におい

香りの付いた石鹸やボディソープで陰部を洗うのはダメなんですか?

更新日:

デリケートゾーンを石鹸で洗う

香りが付いた石鹸でもOK

香りがついた石鹸でも構いませんが「弱酸性」や「無添加」である方が良いです。市販の石鹸やボディソープは、刺激が強いだけでなく、必要な皮脂や菌まで洗い流してしまうため避けるのが無難です。

ゴシゴシと洗うのではなく、石鹸タイプなら「よく泡立てて肌に乗せるように洗うこと」です。また、膣内の奥まで指を入れて洗うのもおすすめしません。

そして、香りが付いているからと言って陰部の臭いが解消されるわけではなく、細菌が増えれば臭いは発生しますので、ニオイとニオイが混ざり合って悪臭を放つということも考えられるんですね。なので、日頃から清潔に維持しておくことが大切です。

香りよりも陰部専用かが重要!

香りを意識して購入する方も多いですが、重要なのは「陰部専用」の商品かどうかです。陰部専用の石鹸やソープは、市販で探すのが難しく多くはネット通販専門です。

サンプルがほとんどないため、お試しすることは出来ませんが、口コミや使用者の声を参考にすると良いでしょう。

陰部専用の石鹸やソープは、やはり成分からして一般のソープと異なり陰部の環境に合わせた原材料になっています。美白成分や植物系の成分など、肌に優しい原材料で作られていますので、安心して使用することが出来ます。

代表的な商品をあげるとすれば、ジャムウ石鹸やイビサソープです。これらは陰部専用に開発されていますので、臭いだけではなく、黒ずみに特化した成分も配合されています。

水・ぬるま湯でもOK!

こちらは特に妊婦や陰部の炎症が酷い方に勧められる洗浄法です。そもそも陰部には自浄作用が備わっていますから、洗浄剤など特に必要ないとも言われています。

ですが、陰部は排泄物や恥垢が溜まりやすく、水洗いやお湯で洗う程度ではスッキリしないどころか臭いが心配です。

ですから、陰部専用の石鹸やソープで軽く洗うようにしてください。洗う時は、直塗りではなく泡立てて使用するのが基本です。

モコモコが肌の上に弾力を作り、洗い流す際の摩擦を防ぐ効果もあるのだそうです。是非参考にしてください。

香りは植物系がおすすめ!

香り付きの石鹸やソープを選ぶなら、植物系の香りが弱いものを選びましょう。バニラやシトラス系は、香水やコロンとしては有効ですが、陰部の臭いと混ざると不快な臭いが増してしまいます。

香りによっては、臭いが混ざると悪臭化する場合があるので、初めから植物系の優しい香りを選ぶと良いでしょう。個人的にはローズ系がおすすめです。

香料や無香料など香りで選びたくなる気持ちはわかりますが、香りが長時間持続することはまずあり得ません。

継続的に使用するなら、陰部専用の石鹸やソープを選ぶようにしてください。消臭効果が高い上に保湿効果も抜群です。

どんなものでデリケートゾーンを洗っていますか?聞いてみました。

デリケートゾーンを洗う際は「弱酸性」の石鹸で洗浄しましょう。

一般的な石鹸やボディソープはアルカリ性なので、その石鹸で洗うと大切な常在菌まで落としてしまいます。また、香りで誤魔化している石鹸は、デリケートゾーンの臭いを改善するものではないので、無香料の余計な物が含まれていないものを使用しましょう。

また、デリケートゾーン専用の石鹸であっても、しっかり泡立てて泡で包み込むように優しく洗うようにしましょうね。香料の配合された石鹸を使っていますか?みなさんに聞いてみました。

基本的には水洗いが基本だと婦人科の先生に言われました。市販の石鹸やボディソープは殺菌力が強すぎて、陰部の悪い菌だけでなく、良い働きをする菌も殺してしまうためカンジダ症などのトラブルが起こることがあるそうです。
香りのついているもので陰部を洗ってもあまり特別な効果がないように思います。むしろ、あまりゴシゴシ洗うのは、元々の部分を保護しているものが無駄に洗われてしまって衛生面で逆効果だと聞いたことがあるので、ボディソープなど直接つけることはしません。
香りの強い石鹸やボディソープは腸内バランスを壊すらしいので、ニオイの原因にもなるし好ましくないと聞いたことがあります。デリケートな部分で肌も柔らかいので刺激があり、痒みやかぶれの原因になるので避けた方が良いです。
香りの付いたボディソープや石けんは、肌が強くないためほとんど使っていません。香りが付いているボディソープや石けんを使ったからと言って、陰部の臭いに効果があるとはあまり考えられず、それくらいなら清潔さを保てる安全な石けんの方が良いと考えています。
香りの付いた石鹸にも色々ありますが、植物性や自然由来の香りのものでしたら、問題はありません。ただ、人工的な香料を使っているものは、デリケートな部分なので避けた方がよいと思います。陰部から体内に入り込む可能性もあるので、やはり自然由来のものがベストです。
香りの付いた石鹸やボディソープで洗っています。特にそれで臭いが酷くなったとか痒みを感じたこともありません。香りが付いている方が、もし臭っていたとしても臭いにくくなる気がします。よって無香料に変えるつもりはありません。
香りのついたボディソープで洗って臭いを誤魔化そう。もしくは、若干良いニオイにさせようと思うのは間違っていると思います。デリケートゾーン専用のボディソープで優しく洗い、洗いすぎないのが大切です。
私は香りがあるものが好きなので、身体全体区別せずに香りのあるものを使用しています。香りがあるものを使い続けて私はトラブルが起きたことがないので、大丈夫だと思っています。また、問題があるなら香り付きのものが世間にはたくさん販売されているので「使わないように!」と警鐘されると思います。それがないなら問題ないです。
プレゼントで頂いたロクシタンのソープは、一時的に効果がありました。入浴後から翌朝のトイレの時にほのかにニオイがマシでした。でも、日中活動すると汗をかくこともあり、すぐに蒸れて臭い、持続は期待出来ません。ただ、使用自体は問題なかったです。
私は今でこそ無香料のものを使っていますが、以前は香り付きの石鹸を使用していました。すごくキツイ香りのものもどうかと思いますが、ほのかな香りであれば、むしろ臭いが緩和され良い香りが続くのでおすすめです。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-