サロンとクリニック
VIO脱毛でおすすめのサロンとクリニック

VIOの脱毛は自己処理で難しい部位の一つです。 そんな面倒な部位は脱毛サロンやクリニックなどを利用す ...

続きを見る

アンダーヘア

VIOの処理方法

更新日:

VIOの処理方法

VIOの処理はきちんと行っていないといざという時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

しかし、VIOは非常にデリケートな部分であるため、なかなか自分では難しいと感じる人も多いと思います。

各部位の処理方法に関しては、以下のようになります。

Vラインの処理方法

VIOの中でも最も目立つ部分が「Vライン(ビキニライン)」です。

処理を怠ると水着や下着からはみ出てしまうので、一番女性が気にする部分となります。

自分で処理を行う場合はまず、すきばさみなどを使用して毛量を抑えた後、シェーバーやカミソリを使用してVラインを整えます。

逆三角形型が一般的に整えられる形となっていて、外側は毛を気持ち短めに、内側に入るほど長めに処理することでうまく整えることができます。

最後にヒートカッターを使用して毛先を丸くすれば、下着からはみ出たりする心配も少なくなります。

Vライン
Vラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Vラインの処理方法について アンダーヘアの中でも最も目立ち、整える形も様々である場所が“Vライン”で ...

続きを見る

Iラインの処理方法

Iラインの処理は最も難しく、処理をあまりしていないという人もいるのではないでしょうか。

Iラインを処理する場合は、粘膜を傷つけないよう慎重に行う必要があります。

電気シェーバーやヒートカッターなど、直接肌に触れないアイテムを使用し、できるだけ肌へ負担をかけないようにします。

難しい場合はサロンやクリニックで処理をお願いすると良いと思います。

また、Iラインはカットしすぎると不自然に見えてしまいますので、3cm程度を目安に処理すればムレなども抑えられて良いです。

Iライン
Iラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Iラインの処理方法について アンダーヘアの中でも構造的に最も処理が難しく、デリケートな場所が“Iライ ...

続きを見る

Oラインの処理方法

Oラインは人に見えにく部分である上に自分で処理するのも難しい部分となります。

しかし、Oラインは人によっては意外と毛量が多くなるため、きちんと処理を行う必要があります。

Oラインの処理方法はヒートカッターなどの肌に触れにくいアイテムを使うことをおススメします。

これはIラインと同様に肛門周りは粘膜があり、傷つけてしまう恐れがあるためです。

処理の頻度はおおよそ2週間に1回程度が目安とされています。

また、処理に不安を感じている場合はサロンやクリニックを積極的に利用するようにしましょう。

Oライン
Oラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

Oラインの処理方法について アンダーヘアの中でも最も見えにくく、自分で生えていることを確認することが ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

読んでもらいたい記事

人気のヒートカッター 1

アンダーヘアを自己処理する場合、大切になってくるのはどれだけデリケートゾーンを刺激しないかです。 デ ...

除毛クリーム 2

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-アンダーヘア
-,

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.