脱毛

VIO脱毛サロンやクリニックに踏み切れない不安や理由って何ですか?

更新日:

サロンいけない

VIO脱毛の体験談

陰部をキレイにVIO脱毛したいけど、中々踏み切れない女性達も大勢います。これは単純に恥ずかしいという思いから施術を受けない人もいるでしょうが、年齢を考えると今更感が出てしまい、結果的に脱毛するタイミングを逃してしまったという人もいるようです。

ここから、ちょっとだけ個人的な体験談をお話します。結論から言いますがVIO脱毛を考えているなら20代前半のうちに済ませておくのが理想と言えます。

これは、ある年齢になると結婚や妊娠が大きく関わってくるからです。いざVIO脱毛したいと思っても産後や育児中はホルモンバランスが乱れやすく脱毛効果が不十分です。

しかも、子供を連れてサロンやクリニックへ足を運ぶのは時間的にも体力的にも限界があります。

VIO脱毛する場合は、できるだけ早い時期に施術を受けるようにしましょう。

VIO脱毛・踏み切れない理由3つ

VIO脱毛に踏み切れない理由は様々です。陰部にコンプレックスを抱いている女性は、黒ずみや形を気にして施術を断念している女性も多いんです。

女性がVIO脱毛に踏み切れない理由を5つ挙げてみました。

陰部を見られるのが恥ずかしい

VIO脱毛は、スタッフに陰部を見せなくてはいけません。ですから、単順に陰部を見られるのが恥ずかしいという人が圧倒的に多いです。

しかし、一度施術を受けてみると分かりますが「こんなに簡単?」と驚くほど、施術時間が短いです。

施術専用ショーツに履き替え、ショーツをずらしながら施術を行うため、スタッフに見られるのは一部分になります。

費用の負担が大きい

脱毛といえば費用が高いというイメージがあります。サロンは低価格で脱毛できるのですが、クリニックはサロンの倍以上の費用がかかる場合もあります。

VIO脱毛となると、80,000円~100,000円前後が目安になりますから、即決が難しいこともあるようです。

また、サロンによりVIO脱毛料金が異なります。クリニックと比較してVIO脱毛料金が変らない場合もありますので、価格表を必ず確認するようにしてください。

年齢的な問題

年齢的な問題で脱毛を諦めている女性もいます。諦めるというよりも、子育て世代は出費が多いですから、ママの脱毛費を捻出するのは状況的に厳しいんです。

しかも、それが40代以降となれば「今更感」が増して自己投資は後回しになりがちです。ショーツで隠れる陰毛にお金をかけるくらいなら、顔のシワやシミ、たるみにお金を費やす人がほとんどです。

まとめ

VIO脱毛は勇気がいるものです。しかし、スタッフは陰部を知り尽くした業界のプロ!

あまり恥ずかしがらず、全てお任せするくらいの気持ちで楽に受けると良いですよ!

クリニックやサロンに行くのを踏み切れない理由を聞いていみました。

まず第1に恥ずかしい、というのが大きいですね。
これが一番の理由です。
他の人と比べて時分のVIOはどうなのか、恥ずかしい思いをするのが怖いです。
次点で値段ですね。高いイメージがあります。恥ずかしさとお金をかけてまで脱毛には踏み切れていません。もっと安ければ考えるかもしれないです。
私は40代の主婦です。生理など毛がなかったら不快なことも軽減するだろうけど、年齢的にもそこまでしなきゃいけないのかなとも思うし、産婦人科の椅子にさえ座るのも嫌なのに病気でもなく知らない人の前でパンツを脱いで股を広げることに抵抗がある。
両脇、足、腕はサロンで脱毛した経験はありますが、VIOはやはりデリケートな部位なのであまり他人に触れられたくないというのが本音です。
何かの刺激で菌が入ったりなんてしたら大変だし、考え過ぎかもしれないがそこまで脱毛しなくても、あまり人に見られる部分ではないと思ってしまいます。
興味があるかないかと聞かれれば、興味はあるけど実際にやってみようという気にはなれないず、周りの友人等の流行にでもなれば、私自身も検討するかもしれないです。
VIO脱毛に興味はとてもあります。ほとんどの人が処理をしているのではないかと思い焦る気持ちがあるのですが、自分の毛の生え方や量が他の人と違っていたら笑われないだろうかと考えてしまい勇気が出ません。あとは、どんな体制で処理が行われるかや痛みはどの程度などかと、不安に思うところもあり中々脱毛に踏み切れません。
自分の下半身を見られる事に抵抗があると思います。まして、同じ女性で美意識の高いエステティシャンの方なので、下着の締め付けなどで股が黒ずんでいたらどうしようと思ってしまいなかなか踏み切れないと思います。
育児中なので子供を預けてまでサロンやクリニックに行く時間がない。専業主婦なので主人に費用を負担してとも言いにくし、自分の貯金を切り崩してまで行く気持ちはない。そして恥ずかしい部分なので、相手側が見慣れていても、さらけ出す勇気がありません。
まず、赤の他人に明るい場所で自分の陰部を見られるというのはやはり恥ずかしいものです。相手は同性ですし、色んな方の施術をされているだろうということを考えてもやはりいざとなると恥ずかしい…それに尽きます。実際、自分もそれが恥ずかしくてたまりませんでした。それでも綺麗になりたいという気持ちがあり施術に踏み切ったわけですが、要は気持ちの問題かな、と思います。
初めて脱毛をしたサロンでは、脇のみをお願いしました。当時は今のように、コースがなく料金も高かったので。デリケートな部分の施術に対する羞恥心もありましたし。VIOはとにかく痛いと聞いていたので、恐怖心もありましたから。実際は、やってみて1番スッキリした箇所ですよ!
最近は脱毛も凄く安い価格でやっている所もあったりするので行ってみたいとは思うのですが、その安さにはやっぱり理由がありそうで、関連商品などを買わされるのでは無いかなどと勘ぐってしまって、なかなか決断に踏み切れません。
私が不安な理由はデリケートゾーンなので、いくら施術が女性スタッフでも恥ずかしいことです。
敏感肌でもあるので、施術が合わなかったりしてかぶれなどができたりするとそれで病院に行くことになると嫌だからです。

読んでもらいたい記事

373,099view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

137,267view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,888view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-脱毛
-