に形を変えると失敗が少ないです。

ナチュラル派の方もしっかり処理派の方も、最低でも上と両サイドのラインは綺麗に整えることが大切です。

参考 アンダーヘア理想の形

Vラインを処理するメリットとは

第一に、下着のラインの毛が少なくなるので蒸れずに快適に過ごせることです。下着や衣類、ナプキンでかぶれ易い方は、肌トラブル予防にもなります。またそれに伴って匂いや痒みも軽減することが多いです。

第二に、見た目が良くなるので、自信を持って生活できるようになることです。
ボサボサの状態では同性・異性共に不潔なイメージを生み出してしまいますし、海やプールなどではみ出した毛を気にせず満喫できることはストレス減少にも繋がります。

Vラインを処理した後は晴れやかな気分で、性格自体が明るくなった人もたくさんいらっしゃるので、メリットが非常に大きいです。

長さや形を整えるならヒートカッターがおススメです。

Vラインを処理した後にアンダーヘアがチクチクするといった事があります。

ハサミやカミソリでアンダーヘアを処理すると毛先が尖ってしまうので、それが原因でアンダーヘアがチクチクしてしまうのです。

そうならないためにも、ヒートカッターの使用をおすすめします。

ヒートカッターを用いると熱で毛先を焼きながら切るので、毛先が丸くなりチクチクして不快な気分になるといった事もなくなります。

Vラインの処理をするならヒートカッターを使われるといいですよ。

アンダーヘア革命セット

最後に~

Vラインはヘアスタイルと同じくらい重要な部分ですので、一度に毛量を少なくするのではなく徐々に調節することが求められます。

また美容室のように、Vラインは施術する人が形をオススメすることがあまりありません。

必ず自分の要望を実現するために、必要な情報を仕入れた上でカウンセリングに臨みましょう。

Iライン
Iラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Iラインの処理方法について アンダーヘアの中でも構造的に最も処理が難しく、デリケートな場所が“Iライ ...

続きを見る

Oライン
Oラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Oラインの処理方法について アンダーヘアの中でも最も見えにくく、自分で生えていることを確認することが ...

続きを見る

Vラインを処理した体験談を聞いてみました。

アンダーヘアの悩みって結構あるものですよね。

誰にも相談できず自分でどうにかして失敗してつらい思いをすることもあると思います。

見えないところとは言ってもやっぱりこだわりたいものですよね。

でも上手く処理をするには詳しい話が聞きたい!と思う人のために今回は「Vラインの陰毛を手入れした時の体験談」を聞いてみました。

陰毛をどうしているかという大雑把なことでは物足りないからもっとピンポイントでお話を聞きたいという人のためにVラインだけに関する手入れのお話を聞いてみました。

自分で処理をした人やエステに行って処理をしている人などさまざまな方法なので皆さんが参考になる方法が見つかるのではないでしょうか?

私は過去に剃ったり抜いたりしました。
デリケートなこともありますが、私の場合剃ったら肌が傷ついて剃り残しがあったり、それを抜いたりすると毛根が強いので赤くプツプツと抜いた部分がなりました。
肌が弱いのもあるかと思いますが、私のオススメはやっぱり専門の所へ行くか除毛クリームで評価が高く刺激の弱いものを使うことを勧めます。
Vラインの陰毛を手入れしようと思ったのはショーツから陰毛がはみ出るのとショーツに陰毛が引っかかることがあったので手入れを始めました。初めはどれくらいの陰毛の長さに揃えるのか、どこの部分まで剃ろうかと悩みましたが今のVの形をそのまま小さくし、陰毛も全体的に2センチくらいに揃えるかたちにしました。脱毛も考えましたが剃った方が早いと思い、私は剃って手入れをしています。
水着を着るときにはみ出てないか、銭湯や夜、引かれてないか気になっていたのがきっかけで、全身脱毛のプランに組み込みました。
仕上がりの形はお店の方におまかせして、一番自然な逆三角形にしました。
2年のコース内でみるみる減っていき、今では元の形が思い出せないくらい馴染み、堂々としていられます。
ただ残った分の一本一本の長さは変えられないので長いままですが、心からやってよかったと思っています
水着を着る夏の時期、初めてできた彼とプールに行くことになり初めて陰毛をカミソリで処理しました。
綺麗な形もよくわからないし、カミソリに毛は絡まって大変なことになりました。その後の風呂掃除も親にばれないように必死にやりました。
プールは無事行けたものの、その後の生え始めた陰毛の痒いこと、ムズムズすることったらないです。
それからは地道に抜いて処理していましたが、こちらも肌荒れの原因となり長くは続きませんでした。
脱毛は痛そうお金がかかる、かといって剃るとチクチクすると思い処理の際は毛抜きで抜いています。これが意外と痛くなくするする抜けて楽しいくらいです。生えてきてしまったものは短いうちに抜いてしまえば最初よりも痛くなく毛の痕もそれほど目立ちません。私は脱毛以外なら抜くのが一番きれいに処理でき、痛くなく安くすむと思います。
未だに脱毛などには行ったことがありませんが、Vラインを初めて処理した時は、あまり手段を知らなかったので、カミソリのみを使用したのですが、カミソリ負けしてしまうし、生えてくる時はチクチクしてくるしで最悪な状態になりました。
今は専用の除毛剤や電動のものを使用したりしていますが、デリケートな部分なので私の場合は頻繁には処理をしないようにしています。
Vラインの陰毛のお手入れにずーっと悩んでいます。今までずっとカミソリで剃っているのですが、敏感肌なのもあってカミソリ負けしてしまい、赤いポツポツが目立ちます。恥ずかしい話、すごくかゆくなってしまい、こっそりかいて真っ赤になってしまうこともしばしば。結構辛いのですが、エッチする時とか、毛深いと思われるのが嫌で。でも結婚してからはあんまりお手入れもせず、たまに剃る程度になりました。主人、あんまりそういうの気にしてなさそうなので、笑。
私はまず、残したい部分以外をハサミで短く切り、お風呂場で鏡を見ながらソープ付きのカミソリで剃りました。その後、残したい部分の長さを調節しました。どんな形にするかはインターネットで調べました。人気なのは逆三角型と指1~2本分の幅を残す形だそうです。私は小さめの逆三角にしましたが、下の方は直接見にくいので、鏡を見て形を整える感じになります。
アンダーヘアはVラインのみお手入れをしています。
手入れの仕方は
お風呂で処理をする前に、手入れをしたい場所にボホバオリルを塗り込みしっかりと保湿をします。
そして、お風呂に移動をして女性用のシェーバーで処理をしていきます。
剃刀部分は前に10分ほど水につけておくと、表面が柔らかくなるそうです。
そして、処理をおこなう部分に、ジェルクリームを塗り毛の流れにそって剃っていきます。
毛の流れと逆にすれば、早く綺麗に処理を出来るのですが、それだと肌がどうしても荒れて、毛穴が赤くプツプツしたりしてしまいます。
処理後はボディクリームなどで保湿して完了です。
この方法でVラインをいつもお手入れしています。
自分自身で行うときは、Vラインの陰毛のお手入れをするには、まずハサミでバッサリと長い毛を切って整えます。そして大きめの電気シェーバーでざっと手入れをし、細かな部分は小さめのシェーバーを使います。脱毛サロンに行って手入れをしてもらうこともありますが、Vラインから出る広めの範囲でしかして貰えないので、ちょっと切りすぎることもありますが、自分自身で手入れをする方が良いです。
ワキの脱毛に行った時に、勢いでVラインの脱毛を一緒にしました。
値段が高かったので躊躇しましたが、水着や下着から出るムダ毛が気になっていたので、先の事も考えて決意しました。
施術は少し恥ずかしかったですが、慣れればどうっていう事もなく、痛みも少しチクチクする程度で我慢できました。
脱毛後はムダ毛が気にならなくなり、快適な生活を送っています。
長年、一般の人よりも毛量が多く、生えている範囲も人より広い気がしていたので、ずっとVラインの脱毛をしたいと思っていました。大学生の時から思っていて社会人になってお金が貯まったのでしたのですが、本当に悩みが解消されました。プールや海に行くときにも気にせずに済むし、誰かと温泉に行くときにもお手入れしていることが自信になって体に自信をもつことができました。
私は剛毛で毛深いです。
初めて自分の彼氏が出来たときに改めて鏡を見るとフワフワ自由に生えてきているVラインに少し怒りが、、、
水着や、少し可愛い下着を身に付けるとはみ出して『こんにちわ』するので自分なりに処理しています。冬はそんな露出することもないですが夏場はやっぱり露出してしまうのでしっかりとケアをしています。
家庭用レーザー脱毛器で脱毛したことがあります。最初に脱毛したい部分をカミソリで剃り、それからレーザーを当てていきます。Vラインは毛が太く密集している箇所なので、レーザーを当てるととても痛く、私の場合は保冷剤で冷やしながら行いました。
昔は夏場水着を着るためにVラインを処理していました。処理したその日は問題ありませんが、生えてくると毛根が太いためぶつぶつになったり、生えてくるとカユミをともないました。また生理前などはお肌もデリケートなためかぶれたりもしました。その後脱毛に通うようになり脱毛前にも形を整えるためケアしていました。
夏に海に行くためにvラインの処理をしました。T字カミソリで剃ったのですが、剃りたての時はツルツルでよかったのですが翌日になると既に赤いブツブツが出来始めました。
しかも下着が擦れると痒かったです。
また、毛が生え始めると赤いブツブツが酷くなり、痒さのピークでした。ピンセットで抜いたこともあるのですが、結局赤いブツブツになり、もう処理は控えています。
水着を着ようと思ってVラインのお手入れをしました。
T字カミソリで整えたら剃った後の黒いポツポツが気になるし、生えてくるとチクチクして痒いし大変です。
それに頻繁に剃っていないと生えてきた時がみっともなくて、私は毎日剃ってました。
腕とか足とか他にも剃る所があったのでいつも1時間以上お風呂に入って大変でした。
大学生であった20歳前後の頃に、Vラインの処理を初めて試みました。それまで、ムダ毛の処理は基本的にワキ・腕・脚のみをT字カミソリで自己処理していました。その延長という形で、やや小さめの逆三角形になるように余分な部分をカミソリで剃り落してみたのです。
しかし、やってみると上手く形を整える事が出来ず、どこまで剃るべきなのか悩みながら、数回チャレンジしました。その後、婦人科を受診した際、アンダーヘアをカミソリなどで自己処理するのは危険だと指摘され、現在は特に処理していません。
脱毛サロンに通う前日にある程度まで自己処理しなければならなかったので、自宅の風呂場にてT字カミソリで処理しました。
カミソリだけでしたので3分程で終わりましたが、剃り後はあまり綺麗といえませんでした。
サロンで処置してもらって1週間位から自然と抜け、痛みもなく肌も綺麗でした。
自己処理はお手軽ですが、脱毛サロンでの処理がいいと思います。
Vラインは範囲がもともと広く形を整えるために長さを切ったり、フェイス用の電動シェイバーで剃ったりしてきました。割と足の付け根まで生えていたので剃る範囲は広くいつも面倒でした。それに、伸びてくるとチクチクするのが気になっていたので、脱毛サロンで脱毛するようになりました。脱毛サロンでは形もいつも同じようにしてもらえましたし毛穴も目立たなくなりよかったです。
陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」まとめてみました

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました! 陰毛について ...

続きを見る

長さ
アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

読んでもらいたい記事

人気のヒートカッター 1

アンダーヘアを自己処理する場合、大切になってくるのはどれだけデリケートゾーンを刺激しないかです。 デ ...

除毛クリーム 2

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.