デリケートゾーン

肛門・デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法

更新日:

黒ずみで悩む

黒ずみの原因は摩擦と乾燥、毛穴の汚れ

黒ずみの原因を知ることが出来れば、新たな黒ずみを作らずに済みますので、肌のターンオーバーの際に自然と改善していくかもしれません。

デリケートゾーンが黒ずんだらまず摩擦を疑え!

“摩擦”これはデリケートゾーンの黒ずみを作る原因として最もポピュラーな原因です。

ショーツや補正下着、スキニージーンズなどの締め付けによって摩擦が増え黒ずみが作られてしまいますし、デリケートゾーンが圧迫され血流が悪くなり黒ずみが出来てしまうこともあります。

ショーツは「サイズが合ってなくてキツすぎる場合」や「締め付けの強いゴム」で血行不良を起こします。Vラインだけではなく、なんとIラインにまで被害が及ぶことも。

そのため、ショーツはゆったりとした形のものを選ぶのが良いです。

また、補正下着は身体のラインを整える効果はありますが、長時間の使用は圧迫してしまうので黒ずみの原因になってしまいます。

ナイロンやポリエステル素材などの化学繊維のものではなく、綿や絹など肌に優しい天然繊維のものを使用した方がよいですね。

日常生活で黒ずみを予防する方法

  • キツイ下着ははかない
  • 合わない下着ははかない
  • 補正下着をはかない
  • 綿やシルクなど天然素材が理想
  • デニム生地や硬い生地は避ける

また、アンダーヘアの処理の際にカミソリなど陰部に直接刃が触れるもので処理すると摩擦により黒ずみやすくなります。処理にはヒートカッターなど肌に触れない方法で処理すると良いですよ。

おすすめショーツはボクサータイプ!?

サイズはもちろん自分の身体に合ったものを選ばなければなりません。

締め付けが強いと先程言ったように黒ずみの原因になります。

ボクサータイプのショーツは普通のショーツよりも面積が広く摩擦を起こしにくいですし、足の付け根までカバーしてくれるので、足の付け根の黒ずみを防ぐことが出来ます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は乾燥!?

デリケートゾーンの肌は、他の部位よりもかなり弱い部位に当たるので「乾燥」は大敵です!

特に加齢に伴い乾燥も酷くなっていくので元々乾燥肌の方は年齢を重ねるごとに入念なケアが必要でしょう。

Vラインは特に黒ずみやすいのでデリケートゾーン専用ローションを使用しましょう。

その際、保湿だけではなく、美白成分も含まれているものを使用するとすでに出来ている黒ずみを改善することが出来、同時にケア出来ますね。

摩擦」・「乾燥」・「毛穴汚れ」この3点を気を付けることが出来れば、かなりデリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来るのではないでしょうか?

そのためにもデリケートゾーン専用の保湿クリームやローションで保湿ケアなど念入りに対策をしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は毛穴汚れ!?

デリケートゾーンにももちろん毛穴があります。毛穴汚れって気にしたことがありますか?

デリケートゾーンの黒いブツブツの黒ずみもまた毛穴詰まりによる黒ずみなんですね。

毛穴は本来汚れや皮脂をしっかり取り除く働きをするのですが、正常な働きが出来なくなると毛穴が開いたままになりそこへ汚れが貯まって行きます。

それが空気に触れて酸化すると徐々にブツブツとした黒ずみに変化していくんですね。

デリケートゾーンをしっかり温めて毛穴を開いてから脱毛するなど、ひと手間加えるとダメージを減らすことが出来、デリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来ますよ。

ホルモンバランスや加齢も黒ずみの原因に!

不規則な生活や食生活の乱れ、そしてストレスは大敵!

肌のターンオーバーが乱れると古い角質が正常に排出されなくなるので、黒ずみの原因になります。

加齢や妊娠してホルモンバランスが乱れると、特に黒ずむように感じるのもそのためですね。

飲酒や喫煙も黒ずみの原因になります。

飲酒すると肌に吹き出物や炎症を起こしやすくしたり、肌の生成に必要なビタミンB群を大量に消費してしまうので乾燥しやすくなります。

これが、黒ずみの原因になります。

喫煙もニコチンやタールなどの有害物質を摂取してしまうと、血管が細くなり血行不良が原因でデリケートゾーンの黒ずみになると言われています。

また、喫煙することで、肌の保水力やコラーゲン生成に必要なビタミンCをたくさん奪ってしまうため、やはり肌が乾燥しやすくなってしまいます。しかも、煙草は肌のターンオーバーの周期を乱したり、女性ホルモンの分泌量を減らしてしまったりと黒ずみになる要素満載です!

何を使っても駄目だった!?肛門とお尻の黒ずみ

肛門やお尻だけではなく、ヒジや乳輪と身体のあらゆる黒ずみを解消したくて「」や「重曹」「ケアクリーム」を試したり、ファンデーションで隠して対策している女性もいます。

ワキならファンデーションを塗って隠すことも可能でしょうが、肛門やお尻にファンデーションを塗るわけにもいきませんよね。そう考えると、肛門やお尻の黒ずみを隠す方法って一つもない気がします。

また、レーザーで黒ずみを除去する方法もありますが、陰部全般は非常に「高額」で他人にデリケートゾーンをさらけ出す「覚悟」も必要です。

ですから、肛門やお尻などの陰部全般の黒ずみは、セルフケアするのが費用や精神的な負担がかからずに安心です。

肛門・お尻の黒ずみの原因って何?

肛門・お尻だけではなく、身体全てに言えることですが、黒ずみの主な原因は「摩擦」。摩擦による刺激でメラニンが過剰に発生し、色素が染みついて「色素沈着」を起こすからです。

ショーツによる摩擦

日頃から身に着けるショーツの締め付けによる摩擦の影響はとても大きいです。

デニムなどの衣類による摩擦

お尻は弾力があり、脂肪が移動しやすい部位。そのためデニムの硬い生地の刺激により黒ずみが広範囲に発生する場合があります。

ナプキンによる摩擦

生理時のナプキンのムレやかぶれによる炎症。肛門・お尻に痒みが起こり、掻きむしることで黒ずみが生じます。

イス

デスクワークや車の運転など長時間イスに座る方はお尻が圧迫され黒ずみの原因になります。

ホルモンバランスの乱れ

特に妊娠中や出産後はホルモンの分泌量の変化で黒ずみが増す場合があります。

肛門・お尻の黒ずみで嫌な経験をしたことがある?

肛門やお尻なんて見られるはずがない!と思う方も多いと思いますが、実際に肛門やお尻の黒ずみで嫌な思いをした女性もたくさんいます。

黒ずみで自信が持てず、「プールにいけない!」「恋愛に積極的になれない!」と言う気持ちを抱く女性がとても多いのです。

しかし、肛門やお尻、陰部の黒ずみが邪魔になる1番のシーンは生活のどんな場面でしょうか?プールや温泉も挙げられますが、やはり第1位は「恋人とのラブタイム」の時間ですね。

どの口コミを見ても、女性の中で最も大切なシーンであり、女性にとって男性に一番見られたくないモノは「黒ずみ」や「ムダ毛」です。

好きな男性に身体を見せるのですから、いつも以上にキレイな身体でいたいと願うのは当然のことですね。

肛門・お尻の黒ずみ対策はこの3つ!

肛門とお尻の黒ずみの対策には「下着」「弱酸性」「保湿」の3つに気をつける所から始めて欲しいと思います。

ショーツは毎日身に着けるものなので、摩擦を防ぐことが出来ません。ですから、その摩擦を少なくするためにショーツの「素材」に気を付けましょう。

それで、グッと黒ずみを減らすことが出来るんですね。シルクやコットンタイプのショーツは値段も高いですが、優秀な素材ですよ。

また、お尻に限らず陰部は「弱酸性ソープ」で洗うことが基本。優しく手で洗う程度で構いません。ゴシゴシ身体を洗うのはそれこそ黒ずみの原因になってしまいます。

最後に、保湿は最も重要!肛門やお尻に使用出来る専用クリームで保湿し、黒ずみを改善しましょう。専用クリームが一番良いのですが、ない場合にはボディクリームでも十分に代用できます。

デリケートゾーンの黒ずみって本当に薄くできる?

デリケートゾーンの黒ずみの予防や解消法には、自宅でケア出来るセルフケアとクリニックで行う治療の2種類があります。

しかし、黒ずみは、普段通りに暮らしているだけで出来るものです。

なので、除去したとしてもまた出来てきます。毎日のケアを習慣づけていけば、黒ずみを出来にくくすることも出来ます。

デリケートゾーン専用美白クリーム

一番安心して使用できるのが、陰部専用クリームです。陰部に優しい無添加で作られているため、肌を必要以上に傷つけることがありません。

陰部専用のクリームが激売れする一方で、「全く効果がない!」と不評があるのも事実。これは、使用者の大きな誤解のせいかもしれません。

そもそも、陰部専用クリームで「黒ずみを全て消そう!」というのは、大きな間違いです。デリケートゾーンと言うのは、常に摩擦が生じている部位になります。つまり、常に黒ずみが作られる環境におかれているという考え方が必要です。

陰部専用クリームには、黒ずみを薄くする効果はありますが、クリニックで除去したような白い肌を取り戻す効果はありません。

クリニックで除去するには高額ですし、何もケアしないでいるのは黒ずみを濃くする可能性も高いです。なので、陰部専用クリームには、毎日ケアすることで「黒ずみ予防」として有効なのです。

黒ずみ効果

  • 黒ずみが薄くなった
  • ピンクとまではいかないが効果はある
  • 肌色になった
  • 全体的に色が明るくなった
  • ビキニラインの黒ずみに効果あり

使用部位は、膣を除いた表面のデリケートゾーンに使用できます。もちろん肛門部もOK!効果の目安は、使用開始から3カ月~4カ月が多いようです。

陰部専用石鹸(ソープ)は黒ずみに効かない!?

陰部専用石鹸で有名なのが、ジャムウをベースに作られた固形石鹸です。ジャムウとは、天然ハーブのことで、日本人の肌質に合わせて作られた石鹸も販売されています。

黒ずみと臭いに特化した石鹸と謳われることが多いのですが、所詮、水で洗い流す石鹸です。泡を立てて陰部をケアしても、最後はキレイに汚れを洗い流さなくてはいけません。

これでは、せっかくの黒ずみケアが台無しです。

しかし、臭いを解消する力は抜群!市販の石鹸よりも、はるかに刺激が少なく、臭いに特化した成分が含まれています。

陰部専用石鹸を使用する時は、黒ずみケアではなく汚れや臭いを除去するボディソープ感覚で使用すると良いでしょう。

黒ずみ効果

  • 黒ずみ解消は期待できない
  • 効果なし
  • 気休め程度
  • 普通の石鹸よりも安心できる

口コミでは、陰部の臭い対策に使用している女性が多いようです。

石鹸+クリームが理想

陰部の黒ずみを効果的にケアしたいなら、陰部専用石鹸と専用クリームを併用しましょう。刺激が少ない無添加質の石鹸は、痒みや乾燥に効果が高く、ホルモンバランスが乱れやすい40歳以降の方にも、かなりオススメです。

また、若い世代の女性であれば、毎日ケアすることで黒ずみ対策や予防に効果的です。最後は、専用クリームでしっかり色素沈着を抑えて、黒ずみを作らない対策をしていきましょう。

レーザー治療

陰部の黒ずみ除去法で一番効果が高いと言われているのがレーザー治療です。

陰部の黒ずみケアに限界を感じている女性は、クリニックのレーザー治療を視野に入れてみましょう。

この方法なら、美白クリームよりもはるかに高い効果を得られるはずです。

VラインやIライン、Oラインの粘膜部分までも照射をあてられるので、性器内側の気になる黒ずみを全体的に削り取ることができます。

保険適用外のため、保険適用外のため費用の負担が大きいことと痛みが強くでやすいことが難点。

加齢により黒ずみが増えてきたかな?と感じる女性は、専用クリームではなく、即効性のあるレーザー治療がおすすめです。

クリニックで陰部の黒ずみを治療する場合は、レーザートーニングとインティマレーザーの2種類があります。

レーザートーニング

レーザートーニングは、黒ずみをレーザー治療で解消する場合の一般的な方法です。

シミや肝斑、タトゥー除去に用いられることもあり、皮膚の細胞にかかる負担を減らし、弱い出力で均等に照射をあてられるのが特徴です。

医師の判断にもよりますが、VラインやIラインなど表面に見える黒ずみに用いる除去法はレーザートーニングが多いようです。

気になる黒ずみに対し均等に照射をあてながら、メラニン色素に直接ダメージを与えて陰部の黒ずみを解消します。

刺激が少なく均等に照射があてられるというメリットがあります。痛みは、輪ゴムで弾かれた痛みと答える人が多いので、決して我慢できないほどの痛みではありません。

1回の照射は、おおよそ10,000円~と、クリームよりもはるかに高いですが、黒ずみ解消効果だけを本気で求めている人には、レーザートーニングをおすすめします。

価格相場10,000円~/施術回数5~6回/施術時間15~20分

インティマレーザー

陰部の中でも特に敏感な部位と言われているIライン。Iラインとは、性器の割れ目周辺のことで、内側へいくほど黒ずみやすく、脱毛時の痛みも生じます。

治療回数が圧倒的に少ない即効型なので、1回100,000円とかなりの出費を覚悟しなければいけませんが、1回で黒ずみ解消効果を実感できた人も大勢います。

痛みを和らげるために麻酔クリームや冷却を施しますが、多少の痛みはあります。そして、施術中よりも術後に痛みを感じやすい人が多く、すり傷ができた時のように陰部全体がヒリヒリするようです。

ですが、切除手術ではないので誰にもばれることなく、短期間で解消することができます。即効性を求めている人には、おすすめするレーザー治療の一つです。

価格相場100,000円~/1回の施術で効果あり/施術時間15~20分

レーザー治療をしても黒ずみは再発する

レーザー治療で黒ずみを解消できたとしても、日頃のケアを怠ると黒ずみは増えて行きます。

レーザー治療というのは、黒ずみ削り取ることで一時的に陰部をキレイに見せることはできますが、メラニンが発生する仕組みを絶つわけではないので、治療後もケアを続ける必要があります。

陰部専用クリームを上手く併用すると、黒ずみができにくく肌の保湿としても効果的です。

塗り薬

強力美白剤で有名な、ハイドロキノン。こちらは、ほとんどのクリニックで処方される黒ずみ治療薬です。

メラニンを阻害する働きを持ち、シミや肝斑に用いられることもあります。効果が高い分、副作用が出やすいという難点もありますが、使用上の注意を守ることで黒ずみを薄くすることは可能です。

これだけ刺激の強い成分ですから、デリケートゾーンには、やはりおすすめすることは出来ません。もちろん、クリニックで処方される安全性が認められた成分ですが、敏感肌やアトピー性皮膚炎の患者が使用すると、必ず肌荒れが起こります。

ハイドロキノンを購入したい方は、自己責任のもと使用してくださいね。

食生活で予防!

食生活を改善すれば、身体の内側から黒ずみを予防することが出来ます。

肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを早く排出してくれるような食べ物を意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンCは「メラニン生成を抑制し、黒ずみを予防」、鉄分は「肌のターンオーバーを促進」、タンパク質は「美肌づくりに重要」、亜鉛は「すでに出来てしまった黒ずみに効果的」で、これらの栄養素は欠かせません。

デリケートゾーンだけではなく、もちろん他の部位にとっても健康や美容にも良いので、率先して摂取するようにしましょう。

黒ずみを解消する専用クリームを使おう!

陰部に優しい美白成分を配合したクリームは、陰部の黒ずみや保湿に最適です。市販で見かけることは少ないですが、ネット販売では豊富に流通しています。

実は、黒ずみをクリニックで除去した場合も、予後ケアにクリームを勧められることが多く、黒ずみの有無にかかわらず毎日ケアをすることが望ましいとされています。

専用クリームを使用しても「効果がない」と口コミしている人も見かけますが、そもそも陰部に限らずに肌のターンオーバーの周期があるので、「即効性がない」のは当たり前なんですね。なので、すぐに使用を辞めないで、長期使用をしてみましょう。

また、陰部専用クリームの多くは無添加質で作られています。余計な成分を排除し可能な限り肌に負担をかけないように製造過程から徹底されています。

クリームで得られる効果は?

陰部ほど敏感で皮膚の薄い部位はありませんので、陰部専用クリームなら、安心して全身に使用することができます。

黒ずみを薄くする程度なら十分期待できますが、完全に白くすることは難しいと言えます。なぜなら、陰部の黒ずみは長い年月をかけて蓄積されたもの。そう簡単に黒ずみを消せるわけではないのです。

継続的に使用すれば、黒ずみが薄くなることは確実ですが即効性はありませんので根気が必要になります。

陰部専用クリーム副作用

黒ずみ専用クリームの中で最も有名なのが、ハバラビ・イビサです。この2つは美白成分を含み、比較的副作用が少ない商品であることを売りにしています。

・ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分は、グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキス。メラニンの生成を抑えながら肌荒れを防ぐ作用を持ち合わせています。

赤ちゃんも使用できるほど安心な成分で作られていますので、酷評や不評は見受けられませんでした。

・イビサクリーム

有効成分は、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2K。こちらも同じくメラニンを抑えながら美白を促す作用があります。

無添加で作られているのですが、一時的に痒みが起こる副反応が出ている人も見受けられます。

副作用の報告ではなく、一部の使用者による口コミなので参考程度におさえておくと良いでしょう。

黒ずみに特化したクリームは返金保証制度も充実

陰部専用クリームには、返金保証制度が設けられています。保証期間はそれぞれ異なりますが、上記以外のクリームでは最長120日間有効の商品もあります。

使用後に肌荒れが起きた場合も、この返金保証制度を利用すればお金を無駄にする心配がありません。

専用クリームを購入する時は、美白成分+返金保証制度が充実している商品を選ぶようにしましょう。

トレチノインを処方されるのはどんな時?

トレチノインは、日本では主に皮膚科を中心とした医師の判断のもと処方される成分です。

トレチノインが持つターンオーバーを促進する力で、不要なメラニンを排出し、黒ずみを解消することが出来ます。

欧米では、普通に使用が許されている成分ですが、日本では認可が降りておらず、使用量に制限が設けられています。輸入代理店で取り扱いが可能な今、使用目的や使用方法には十分に注意が必要です。

皮膚科でトレチノインを勧められたら?

トレチノインは、成分が強力なので個人で扱うのは危険。

濃度の基準をしっかり把握しているクリニックで処方されたなら、肌にかかる負担を軽減出来るでしょう。

しかし、陰部に使用して本当に問題がないのか?この点については、賛否両論があり、効果だけを追い求めている人は副作用も承知で使用している方もいます。

特に「敏感肌」や「バリア機能が著しく低下した肌」は、刺激が強すぎて返って黒ずみを悪化させる原因になりかねませんので継続使用は注意しましょう。

美白効果だけを期待するならハイドロキノン

デリケートゾーンの黒ずみを徹底的に改善するためには、レーザー治療か強力な美白剤を使用するしかありません。

美白成分の中でも特に有名なのが「ハイドロキノン」。ハイドロキノンは、皮膚の漂白効果に優れており、美容皮膚科で処方されることもあります。

主に、シミや肝斑の治療薬に使用され、濃度が高ければ高い程、美白効果が期待出来ると言われています。

化粧品に含まれるハイドロキノンの濃度は2%以下。これくらいなら刺激を感じることも少ないようですが、4%超えると副作用のリスクが高まると言う情報もあります。

トレチノインとハイドロキノンの併用が効果的!?

黒ずみに悩んでいるなら、耳にしたことがある方も多いはず。トレチノインとハイドロキノンは併用することで、黒ずみ解消効果がグンとアップします。

美白機能が高い「ハイドロキノン」と肌の再生力の強い「トレチノイン」の相乗効果が期待出来ます。さらに浸透力が不十分なハイドロキノンをトレチノインが補うことで黒ずみにアプローチする力を高めるわけです。

しかし、この2つはどちらも副作用も強い成分で知られているので、医師と相談の上使用するようにしましょう。

ハイドロキノンNGな肌質は?

ハイドロキノンの濃度が高ければ高い程「劇薬」。元々肌が弱い人であれば、たった数時間でみるみる肌に異変が起こってしまいます。

陰部がボロボロになる前に、自分の肌質を考えて使用するようにしましょう。ハイドロキノンを使用すると危険なのは「アトピー」「日光湿疹」「敏感肌」の3つのタイプです。

どのタイプも「肌のバリア機能が弱まっている」と言う共通点があります。

本来、黒ずみを解消するはずのハイドロキノンですが、刺激が強すぎてさらに黒ずみを悪化させます。どうしても使用したい方は、少量から始めてみましょう。

ハイドロキノンを塗ったら紫外線に注意!

ハイドロキノンを塗った直後は、紫外線を避けなければなりません。なぜなら、メラニンの働きを抑える作用があるため、防御力が低下してしまうからです。

ハイドロキノンを塗った肌は、紫外線を直に浴びているような状態。これを知らずに、日差しが強い時間帯に外出してしまうと肌はどんどん老化してしまいます。

特にビキニを着る機会が多い人は要注意。海や屋外プールに出かける時は、ハイドロキノンの使用は控えましょう。

どんな時に黒ずみが気になる?

水着でVラインの黒ずみが目立つ

デリケートゾーンは、ショーツの摩擦で黒ずみができやすい部分です。特にVラインは、水着やショーツをはいても隠すことができず、黒ずみが目立ってしまいます。

現時点で効果のある黒ずみ解消法は2つ。費用の高いレーザー治療と根気が必要な美白クリームになります。

どちらにせよ、1日や2日で、黒ずみがキレイになるものではありませんので、水着を着る予定があるのなら、遅くても半年前にはケアをするべきです。

Vラインの黒ずみを増やさないためにも、まずは日頃からケアを怠らないようにしましょう。

彼氏に見られたくない

彼氏に陰部の黒ずみを見られても平気!と、答える女性はほとんどゼロに近いでしょう。美容やお洒落に対し、どんなに無頓着だったとしても裸になって陰部の黒ずみを見られることは絶対に嫌なはずです。

もし、体型や肌のキメも細かくて、黒ずみ一つないキレイな体であったとしたらどうでしょう?

大好きな彼氏ですから、スキンシップを取りたくて当然。陰部の黒ずみを指摘される不安や体に自信が持てないのを十分わかっているから、女性は黒ずみケアに必死になるわけです。

出産や妊婦検診が恥ずかしい

これは、経験した人にしか分からないことかもしれませんが、ハッキリ言って陰部の黒ずみは恥ずかしいです。

診察台に仰向けになり、両股を開いて陰部を全開にするのですから当然です。カーテンで遮られ医師の顔は見えないよう配慮はされていますが、陰部を診察されている感覚はわかります。

相手は医師や助産師なので、陰部が黒くても白くても何も思わないのでしょうが、見られる側からするとストレスでしかありません。

脱毛サロンに通うようになってから

最後に脱毛サロンでVIO脱毛して、綺麗に整えてもらうと、今まで毛に隠れていた黒ずみがはっきり目視できるようになり、気になってしまいます。

特にハイジーナ処理にすると、全部の毛が綺麗になってしまっているのでよく見えますよね。その時に「私ってこんなに黒ずんでいたの!?」と驚かれる方も多いみたいです。

なので、黒ずみを改善したいと思う方も多いようですね。

黒ずみケアをしない人は多い?

女性に生まれたからこそ、常に美意識をもって生活したい。女性は誰しもキレイでいたいと願う生きものです。

ですが、ワキとは違い露出する機会が少ない陰部は、ついつい手を抜いてしまいがち。しかも陰部の黒ずみは頑固ですから、半ば諦めている女性も多いはずです。

赤ちゃんのようにピンクに近い肌が理想ですが、実際はピンクの人なんてごくわずか。良く雑誌で見かけるような人は、ほとんど画像修正が入りますので、自分の陰部が黒いからと落ち込む必要はありません。

どうしても陰部の黒ずみが気になる人は、美白クリームでケアをすると、徐々に黒ずみが改善されるはずです。

10代の黒ずみケア

高校生くらいになると、体の黒ずみが気になり始める子もいるのではないでしょうか。水着をきっかけに、ビキニラインの黒ずみに気が付く人もいれば、自分の身体をチェックしていて偶然見つける人もいるでしょう。

本来なら美白クリームをおすすめしたいところですが、未成年がネット通販を利用する場合は、保護者の承諾が必要です。10代で黒ずみをケアしたくても、なかなか商品を手に入れられないのが現状。

ドラッグストアで販売されているような、肌に優しい保湿剤を使用するか、陰部を締め付けないようにボクサーパンツやスカートをはくだけでも、黒ずみ予防になります。

黒ずみケア20代~30代が最も多い

陰部の黒ずみが気になる20代~30代。20代は恋愛が一番楽しい時期でもあり、黒ずみを意識する機会が最も多いですよね。

自分の陰部が黒くて自信が持てないと答える女性は非常に多く、毎日美白クリームでケアをしたり、程度によりクリニックで黒ずみを除去する人もいます。ここ数年は、高いお金を払ってでも陰部の黒ずみをキレイにしたいという女性が増えています。

また、30代は妊娠や出産で一時的に黒ずみが増えるため、陰部のケアを始める人が多いのだそうです。

美白クリームを継続している間は、黒ずみ抑えることができますが、止めてしまえば再び黒ずみは作られていきます。せっかくケアをしているのですから、一時的といわず習慣化できると、さらに改善が見込めます。

40代もケアをしている

40代や50代でも、陰部を意識してケアをしている女性は大勢います。加齢とともにホルモンバランスが乱れ、陰部やワキの黒ずみが目立つようになります。

20代の時と比べて、黒ずむスピードが速くなったと感じるのはこのためです。ですが諦める必要はありません。

たった1日で黒ずみが薄くなることはなくても、全くケアをしないよりかはマシです。黒ずみをこれ以上濃くさせないように、現状維持でも良し!とする考えを持つ方が、気持ちが楽になりますよ。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-デリケートゾーン
-