アンダーヘア

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

更新日:

毛抜き

手軽にできる毛抜きを使ったアンダーヘアの処理

日本人のおよそ9割が行ったことがある、と答えたのが“毛抜きを使って処理をする”という方法です。

この数値からも分かるように、非常に手軽で身近な自己除毛処理のやり方だと言えます。

一方で、行ったことがある内の4割が毛抜きによる肌トラブルを体験したというデータもあります。

性別や年齢を問わず、間違った方法で進めてしまうとそれなりのリスクがあるのです。

今回は、毛抜きを用いた処理方法について、メリット・デメリットを含めてご紹介致します。

毛抜きで毛を抜くことで起きる可能性のあるトラブルとは?

埋没毛

毛が毛穴の中に埋もれてしまい皮膚中に残ってしまうことです。毛抜きでのトラブルで最も多いのが埋没毛です。毛を引っ張って抜くことで皮膚にダメージが加わり、肌が危険を察知して毛穴を塞いでしまうのです。人間の生理現象としての症状で、見た目はホクロのようになります。場合によっては、ニキビを生み出してしまうこともあります。

参考 アンダーヘアの埋没毛について原因と対処法

毛包炎

毛包と呼ばれる普段皮膚の中に埋まっている部分が傷つき、その後菌が繁殖することで起きる炎症です。ニキビに類似していて赤色のブツブツが広がります。主に、清潔ではない手で作業を行い“黄色ブドウ球菌”が付着することが原因です。アンダーヘアは特に湿度が高いので起こり易いです。他にも元々怪我をしていた部分から菌が付着することや、免疫力が低下している時に身体を守る“良い菌”が減少して起こるケースがあります。
重症化すると皮膚科で飲み薬や塗り薬が必要な場合もあります。

参考 アンダーヘアの毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

色素沈着

毛を抜くことで急激なダメージにメラニンが反応して、黒ずんでしまうことを言います。人間の皮膚が炎症を抑えようとすることで、痛みや痒みから守る代わりにメラニン色素が残ってしまう、という仕組みです。
徐々に新しい角質に生まれ変わるので、色素沈着も一緒に落ちることが多いです。しかし、シミとして残る可能性もゼロとは言い切れないので、作らないに越したことはありません。

参考 デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

毛抜きで毛を抜く正しい方法とは?

最初に様々なリスクをお伝えしましたが、やはり自宅でお安く毛の処理ができるのは魅力的ですよね。また、剃刀の処理より次に毛が生えるまでのサイクルが長いこともメリットとして挙げられます。

トラブルが起きないように毛を抜くにはどのようにすれば良いのか、ポイントを押さえておきましょう。

1.清潔にしておく!

不潔な状態で処理をすると菌によるトラブルが出る確率が高くなります。必ずお風呂に入って肌を綺麗にしてから行いましょう。また、入浴によって毛穴が開き、皮膚が伸びるので埋没毛にもなりにくくなります。毛自体も柔らかくしてから抜いたほうがスムーズにいきますので、蒸しタオルを用いるなどすると安全性がアップします。

2.毛の生えている方向に抜く!

毛の生えている方と逆方向に抜いてしまうと毛穴の形が変わってしまい、皮膚を傷めてしまう恐れがあるので毛の流れに沿って抜きましょう。また、毛抜きを皮膚に押し当てずに、自然な力で抜くことが大切です。

3.抜いた後の毛穴をアフターケアする!

毛抜きで抜いた後は毛穴が広がっていて、菌が繁殖しやすい状態になっています。清潔なうちに消毒や保湿を行いケアしましょう。もし痛みがある場合は、冷やしたり鎮静する成分を含む化粧水等を塗布することがお勧めです。

4.抜いた後日に手を抜かない!

その日に炎症が出なかったとしても、後日保湿が足らずに腫れてしまうこともあります。最低でも3日は様子をみて、保湿を怠らず清潔な状態を保ちましょう。

毛抜きで毛を抜くタイミングは?

毛抜きで毛の処理をするのはいつでも出来るので、つい何も考えずに進めてしまいがちです。
しかしタイミングによっては炎症を引き起こすこともありますので、よく見極めて行うことが重要です。

まず、体調が万全なときに行うことが大切です。生活が不規則になっているときはホルモンバランスが崩れている場合もあり、炎症が出やすいです。
食事や睡眠が充分にとれているか、病気になっていないかをきちんと判断して毛の処理をしましょう。

またステロイドの外用薬を使用している方は注意が必要です。ステロイドの外用薬は免疫力に働きかけるので、黄色ブドウ球菌を増やしてしまう可能性があります。アトピーの方は気をつけましょう。

他にも冬場に毛抜きで抜く方法は適していません。乾燥や冷えにより皮膚の回復力が落ちてしまうからです。

この時期にどうしても毛抜きを利用したい場合は、普段から保湿を心掛けた上で正しい方法で処理することが必要です。

肌のことを考えるならJomolyがおススメ

毛抜きによる除毛は痛いし肌は傷つくしであまりおススメできる方法ではありません。

ましてやアンダーヘアともなると衛生面の問題もありますので、Jomolyを使った除毛をおススメします。

Jomolyは身体を洗う感覚で除毛することができる石鹸です。

Jomolyに含まれる成分が体毛を分解し、生えにくくする役割があるため、優しく丁寧に除毛を行うことができます。

毛抜きなどのように物理的な力を使用しての除毛ではありませんので、肌への影響も非常に少ない方法となります。

どうしてJomolyは肌に良い処理方法なのか?

Jomolyは毛抜きと比較してかなり肌に優しい処理方法であると言えます。

それにはいくつかの理由が挙げられます。

毛穴に無理な力がかからない

毛抜きで抜く場合、無理に毛を処理してしまうと肌が炎症を起こす原因となってしまいます。

その点、Jomolyはパパインとブロメラインの成分によって毛を分解し、除毛を促進させます。

毛穴を傷つけることなく体毛の処理ができますので、肌への負担が非常に小さくなります。

特にアンダーヘアは毛が太いため、抜くときに力が入ると毛穴を大きく傷つけてしまう可能性があります。

毛穴の炎症に不安を抱いている方はJomolyで丁寧に処理を行うと良いと思います。

除毛石鹸なのに美容成分がたっぷり

Jomolyに含まれる成分は除毛成分だけではありません。

ヒアルロン酸やプラセンタを始めとする美容成分、ドクダミエキスやチャ葉エキスなどの引き締め成分、ミョウバンやベントナイトなどの消臭成分も含まれています。

除毛した後は肌が傷つきやすく、アフターケアが必要となりますが、Jomolyならこれ一つでケアも同時に行うことができるのです。

ボディソープの代わりとして使用するタイプですので、手間もかからず非常に手軽です。

Jomolyはアンダーヘアにも使えて便利

クリームタイプの除毛はアンダーヘアなどのデリケートゾーンに使用できないと思う方もいるかもしれません。

しかし、JomolyはVIOにも使える数少ない除毛石鹸となります。

人によっては肌に合わないという方もいるかもしれませんが、基本的にはVIOの除毛に使用しても問題ないとされていますので、気兼ねなくJomolyを使うことができると思います。

肌が弱くてカミソリや毛抜きが使用できないという方は、Jomolyを使ってみると良いと思います。

 

陰毛を毛抜きで抜いた体験談を聞いてみました。

気になるけど、知りたいけど恥ずかしくてなかなか聞けないアンダーヘア問題の体験談を聞いてみました。

アンダーヘアの自己処理の方法、みなさんどうしていますか?

自分で処理をする人は剃っている人が多いかと思いますが、中には毛抜きで抜いている人もいるんだとか。

そこで今回は陰毛を毛抜きで抜いた体験談をテーマにお話ししてもらいました。

どういういきさつで毛抜きを使って抜くことになったのかということや、抜いたことで起きたエピソードはどんなものなのかといった体験談がたくさん詰まっています。

あなたもうまく処理できるようにみなさんの体験談を参考にして、アンダーヘアを上手に綺麗女子を目指してみてはいかがでしょうか?

毛量を減らしたり、形を整える為にまずカミソリで少々お手入れ。 少し生えてきたタイミングで毛抜きの登場です。しかし一本一本の毛がしっかりとしてる部位なので痛みはかなりのものです。 また、伸びかけの状態では下着の中で常にチクチク感が。。 毛抜きだけのお手入れではなかなか綺麗にできない所です。 その為、永久脱毛で処理した方がラクかもしれません。
20代の頃ですが、陰毛を抜いていました。 ビキニラインが気になり抜いていました。 毛深い方で、ビキニラインは水着を着る際にはかなり気になるので、初めは剃っていたのですが、チクチクかんがいやだったのと、剃り跡が目立つので、毛抜きで抜いていました。 しかし、痛みが強くて、毛抜きで抜いているときには、ビキニラインが赤くはれることもありました。
お腹に近い方の場所に長い毛が生えていたので、先にハサミでカットしてから、毛抜きを使いました。少し痛みはありましたが、腫れたりもなく、無事に処理終了。数本だったので、特に違和感もありませんでした。けれども、毛抜きを使う方法は皮膚も一緒に引っ張られて負担がかかるので、お腹に近い場所以外はオススメできません。
元々カミソリで剃っていたのですが、黒ずみが目立ったのとすぐ生えてきちゃうのが嫌でブラジリアンワックスに通い始めました。 ですが、費用もかかりますしなにより恥ずかしくて堪らなかったのでまた自分で処理しようと決意、、、。 今は時間があるときにピンセットで抜いています。少し痛いですが毛が太いので抜けたときは快感です(笑)
ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

陰毛を毛抜きで抜くのは、本当に痛いです。毛が長くても短くても、どちらもしっかりと根を張ってはえているので、本当に痛いです。しかしながら、毛抜きを始めると、痛いのになれ、癖になります。特に体を温めてから抜くと痛みが緩和され、沢山抜くことができます。抜いた後は赤くなってしまうので、やはりカットするのが無難かと思います。
下着からはみ出てしまう陰毛をどうにかしたくて、剃る勇気はなかったので、毛抜きで抜きました。眉毛とかを抜く時に比べたら痛くなくて、以外とあっさり抜けたので調子に乗って抜いていたら、抜いた所が赤いポツポツになってしまいました。痛みや痒さはなかったし、誰にも見られないから良かったけれど、恥ずかしかったです。
アンダーヘアーの処理の際に、毛抜きと剃刀で処理をしました。どうしても剃刀だとポツポツ残っているので毛抜きで抜いた方がキレイになります。でも毛抜きの場合は抜くときの痛みも伴いますし、何よりも数日後に生えてくる毛が厄介になります。 埋もれ毛になってしまう場合は最悪です。 なので、毛抜きでやる時はその直後は良いのてすがそのあとのことを考えるとやめた方が良いです。
形を整えるのに、余分な部分を毛抜きで処理ていた事があります。カミソリだとすぐチクチク生えて来るのと根本から処理出来ないので見た目も黒いブツブツが目立ったからです。正直すごく痛いです!痛いので、毛の生えている部分の皮膚を左手でつまみながら右手で毛抜きで抜いていました。何度も抜いた部分は次の時痛みが軽減してスルっと抜ける事があるのですが、Iラインは皮膚が薄いのですごく痛いです。
陰毛について
女性の陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました! 陰毛について詳しく知りたい、陰毛 ...

脱毛サロンにいってから、アンダーヘアの量が大幅にへりましたが、処理したあとにはえてくる毛は、毛抜きでぬいております。脱毛後なので、毛はぬけやすくなっておりまして、痛みがほとんどなく、毛抜きで処理できております。さすがに毛抜きで処理したあとは、肌が敏感になるため、ローションをつけたりして、肌荒れをおこさないように、対策してます。
カミソリで剃るとチクチクするして、生えが遅いだろうと…毛抜きで抜いた時は。 デリケートゾーンは皮膚が薄いので、とにかくかなり痛かったです。 毛が薄い人ならまだしも、私は毛深く、毛根がしっかりしているので、抜くたびに涙が出そうになる感じでした。あと抜いたら赤く跡がプツプツと残り、痛々しい感じになりました。毛抜きで抜いたら、カミソリのように肌を傷つけないけれど。しっかり保湿してお手入れする必要があると思います。
基本的には敏感な部分なので処理はしませんが、例えば付き合いたてや大好きな人と夜を共にするときは下着姿になるときもありますよね。また水着になる予定があるときは毛抜きで処理をします。着る予定の下着や水着の形に合わせてはみ出た部分を抜いていきます。する前はかなり痛みを伴うかと思いますが、毛が太いので以外と抜けやすいです。
カミソリで処理してもまたすぐに生えてきてしまうのと、何度も行うと肌にも大きな負担になる為、毛抜きで処理していた時期があります。痛みは強く、涙が出そうになる時もありました。1本1本抜くことになるので、時間は掛かりますが、1回抜いてしまえばしばらく生えてこないので処理の回数が減り楽だと思います。
アンダーヘアの長さが気になる
アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

一言【めっちゃ痛い】と言うのが感想です。この部分の毛は結構、毛根が太いため痛みを覚悟して抜いています。私の場合、抜いた後少しの間赤いポツポツした斑点ができるので、たくさんの本数を短時間で抜くということができません。そしてその斑点ができた後はとにかくかゆいです。痛いので少しずつ、形を整えるために輪郭だけ抜いているような感じです。
アンダーヘアをいじる時はいつもカミソリで剃っていましたかが剛毛なのもありとても芯が太く.下着の擦れる感じがとても痒く.たまに痛いなと感じていたので毛抜きでたまに抜いていました。とっても痛いのでやりたくはないですが.その後のチクチク感もなく.また.よく中心部分ではなく外側を抜いていたので結構生えてくるのも遅いのでおすすめでした。
毛抜きを使ってアンダーヘアのお手入れをしたこと、あります! でも、痛くてたまらないんですよ。キリがないし。Vラインまではなんとかなるんですけど、その後は。。 かなり不自然な体制になるので、しんどいですし。どんどん綺麗になっていく手ごたえは確かにありますが。形を整えると言う目的であればいいのかもしれません。 赤くなるので、クーリングはマストです。
学生時代、家に人がいないときにアンダーヘアの形を整えようと思い毛抜きで脱毛をしました。すごく痛かったです。抜いた後はしばらく鶏のようなぼこぼこした鳥肌になるし、チクチクして痒いしで、すごく嫌な気分になったのでそれ以来毛抜きでの処理は行なっていません。好きな形に整える際細かな調整もできるからいいと思いますが、とにかく痛かったです。
下着からはみ出してしまう部分がどうしても気になり、最初はカミソリを考えましたが、チクチク感が嫌で、考えた結果毛抜きで抜いてみることにしました。1本1本が太く根強いので毛の生え際ギリギリの所を引っ張らないと痛みが増します。しかも結構力が入るので疲れました。悔いた後はツルツルでしばらくは綺麗でした。ただし、毛を抜き続けていると痒みを伴うようになり、毛穴の周りが赤くなり出しました。毛の生えてくる頃も痒みが発生し、無理に抜いたのが原因で皮膚を傷めたのかな、と思いました。
剃刀で剃った後、残った短い毛を毛抜きで1本1本抜いていきました。案外、痛くなくて、太い毛が抜ける時の感覚がちょっと癖になる感じでした。ただ、本数が多いので、ずっと下を向いての作業の為、首から肩がこります。何日かしてから、ちくちくと痛くなってきて、痒みがでてきたので、見ると真っ赤になっていました。
クリニックで脱毛する前は自分でアンダーヘアの処理をしていました。 毛抜きで地道に抜いていくのですが、ムダ毛の処理の中で1番大変な部位でした。うまく抜けず毛穴で切れると埋没毛になり肌を痛めながら抜いたりする時もありました。 毛抜きで処理したあとは毛嚢炎の予防策として市販で売られているケアレケアという肌荒れの塗り薬を塗っていました。 毛抜きで処理する場合の注意点は、雑菌を毛穴に付けない様に毛抜きを消毒してから行い、途中で毛が切れないように毛穴の奥からしっかり抜く事が大事です。コツは毛の流れに添って抜くと抜きやすいです。

私のアンダーヘアーは長く、量があるので、パンツからはみ出すようになってきてしまいました。しかし、アンダーヘアーの処理の仕方が分からなかったので、手足のムダ毛処理に使用していた毛抜きで、同じように毛を抜いて処理することにしました。パンツから出てしまう部分の毛をつまんで思いっきり引っ張って抜こうとするのですが、痛みが凄いのです。しかも、皮膚が伸びるのか毛が根深いのか、なかなか抜けません。半泣き状態で数本抜きましたが、痛くて続ける事を諦めてしまいました。

読んでもらいたい記事

386,955view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

139,819view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,396view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-