トラブル

デリケートゾーンの黒ずみにはハイドロキノンが有効って本当?

更新日:

黒ずみに効果があるもの

美白効果だけを期待するならハイドロキノン!

デリケートゾーンの黒ずみを徹底的に改善するためには、レーザー治療か強力な美白剤を使用するしかありません。

美白成分の中でも特に有名なのが、ハイドロキノンです。ハイドロキノンは、皮膚の漂白効果に優れており、美容皮膚科で処方されることもあります。

主に、シミや肝斑の治療薬に使用され、濃度が高ければ高いほど美白効果が期待できると言われています。

化粧品に含まれるハイドロキノンの濃度は2%以下。これくらいなら刺激を感じることも少ないようですが、4%を超えると副作用のリスクが高まるという情報もあります。

肌を守りたいなら他の美白成分で!

ハイドロキノンは優秀な美白剤です。しかし、副作用で肌荒れが起こりやすいという難点があります。

いくらデリケートゾーンの黒ずみが改善されたとしても、陰部全体の肌が悪化してしまえば意味がありません。

しかも、デリケートゾーンは敏感な場所。おそらく、ほとんどの女性がヒリヒリ感じたり、ムズ痒いような違和感があるはずです。

デリケートゾーンに使用できる美白成分

・トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体
・カモミラET

刺激や副作用が少ないと言われている美白成分です。陰部専用クリームに配合されるほど、安心性が高く効果も信頼できます。

ハイドロキノンNGな肌質3つ

ハイドロキノンは濃度が高ければ高いほど、劇薬になります。元々肌が弱い人であれば、たった数時間で、みるみる肌に異常がおこります。

陰部がボロボロになる前に、自分の肌質をよく考えてから使用しましょう。ハイドロキノンを使用すると危険と思われる肌質は、以下の3タイプです。・

・アトピー
・日光湿疹
・敏感肌

上記の肌質に見られる共通点は、どのタイプも肌のバリア機能が弱まっているということです。

本来、黒ずみを解消するはずのハイドロキノンですが、刺激が強すぎてさらに黒ずみを悪化させます。どうしてもハイドロキノンを使用したい場合は、少量から始めてください。

まとめ・ハイドロキノンを塗ったら紫外線に注意

ハイドロキノンを塗った直後は、紫外線を避けなくてはいけません。なぜなら、メラニンの働きを抑える作用があるため、防御力が低下してしまうからです。

ハイドロキノンを塗った肌は、紫外線を直で浴びているような状態。これを知らずに、日差しが強い時間帯に外出してしまうと肌はどんどん老化します。

特に、ビキニを着る機会が多い人は要注意です。海や屋外プールにでかける時は、ハイドロキノンの使用は控えましょう。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

386,955view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

139,819view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,396view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-