トラブル

熱いシャワーがデリケートゾーンの臭い悪化させてるってことある?

更新日:

熱いシャワーで洗う

熱いシャワーで臭いが悪化する

高温のシャワーで臭いがきつくなることは考えにくいですが、臭いと温度が関係しているのは確かです

これは陰部じたいがもともと皮膚の薄い敏感な部分であることと、シャワーの水圧や高温による乾燥が要因であると考えられます。

バリア機能が弱まった状態では、やはり細菌が繁殖しやすくなりますから、臭いや痒みが増し陰部環境が悪くなってしまいます。

適切な温度

シャワーを浴びる時は、適切な温度というものがあります。半身浴をする時も、高温よりも適度な温度に長時間浸かることで体が全体的に温まると言われています。

中には43~44度が心地良いという方もおりますが、これでは逆に命に関わる病気を引き起こす可能性が高くなります。

陰部のことを考えるなら40度以下のシャワー温度が理想です。体感としては、少しぬるいかな?くらいが丁度良いのだとか。湯船に浸かる温度では陰部には不向きなため、洗い流す時は40度以下に変更してから使用するようにしてください。

シャワーの使い方も意識

体を洗い流す時は、手軽に洗い流せるシャワーを使っている方が多いはず。この使い方は間違っていないのですが、陰部に使用するとなるとシャワーの圧が強すぎて返って逆効果の場合があるようです。

陰部は粘膜質に近くかぶれが起きやすい部分。特に生理中や体調を崩している時は、陰部環境が悪く皮膚トラブルも起こりやすくなっています。

このタイミングでシャワーを使用すると、陰部が痛いだけでなく刺激となって痒みがさらに悪化してしまいます。
正しい使い方としては、お湯を手に取り洗い流すか別の容器にお湯を張ってかけ流しをすると良いでしょう。

熱いシャワーの危険性

高温のお風呂が体に悪影響を及ぼすように、高温のシャワーをきっかけに様々な肌トラブルを引き起こします。

若いうちはそこまで気にすることはありませんが、40代を超えると気を付けた方が良いかもしれません。

この年齢になると、頭皮や肌のコンディションが低下しますから、シャワーの水圧や温度で
肌質が変わってしまうことも考えられます。

陰部は特にデリケートな部分ですから日頃からシャワーをあてずに軽く洗い流すくらいが理想です。

・髪へのダメージ
・頭皮の皮脂を取りすぎる
・肌の乾燥
・アトピー悪化
・ニキビ悪化

まとめ
熱いシャワーは、陰部の臭いを悪化させるというよりは、臭いを発生させる環境を作りやすくなると言った方が正しいのかもしれません。

必ずしも臭いが強くなるとは言い切れませんが、要素をゼロにしたいならシャワーの温度も意識して過ごした方が良いでしょう。参考にしてください。

デリケートゾーンはぬるま湯で洗っているか?聞いてみました。

膣内は「自浄作用」があるので、洗い過ぎはもちろん厳禁です!

自浄作用が低下すると雑菌が繁殖し、臭いの原因になります。

そして、熱いお湯のシャワーも常在菌まで殺菌してしまい膣内の環境を乱しやすくしてしまうので気を付けましょう。

膣内の環境が乱れるとデリケートゾーンの臭いはもちろんかゆみなどにも繋がります。

みなさんは熱いシャワーを浴びたらデリケートゾーンの臭いが悪化しているような気がするか?聞いてみました。

石鹸は何を使っている
デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

デリケートゾーンの臭い対策 デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は意外に多いと思いますが、石鹸で臭いを抑える事ができた ...

特にシャワーの温度は関係ないかと思いますが、きちんと綺麗になるようなボディソープや、ジャムウなど専用の石鹸等を使っていれば臭いは取れるのではないかと思います。ただ、暑すぎるのはデリケートゾーンに限らずあまり良くないのではという感想と、あとはあまり強くこすったり、洗いすぎると今度は黒ずみの原因になりそうだなとも思いました。
熱いシャワーは「腸内のバランス」が崩れるので、デリケートゾーンの臭いがキツくなる可能性があると思います。
私はもともと熱いお湯が苦手なのでぬるめのお湯でボディやデリケートゾーンを洗っています。
香りの強い石鹸などは膣からの分泌物を増やして、嫌な臭いの原因になるときいたので使わないように気をつけています。
シャワーの温度はあまり関係ないと思います。デリケートゾーンに限らず、汚れは熱いシャワーのほうがよく落ちる傾向があります。ですので、デリケートゾーンの乾燥が気になる場合はぬるま湯や水がいいですが、臭いには温度よりも石鹸や洗いかたを変えるのが効果的です。
シャワーは熱め、また勢いが強い方が好みです。
冷え性なこともあり、湯船はぬるめでゆったり浸かるのですが、その分シャワーは熱めでササッと済ませることがほとんどです。ただし、陰部を洗う際にシャワーは直接当てたりはしていないので、臭いを悪化する原因になっているかは分かりません。悪化させるとしたら避けたいと思います。
熱いシャワーがデリケートゾーンの臭い悪化させてるとは思っていません。実際私は常に熱めのシャワーを好んで使用していますが、臭いが悪化しているとは思いません。でも、もし熱いシャワーが臭い悪化の原因になるのなら、ぬるめのシャワーに変えると思います。
わたしはぬるま湯で洗っています。ゴシゴシ洗う必要がないのと同じで、あまり高熱のお湯で洗うと、必要な菌まで流してしまいそうな気がしてなりまけん。必要な菌がなくなると、それはそれで臭いの原因にもなるので。
どちらかと言うと、温めのシャワーが好きです。
その理由は単純で、熱いのを体全体にかけてしまうと肌全体に刺激があり過ぎて炎症を起こしてしまったり、人肌に近い温度が丁度良い、というのをテレビか雑誌で見聞きした事があるのです。デリケートゾーンも同じく、その名の通り特に、デリケートな部分なので刺激を受けやすいと思います。それが直接臭いに関係あるのかと聞かれれば分かりませんが、肌に良くない事をすれば当然悪影響でその結果、臭い悪化に繋がる可能性は十分にあると考えます。
私自身は、熱いシャワーを利用した経験がないので臭いが以前より悪化してるかは正直不明です。しかし、これからの何かの悪循環でデリケートゾーンの臭いがより気になるのはとても嫌なので、悪化原因には極力触れないよう努力したいと思います。
熱いシャワーは粘膜がひりひりするので、温めのシャワーを使用しています。臭いよりも、粘膜がただれる、痛くなるリスクあると思うのでしていません。臭いのケアは温度よりも、こまめに清潔に保つことが大事だと考えています。
膣は抗菌作用があり、常にきれいな状態に保たれているため、シャワーで洗いすぎるとかえって膣の中のバランスが崩れ、悪臭などの原因になります。
ましてや熱いシャワーともなると中だけでなくデリケートゾーン外部も影響を受けます。
そのため熱いシャワーで臭いが悪化するというのは否定ができません。
基本的に温かめのシャワーです。
寒い日などは熱いシャワーをかけることもありますが、臭いについては気になったことがありませんでした。でも、もし熱いシャワーだと臭いがキツくなるというのが本当であれば、今後は熱いシャワーはかけません。
黒ずみで悩む
肛門・お尻の黒ずみで悩む女性

お風呂で鏡を見た時、自分のお尻が黒ずんでいて驚いた経験はありませんか? 実はお尻に限らず肛門や陰部周辺は黒ずみやすい部分 ...

読んでもらいたい記事

363,279view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

135,491view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,526view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-トラブル
-