サロン&クリニック

陰部の黒ずみが原因で脱毛サロンで施術を断られるって本当?

更新日:

陰部の黒ずみ

黒ずみが酷いと脱毛出来ない!?

結論から言って、デリケートゾーンに黒ずみがあると、「脱毛を断られる」というのは本当です。

ワキや陰部は汗をかきやすく、黒ずみやすい特徴があります。黒ずみの度合いは人それぞれ異なりますが、ほとんどの女性が色素沈着を起こしていますよね。

実は陰部に限らず、他の部位であっても黒ずみが広がっている部分は、一時的に脱毛出来ない場合があるんですよ。

① 脱毛出来ない理由は?

黒ずみがあると脱毛出来ない理由は、「脱毛機器は黒いものに反応して」毛根に熱を加えて毛を溶かして脱毛します。

つまり、陰部全体が黒ずんでいると、肌が熱く感じ、火傷をする可能性が高くなるんです。

なので、脱毛サロンやクリニックとしては、そういったトラブルを防ぐために黒ずみが酷い場合は「脱毛不可」にすることがあるんですね。

② 日焼けした肌もダメ!

脱毛機器が黒いものに反応することから、「日焼け肌」も同じことが言えます。

これはカウンセリング時に説明されることが多いので、脱毛サロンやクリニックへ通ったことがある方は知っていると思いますが、あまりにも日焼けが多く、明らかに炎症を起こしている場合は、脱毛を断られたり、肌の状態が戻るまで時期を遅らせることもあります。

なので、陰部の脱毛を考えている人は紫外線対策も十分注意してください。

ただし、最近の脱毛機器の中には、黒いものに反応して脱毛するタイプではないものもあるので、「日焼けしていてもOK」という脱毛サロンやクリニックも稀にあります。チェックしてみてくださいね。

③ 黒ずみがあっても脱毛を受ける方法は!?

黒ずみが多いからと言って、陰部の脱毛を諦める必要はありません。脱毛サロンでは、カラーチャートによる診断がありますので、真っ黒に近い状態でなければ、早々断られることもないはずです。

それでも、スタッフにデリケートゾーンを見られるわけですから、自分の陰部の黒ずみが気になるようでしたら、数ヶ月黒ずみケアを行ってから脱毛サロンへ行きましょう。

黒ずみケアの方法は?

1、 陰部専用クリームを使って黒ずみを薄くする!

おすすめは、陰部専用クリームを使うことです!

黒ずみケアクリーム(美白クリーム)には、必ず美白成分が配合されています。即効性はありませんが使い続けることで、黒ずみが薄くなり予防としても効果があります。

クリームを購入する際は、必ず「陰部専用」の物を選ぶようにしましょう。

2、専用石鹸で陰部を洗う!

専用石鹸は「消臭効果」が主体ですが、中には黒ずみケアのものもあります。

劇的に良くなるわけではありませんが、使い続けることで黒ずみが薄くなり予防としても効果があります。

すぐに「効果がない!」と諦めないで、肌のターンオーバーを考えて大体3ヶ月以上は使ってみましょう!クリームと併用して使用すると効果が期待できますね!

3、 重曹でケアする!

重曹には、「スクラブ効果」や「消臭効果」があります。頑固な黒ずみには不向きですが、ビキニラインの軽い黒ずみ程度なら、改善出来る可能性もゼロではありません。

重曹を選ぶ時のポイントは「食用」であること!掃除をする際に使用する重曹は「大変危険!」なので絶対に使用しないでくださいね。

4、 自己処理(セルフケア)はしない!

陰部の黒ずみの原因を探るとほとんどが摩擦や誤った自己処理によるものです。特にカミソリを好んで使用している人は、必要な皮脂まで削ぎ落としてしまっているので、肌の表面がボロボロになっています。

VIO脱毛を考えている人は自己処理を辞めて、まずは保湿ローションやクリームでケアするようにしましょう。

陰部が黒ずんでいると脱毛ができないって本当ですか?聞いて見ました。

白を基調とした全国展開、海外にも進出している脱毛サロンにて、VIO脱毛1年間通院していました。私自身黒ずみはなかったのですが、Vラインにほくろがあるのですが、毎回シールを使用しほくろ部分を隠して脱毛をしていました。 黒ずみとは少し違いますが、あまりにひどい黒ずみでなければ断られることはないかと思います。

本当なのです。 基本レーザー脱毛のレーザーは黒いものに反応して毛が消滅します。 なので下手したら肌の表面が火傷してしまうこともあるのです。 ですが真っ黒のものにしか反応しないので滅多にあることではないでしょう。

普通に黒ずみはありましたが、カウンセリングの時点でスタッフの方に「黒ずみがあるのですが、大丈夫ですか?」と聞いた事があります。 と言うのも脱毛出来るか否かではなく、黒ずみって恥ずかしいし、自分だけかなという不安があったからです。 しかしサロン側からしたら、毎日数人もの方を施術しているからもう慣れっこで、「全然気にしないで大丈夫ですよ」と言って頂けて良かったです。 そのサロンによるかもしれませんが、黒ずみって個人差があるし、どのくらいを基準に断られる例があるのだろうか、と思います。

色素沈着があまりにひどいと、フラッシュ脱毛という黒い色素に反応する脱毛方法は危険なので断られると聞いたことがあります。実際そこまで黒ずみはなかったので受けられましたが、症状がひどいとお断りされてしまうこともあるようです。

そういった事は無いのではと思います。 私も黒ずみは気になるほうでしたが、VIO脱毛時なにも言われませんでした。 センシティブな内容なので、よほど脱毛すると支障が出るような理由の説明が無い限りお客様に失礼だと思います。

断られるってことはないと思います。私は断られませんでした。レーザーは黒色に反応するので大陰唇が黒ずんでいる人は弱いレーザーしか当てられないから効果は出にくいって言われました。弱いレーザーでも痛かったので途中でやめてしまいました。

全身脱毛をしました。 私も、陰部の黒ずみがありますが施術を断られることはありませんでした。 脱毛機器は黒いものに反応するので黒ずみがひどい方は、少し痛みを強く感じるかもしれません。 私の場合、少し大きめのほくろがあり、その部分にテープを貼って光が反応しないようにするのがめんどくさそうでした。

脱毛をする際に黒ずみがあるとできないとよく聞きますが、それは嘘です。脱毛の機械は黒い色に反応する為、確かに肌が黒いと毛のないところにも反応し火傷の可能性があるので危険ではあります。このことから噂が広まったのだと思います。

陰部の黒ずみがありましたが、脱毛をそのまましてもらえました。ただし、規定よりも低い出力のレーザーで対象の部分に当てる事を言われましたので多少は配慮があったのだと思います。断られる所まではいきませんでした。

初回のカウンセリング時に、色素沈着が酷いところには照射できないと言われました。しかし、VIOラインに関しては多少の黒ずみがあって当然ということで粘膜部分を避けてギリギリまで照射してくれました。照射中も特に何も言われませんでした。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-サロン&クリニック
-