デリケートゾーン

40代50代も間に合うデリケートゾーンの黒ずみ薄くなった方いますか?

更新日:

黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみは年齢が関係している?

デリケートゾーンの黒ずみは、普通に生活しているだけで作られていくものです。誤った自己処理や下着の擦れなど、繰り返しメラニンが刺激することで黒ずみが増えて行きます。

しかし、それだけではなく歳を重ねるごとに黒ずみが一層濃くなっていると感じたことはありませんか?これは「加齢と共に新陳代謝が低下すること」で、メラニンが上手く排出されずに蓄積されていくからなんです。

若い内には、代謝サイクルも正常に行われているため黒ずみがあっても薄くなったり、改善する場合が多いですが、40~50代へ突入すると陰部の黒ずみに限らず身体全体の黒ずみが目立つようになります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策にも年齢別に対策が必要?

黒ずみを何とかしようとケアを試みても理想の白い肌には程遠い。多くの女性が同じ悩みを持っているのではないでしょうか?

10代の頃は目立たなかったデリケートゾーンの黒ずみも30代へ差し掛かると色素沈着(黒ずみ)がはっきりとします。

ここまで黒ずみがはっきりとしてくるまでには、いくつもの原因が重なって1つ解消出来たとしても、黒ずみが消えることはありません。

黒ずみは悩んでいる間もどんどん増え続けていきます。目に見えて黒ずみが現れてきた頃には、改善するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

例えば、30代になり20代と同じケア方法で効果が現れない!と言うのも当然です。加齢と共に体内機能も徐々に衰えていきますから、効き目が低下しても仕方のないことなのです。

なので、年齢ごとの黒ずみ改善方法が必要です。後悔しないためにも日頃からのケアをしっかり行いましょう。

今回は、10代~50代までそれぞれの黒ずみの悩みとそれぞれの年齢に合った黒ずみの解消方法をご紹介します。

10代でデリケートゾーンの黒ずみは?

デリケートゾーンの黒ずみは10代であっても作られます。日頃の何気ない習慣や動作が摩擦となってメラニンを発生させ、黒ずみが作られます。

ですが、10代の内から黒ずみケアは必要でしょうか?10代と言っても、11歳と19歳では身体の発育具合が全く異なりますよね。

ここで言う10代は、15歳以上。やはり15歳くらいになるとデリケートゾーンの黒ずみを気にし始める女性もいるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみケアには様々あり、中には保護者の承認が必要なものもあります。まずは、下着や衣類の締め付けを控え、汗をかいた後は、デリケートゾーンを軽く拭く所から始めたらよいでしょう。

あとは、規則正しい生活習慣、睡眠、食生活が大切ですね。

10代は「代謝の働き」が活発なので、不要なメラニンは溜め込まず排出されることが多く、色素沈着(黒ずみ)することは少ないです。

20代でデリケートゾーンの黒ずみは?

20代は恋愛を機会に陰部の黒ずみに悩まされることが多いですね。

例えば、パートナーとのラブタイムはデリケートゾーンや乳首が黒ずんでいると「彼に引かれないかな?」と本気で悩みますよね。

恋人やパートナーと出会いやすいのも20代。

ある程度年齢を重ねると、振り返って一番恋愛が楽しかった時期はいつか?と思い出すのは「20代」と答える方が圧倒的に多いのだとか。

恋愛は身体の関係を大切に育みますから、当然デリケートゾーンの黒ずみで悩む人が多いのではないか?と推測されます。

しかし、20代の黒ずみケアは比較的簡単です。陰部専用の美白クリームを継続的に使用すれば、徐々に黒ずみが薄くなることがわかっています。

後悔しないためにも、まずは美白成分配合のデリケートゾーン専用クリームから始めてみましょう!黒ずみケアにはトラネキサム酸など、有効成分(美白)が必要です。必ず成分表示を確認し、「美白」と書かれている商品パッケージに惑わされないようにしましょう。

30代は黒ずみを意識してケアしましょう!

30代は、一番ホルモンバランスが崩れやすい時期かもしれません。

30代にもなると、第一子を出産した経験のある女性も多いと思いますが、妊娠や出産は特にホルモンバランスが乱れやすく、一時的に黒ずみが増える時期です。

加齢による体調の変化も大きく、不調続きの時には自律神経を壊してしまう恐れもあります。この時期に黒ずみケアを勧めることは、あえてしませんが、黒ずみに気が付いたなら陰部専用クリームを「最低4ヶ月」続けてみてください。

専用クリームで改善が見られない場合には、「レーザー治療」をおすすめします。

しかし、レーザー治療は一時的に黒ずみが解消されることはあっても、摩擦や刺激が繰り返されると再び色素沈着を起こします。

クリニックのレーザー治療は「即効性」「効果」のどれをとっても一番黒ずみ解消率が高いと言えます!そして、黒ずみ予防をするためには日頃から陰部専用クリームでケアすることが大切です。

そして何より、この時期にはまとまった睡眠を取り、ストレスを溜めないことが大切です。

 

40代50代で黒ずみを消す方法は?

40代、50代になるとデリケートゾーンの黒ずみも誰も見ないしと諦めてしまう方も多いかもしれませんね。しかし、友人と温泉旅行へ行った時など、ふとした時にデリケートゾーンを見られる機会があるかもしれません。

40代50代だからと言って、黒ずみを諦める必要はありません。むしろ毎日ケアすることで、黒ずみが目立たなくなり、黒ずみを阻止することが可能です。

クリニックで治療した時のような美白とまでは行きませんが、黒ずみが薄くなることは確実です。以下の3つが効果的な方法です。

① 補正下着をやめる

女性の体型は、年齢を重ねるとどうしてもふくよかになりがち。補正下着を着ると、スタイルが維持出来て引き締まって見えるものですが、これではお尻や股を含めたデリケートゾーン全体が締め付けられて常に摩擦が生じてしまいます。

動く度にデリケートゾーンが擦れるので、メラニンが発生しやすくなるという訳です。黒ずみを作らないためには、衣類や下着にも気を付けなければなりません。身体を締め付けるような補正下着やスキニージーンズなどを着ない生活習慣作りから始めましょう。

② 食生活の見直し

デリケートゾーンの黒ずみと食生活が直接関係しているとは言えませんが、食べ物でホルモンバランスや臭いが変化することは間違いありません。

お肉やパン、スナック菓子などの脂質の高い食べ物を摂り続けていると、栄養不足が起きてホルモンバランスが乱れて行きます。

妊娠中に黒ずみが増えたり、生理前後に肌荒れが起きやすいのもこのためです。ですから、どんなにケアしていても、食生活が乱れていては黒ずみを消すことも薄くすることも出来ませんので、質の良い睡眠や規則正しい食生活を心掛けてください。

③ 専用クリームで保湿

若い世代に限らずに、40代や50代の女性も専用クリームで陰部をケアしている人は多いです。過剰なメラニンを抑えながら、排出をスムーズにしてくれるので黒ずみを出来にくくしてくれます。

専用クリームは、何と言っても自宅で簡単にケア出来る所が魅力。ネット通販は豊富に販売されているので自分好みのクリームを選ぶことが出来ます。

副作用が少ない美白成分がしっかり配合されているので、デリケートゾーンの黒ずみを毎日ケアすることで改善が望めるはずです。

デリケートゾーン専用の美白クリームを使っても効果がない場合は?

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、年齢別に考え直していく必要があります。

10代の女性は、正しい自己処理と肌の保湿に気を付けていれば、ある程度黒ずみを抑えることは出来ます。

しかし、20代以降は、陰部専用の美白クリームを使用しても改善が見られない場合は、やはりレーザー治療を受けるしかありません。

ただし、ショーツを履いているだけでも日々黒ずみは出来ますし、一朝一夕で治るものではないので「効果がない!」と専用クリームを使用して、数日や数週間で決めてしまうのはやめましょう。継続的に使用してこそ効果があるものです。

毎日積極的に黒ずみケアを行い、習慣化していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを効果的に薄くする方法

デリケートゾーンの環境は年齢で変わる!?知っているか聞いてみました。

女性は、10代前半から生理が始まりますよね。

その頃は女性ホルモンが増えますが、ホルモン分泌が不安定で生理が早かったり、遅かったり、おりものが増えたりします。汗や皮脂の分泌も増えるので雑菌も繁殖しやすく、デリケートゾーンは臭いやすいです。

20~30代は妊娠出産で卵巣機能が活発になり整う時期なので、女性ホルモンもピークに達しますね。仕事でストレスが溜まったり、生理不順にも陥りやすく、おりものが常に多く湿っている状態なので、ムレや痒みに悩まされます。

40代以降は更年期になるので、女性ホルモンは減少します。そのため体調やメンタルも調子が悪くなります。デリケートゾーンも乾燥しがちで自浄作用が弱まり刺激に弱くかぶれやすくなります。

環境が違えば、当然対策も変わっていくわけです。

みなさんはデリケートゾーンの黒ずみ対策を意識しているか?聞いてみました。

デリケートゾーンの黒ずみは、40代でも薄くすることは可能で、ゆるい下着をつけたり、お風呂上がりの保湿をしっかり行うことで、だいぶ黒ずみは解消され薄くなります。保湿成分が多いボディクリームを使用するのがポイントです。
ネット通販で、デリケートゾーンの黒ずみケアができる「イビサクリーム」を購入しました。薄づきでもすごくよく伸びて、塗った後は潤いたっぷりで保湿されます。使用1カ月ほどで黒ずんでいたデリケートゾーンの効果を感じました。
私は年齢と共にデリケートゾーンを気にしなくなりましたが、友達に暇な時に一緒にスイミングに行かないかと誘われて参加するようになってからデリケートゾーンが気になってしかたありませんでした。本などで調べて一番実行しやすかったのは、食生活の改善です。私はそれで黒ずみが薄くなりました。健康的ですし、オススメです。

わたしは、食生活や生活習慣の改善によって黒ずみケアをしました。 具体的には、食物繊維などデトックス効果のある食品をよく取るようにして、ウオーキングなどの運動も取り入れます。 すると、新陳代謝もよくなって皮膚も入れ替わりをし、黒ずみケアとなります。
わたしは以前、脱毛サロンで働いていた経験がありますが、 20代でも黒ずみが目立つ子はいますし、その逆で40代でも黒ずみが薄い方もいました。 ただ、共通していえるのは、黒ずみが薄いかたは、きちんと保湿を行っているということです。 そもそもトイレの際にティッシュで擦る行為自体も黒ずみの原因となるので、まずはそれを優しく拭くように変えることも黒ずみ改善に繋がります。 また、40代でもデリケートゾーンが綺麗な方は、美白美容液をデリケートゾーンにも塗っていたりします。 こういった日々の努力が、黒ずみ改善に繋がるようです。
40代後半の女性です。 私は45歳を過ぎた頃から、デリケートゾーンはもちろん脇などの黒ずみが目立たなくなってきました。授乳によって黒ずんだ乳首もです。 ホワイトニング効果のあるボディークリーム塗り付けていましたが、やはりホルモンなどの変化の影響が大きいようです。 年齢を重ねても、気になっている部分が改善して嬉しかったです。 歳を重ねることで、いいこともありますよ。
美容に詳しい知人から「擦れると黒ずむ」と聞いたので、ショーツをボクサータイプのものに変えました。それ以前は、メーカーや商品名は忘れましたが海外製の黒ずみ解消クリームを試したことがありましたが、全く効果がありませんでした。ボクサーパンツを使ってからは、だんだん黒ずみが目立たなくなってきています。

肛門・お尻の黒ずみで悩む女性

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-デリケートゾーン
-